ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 942630 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

燕岳から表銀座縦走(槍ヶ岳は断念)

日程 2016年08月10日(水) 〜 2016年08月12日(金)
メンバー dodo
天候3日間とも快晴。台風一過で、東風。
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク
JR穂高駅近くの駐車場に駐車。中房温泉までは乗合バス。帰りは、上高地バスターミナルからバス、電車を利用。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間13分
休憩
1時間43分
合計
9時間56分
S中房温泉登山口06:3006:20中房温泉06:33中房温泉06:3407:09第1ベンチ07:1207:38第2ベンチ08:05第3ベンチ08:1408:46富士見ベンチ08:4709:29合戦小屋09:4610:08合戦山(合戦沢ノ頭)10:1011:02燕山荘11:5511:59いるか岩12:0012:12めがね岩12:18燕岳12:2812:38めがね岩12:3912:48いるか岩12:4912:59燕山荘13:28蛙岩14:08大下りの頭14:0915:31小林喜作レリーフ15:3215:48槍ヶ岳・大天井岳、常念岳分岐15:5015:51小林喜作レリーフ16:16大天荘
2日目
山行
3時間31分
休憩
13分
合計
3時間44分
大天荘07:1607:28大天井岳07:3607:50大天荘08:29大天井ヒュッテ08:3008:59ビックリ平09:0010:17赤岩岳10:2011:00ヒュッテ西岳
3日目
山行
6時間19分
休憩
1時間41分
合計
8時間0分
ヒュッテ西岳06:3607:29水俣乗越07:3008:16槍沢大曲り08:2608:51赤沢岩小屋(ババ平)09:06槍沢ロッヂ09:1409:34二ノ俣09:42一ノ俣09:4309:49槍見河原09:5010:20横尾 (横尾山荘)11:0311:40新村橋(パノラマ分岐)11:50徳澤園11:5912:35徳本口(徳本峠分岐)12:46明神館12:57明神橋12:5813:03嘉門次小屋13:0713:08明神池13:2613:27嘉門次小屋13:3114:09岳沢湿原・岳沢登山口14:18日本山岳会上高地山岳研究所14:22河童橋14:2314:33上高地バスターミナル14:36ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

中房温泉に6時過ぎ到着。毎日旅行のバスが着いた直後のようで、大勢の登山者がいた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中房温泉に6時過ぎ到着。毎日旅行のバスが着いた直後のようで、大勢の登山者がいた。
1
登山道で猿の群れに遭遇
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道で猿の群れに遭遇
合戦小屋に到着。ヘリで荷揚げをしている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦小屋に到着。ヘリで荷揚げをしている。
合戦小屋名物のスイカ。大きな一切れを半分に切ってもらっていただく。半切れでも十分な大きさ。塩分補給のため、塩をたくさんふりかけと、生き返った気分。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦小屋名物のスイカ。大きな一切れを半分に切ってもらっていただく。半切れでも十分な大きさ。塩分補給のため、塩をたくさんふりかけと、生き返った気分。
合戦小屋からの急登を登るとようやく槍ヶ岳の先端が見えた。ここまでで、既にヘトヘト。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦小屋からの急登を登るとようやく槍ヶ岳の先端が見えた。ここまでで、既にヘトヘト。
燕山荘がようやく見えた。最後は、両足痙攣を起こしそうで、休憩しながら騙し騙しゆっくり登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘がようやく見えた。最後は、両足痙攣を起こしそうで、休憩しながら騙し騙しゆっくり登る。
2
ようやく燕山荘に到着。小洒落た山荘。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく燕山荘に到着。小洒落た山荘。
1
燕岳。景色がよくて、疲れが吹っ飛ぶ。お昼も取って、エネルギーも復活!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕岳。景色がよくて、疲れが吹っ飛ぶ。お昼も取って、エネルギーも復活!
2
燕山荘の前のモニュメント
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘の前のモニュメント
2
イルカ岩と槍ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イルカ岩と槍ヶ岳
2
コマクサもまだ咲いている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサもまだ咲いている。
燕岳山頂に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕岳山頂に到着。
真ん中左側がこの後登る大天井岳。右側が明日登る槍ヶ岳。(というつもりだった)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真ん中左側がこの後登る大天井岳。右側が明日登る槍ヶ岳。(というつもりだった)
燕山荘に戻る。これから進む、「表銀座」と呼ばれる稜線。槍ヶ岳を正面に見ながら進む気持ちのいい道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘に戻る。これから進む、「表銀座」と呼ばれる稜線。槍ヶ岳を正面に見ながら進む気持ちのいい道。
1
大天井岳も随分近づいてきたけど、東側から雲が上がってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井岳も随分近づいてきたけど、東側から雲が上がってきた。
2
槍ヶ岳は、ずっと正面に見えている。この頃に、腰を痛めてしまった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳は、ずっと正面に見えている。この頃に、腰を痛めてしまった。
大天井岳も近づいてきた。ここまで、アップダウンもあり、もうヘトヘト。大天井岳に見える、斜めに上る登山道を見ると、心が折れそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井岳も近づいてきた。ここまで、アップダウンもあり、もうヘトヘト。大天井岳に見える、斜めに上る登山道を見ると、心が折れそう。
1
大天井岳の最後の上りにさしかかり、今まで歩いてきた稜線を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井岳の最後の上りにさしかかり、今まで歩いてきた稜線を振り返る。
2
大天荘に到着。思っていたより腰の状況が悪く、テントを立てるのにも一苦労。目の前の大天井岳への登山は翌日にして、回復を優先。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天荘に到着。思っていたより腰の状況が悪く、テントを立てるのにも一苦労。目の前の大天井岳への登山は翌日にして、回復を優先。
翌日も気持ちのいい天気。腰の状態はそれほどよくならず、二日目は西岳ヒュッテ泊に予定を変更。その分、大天井岳の出発もゆっくりに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日も気持ちのいい天気。腰の状態はそれほどよくならず、二日目は西岳ヒュッテ泊に予定を変更。その分、大天井岳の出発もゆっくりに。
2
富士山もよく見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山もよく見える。
2
大天井岳の山頂から立山や黒部もよく見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井岳の山頂から立山や黒部もよく見える。
大天井岳の山頂から槍ヶ岳を望む。小槍もよく見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井岳の山頂から槍ヶ岳を望む。小槍もよく見える。
大天井岳から望む、大天荘。遠くに富士山。八ヶ岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井岳から望む、大天荘。遠くに富士山。八ヶ岳。
1
大天荘から大天井ヒュッテに向かう登山道も結構、切り立っている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天荘から大天井ヒュッテに向かう登山道も結構、切り立っている。
1
ハイマツの実を食べているのか、猿が一匹。高度が高いのに。雷鳥も食べてしまうそうだが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツの実を食べているのか、猿が一匹。高度が高いのに。雷鳥も食べてしまうそうだが。
1
大天井ヒュッテ。牛丼とか、皿うどんもやっているみたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井ヒュッテ。牛丼とか、皿うどんもやっているみたい。
ハエじゃなければよかったのに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハエじゃなければよかったのに。
大天井岳から西岳への稜線歩きも気持ちいい。裏銀座方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井岳から西岳への稜線歩きも気持ちいい。裏銀座方面
1
槍ヶ岳の谷もよく見える。谷が深い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳の谷もよく見える。谷が深い。
1
テント場には早々に到着。テント場からヒュッテ西岳を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場には早々に到着。テント場からヒュッテ西岳を望む。
テントの中からも、穂高がよく見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントの中からも、穂高がよく見える。
夕方は、雲が出てきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕方は、雲が出てきた。
2
三日目の朝も、快晴
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三日目の朝も、快晴
1
常念岳も朝を迎える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念岳も朝を迎える
1
この日も、富士山が見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日も、富士山が見える
1
槍の肩。ほんとうは、ここか、この手前まで行っている筈だったけど、それはまたいつか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍の肩。ほんとうは、ここか、この手前まで行っている筈だったけど、それはまたいつか。
1
八ヶ岳(かな?)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳(かな?)
1
テント場を出発。この景色もそろそろ最後。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場を出発。この景色もそろそろ最後。
2
テント場からの風景。三日間とも槍ヶ岳がよく見えた。しばらくねていたので、腰の調子も随分よくなる。結果的には、無理すれば槍ヶ岳も登れたかも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場からの風景。三日間とも槍ヶ岳がよく見えた。しばらくねていたので、腰の調子も随分よくなる。結果的には、無理すれば槍ヶ岳も登れたかも。
1
西岳からの下りは、ハシゴが結構続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西岳からの下りは、ハシゴが結構続く。
槍沢まで降りてくると、あとはなだらかな沢沿いの道が続く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍沢まで降りてくると、あとはなだらかな沢沿いの道が続く
横尾山荘でチキンカレーを食べる。美味しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾山荘でチキンカレーを食べる。美味しい。
時間があったので、穂高神社奥宮、明神池にも立ち寄ってみた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間があったので、穂高神社奥宮、明神池にも立ち寄ってみた。
1
明神池からの遊歩道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神池からの遊歩道。
1
かっぱ橋は、人でいっぱい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かっぱ橋は、人でいっぱい。

感想/記録
by dodo

燕岳から大天井岳に向かう途中で、軽いぎっくり腰状態に。リュックを背負っていると、ウエストベルトで腰がガッチリ固定されているので、それほど痛みを感じず歩けたが、テントの中では痛みで起き上がることも寝返りをうつことも出来ない状況。槍ヶ岳登頂を諦め、二日目はヒュッテ西岳でテント泊に変更した。
三日ともよく晴れて、見晴らしが素晴らしかったので、大満足。

テントを担いでの行程だったので、余裕をもって2泊ではなく3泊で計画してもよかったかも。
訪問者数:146人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ