ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 986652 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

越後駒ヶ岳

日程 2016年10月16日(日) [日帰り]
メンバー Ultreia
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
公共交通機関利用
JR小出駅発、枝折峠経由銀山平行きバスにて枝折峠。当日便が今年最終でした。
シルバーライン経由で銀山平方面は、11/3まで。
銀山平から銀の道経由で明神峠に出られるようです。

車利用
枝折峠駐車場他、付近の路肩に多数の駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間50分
休憩
1時間10分
合計
8時間0分
S枝折峠登山口07:3007:56明神峠07:5908:39道行山08:4409:20小倉山09:2309:55百草の池10:47駒ノ小屋10:5511:14越後駒ヶ岳11:3611:59駒ノ小屋12:0612:43百草の池12:4413:14小倉山13:2213:59道行山14:1115:00明神峠15:0115:30枝折峠登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コースタイム
ヤマケイ〜8時間35分 山と高原地図〜10時間20分 ブルーガイド〜11時間05分

ブルーガイドの地図を持参していたので、前半がんばって登り、後半は余裕で時間調整しながら歩きました。そうしたら、なんと登りと下りが同タイムになりました。
コース状況/
危険箇所等
紅葉はきれいでしたが、例年よりはくすんでいると地元の登山者が話していました。
駒ノ小屋は、当日(10/16)午後〜管理人不在となりました。(10/19訂正)
よく整備されている登山道です。前駒〜駒ノ小屋の岩場は慎重に。
その他周辺情報折立温泉の旅館「長者」に前泊。バス停の目の前でバス利用者にも便利。
荷物デポ、下山後も入浴させていただいた。部屋から正面に駒ケ岳が大きく見える。
長く浸かれるぬるめのお湯と自家栽培の魚沼米。
折立温泉〜JR小出駅からバス20分。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 ゲイター 予備靴ひも ザック 昼ご飯 行動食 地図(地形図) ヘッドランプ ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル カメラ
備考 万が一に備えてツェルトは持っていたほうがよかった。
暑さを感じて半袖シャツになったが、触ると腕は冷えていたので、アームカバーがあれば良かった。

写真

宿の部屋から見た早朝の駒ケ岳。満月で一晩中見えていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宿の部屋から見た早朝の駒ケ岳。満月で一晩中見えていた。
2
登山道の最初の方から、駒ケ岳がよく見える。展望に優れたコースです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道の最初の方から、駒ケ岳がよく見える。展望に優れたコースです。
4
荒沢岳の存在感も大きい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒沢岳の存在感も大きい。
3
雲海が消えていき、銀山平が見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海が消えていき、銀山平が見えてきた。
3
小倉山(左端)から尾根伝いに登っていくコースがみて取れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小倉山(左端)から尾根伝いに登っていくコースがみて取れる。
3
黄葉もきれいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄葉もきれいです。
2
前駒(左)と駒ケ岳(右)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前駒(左)と駒ケ岳(右)
2
尾根道をずいぶん歩いてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道をずいぶん歩いてきました。
2
前駒から駒ケ岳を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前駒から駒ケ岳を望む。
3
駒ノ小屋。管理人の方が下山の準備をしていました。小屋前はベンチあり、多くの方が休憩中でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ノ小屋。管理人の方が下山の準備をしていました。小屋前はベンチあり、多くの方が休憩中でした。
2
小屋からもうひと登り。雄大な景観を楽しみながら。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋からもうひと登り。雄大な景観を楽しみながら。
3
駒ケ岳の山頂が右奥に見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ケ岳の山頂が右奥に見える。
1
駒ケ岳山頂。人で賑わっていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ケ岳山頂。人で賑わっていました。
2
向かいは、八海山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向かいは、八海山。
3
山頂から少し南へ稜線を進む。荒沢岳。右奥に燧ヶ岳、平ヶ岳も見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から少し南へ稜線を進む。荒沢岳。右奥に燧ヶ岳、平ヶ岳も見える。
3
グシガハナ(右手前)と中ノ岳(左)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
グシガハナ(右手前)と中ノ岳(左)
3
八海山とグシガハナ。褶曲山脈の険しさ。左奥は巻機山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八海山とグシガハナ。褶曲山脈の険しさ。左奥は巻機山。
4
駒ノ小屋~前駒の岩場を慎重に下山する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ノ小屋~前駒の岩場を慎重に下山する。
1
中ノ岳。いつか登ってみたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ノ岳。いつか登ってみたい。
4
豪雪に磨きぬかれたと形容される、迫力ある山肌。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
豪雪に磨きぬかれたと形容される、迫力ある山肌。
2
百草ノ池を眺めながら前駒を下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百草ノ池を眺めながら前駒を下る。
2
小倉山付近から駒ヶ岳。この後の下山は、アップダウンがあって長く感じました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小倉山付近から駒ヶ岳。この後の下山は、アップダウンがあって長く感じました。
2
駒ヶ岳と中ノ岳。日差しが強い。下山時まで良い天気でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳と中ノ岳。日差しが強い。下山時まで良い天気でした。
1
道行山付近から荒沢岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道行山付近から荒沢岳。
1
道行山頂から下山方面の紅葉。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道行山頂から下山方面の紅葉。
3
明神峠を過ぎ、奥只見湖を眺めると、ずっと奥に会津駒ヶ岳も見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神峠を過ぎ、奥只見湖を眺めると、ずっと奥に会津駒ヶ岳も見えました。
1

感想/記録

青空の下、紅葉と眺望を楽しみながら歩くことができました。歩いてきた尾根・稜線を振り返れば、その先に奥会津まで延々と山並が続いていました。

山頂からの眺めは抜群で、佐渡島もうっすら見えました。私の地元栃木の山では、日光連山はもとより、那須連峰や足尾の皇海山まで見えました。

温泉と新潟のおいしいご飯のおかげで、前日の八海山登山の疲れもなく、快調に登山ができました。いろいろわがままを聞いてくださった、旅館の方に感謝です。
訪問者数:218人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

雲海 紅葉
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ