また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1065143 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

【厳冬期の八ヶ岳】文三郎尾根→赤岳→中岳

日程 2017年02月11日(土) 〜 2017年02月12日(日)
メンバー
天候2/11sun/rain
2/12sun
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美濃戸口まではあまり積雪なし
美濃戸口から美濃戸まではスタッドレスタイヤ必須
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間30分
休憩
0分
合計
2時間30分
S美濃戸山荘10:3013:00行者小屋
2日目
山行
4時間20分
休憩
1時間10分
合計
5時間30分
行者小屋07:2008:00文三郎尾根分岐08:30赤岳09:00文三郎尾根分岐09:20中岳09:30中岳のコル09:5010:10中岳のコル登山道水場10:40行者小屋11:3012:50美濃戸山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
美濃戸〜行者小屋:踏み跡明瞭
行者小屋〜赤岳:アイゼン必須
赤岳〜中岳〜行者小屋:トレースが薄め、アイゼン必須
その他周辺情報鹿の湯 600円
http://happoen.jp/hotspa/higaeri.html
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

美濃戸まで車で入りスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸まで車で入りスタート
曇天の中、モクモクと進んでいく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曇天の中、モクモクと進んでいく
1日目と打って変わって、好天に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1日目と打って変わって、好天に
ドンドンと傾斜がキツくなっていく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドンドンと傾斜がキツくなっていく
県界尾根と真行寺尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県界尾根と真行寺尾根
3
阿弥陀北稜
雪面にも岩稜にも人がいる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀北稜
雪面にも岩稜にも人がいる
2
中岳のコルへ向かう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳のコルへ向かう
2
快晴の中、下山する
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴の中、下山する
2
堰堤を越えれば…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤を越えれば…

感想/記録
by Gipfel

冬山にあまり行っていないので、八ヶ岳へ登ることにしました。

一日目はのんびりとしていたので、美濃戸についた時間が遅くなってしまいました。
天候も曇り気味だったので、行者小屋までのんびりと進みました。

到着したのは13時だったので、日没までに赤岳へ登れないことはないかもしれませんが、無理はせず早めに定着することにしました。

二日目は天候は回復し、快晴でした。
一日目に登る予定だった赤岳へ文三郎尾根で登ることにしました。
日が出てから登り始めたものの、渋滞することもなく、自分たちのペースで登ることができました。
マムートの階段は雪に埋もれていたので、アイゼンの爪が挟まることもなく、安定して雪面に食い込ませながら登ることができました。

中岳分岐を過ぎると岩場になり、いくぶんかは雪が少なくなり風も強くなりました。
吹き飛ばされないように気をつけながら山頂を目指しました。

山頂直下の岩場についている雪がフカフカでアイゼンが効きづらくちょっと嫌でした。

無事に登頂し、登ってきたルートで中岳分岐まで戻りました。
下りのほうが高度感がありましたが、続々と登山者がやってくるので、雪面に立派なステップができていました。

中岳分岐から行者小屋方面を見ると、アリの行列のように人が連なって登ってきていたので、中岳に立ち寄ることにしました。

中岳との鞍部まではトレースがありましたが、中岳への登りのトレースはよくわかりませんでした。
雪はしっかりと積もっていたので、アイゼンを効かせて登ることができました。

山頂には特に標識はありませんでした。
振り返ると行者小屋方面から登ってきていた登山者がザックカバーを飛ばしてしまったり、
登山道から20〜30mほど滑り落ちて止まっている人が見えました。

正面には阿弥陀岳が間近に迫っていましたが、一般ルートにはトレースがありませんでした。
中岳のコルで軽く雪を掘って休憩しました。
風も防げて、日向だったので快適な休憩場所でした。

雪がガリガリに固まっていれば中岳沢沿いに下りたいと思っていましたが、
積もっている雪が、腰丈のフカフカだったので、あまり推奨されないルートで下山しました。

途中から阿弥陀北稜コースと合流し、トレースを辿りながら下りました。
行者小屋でテントを撤収し、美濃戸までは一日目に登ってきた道を戻りました。

阿弥陀岳の北稜をかなりの数の登山者が登っていました。
バリエーションコースの入門編ということで、登ってみたいと思いましたが
あまり渋滞していないときに登ってみたいと思います。
訪問者数:413人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ