また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1107926 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

乾徳山(山座同定)

日程 2017年04月15日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
乾徳公園の駐車場(無料)に駐車。
朝8時過ぎに到着して、空きは数台ありました。
もう少し登山口に近いところにも駐車場がありましたが、そちらのほうが空いてました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
今回の山行のため軽アイゼンを購入しましたが、結局、使いませんでした。
ただ、持っていかなかったら、心配になって途中リタイアしていた可能性大です。実際、数名のかたが途中で降りてきたみたいです。
使いませんでしたが、買って良かった。
頂上直下の鳳岩は勿論、その他の岩場、鎖場も危険です。
このところの陽気で雪の心配はないと思いますが、アイスバーンの雪道の上を何かにつかまって、そろそろと歩くことになるかもしれません。チェーンスパイクなど持っている方が安心して登れます。
その他周辺情報駐車場から少し離れたところに笛吹の湯という温泉がありました。
村営温泉で、一般の人(村外)は510円.JAF会員割引で410円。
※療養目的の施設のため、飲食はできません。
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 飲料 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め 携帯 タオル ストック アイゼン
共同装備 ガスカートリッジ コッヘル

写真

乾徳山駐車場から出発
(^_^)ノ
2017年04月15日 08:23撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乾徳山駐車場から出発
(^_^)ノ
1
しばらくは舗装道路
2017年04月15日 08:34撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは舗装道路
登山口の途中で駐車場発見。車を停めた駐車場から10分足らずですが、登山口に近いにこしたことありません。
2017年04月15日 08:45撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口の途中で駐車場発見。車を停めた駐車場から10分足らずですが、登山口に近いにこしたことありません。
2
登山口到着
2017年04月15日 08:59撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口到着
1
登り初めは林の中の登山道。どんどん標高を稼ぎます。
写っているのはCLのNさん。
2017年04月15日 09:14撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り初めは林の中の登山道。どんどん標高を稼ぎます。
写っているのはCLのNさん。
Kさん、Tさんが続きます。
2017年04月15日 09:19撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Kさん、Tさんが続きます。
ひたすら登り坂
2017年04月15日 09:41撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら登り坂
1
坂道がなだらかな勾配に。
2017年04月15日 10:32撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坂道がなだらかな勾配に。
ついに山頂がハッキリ見えた。(^O^)
2017年04月15日 10:34撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに山頂がハッキリ見えた。(^O^)
国師ヶ原に到着
扇平、クサリ場、頂上/高原ヒュッテ、水ノタルの分岐。
扇平、クサリ場、頂上の方向に進む。
2017年04月15日 10:37撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国師ヶ原に到着
扇平、クサリ場、頂上/高原ヒュッテ、水ノタルの分岐。
扇平、クサリ場、頂上の方向に進む。
しばらくは、なだらかな登り
2017年04月15日 10:37撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは、なだらかな登り
ススキの中の坂道を歩きます。
2017年04月15日 10:57撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ススキの中の坂道を歩きます。
山頂が見えました。
2017年04月15日 10:58撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が見えました。
月見岩到着
2017年04月15日 11:04撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月見岩到着
扇平到着
2017年04月15日 11:16撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇平到着
徐々に勾配が急になり、いよいよ岩場が始まります
2017年04月15日 11:26撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々に勾配が急になり、いよいよ岩場が始まります
残雪発見
多少溶けてますがアイスバーン状態で、ツルツル滑ります。
2017年04月15日 11:29撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪発見
多少溶けてますがアイスバーン状態で、ツルツル滑ります。
岩場をずんずん進んでいきます。
2017年04月15日 11:29撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場をずんずん進んでいきます。
手も使わないと登れなくなってきます。
2017年04月15日 11:30撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手も使わないと登れなくなってきます。
1
Kさんが足の不調のため、山頂を断念。
Nリーダーから、「(Nリーダーは)乾徳山は何度か登っているので、Kさんとここで待機するから、(Tさんと私)二人で山頂いってきて」という話があり、みんなで山頂をふめないのは、とても残念ですが、Tさんと二人で山頂を目指すことに。
2017年04月15日 11:34撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Kさんが足の不調のため、山頂を断念。
Nリーダーから、「(Nリーダーは)乾徳山は何度か登っているので、Kさんとここで待機するから、(Tさんと私)二人で山頂いってきて」という話があり、みんなで山頂をふめないのは、とても残念ですが、Tさんと二人で山頂を目指すことに。
2
残雪。所々アイスバーン状態。
2017年04月15日 11:39撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪。所々アイスバーン状態。
急な岩場の雪は怖かったです
後で、Nリーダーに聞いたら、5−6人リタイアして降りてきたそうです。
2017年04月15日 11:40撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な岩場の雪は怖かったです
後で、Nリーダーに聞いたら、5−6人リタイアして降りてきたそうです。
2
気が抜けない岩場が続きます。
2017年04月15日 11:51撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気が抜けない岩場が続きます。
1
Tさん、難なく登ります
2017年04月15日 11:56撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Tさん、難なく登ります
1
岩場に雪。慎重に登ります。
このロープがある岩場は、岩がぬれていて滑りやすかったです。
(下りが怖かった)
2017年04月15日 11:58撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場に雪。慎重に登ります。
このロープがある岩場は、岩がぬれていて滑りやすかったです。
(下りが怖かった)
1
雪、岩の繰り返し
2017年04月15日 12:01撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪、岩の繰り返し
迂回路?ということは
2017年04月15日 12:07撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迂回路?ということは
1
バーン。出たーラスボス。
2017年04月15日 12:07撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バーン。出たーラスボス。
3
鳳岩。オオトリイワ。
2017年04月15日 12:07撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳岩。オオトリイワ。
今度は私が先に登ってTさんを待ちます。上から見ると、こんな感じ。一般ハイカーの私には十分な高度感。
2017年04月15日 12:10撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は私が先に登ってTさんを待ちます。上から見ると、こんな感じ。一般ハイカーの私には十分な高度感。
5
Tさんが登り始めます
2017年04月15日 12:11撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Tさんが登り始めます
どんどん登ってきます。
2017年04月15日 12:11撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん登ってきます。
北アルプスの槍も経験しているTさん、余裕綽々。
2017年04月15日 12:12撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスの槍も経験しているTさん、余裕綽々。
3
鳳岩を登りきると山頂
奥秩父の山々が見渡せます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳岩を登りきると山頂
奥秩父の山々が見渡せます
2
Tさんと記念撮影
2017年04月15日 12:23撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Tさんと記念撮影
9
金峰山の五丈岩も見えました
2017年04月15日 12:17撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山の五丈岩も見えました
4
金峰山アップ。五丈岩も見えます。
2017年04月15日 12:20撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山アップ。五丈岩も見えます。
大菩薩嶺方向の展望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩嶺方向の展望
1
Nリーダー、Kさんが待っているので、早々に下山開始。
鳳岩を下りました。鳳岩途中で撮影
2017年04月15日 12:30撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Nリーダー、Kさんが待っているので、早々に下山開始。
鳳岩を下りました。鳳岩途中で撮影
Tさんが続きます。
2017年04月15日 12:32撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Tさんが続きます。
1
Nリーダーに教えてもらいましたが、登り始め、下りの最後3mくらいは腕力だより。
後は、こんな感じでクラックを足場に登り降りするといいそうです。
2017年04月15日 12:32撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Nリーダーに教えてもらいましたが、登り始め、下りの最後3mくらいは腕力だより。
後は、こんな感じでクラックを足場に登り降りするといいそうです。
2
クラックをうまく使って無事降りました。
2017年04月15日 12:33撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クラックをうまく使って無事降りました。
1
別の鎖場。
登りは怖くなかったですが、下りは若干怖かったです。
2017年04月15日 12:44撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別の鎖場。
登りは怖くなかったですが、下りは若干怖かったです。
岩場。
足を踏み外さないよう注意。
2017年04月15日 12:50撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場。
足を踏み外さないよう注意。
Nリーダー、Kさんと合流し下山。
2017年04月15日 13:21撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Nリーダー、Kさんと合流し下山。
高原ヒュッテに到着
2017年04月15日 13:47撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高原ヒュッテに到着
1
鹿の群れに遭遇。
2017年04月15日 13:47撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿の群れに遭遇。
高原ヒュッテ(避難小屋)で遅い昼食をすませ、外にでると、また鹿の群れが。

さぁ、ここからは一気に下ります。
2017年04月15日 14:34撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高原ヒュッテ(避難小屋)で遅い昼食をすませ、外にでると、また鹿の群れが。

さぁ、ここからは一気に下ります。
1
登山口到着。
駐車場まで20分くらい。
2017年04月15日 15:34撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口到着。
駐車場まで20分くらい。
朝、登山口に向かう途中、気になった何かのオブジェ?
う○ちにしか見えない
f(^^;)
2017年04月15日 15:52撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝、登山口に向かう途中、気になった何かのオブジェ?
う○ちにしか見えない
f(^^;)
1
駐車場到着。駐車場の向い側にある乾徳公園を撮影。トイレあります。
Nリーダー、Kさん、Tさん、楽しい山行ありがとうございました。
また誘ってください。
2017年04月15日 15:59撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場到着。駐車場の向い側にある乾徳公園を撮影。トイレあります。
Nリーダー、Kさん、Tさん、楽しい山行ありがとうございました。
また誘ってください。
1
撮影機材:

感想/記録
by Nobu00

去年、雨のせいで登山計画がお流れになった乾徳山に改めて挑戦しました。
頂上直下の鳳岩は、今までヤマレコで見た写真だと垂直の壁だと思ってましたが、斜度70〜80度(だと思います)、このくらいなら何とか行けそうという感じでした。とはいえ迫力は十分。一般ハイカーの私にはこのくらいが限界です。
その他の岩場、鎖場、アイスバーン状態の雪道、どれもスリリングで、楽しめました。
山頂の天気が今一つでしたが、奥秩父の山々、大菩薩山嶺の稜線は見応えありました。天気が良ければ南アルプスも見えるようなので、機会があったら、また登りたいと思います。
最後に、同行していただいた、諸先輩方、レコを参考にさせていただいたヤマレコ会員の方々、どうもありがとうございました。
特に、行き帰り車の運転していただいたKさんに厚く御礼申し上げます。リベンジするなら、また声かけてくださいね。(^○^)

蛇足ですが、
先月、先輩から4月15日乾徳山行かない?と誘われて、行きますと即答。
その時は、雪は溶けてると思っていたのですが、4月9日のyasu-uさん、aura-tさんの乾徳山のレコを見ると、アイスバーン状態でアイゼン等が必要とありました。また、monkichiさんのレコはアイゼンなしで登ったとありましたが、コメントのレスでチェーンスパイクあった方がというアドバイスもあったので、前日の金曜日に6本歯の軽アイゼンを買っちゃいました。
f^_^;)
結局、使わずにすみましたが、山頂に近づくにつれて、雪が増えて、ツルツル滑って怖かったです。そんな時、軽アイゼンを持っているというだけで安心して先に進めたので使わずとも買って良かったと思いました。
(^○^)
山座同定してますが、間違っていてもご容赦ください。間違いの指摘いただけるとありがたいです。
訪問者数:1007人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/7/29
投稿数: 257
2017/4/17 18:51
 お疲れ様でした
結局軽アイゼン使わずに済んだのですね。
北アルプスだと夏でも必要だったりするので持っててもよいと思います。
自分のときは見えなかったけど写真を見て周辺の山座イメージできました。
登録日: 2015/6/27
投稿数: 711
2017/4/17 21:04
 Re: お疲れ様でした
monkichiさん、コメントありがとうございます。
皆さんのレコが、とても参考になりました。コメントいただいた通り、今回は使わずにすみましたが、夏でも雪渓で使うかもしれないですし、冬に山を登るなら、低山でも雪に備えてアイゼンかチェーンスパイクを持つべきですね。
今回、ツルツルと雪道で滑って必要性を強く認識しました。
いろいろアドバイスありがとうございました。
m(_ _)m
登録日: 2016/3/18
投稿数: 530
2017/4/17 22:55
 乾徳山
こんばんは、Nobu00さん
乾徳山行かれたんですね〜
山頂手前の壁、登り切ると達成感ありますよね、山頂での景色も素晴らしいし満足出来る山ですよね。
登録日: 2015/6/27
投稿数: 711
2017/4/17 23:54
 Re: 乾徳山
fragranceさん、コメントありがとうございます。
前々から登りたいと思っていたので、今回、登ることができて、ラッキーでした。
山頂の壁は、適度な緊張感を楽しめました。(これ以上の緊張感ちょっと無理かも)
曇ってはっきりしない天気でしたが、奥秩父の山々が堪能できました。もうちょっと晴れると、もっと素晴らしい展望だったのでしょうね。
fragranceさんも去年4月に登ったんですね。ヤマレコ山行記録の4回目?登山始めて割とすぐに登ったのでしょうか?だとしたら凄いですね。登山初心者で、あの壁の写真を見たら、だいたいはビビって登る気、起きません。
また同じように、高原ヒュッテで鹿にあったということは、あの鹿たちは登山客に餌とかもらっているんでしょうか。とても慣れている感じがしました。
登録日: 2013/12/21
投稿数: 1728
2017/4/18 9:56
 お疲れさまでした〜
Nobuさん、こんにちは!
 乾徳山へいきましたか〜!
あの山、昔々、会社の仲間と行きましたが、山頂手前の岩場はけっこう迫力ありますよね。ハイキングコースの枠外かもですね。(たしか、岩場を迂回できるルートもあったかも
 6本爪アイゼン買ったんですね。冬の丹沢とか、夏の雪渓とか、なかなか「お役立ち」ですよ。今年は夏のアルプスの雪渓も目指して下さい。
登録日: 2015/6/27
投稿数: 711
2017/4/18 21:38
 Re: お疲れさまでした〜
f15eagleさん.コメントありがとうございます。
乾徳山行っちゃいました。噂通りの岩場と鎖場、アイスバーン。スリル満点の山行でした。
軽アイゼン、とうとう買っちゃいました。今回は使わなかったけど。持っているだけで安心して先に進めたので、役に立ちました。
そのうち、実際の効果も確認したいと思います。
(^○^)
登録日: 2014/8/3
投稿数: 477
2017/4/26 8:39
 げえー
Nobuさん、おはようございます🍀
乾徳山、山頂下のラスボス!うひゃー!垂直にしか見えません!怖ー!!(T_T)(T_T)
でも、岩場好きになったらたまらなさそう✨

せっかく買ったチェーンスパイクも、活躍する場面に出会わずよかった、ですね??😫

そして、翌日も山行されてるとは!Nobuさんの体力すごい✨お疲れ様でした☺☺
登録日: 2015/6/27
投稿数: 711
2017/4/26 22:10
 Re: げえー
mochaさん、コメントありがとうございます。
鳳岩は、最初の3mくらいは腕力が必要ですが、あとはクラックに足をかけて登れば大丈夫だと思います。
雪道が凍結してツルツル滑りましたが、登山靴でもなんとか行けました。雪女のmochaさんには、物足りないでしょうね。
(^○^)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ