また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1129832 全員に公開 ハイキング 関東

小金沢連嶺から大菩薩嶺を歩く

情報量の目安: S
-拍手
日程 2017年05月04日(木) 〜 2017年05月05日(金)
メンバー
天候晴れ。絶好の山日和
アクセス
利用交通機関
電車バス
JR初狩駅スタートし、帰りは柳沢峠よりバスで塩山駅へ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち97%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間54分
休憩
50分
合計
7時間44分
Sスタート地点08:0708:37藤沢子神社08:42滝子山分岐09:34最終水場09:4010:00北方川西尾根分岐10:40桧平11:35滝子山・三角点峰12:0512:14鎮西ヶ池12:17アモウ沢乗越13:17大谷ヶ丸13:34米背負峠(米ショイダル・コメッショイ)13:55天下石14:48ハマイバ丸15:21大蔵高丸15:3515:51湯ノ沢峠
2日目
山行
7時間49分
休憩
1時間32分
合計
9時間21分
湯ノ沢峠05:2506:15白谷丸06:4507:02黒岳07:30川胡桃沢ノ頭08:04牛奥ノ雁ヶ腹摺山08:2508:59小金沢山09:0509:40狼平09:59天狗棚山10:07石丸峠10:23熊沢山10:33大菩薩峠10:51親不知ノ頭11:2611:53雷岩12:04大菩薩嶺13:05丸川峠13:24天庭峠14:10六本木峠14:24展望台14:46柳沢峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
2日目のGPSログが撮れてなかったので、撮影写真の時間をもとにタイムを設定しました。
コース状況/
危険箇所等
大菩薩嶺から丸川峠への途中に残雪・凍結箇所が何カ所かありましたが、日中ならば気をつけて歩けば問題はなし。
過去天気図(気象庁) 2017年05月の天気図 [pdf]

写真

初狩駅をスタート。
”山小屋建設記念駅伝大会”ですか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初狩駅をスタート。
”山小屋建設記念駅伝大会”ですか?
1
ここ富士見沢宿は”あいさつの村”宣言。
みなさん笑顔で挨拶をしてくれます。
また、村全体が花にあふれ、手入れや清掃が行き届いていて素晴らしいところでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここ富士見沢宿は”あいさつの村”宣言。
みなさん笑顔で挨拶をしてくれます。
また、村全体が花にあふれ、手入れや清掃が行き届いていて素晴らしいところでした。
滝小山への登山口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝小山への登山口
途中にある水場。
立派な設備ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中にある水場。
立派な設備ですね。
水場にはベンチがあって休憩できます。
お会いした方は2泊3日で鶏冠山を経て丹波の方へと縦走予定だとか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場にはベンチがあって休憩できます。
お会いした方は2泊3日で鶏冠山を経て丹波の方へと縦走予定だとか。
1
登山道の真ん中に”ヒトリシズカ”が
踏まれないように、ね!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の真ん中に”ヒトリシズカ”が
踏まれないように、ね!
1
水場からの急登をあがるとミズナラ・ブナに樹林相が変わります。芽吹き始めてますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場からの急登をあがるとミズナラ・ブナに樹林相が変わります。芽吹き始めてますね。
水場からの急登をあがると”檜平”へ到着。フルバージョンで富士山が眺められます。マメザクラが咲いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場からの急登をあがると”檜平”へ到着。フルバージョンで富士山が眺められます。マメザクラが咲いていました。
1
欅平からの登りは迷わず”男坂”を行きます
失敗だったかな?結構きつかった(~_~;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
欅平からの登りは迷わず”男坂”を行きます
失敗だったかな?結構きつかった(~_~;)
滝子山到着。
一気に展望が!!富士山が絶景です。
ランチするのに最適!ということでしばし休憩です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝子山到着。
一気に展望が!!富士山が絶景です。
ランチするのに最適!ということでしばし休憩です。
1
大谷ガ丸へと向かいます。
樹林相がカラマツへと変わります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大谷ガ丸へと向かいます。
樹林相がカラマツへと変わります。
大谷ケ丸山頂です。わりとジミ〜な感じがする静かな山頂でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大谷ケ丸山頂です。わりとジミ〜な感じがする静かな山頂でした。
米背負(コメショイ)峠。変わった名前の峠ですね。天目山温泉への下山口です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
米背負(コメショイ)峠。変わった名前の峠ですね。天目山温泉への下山口です。
2
米背負峠からのピークにダケカンバが登場
ダケカンバは青空にキラキラと映える樹木ですね。
カッコいいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
米背負峠からのピークにダケカンバが登場
ダケカンバは青空にキラキラと映える樹木ですね。
カッコいいです。
”天下石”だそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
”天下石”だそうです。
1
このピークへの登りは砂地となってます。
滑って滑って、登りも下りも大変です(~_~;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このピークへの登りは砂地となってます。
滑って滑って、登りも下りも大変です(~_~;)
1
ハマイバ丸への登りは背の高いスズタケの中を歩きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハマイバ丸への登りは背の高いスズタケの中を歩きます
ダケカンバが増えてきました。白い樹木が輝いて見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケカンバが増えてきました。白い樹木が輝いて見えます。
ハマイバ丸到着
手前の荒れ地のところは展望がいいけれど、山頂自体はジミですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハマイバ丸到着
手前の荒れ地のところは展望がいいけれど、山頂自体はジミですね。
いよいよ本日最後のピークの大蔵高丸へと向かいます。
カヤトの草原です。秋はススキ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ本日最後のピークの大蔵高丸へと向かいます。
カヤトの草原です。秋はススキ?
1
360度の展望の大蔵高丸へ到着。南に富士山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
360度の展望の大蔵高丸へ到着。南に富士山。
2
北に白谷丸〜黒岳を望みます。
アマチュア無線の方と情報交換をしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北に白谷丸〜黒岳を望みます。
アマチュア無線の方と情報交換をしました。
湯ノ沢峠分岐。左へ行くと避難小屋へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯ノ沢峠分岐。左へ行くと避難小屋へ。
15時40分湯ノ沢峠避難小屋到着。
ザックが重くてきつかったのと眺望を楽しみながらだらだらと歩いたため予定時間をオーバー(~_~;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15時40分湯ノ沢峠避難小屋到着。
ザックが重くてきつかったのと眺望を楽しみながらだらだらと歩いたため予定時間をオーバー(~_~;)
小屋の中です。結構きれいにしてあります。
小屋内は火気厳禁とかでみなさん外で食事をされてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の中です。結構きれいにしてあります。
小屋内は火気厳禁とかでみなさん外で食事をされてました。
1
結局10名で宿泊。ところが事件発生!?。
おっさんのいびきがすごくてみんな大迷惑!”眠れな〜い”とブーイングの嵐でした(>_<)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結局10名で宿泊。ところが事件発生!?。
おっさんのいびきがすごくてみんな大迷惑!”眠れな〜い”とブーイングの嵐でした(>_<)
3
2日目の朝。さぁ〜スタート。あらここにもテントが3張も。小屋の横には10張のテントがありましたが。内も外も大混雑だったんですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目の朝。さぁ〜スタート。あらここにもテントが3張も。小屋の横には10張のテントがありましたが。内も外も大混雑だったんですね。
1
急登をはぁ~はぁ〜息を切らして到着した山頂が”白谷ノ丸”。でも、ここは私がこのルート一押しの絶景ポイント。感激!感激!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登をはぁ~はぁ〜息を切らして到着した山頂が”白谷ノ丸”。でも、ここは私がこのルート一押しの絶景ポイント。感激!感激!!
振り向くとデ~んと富士山。雲一つないきれいな形で眺められます。手前は昨日あるいた滝子山〜大蔵高丸の稜線です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り向くとデ~んと富士山。雲一つないきれいな形で眺められます。手前は昨日あるいた滝子山〜大蔵高丸の稜線です。
6
その右手には雪をまとった南アルプスの山々が連なります。壮大な眺め。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その右手には雪をまとった南アルプスの山々が連なります。壮大な眺め。
2
さらに右手には八ヶ岳までも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに右手には八ヶ岳までも。
2
さらにさらに左手には丹沢山塊まで一望です。
こんなパノラマに、思わずコーヒーブレイクで長居してしまいました(*^_^*)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらにさらに左手には丹沢山塊まで一望です。
こんなパノラマに、思わずコーヒーブレイクで長居してしまいました(*^_^*)
2
後ろ髪をひかれつつも、次の黒岳へ。
植生がコメツガの樹林へと変わります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろ髪をひかれつつも、次の黒岳へ。
植生がコメツガの樹林へと変わります。
黒岳到着!!特に眺望はないです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒岳到着!!特に眺望はないです。
草原にポツンとカラマツ。こんな風景は大好きです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草原にポツンとカラマツ。こんな風景は大好きです。
川胡桃沢ノ頭です。小金沢連嶺のトレイルはどこからでも富士山と南アルプスがきれいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川胡桃沢ノ頭です。小金沢連嶺のトレイルはどこからでも富士山と南アルプスがきれいです。
2
カラマツの林の中を歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラマツの林の中を歩きます。
秋の紅葉の時期に歩きたいです。カラマツの紅葉は大好きです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋の紅葉の時期に歩きたいです。カラマツの紅葉は大好きです。
賽ノ河原からみる牛奥ノ鴈ヶ腹摺山。
一面のカヤト枯葉の草原は、爽快な解放感が!!
秋はススキの野原かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
賽ノ河原からみる牛奥ノ鴈ヶ腹摺山。
一面のカヤト枯葉の草原は、爽快な解放感が!!
秋はススキの野原かな?
3
青空へと続くカヤトのトレイル
もうすぐ山頂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空へと続くカヤトのトレイル
もうすぐ山頂
1
牛奥ノ鴈ヶ腹摺山山頂到着!!
日本で一番ながい名前を持つ山で有名ですが、ここからの眺望も絶景です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛奥ノ鴈ヶ腹摺山山頂到着!!
日本で一番ながい名前を持つ山で有名ですが、ここからの眺望も絶景です。
2
きれいな形の富士山。
手前に三ツ峠山がみえます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいな形の富士山。
手前に三ツ峠山がみえます。
4
南アルプスもしっかりと鎮座
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスもしっかりと鎮座
ササの草原を通って小金沢山へと向かいます。
解放感がいいですね。天気もいいし(*^_^*)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ササの草原を通って小金沢山へと向かいます。
解放感がいいですね。天気もいいし(*^_^*)
小金沢山へ到着。どっしりとした存在感のある山。南側へ展望が開けます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小金沢山へ到着。どっしりとした存在感のある山。南側へ展望が開けます。
1
小金沢山からの富士山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小金沢山からの富士山
2
小金沢山からの下りは倒木や木の根・ヤセ尾根の岩稜があったりしてなかなか歩きにくいトレイルです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小金沢山からの下りは倒木や木の根・ヤセ尾根の岩稜があったりしてなかなか歩きにくいトレイルです。
おまけにぬかるみもあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おまけにぬかるみもあります。
木の根がゴロゴロです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の根がゴロゴロです
ジャ〜ン!本日のハイライト。ササの草原が登場!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャ〜ン!本日のハイライト。ササの草原が登場!!
3
西には大菩薩湖&南アルプスのコラボ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西には大菩薩湖&南アルプスのコラボ
1
狼平はササの草原。ここって北海道?みたいな解放感が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狼平はササの草原。ここって北海道?みたいな解放感が。
2
向かいの山は熊沢山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向かいの山は熊沢山
振り返ると狼平と小金沢山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると狼平と小金沢山
1
天狗棚山へと登りつめていきます
どんな景色が見られるんだろうと期待ワクワク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗棚山へと登りつめていきます
どんな景色が見られるんだろうと期待ワクワク
熊沢山へのジグザグのトレイルが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊沢山へのジグザグのトレイルが
牛ノ寝通りルートへと下るマウンテンバイクが。
豪快なスポーツですね(*^_^*)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛ノ寝通りルートへと下るマウンテンバイクが。
豪快なスポーツですね(*^_^*)
石丸峠から熊沢山を望む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石丸峠から熊沢山を望む
2
介山荘が見えてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
介山荘が見えてきました
1
富士山に雲がかかりだしました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山に雲がかかりだしました
大菩薩嶺へのトレイル
今日も大勢の方が歩かれています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩嶺へのトレイル
今日も大勢の方が歩かれています。
1
塩山の街並みを見下ろします
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩山の街並みを見下ろします
1
カミナリ岩からの眺望です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カミナリ岩からの眺望です
1
大菩薩嶺の山頂
写真を撮るために並んで待っています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩嶺の山頂
写真を撮るために並んで待っています
1
丸川峠へむけてコメツガの樹林帯の中を下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸川峠へむけてコメツガの樹林帯の中を下ります
途中何カ所か雪が残ったり、凍結したりしていました。
慎重に歩けば大丈夫!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中何カ所か雪が残ったり、凍結したりしていました。
慎重に歩けば大丈夫!
丸川荘が見えてきました。丸川峠到着です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸川荘が見えてきました。丸川峠到着です。
柳沢峠へと向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柳沢峠へと向かいます。
ここにもマウンテンバイクが!!
流行っていますね、ずいぶん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにもマウンテンバイクが!!
流行っていますね、ずいぶん。
寺尾峠付近。ミズナラやブナの樹林帯ですね。
歩きやすいトレイルが続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寺尾峠付近。ミズナラやブナの樹林帯ですね。
歩きやすいトレイルが続きます。
八ヶ岳を思わせる?苔も登場します。
すてきなトレイルです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳を思わせる?苔も登場します。
すてきなトレイルです。
スズタケがあらわれて植生が変わりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スズタケがあらわれて植生が変わりました。
まもなく六本木峠に着きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まもなく六本木峠に着きました。
梅の木尾根分岐。
迷わずナラ坂コースを選択(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅の木尾根分岐。
迷わずナラ坂コースを選択(笑)
ナラ坂。
柳沢峠方面へ向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナラ坂。
柳沢峠方面へ向かいます
柳沢峠が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柳沢峠が見えてきました。
登山口到着。
お疲れ様でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口到着。
お疲れ様でした。
自転車のツーリングの方々が。
バイクや自転車のツーリングのメッカなのかな?大勢の方が集まってました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自転車のツーリングの方々が。
バイクや自転車のツーリングのメッカなのかな?大勢の方が集まってました。

感想/記録

日本一長い名前の山(牛奥ノ鴈ヶ腹摺山で14文字)があるというので物珍しさで、歩く計画を立てました。
スタートは初狩駅とし、ゴールをどこにするか悩みましたが結局柳沢峠に落ち着き1泊2日の山行です。

湯ノ沢峠の避難小屋泊を想定。ただ混雑も予想してテントも持つことに。しかしこれがもとでザックが17kgとなり滝子山までで体力を使い果たした感じとなりバテバテの歩きでした(~_~;)

初日のルートは樹林帯の中が多く、面白さに欠けると思いきや、樹林の相がブナ・ミズナラから始まって、カラマツに変わり、またブナ林がでてダケカンバに変わっていくなどの変化に、秋の紅葉の時期はさぞかしきれいなのではワクワクしながらの歩きでした。

宿泊は予定通り避難小屋泊だったのですが、10名の宿泊者で若干の混雑感が。。それはいいとして、おっさんの(自分も十分おっさんですが(笑))小屋を震わすようなイビキの音には閉口(>_<)。一晩中ガオ〜・グワオ〜です。みんなに総スカン!!

2日目は想像通りの絶景が待ってました。最初のピークの白谷丸からの景観は想像を絶する迫力!富士山を中心に、丹沢から南アルプス・八ヶ岳までを一望します。寝不足を一気に解消して気分はルンルンにスイッチ・オン!!です。

牛奥ノ鴈ヶ腹摺山、小金沢山のルートは大した高低差もなく楽しんで歩けました。
そして、もう一つの本日のハイライトは狼平を中心としたササの草原。広々とした枯ササが広がる風景は、ここどこ?北海道?みたいな感じで(笑)

大菩薩嶺は人気のコースですが、ほとんどの人は大菩薩峠と大菩薩嶺との銀座通り。
今回歩いた小金沢連嶺コースを知ってもらったらもっともっと楽しさが倍増するのでは?と思ったのが実感でした。

秋の紅葉時にまた歩いてみたいな。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:487人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ