また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1199430 全員に公開 沢登り屋久島

屋久島 淀川

日程 2016年08月06日(土) 〜 2016年08月11日(木)
メンバー
 kjt
, その他メンバー1人
天候8/7 雨時々曇り 8/8晴れ 8/9晴れ 8/10晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
鹿児島から、フェリーハイビスカスで、宮之浦港まで。安房までヒッチハイク。安房からバス。
下山は白谷雲水峡。バスで宮之浦まで。
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間30分
休憩
0分
合計
7時間30分
Sヤクスギランド08:3016:00淀川小屋
2日目
山行
8時間30分
休憩
0分
合計
8時間30分
淀川小屋07:1515:45新高塚小屋
3日目
山行
5時間30分
休憩
0分
合計
5時間30分
新高塚小屋07:3013:00白谷雲水峡
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
8/6
喜界島から、そのまま屋久島へ移動する。聳え立つ桜島を見ながら次の島への期待が膨らむ。宮之浦で、Mと合流してもろもろの買い出し。心優しい島人に拾ってもらって、登山口のある安房へ移動。
8/7
朝イチで、ヤクスギランド行きのバスに乗る。昨日からぐずついている天気があまり回復せず、標高を上げていくと濃い霧に包まれる。ヤクスギランドの重厚な森を淀川の入渓点まで歩く。林道はきちんと整備されている。入渓点まで霧雨はやまず。不安は的中し、淀川は増水気味。今日のところは安全を考えて安房に戻ることにする。とても残念。ヤクスギランドで交通整理していたおじさんと知り合い、島一周ドライブに連れて行ってもらう。この島は優しい人が多い。いろいろと奢ってもらう。
8/8
再びヤクスギランドへ向かう。今日はだいぶ減水していたので、いざ出陣。津橋で懸垂下降の練習をしてから、先に進む。白い巨岩に苔むした森が絡み合い、もののけの世界を形成している。しばらくは、巨岩と淵の連続で、ヤックルをイメージして軽快に飛び石をしていく。めぼしい滝を二つほど処理すると、突然、沢の中に水平線が現れる。止水鏡だ。さっきまで、巨岩や淵で暴れていた水音の一切が消え、静寂の世界が訪れる。太古の自然、そのままの姿が屋久島にはあった。いままで多くの沢を登ったが、こんな世界はいまだかつて見たことがない。「アシタカ聶記 」を口ずさみながらじゃぶじゃぶ行く。
淀が終わると再びムチ区間にはいり、ゴルジュの幅が狭まり、岩が大きくなって突破が難しくなってくる。垂直なトイ状の滝が出てきて、ここから右岸を大きくまく。ゴルジュの様子を斜面から注意深く観察し、偵察を繰り返して、適切なおりくちを探す。ゴルジュの中には、直登不可と思われる滝がいくつかあり、下手に沢床に懸垂下降するとえらい目に遭いそうなので慎重を要する。計1.5h近く巻いたか。
巻道が終わると、再び ”淀”の区間が始まる。後半の淀は前半よりも規模が大きく、長い。「もののけ姫」を口ずさみながら進む。足がつかない部分も多く、ゆるゆると泳ぐ。淀を進むと左岸に淀川小屋が現れる。C1。
8/9
淀川小屋からも、”淀”が続く。朝イチなので、少しさむい。日和気味にあまり浸からないように進む。上流部になると、良い感じのナメもあり、完成度の高い沢である。1410二股を右、1440二股を左ととって、淀川中俣を詰めると、登山道に出た。そこから、宮之浦岳への登山道を行く。途中、シカと遭遇。運よく、晴れていて、八重山の全景を見渡せる。シシ神の森と酷似している。来た甲斐があった。新高塚小屋でC2。
8/10
今日は下山だけ。一応、ウィルソン株とヤクスギはちゃんと抑えた。トロッコ道を歩きながら、もののけの森から人里に近づいていることを感じる。宮之浦におりたいので、白谷雲水峡方面に降りる。白谷川も中々の美形であり、白谷の森は、いっそう苔が森のすべてを包んでいていい味を出している。短かったように見えるが、夏ワンとしては申し分のない山行になった。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

共同装備 8.8mmザイル50m 二人用テント(モンベル ステラリッジ)

写真

島一周ドライブ。もっちょむ岳
2016年08月07日 12:29撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
島一周ドライブ。もっちょむ岳
大川の滝。この沢もおもしろいらしい。
2016年08月07日 15:14撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大川の滝。この沢もおもしろいらしい。
入渓。シシ神の森へ。
2016年08月08日 08:14撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入渓。シシ神の森へ。
美しい。ただそれだけ。
2016年08月08日 13:31撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい。ただそれだけ。
ものの怪でた、、
2016年08月08日 13:39撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ものの怪でた、、
後半の淀は、おおきい
2016年08月08日 13:44撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後半の淀は、おおきい
淀川手前までずっとこんな感じ
2016年08月08日 14:53撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
淀川手前までずっとこんな感じ
上流部はナメが続く
2016年08月09日 06:51撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上流部はナメが続く
洋上アルプス
2016年08月09日 13:16撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
洋上アルプス
ウィルソン株
2016年08月10日 07:57撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウィルソン株
撮影機材:

感想/記録
by kjt

現役の時に行き逃した憧れのルートへ。まったく期待を裏切らない。沢の概念が変わるくらい異次元の自然があった。
訪問者数:32人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ