また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1200168 全員に公開 ハイキング塩見・赤石・聖

青薙→布引→笊→伝付→万斧野ノ頭→悪沢→赤石→聖♪ 南アルプス南部のマイナールートからメジャールートへ

日程 2017年07月14日(金) 〜 2017年07月17日(月)
メンバー
天候7/14(金)闇→雨→曇→ガス
7/15(土)晴れ 時々 曇り
7/16(日)晴れ→ガス→雨
7/17(月)雨→曇→晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
15時間10分
休憩
15分
合計
15時間25分
Sスタート地点03:4504:32青薙山登山口06:00池ノ平06:1508:18青薙山09:42稲又山11:10所ノ沢越13:47布引山14:58笊ヶ岳16:42生木割山17:34天上小屋山19:03伝付峠19:10伝付峠水場
2日目
山行
5時間14分
休憩
25分
合計
5時間39分
伝付峠水場09:4109:50伝付峠10:0011:00二軒小屋ロッジ11:1513:39万斧沢ノ頭15:20千枚小屋
3日目
山行
11時間43分
休憩
1時間52分
合計
13時間35分
千枚小屋03:1503:45千枚岳04:26丸山04:56悪沢岳05:2706:18荒川中岳避難小屋06:25中岳07:25荒川小屋07:5408:19大聖寺平09:32小赤石岳10:05赤石岳10:05赤石岳避難小屋10:5712:02百間平13:40大沢岳14:22中盛丸山15:07小兎岳16:35兎岳16:50兎岳避難小屋
4日目
山行
6時間57分
休憩
31分
合計
7時間28分
兎岳避難小屋05:0606:54聖岳07:41小聖岳08:14薊畑分岐08:29聖平小屋分岐08:33聖平小屋09:0409:33滝見台11:58聖沢登山口12:34椹島ロッジ12:34ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
池ノ平→布引山間は破線ルートで、ところにより踏み跡無し、リボン無しの場所も有り。特に稲又山〜所の沢越あたりは分かりにくい。その他は一般ルート。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

25Lのザックに4日分の衣食住を詰め込んだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
25Lのザックに4日分の衣食住を詰め込んだ。
2
ここまで来て登山口を通り過ぎたことに気づく。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来て登山口を通り過ぎたことに気づく。。
青薙山の登山口。
草ボーボーで、案内も無し。
これが南ア破線ルートクオリティ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青薙山の登山口。
草ボーボーで、案内も無し。
これが南ア破線ルートクオリティ。
2
登り始めてすぐに雨が降ってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めてすぐに雨が降ってきた。
池ノ平らは不思議な場所。
湧き水豊富なオアシス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池ノ平らは不思議な場所。
湧き水豊富なオアシス。
1
迫力満点の赤崩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迫力満点の赤崩。
たまに標識もある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たまに標識もある。
まずは青薙山登頂。一気に1500m上がった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは青薙山登頂。一気に1500m上がった。
1
・・・突っ込みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・・・突っ込みます。
所の沢越。
年間どのくらいの人が来るのだろう?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所の沢越。
年間どのくらいの人が来るのだろう?
1
所の沢越〜布引山間のコルで昼飯。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所の沢越〜布引山間のコルで昼飯。
静岡市ぐるり挑戦中の「静岡の熊」こと望月将悟さんに遭遇。
事前にメールのやり取りをしていたので、この辺りで会えるのは分かっていたけど、やはり会えると嬉しいですね。
にしても彼は超人です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静岡市ぐるり挑戦中の「静岡の熊」こと望月将悟さんに遭遇。
事前にメールのやり取りをしていたので、この辺りで会えるのは分かっていたけど、やはり会えると嬉しいですね。
にしても彼は超人です。
4
そして今期2度目の笊ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして今期2度目の笊ヶ岳。
なお、展望はありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なお、展望はありません。
巨大なガレ場。
滑りだしたら500mは下げられそう。
雲が取れれば笊がキレイに見えるのに。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨大なガレ場。
滑りだしたら500mは下げられそう。
雲が取れれば笊がキレイに見えるのに。。
日が暮れると一気に暗くなってくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が暮れると一気に暗くなってくる。
ようやく伝付峠。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく伝付峠。
新倉側に少し下りた水場近くが今夜の寝床。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新倉側に少し下りた水場近くが今夜の寝床。
1
寝るときは一面深いガスに巻かれていましたが、夜中にめを覚ますと月明かりがまぶしいくらいでした。鹿の無き声しか聞こえない静かな夜を越え、なんと11時間も寝てしまった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寝るときは一面深いガスに巻かれていましたが、夜中にめを覚ますと月明かりがまぶしいくらいでした。鹿の無き声しか聞こえない静かな夜を越え、なんと11時間も寝てしまった。
1
ここはホント良い水場。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはホント良い水場。
1
展望台まで行ってみましたが、スズメバチにからまれてスタコラ退散。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台まで行ってみましたが、スズメバチにからまれてスタコラ退散。
1
予定では、今日は塩見の手前まで行く計画でしたが、この時間からでは熊の平までも厳しそう。。いっそのこと二軒小屋経由で椹島まで歩いてビールでも飲んで翌朝バスで帰ろうかと思案・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予定では、今日は塩見の手前まで行く計画でしたが、この時間からでは熊の平までも厳しそう。。いっそのこと二軒小屋経由で椹島まで歩いてビールでも飲んで翌朝バスで帰ろうかと思案・・・
とりあえず二軒小屋まで降りましたが、また登りたくなってきて、歩いたことのないマンノー沢の頭経由で千枚へ行くことに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず二軒小屋まで降りましたが、また登りたくなってきて、歩いたことのないマンノー沢の頭経由で千枚へ行くことに。
出だしからかなりの急登です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出だしからかなりの急登です。
マンノー沢の頭。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マンノー沢の頭。
1
漢字ではこう書くんですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
漢字ではこう書くんですね。
1
昨日はガスガスだった笊が見える!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日はガスガスだった笊が見える!
転付峠も見えますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
転付峠も見えますね。
やっと千枚小屋に着きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと千枚小屋に着きました。
帰りのバス乗車の保険をかけ今日は小屋泊まりに。
寝具無しであてがわれたのは一番端にあるとても簡素な「百枚小屋」。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りのバス乗車の保険をかけ今日は小屋泊まりに。
寝具無しであてがわれたのは一番端にあるとても簡素な「百枚小屋」。
赤石岳(見えてないけど)にカンパイ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石岳(見えてないけど)にカンパイ!
明日からの計画を練ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日からの計画を練ります。
晩御飯。おいしくいただけました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晩御飯。おいしくいただけました。
ちなみにメイン?の山小屋内部はこんな感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちなみにメイン?の山小屋内部はこんな感じ。
明日の朝飯はお弁当にしてもらいました。
このハンコがいいですね〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日の朝飯はお弁当にしてもらいました。
このハンコがいいですね〜
1
隣のオヤジのいびきがうるさく、しかも寝返りしながらこちらに近づいてくるという最悪な夜。ほぼ眠れず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隣のオヤジのいびきがうるさく、しかも寝返りしながらこちらに近づいてくるという最悪な夜。ほぼ眠れず。
早起きして3:15に出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早起きして3:15に出発。
千枚岳。まだ真っ暗。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千枚岳。まだ真っ暗。
後続の登山者のライトが点々と光ってキレイ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後続の登山者のライトが点々と光ってキレイ。
1
悪沢岳を目指します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪沢岳を目指します。
山頂が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が見えてきました。
ここで朝ごはん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで朝ごはん。
赤石さん今から行くぞー!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石さん今から行くぞー!
1
中岳の非難小屋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳の非難小屋。
中をすこし見せてもらいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中をすこし見せてもらいました。
飲み物の取り揃えはこんな感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飲み物の取り揃えはこんな感じ。
何度見ても美しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度見ても美しい。
1
お花たちも可憐です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花たちも可憐です。
1
荒川小屋で小休止。
荒川カレーが食べたかったけどまだ朝の7時半で諦める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川小屋で小休止。
荒川カレーが食べたかったけどまだ朝の7時半で諦める。
雪渓のトラバースも有り。特に危険なし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓のトラバースも有り。特に危険なし。
頑張って登って小赤石岳。この手前で元TJARの選手に会って記念撮影。今日は、茶臼を出発して熊の平らまで行くとか・・・やっぱすげーや。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頑張って登って小赤石岳。この手前で元TJARの選手に会って記念撮影。今日は、茶臼を出発して熊の平らまで行くとか・・・やっぱすげーや。
1
赤石岳着きました〜。
ガス〜そして寒い〜・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石岳着きました〜。
ガス〜そして寒い〜・・・
一等三角点です!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一等三角点です!
非難小屋の土間をお借りして昼飯。ご主人から例のバッヂを頂戴して感謝感激。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
非難小屋の土間をお借りして昼飯。ご主人から例のバッヂを頂戴して感謝感激。
2
男は黙って大沢岳直登。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男は黙って大沢岳直登。
ありえない急登。
例えるなら弁当転がし@等高尾根がずっと続く感じ。
(例えがマニアック過ぎか)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ありえない急登。
例えるなら弁当転がし@等高尾根がずっと続く感じ。
(例えがマニアック過ぎか)
2
ココ登るのか・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ココ登るのか・・・
大沢岳登頂!
ほとんどの登山者が百瞭兇了馨屋にいってしまうため登る人が少ない不遇の山。やっとこれた〜感激!でも雨が降ってきたので、すぐ退散!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沢岳登頂!
ほとんどの登山者が百瞭兇了馨屋にいってしまうため登る人が少ない不遇の山。やっとこれた〜感激!でも雨が降ってきたので、すぐ退散!
1
すぐにガスに巻かれてしまいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐにガスに巻かれてしまいました。
今日は兎岳の非難小屋に泊まると決めて、水の確保。小兎〜小兎南峰の間、目印はこの岩です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は兎岳の非難小屋に泊まると決めて、水の確保。小兎〜小兎南峰の間、目印はこの岩です。
かなりの急坂を下って水場を探します。雨だから滑る滑る。あった〜よかった〜。ここで4L取水。重い・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなりの急坂を下って水場を探します。雨だから滑る滑る。あった〜よかった〜。ここで4L取水。重い・・・
1
稜線に復帰してしばらくすると雷鳥親子とご対面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に復帰してしばらくすると雷鳥親子とご対面。
そして非難小屋。某山小屋主人に出るぞ出るぞ〜と脅されていたので、小屋には止まらず前の空き地で幕張り。ちなみに先客が一名いらっしゃいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして非難小屋。某山小屋主人に出るぞ出るぞ〜と脅されていたので、小屋には止まらず前の空き地で幕張り。ちなみに先客が一名いらっしゃいました。
1
小雨&ガスのなかせっせと設営。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小雨&ガスのなかせっせと設営。
晩飯。質素です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晩飯。質素です。
夜中に雨風が強まり浸水・・・。意地で寝ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜中に雨風が強まり浸水・・・。意地で寝ました。
2
夜が明けました。
タイミングよく小雨になったので速攻で撤収。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜が明けました。
タイミングよく小雨になったので速攻で撤収。
聖を目指します。
湿り気があって晴れている日より登りやすいかも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖を目指します。
湿り気があって晴れている日より登りやすいかも。
聖岳登頂!かなりの暴風雨。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖岳登頂!かなりの暴風雨。
1
さっさと下って小聖岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっさと下って小聖岳
聖平小屋へ向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖平小屋へ向かいます。
考えてみれば営業期間中に来たのは初めてだ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
考えてみれば営業期間中に来たのは初めてだ!
下界は30度越えだけどここは気温は17度。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下界は30度越えだけどここは気温は17度。
いただきまーす。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いただきまーす。
天気も悪いしこのまま下山することに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気も悪いしこのまま下山することに。
下りると晴れてくる山あるある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りると晴れてくる山あるある。
1
聖沢の登山口に下山したけれど、ここからは東海フォレストのバスには乗れないため、椹島まで頑張って歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖沢の登山口に下山したけれど、ここからは東海フォレストのバスには乗れないため、椹島まで頑張って歩く。
赤石もめちゃ天気いいじゃないすか。
今朝までの暴風雨何だったんだろ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石もめちゃ天気いいじゃないすか。
今朝までの暴風雨何だったんだろ。
いただきまーす♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いただきまーす♪
お疲れちゃんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れちゃんでした。
ゲートで下車。ありがとう南アルプス!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートで下車。ありがとう南アルプス!
2
帰宅って、4日間も家を空けた償いで家族に奢る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰宅って、4日間も家を空けた償いで家族に奢る。
2

感想/記録




三連休+1で南プス遊び。

春頃から考えていた山行で、畑薙を起点にぐるり静岡の先っぽ(突き出てる部分)。
畑→青→稲→布→笊→伝→笹→農→間→塩→三→前→赤→聖→上→茶→畑を周遊する約110kのトレイルを悶絶しながら楽しむ予定でしたが、、、

【1日目】畑薙→伝付峠(テント泊)
出だしから雨が降り始めテンションダダ下がり。。破線ルートで道が分かりづらく、さらに木の根や岩で滑りまくり、CT巻けず。
所の沢〜布引間のコルで「静岡の熊」こと望月将悟さんに遭遇!ぐるり静岡市に挑戦中でこれまで長い山旅を続けてきたにもかかわらず元気ですねー!今日はどこ泊まるの?と聞くので、奈良田越までの予定だけど、遅れてるから伝付かなぁーと言うと「そう言えば伝付に親子の熊がいたから気を付けろよー!」と言い残して爽やかに去っていきました。。おい!!!!
結局、宣言どおり?所の沢まで辿り着けず、伝付に着いたのは予定より2時間遅れの19時過ぎ、極度の疲労とルービー飲みたさから、初日にして計画を断念して、明日は二軒小屋に下山、歩いて椹島まで行って、ビール飲みながら小屋泊、翌日バスで畑薙帰着プランが頭の9割を占めたまま就寝。

【2日目】伝付峠→千枚小屋(小屋泊)
鹿の鳴き声しか聞こえ無い静かな夜を越え、暑さで目が覚めると8時半!予定より6時間過ぎの超大寝坊。。当初の計画は諦め二軒小屋まで下って行くと、また無性に山に登りたくなってきた。そうだ、マンノー沢いこう!
と言うことで、二軒小屋からマンノー沢経由で千枚小屋に登り返す。千枚小屋では帰りのバス乗車の保険をかけ小屋泊まり。ルービー×3杯と小屋食を堪能。水飲み放題の良い小屋です^^

【3日目】千枚小屋→兎岳避難小屋(テント泊)
隣のオッさんのいびきでほぼ眠れずの夜を越え、2時半起床の3時15分発。
ヘッデンの灯りを頼りに山を登っていくと千枚岳で空が明るくなり始める。今日はいい天気^ ^
丸山で3000mを越え、悪沢岳まで来ると、ようやく雲の切れ間からご来光!まさに360度遮るモノ無し系の展望。泣ける!
朝日を浴びながら南ア主脈を南下、赤石岳避難小屋で昼飯。ご主人と記念撮影。
そしてこの山行の目的のひとつでもあった大沢岳に登頂。誰もが百間洞の小屋に行ってしまうため登る人の少ない不遇の山。急登好きが泣いて喜ぶ良い山だった。
この日は聖平までの予定が、午後から天候が崩れて、兎岳避難小屋でビバーク。

【4日目】兎岳避難小屋→畑薙
何か出そうな兎岳避難小屋。先客がいたこともあり外で幕を張ったが、これが失敗。。深夜に風雨が強まり、飛ばされそう。電子機器だけシュラフに突っ込んだがあとはテント内全浸水。意地で寝たが換気口から雨が入って顔面も浸水。泣
雨の中テント撤収。CT越えで何とか暴風雨の聖の山頂を踏む。南→上→茶と歩きたかったが、聖平で赤いきつねを食べたら、下界が恋しくなり、即下山。椹島まで降りると天気が良くなる山あるある。

【まとめ】
休憩込みでCT0.7×4日間、1日15時間行動は、ほんのすこし無謀でした。まだまだ修行が足りません。結果として計画比では中途半端な山行になってしまったけど、南ア南部のマイナールートからメジャーどころまを一度に歩けて、終わってみれば楽しい山旅になりました。いつかまたチャレンジしたいな〜。

訪問者数:318人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2017/3/8
投稿数: 176
2017/7/26 21:54
 お疲れ様です。
こんばんは!

さすが、やはり速いですね!!
寝坊が無ければ行けてたのでは?
将悟さんは元気ですよね。僕も見習いたいです。

お疲れさまでした!
登録日: 2014/9/16
投稿数: 63
2017/7/27 8:26
 Re: お疲れ様です。
seiraくんおはようございます☀
いやいや、初日でグッタリしてしまい、確信犯的な寝坊でした。
あと、オトナになると何かにつけビール飲みたくなっちゃうんだよね〜🍺
登録日: 2009/9/20
投稿数: 1733
2017/7/27 12:50
 寝すぎ
11時間はヤリすぎです。何やってたんすか?
所ノ沢越はseiraくんちやワタシらを含めて今シーズン5人は通っていると思われます。人気ルートじゃん
あと、クロスオーバードーム。前のを持ってるんですけどやっぱり雨だと結露ひどいすか?
登録日: 2014/9/16
投稿数: 63
2017/7/27 17:29
 Re: 寝すぎ
確かに寝過ぎですねw
日頃の疲れと前日の疲れと、静か過ぎる環境(家だと子どもたちが賑やか過ぎる)で爆睡でした。ぐっすり眠りたいときは山に限りますね💤
そうですね〜我々の中では所の沢越も人気ルートですね!ってどんだけ変わった人たちなんでしょう😇
クロスオーバードーム、僕のはfですけど、晴れの日の結露はそうでも無いですが、雨の浸水はやばかったです。
風雨がかなりつよかったってのもありますが^^;

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ