また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1206223 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

奥穂高岳[涸沢テント泊]☆NHK BS にっぽんトレッキング100生中継にチョイ写り

日程 2017年07月21日(金) 〜 2017年07月23日(日)
メンバー
天候7/21(金)[晴れ]、7/22(土)[晴れのちくもり]、7/23(日)[雨]
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
平湯温泉あかんだな駐車場に駐車しシャトルバスに乗換え
4:50 始発乗車 残席あり

00:10 自宅発
03:20 あかんだな駐車場ゲート前着
03:30 駐車場ゲートオープン
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間46分
休憩
1時間28分
合計
8時間14分
S上高地バスターミナル05:5706:06無料トイレ06:0806:11河童橋06:1206:19小梨平(森のリゾート小梨/上高地野営場)06:58明神館07:0707:13徳本口(徳本峠分岐)08:05徳澤園08:2408:43新村橋(パノラマ分岐)08:4809:40横尾 (横尾山荘)10:0910:30横尾岩小屋跡11:31本谷橋11:5413:14Sガレ14:11涸沢
2日目
山行
5時間24分
休憩
2時間25分
合計
7時間49分
涸沢05:0005:04涸沢小屋05:1805:49パノラマ分岐06:21ザイテングラート06:4407:35穂高岳山荘08:0208:50穂高岳09:1809:57穂高岳山荘10:4611:45ザイテングラート12:08パノラマ分岐12:1112:38涸沢小屋12:3912:44涸沢12:49涸沢ヒュッテ
3日目
山行
5時間33分
休憩
2時間2分
合計
7時間35分
涸沢ヒュッテ06:5407:45Sガレ08:41本谷橋08:5509:35横尾岩小屋跡09:52横尾 (横尾山荘)10:2111:06新村橋(パノラマ分岐)11:20徳澤園12:2513:15徳本口(徳本峠分岐)13:19明神館13:3214:22河童橋14:28上高地バスターミナル14:2914:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
よく整備されていて安心して歩行できます。
涸沢より上部はヘルメット着用おすすめします。
ザイテングラートより上部は岩稜帯になるため岩場の歩き方をしっかりマスターしてから挑むようにお願いします。
その他周辺情報涸沢の携帯電波状況 "涸沢ヒュッテフロント周辺"の狭いエリアだけでキャッチできました。(Docomo)
みなさんもここで電波をもらいに集まっていました。

日帰り温泉 "ひらゆの森" \500 (硫黄臭、ぬる目、安価、休憩室あり)
食事 高山市内 "高山ラーメンじん" 並盛りラーメン \700、飛騨牛すじ味噌煮込み
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 地図(国土地理院 1/25000) レインウェア 手袋 防寒着(ダウン・フリース) トレッキングポール ヘッドライト 行動食 飲料水 シュラフ ヘルメット 軽アイゼン
共同装備 予備バッテリー コンパス レスキューシート(2名用) バーナー iPhone(Docomo回線)[GPS地図アプリ使用] 行動食/非常食(2、3日分) ファーストエイドキット クッカー テント

写真

平湯温泉あかんだな駐車場
始発の先頭に並ぶことが出来た
バス待ちの間に朝食
2017年07月21日 04:30撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平湯温泉あかんだな駐車場
始発の先頭に並ぶことが出来た
バス待ちの間に朝食
上高地バスターミナルに到着
今から初涸沢だと思うと心が弾みます
2017年07月21日 05:59撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地バスターミナルに到着
今から初涸沢だと思うと心が弾みます
一年ぶりのかっぱ橋
2017年07月21日 06:07撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一年ぶりのかっぱ橋
1
かっぱ橋にて
まだ時間も早く観光客もいないので静かです
2017年07月21日 06:10撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かっぱ橋にて
まだ時間も早く観光客もいないので静かです
1
焼岳がきれいに見えますが(次へ)
2017年07月21日 06:10撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼岳がきれいに見えますが(次へ)
2
今日は反対のこちら方面へ
2017年07月21日 06:11撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は反対のこちら方面へ
明神岳もかっこよく
ここは一般登山者では登れませんね
2017年07月21日 06:50撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神岳もかっこよく
ここは一般登山者では登れませんね
1
山岳信仰の趣がよく伝わってきます
かっぱ橋から約1時間
2017年07月21日 06:58撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山岳信仰の趣がよく伝わってきます
かっぱ橋から約1時間
梅雨明けの夏山
期待大!
2017年07月21日 07:53撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅雨明けの夏山
期待大!
1
徳沢園
かっぱ橋から約2時間
2017年07月21日 08:08撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳沢園
かっぱ橋から約2時間
名物の徳沢ソフトは帰りにお預けで
(結局帰りは雨で寒くてアイスどころではありませんでした)
2017年07月21日 08:09撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名物の徳沢ソフトは帰りにお預けで
(結局帰りは雨で寒くてアイスどころではありませんでした)
おしゃれな小屋
2017年07月21日 08:09撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おしゃれな小屋
1
新村橋にて
めざす方を見上げる
本日のテン泊装備(息子15kg)
2017年07月21日 08:45撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新村橋にて
めざす方を見上げる
本日のテン泊装備(息子15kg)
1
本日のテン泊装備(父21kg)
2017年07月21日 08:45撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日のテン泊装備(父21kg)
2
横尾山荘
かっぱ橋から約3時間
2017年07月21日 09:59撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾山荘
かっぱ橋から約3時間
涸沢と槍ヶ岳の分岐
次回の目玉山行は槍ヶ岳と設定いたしました
2017年07月21日 10:00撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢と槍ヶ岳の分岐
次回の目玉山行は槍ヶ岳と設定いたしました
1
サングラス似合ってないけど掛けないと目がやられるので
2017年07月21日 10:01撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サングラス似合ってないけど掛けないと目がやられるので
2
いよいよ横尾大橋から涸沢へ向かいます
入場門の気分です
2017年07月21日 10:05撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ横尾大橋から涸沢へ向かいます
入場門の気分です
1
これが岩小屋跡か
2017年07月21日 10:35撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが岩小屋跡か
屏風の頭
ロッククライミングは自分には無理
2017年07月21日 10:58撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風の頭
ロッククライミングは自分には無理
1
少しずつ目的地に近づいて来ます
2017年07月21日 11:19撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しずつ目的地に近づいて来ます
2
本谷橋
一人ずつ渡ったほうが安定しますよ〜
2017年07月21日 11:33撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本谷橋
一人ずつ渡ったほうが安定しますよ〜
本谷橋を渡ったところで小休止
殆どの人がここで休んでいきます
2017年07月21日 11:34撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本谷橋を渡ったところで小休止
殆どの人がここで休んでいきます
本谷橋通過中
2017年07月21日 11:36撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本谷橋通過中
おー雪渓が見えてきた!
しかし涸沢はまだまた奥の方で見えません
2017年07月21日 13:17撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おー雪渓が見えてきた!
しかし涸沢はまだまた奥の方で見えません
ようやく上高地から長い長い道を歩いてきて涸沢の入り口に入ります
今年は残雪が多いそうです
軽アイゼンは携行していますが使用しませんでした
(下山では使用しました。早朝時は凍っているので使用した方が良いでしょう。)
2017年07月21日 13:38撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく上高地から長い長い道を歩いてきて涸沢の入り口に入ります
今年は残雪が多いそうです
軽アイゼンは携行していますが使用しませんでした
(下山では使用しました。早朝時は凍っているので使用した方が良いでしょう。)
涸沢のテント場に到着し本日のマイホームを完成させる
2017年07月21日 16:25撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢のテント場に到着し本日のマイホームを完成させる
2
7月21日とは思えないくらい寒いです
ダウンジャケット要ります!!
下界は猛暑・酷暑なのでしょう!?
2017年07月21日 16:27撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7月21日とは思えないくらい寒いです
ダウンジャケット要ります!!
下界は猛暑・酷暑なのでしょう!?
1
こんなロケーションで3日間を過ごします
夜空の星がきれいでした
2017年07月21日 16:28撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなロケーションで3日間を過ごします
夜空の星がきれいでした
3
3日間ともテント場は少なめでした
2017年07月21日 16:29撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日間ともテント場は少なめでした
1
息子が良い場所を見つけてくれて快適に過ごせました
雪上とガレ場での幕営は辛いと思います
2017年07月21日 16:29撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
息子が良い場所を見つけてくれて快適に過ごせました
雪上とガレ場での幕営は辛いと思います
NHK BSのにっぽんトレッキング100の生中継の打ち合わせ中
番組制作の裏側が見れて新鮮でした
2017年07月21日 16:34撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
NHK BSのにっぽんトレッキング100の生中継の打ち合わせ中
番組制作の裏側が見れて新鮮でした
1
衛星パラボラアンテナ
この小屋の中にこんな山奥に即席の放送局が出来上がっています
これで日本全国に電波が飛んでくなんて不思議
2017年07月21日 16:36撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
衛星パラボラアンテナ
この小屋の中にこんな山奥に即席の放送局が出来上がっています
これで日本全国に電波が飛んでくなんて不思議
テント場の全景
2017年07月21日 16:37撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場の全景
1
穂高は黒黒として力強く男性的な山
燕岳は白く気品があって女性的な山だそうです
両方行ってみて本当にそう思いました
2017年07月21日 16:37撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高は黒黒として力強く男性的な山
燕岳は白く気品があって女性的な山だそうです
両方行ってみて本当にそう思いました
1
明日の本番が楽しみ
山頂アタック頑張って中継の14時に間に合わせよう
2017年07月21日 16:38撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日の本番が楽しみ
山頂アタック頑張って中継の14時に間に合わせよう
夏山サイコー!
2017年07月21日 16:38撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏山サイコー!
NHKの機材
2017年07月21日 16:39撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
NHKの機材
涸沢ヒュッテの売店
登頂後にお祝いで名物おでん食べるぞー!
この時点で息子には内緒
2017年07月21日 16:39撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢ヒュッテの売店
登頂後にお祝いで名物おでん食べるぞー!
この時点で息子には内緒
やっと来れた涸沢ヒュッテ
2017年07月21日 16:40撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと来れた涸沢ヒュッテ
しっかり告知もされていました
ちゃんと自宅の録画予約もしてきたので帰宅後の視聴も楽しみです
小林千穂さんのブログチェックしていたお陰です!
2017年07月21日 17:02撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しっかり告知もされていました
ちゃんと自宅の録画予約もしてきたので帰宅後の視聴も楽しみです
小林千穂さんのブログチェックしていたお陰です!
2日目の早朝5時前にいよいよ奥穂高岳山頂へ向けてまずは雪渓歩きからスタート
多少のガスがいい味出してくれてます
起床3時
2017年07月22日 04:57撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目の早朝5時前にいよいよ奥穂高岳山頂へ向けてまずは雪渓歩きからスタート
多少のガスがいい味出してくれてます
起床3時
キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!
涸沢のモルゲンロートを雪渓の中から鑑賞
2017年07月22日 04:58撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!
涸沢のモルゲンロートを雪渓の中から鑑賞
1
歩くのを止め数分間の鑑賞タイム
2017年07月22日 05:00撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩くのを止め数分間の鑑賞タイム
1
またまた記憶に残るよい思い出が増えました!
2017年07月22日 05:01撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまた記憶に残るよい思い出が増えました!
1
息子も満足そうですね〜
2017年07月22日 05:01撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
息子も満足そうですね〜
涸沢カールにあるもう一つの小屋の涸沢小屋
見た目も結構立派です
2017年07月22日 05:03撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢カールにあるもう一つの小屋の涸沢小屋
見た目も結構立派です
涸沢小屋到着
2017年07月22日 05:09撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢小屋到着
涸沢小屋から奥穂高岳への登山道が始まります
2017年07月22日 05:20撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢小屋から奥穂高岳への登山道が始まります
1
近づくに連れて黒黒とした岩稜の迫力
2017年07月22日 05:37撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近づくに連れて黒黒とした岩稜の迫力
2
我がパーティーのナビゲーター
いつも頼りになります
2017年07月22日 05:37撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
我がパーティーのナビゲーター
いつも頼りになります
2
奥に常念山脈もきれいに見えます
先月6月に登った常念岳もかっこいいです
2017年07月22日 06:16撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に常念山脈もきれいに見えます
先月6月に登った常念岳もかっこいいです
1
緑のところが白出のコルからの支尾根"ザイテングラート"
今いる場所はその取付点
ここから穂高岳山荘までガツガツ登っていきます
2017年07月22日 06:25撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑のところが白出のコルからの支尾根"ザイテングラート"
今いる場所はその取付点
ここから穂高岳山荘までガツガツ登っていきます
1
岩場も慣れたもの
2017年07月22日 06:45撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場も慣れたもの
1
雪渓をバックにハクサンイチゲ
2017年07月22日 07:00撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓をバックにハクサンイチゲ
1
雪渓をバックにシナノキンバイ
2017年07月22日 07:06撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓をバックにシナノキンバイ
1
穂高岳山荘に到着
これかー!
社長の恵さん、名物小屋番の八さんいるかな??
2017年07月22日 07:35撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高岳山荘に到着
これかー!
社長の恵さん、名物小屋番の八さんいるかな??
奥穂山頂はここの岩場を梯子、鎖を使ってガツガツ登りきってからさらに奥へと進んでいきます
2017年07月22日 07:35撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂山頂はここの岩場を梯子、鎖を使ってガツガツ登りきってからさらに奥へと進んでいきます
奥穂高山荘の裏側
新穂高間の登山道になります
この登り相当しんどいだろうと思います
2017年07月22日 07:45撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高山荘の裏側
新穂高間の登山道になります
この登り相当しんどいだろうと思います
ピッケルで作った道標
2017年07月22日 08:38撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピッケルで作った道標
2
間近で見るジャンダルム
上級者が挑む山
2017年07月22日 08:43撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間近で見るジャンダルム
上級者が挑む山
2
ジャンダルムの山頂に2名
2017年07月22日 08:44撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンダルムの山頂に2名
1
奥穂高岳登頂!
百名山30座目
節目に思い出に残る山行となりました
2017年07月22日 08:56撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高岳登頂!
百名山30座目
節目に思い出に残る山行となりました
1
祠側の山頂 3190m
北アルプスの最高峰
日本第3位の標高
2017年07月22日 09:00撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠側の山頂 3190m
北アルプスの最高峰
日本第3位の標高
2
俺はやり遂げたぞー!!
2017年07月22日 09:08撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
俺はやり遂げたぞー!!
1
NHKのカメラマンと
2017年07月22日 09:57撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
NHKのカメラマンと
ナナカマドの花
2017年07月22日 12:27撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドの花
生中継オープニング
2017年07月22日 14:02撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
生中継オープニング
2
出演者の後ろにて放送画面に写っていました!
ヒュッテ社長の孝さん、小林千穂、2年ぶりにお目にかかりました
2017年07月22日 14:02撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出演者の後ろにて放送画面に写っていました!
ヒュッテ社長の孝さん、小林千穂、2年ぶりにお目にかかりました
1
いつも書籍、TV、ブログとFBで楽しませていただいている小林千穂さんと番組終了後お話させていただき、握手と記念写真をお願いできました。下山も途中までご一緒できこれもよい思い出になりました。
ヾ(@^▽^@)ノ
2017年07月22日 14:09撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつも書籍、TV、ブログとFBで楽しませていただいている小林千穂さんと番組終了後お話させていただき、握手と記念写真をお願いできました。下山も途中までご一緒できこれもよい思い出になりました。
ヾ(@^▽^@)ノ
俳優の渡辺裕太さん、息子がお会い出来たことにすごく喜んでいました。裕太さんとも記念写真をお願いできました。
2017年07月22日 18:58撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
俳優の渡辺裕太さん、息子がお会い出来たことにすごく喜んでいました。裕太さんとも記念写真をお願いできました。
1
涸沢ヒュッテ名物おでん
山頂下山後遅がけに行ったら売り切れ間際でした
寒さと腹ペコだったので満たされました
2017年07月22日 15:06撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢ヒュッテ名物おでん
山頂下山後遅がけに行ったら売り切れ間際でした
寒さと腹ペコだったので満たされました
今晩の我が家のディナー
カルボナーラのマカロニパスタとハンバーグ
マカロニパスタを息子は1.5人分食べました
2017年07月22日 19:04撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今晩の我が家のディナー
カルボナーラのマカロニパスタとハンバーグ
マカロニパスタを息子は1.5人分食べました
1
3日目登山終了後高山市へ
高山ラーメン じん
2017年07月23日 19:40撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目登山終了後高山市へ
高山ラーメン じん
息子は本場の初高山ラーメンを食しました
飛騨牛すじ味噌煮込みも激ウマ!
2017年07月23日 19:22撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
息子は本場の初高山ラーメンを食しました
飛騨牛すじ味噌煮込みも激ウマ!
1
今回の戦利品 その1
[Tシャツ、スタッフバッグ]
穂高岳山荘
2017年07月24日 11:18撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の戦利品 その1
[Tシャツ、スタッフバッグ]
穂高岳山荘
今回の戦利品 その2
[山バッジ]
穂高岳山荘 2個
涸沢ヒュッテ 1個
2017年07月24日 11:19撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の戦利品 その2
[山バッジ]
穂高岳山荘 2個
涸沢ヒュッテ 1個
ふたりとも人生初のロングトレイルとなりました
お疲れ様でした!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふたりとも人生初のロングトレイルとなりました
お疲れ様でした!

感想/記録

昨年同じ時期に小屋泊で訪れる予定でした涸沢・奥穂高岳でしたが、天候が悪く断念しました。今年はテント泊装備を揃え、テント張り・登山の難易度・知識など練習を繰り返し同じ工程に挑んできました。
さすがに21kgのザックを背負ってこの距離を歩くのは初めてで梅雨明けの真夏の暑さもあってバテバテで涸沢に入りテントを組み上げ、その後は何もする気が起こらなくなっていました。もともと夏バテで体調もよろしくない状態で上高地まで入ってきてしまったので、不安もありましたが残るは気合だけでした。
テントの中では消沈して明日の山頂アタックは無理かもしれないと感じていました。
夕飯を作る時間になっても動けないので息子ともども寝てしまい起きたときには19時になっていました。もう夕飯を食べる元気も起こらないのでこのまま朝3時まで寝続けようかと相談しましたが、食べないと体調が回復しないだろうと思い無理やり起きて夕食を取りました。
就寝して翌朝3時に予定通り起床したときには、体調も回復し外の天気も午前中まではなんとか持つだろうと判断し本日の山頂アタックは午前中勝負と気合を入れました。それとNHKのトレッキング100の番組生中継の時間が14時からなのでそれに間に合うように帰ってきたかったからです。
体調が一晩で回復できたのも食事と睡眠だと思います。改めて大切さが身にしみて感じることが出来ました。
祈願の奥穂高岳登頂が息子と共に無事怪我等なく達成することができ、また番組出演者の方々との交流と登山人生の大きな体験と記憶に残る今回の山旅でした。
訪問者数:758人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ