ヤマレコ

記録ID: 1217560 全員に公開 ハイキング剱・立山

やっぱり超涼しい日本三名山 3000m峰 北アルプス 立山 ― 周回

日程 2017年08月05日(土) 〜 2017年08月06日(日)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
舗装路。
駐車場あり。
ケーブルカー、バス。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち50%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
55分
休憩
5分
合計
1時間0分
S室堂17:0317:13みくりが池17:1517:23みくりが池温泉17:2517:40雷鳥荘17:4118:03雷鳥沢キャンプ場
2日目
山行
5時間2分
休憩
48分
合計
5時間50分
雷鳥沢キャンプ場06:1506:19浄土橋06:2009:08富士ノ折立09:1409:29大汝休憩所09:3209:42立山09:5010:08雄山10:3611:26一の越山荘11:2812:05室堂12:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
[1日目]
17:05 室堂
17:07 移動の開始
17:21 ミクリガ池
18:01 雷鳥沢キャンプ場
18:03 食事(〜19:03)
[2日目]
06:06 雷鳥沢キャンプ場
09:08 富士ノ折立
09:38 立山 (大汝山)
10:08 雄山
10:14 休憩(〜10:40)
11:26 一ノ越
12:00 室堂
12:07 移動の終了
コース状況/
危険箇所等
難所なし。
岩場あり。

写真

オンタデ(雌花)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オンタデ(雌花)
ミヤマアキノキリンソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマアキノキリンソウ
エゾシオガマ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エゾシオガマ
ハクサンボウフウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンボウフウ
イワイチョウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワイチョウ
コイワカガミ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コイワカガミ
ミヤマキンポウゲ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキンポウゲ
ミヤマダイモンジソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマダイモンジソウ
イワギキョウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワギキョウ
アオノツガザクラ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アオノツガザクラ
テガタチドリ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テガタチドリ
タカネニガナ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネニガナ
タカネナナカマドの花
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネナナカマドの花
見頃のハクサンシャクナゲ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見頃のハクサンシャクナゲ
ミヤマキンバイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキンバイ
立山からのアーベンロート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山からのアーベンロート
シナノオトギリ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シナノオトギリ
ヨツバシオガマ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヨツバシオガマ
雷鳥沢からの立山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥沢からの立山
コイワカガミ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コイワカガミ
ミツバオウレン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバオウレン
イワツメクサ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワツメクサ
チシマギキョウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チシマギキョウ
タカネツメクサ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネツメクサ
タカネツメクサ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネツメクサ
大汝休憩所(売店、トイレ)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大汝休憩所(売店、トイレ)
大汝山 山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大汝山 山頂
ミヤマダイコンソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマダイコンソウ
方位円盤標識
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
方位円盤標識
タカネヤハズハハコ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネヤハズハハコ
ウラジロナナカマドの花
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウラジロナナカマドの花
ミヤマキンバイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキンバイ

感想/記録

今回も主催山行にて日本三名山で北アルプスで3000m峰でありながら、初級レベルで行けてしまうと言うこの時期に非常に人気のある立山に行って来ました。
立山の登山口となるのは、言わずと知れた日本有数の温泉観光地である室堂!
2400m程もある事から真夏のこの暑い時期でも20度程しかなく非常に涼しく心地の良いエリアでもあります。昨今では環境も良く整備され、今回、雷鳥沢の山小屋でも温泉に洗い場と本格的な温泉地、登山小屋としても中々に珍しいです。汗も流せすべすべの肌で寝られ次の日も心地よく登山できる珍しい所になるかと思います。
もちろん、テント泊でも^^そう言った意味で小屋泊、テント泊デビューの方にも最適な所かと思います。
 最近は全国的に天候が安定しておらず、関東甲信越が雨、北陸は晴れ模様と言う事で予定通り立山に!実際に最近では珍しく晴れの室堂に立て、立山の全貌が眼前に望む事ができ、次の日の登山が楽しみになるほどでした。
室堂から雷鳥沢までは舗装された遊歩道で歩き易く、その沿道には多くの花々が出迎えてくれ、一面のオンタデ、チングルマ、ミヤマキンバイにミヤマキンポウゲ、ヨツバシオガマ、エゾシオガマに木々の花としても、ハイマツ、タカネナナカマド、ウラジロナナカマドと非常に沢山^^
今回は地獄谷の噴煙も少なく、全貌も見渡せました。ミクリガ池の逆さ立山も圧巻でした。
次の日には大走りからの時計回りでの立山周回!
谷には雪渓が沢山残っており、時折涼しい風が心地良く、雪解けしたばかりの登山道には雪解けと共に咲き始める、ツガザクラやミネズオウ、アオノツガザクラなどもまだまだ咲いていました。ここにも、イワイチョウやハクサンイチゲなどの白い綺麗な花も映えて急騰で疲れた心を癒してくれます。
立山の主尾根にでると、そこからの雷鳥沢や室堂の景色は白い岩とハイマツ等の緑のコントラストが何ともいえない美しさで、ここに来たと再認識させられました。
主尾根にでると花花も変わり、イワギキョウやチシマギキョウにイワツメクサ、タカネツメクサなど高山帯の花々にかわり、何もない所にある花は一段と目立ち目をひかれます。
ここから、岩の登山道となり最後の一息、立山の三つの頂きである。
富士ノ折立、最高峰の大汝山、神社のある雄山と3つ続く。
手軽に登れる山ながら、眺めは大絶景。
時折雲の切れ目から見える、鹿島槍ヶ岳、五竜岳、唐松岳、白馬岳も見物!
今回、剣岳は雲に隠れておあずけw
山頂付近からは非常に沢山の人人人・・・・
何と高尾山並みかと思うほど
山頂から一ノ越までは砂礫の下りとなり、慎重に降りないと行けない上に登り下りの区別がないので、人でごった返して大変な大渋滞に
時折、落石させているのを何度もまじかに・・・大きな岩を落としている方も
この初級の山でこの落石とは、人が多いのも危険がますんだなとまじまじと
教えられました。特に渋滞をさけ登山道外を落石させながら歩いてる方もいましたので、非常に怖い思いもしました。
今年は残雪が多く、一ノ越から室堂まではいくつもの雪渓を越える事になりました。
足元も非常に滑りますので、誰もアイゼンは使っては折りませんでしたが、
滑るのが嫌な方や万全を期したい方はアイゼンを使用した方がよいかも知れません。
谷のトラバースでしたので、もし谷に滑落してしまったら大変ですので。

そうは言っても小学生の登山教室で有名な山。
今回も小学生以下の方が非常に多く、半数位は子供だったのも
人気の表れなのかなと。
今回も雨をさけ、晴れの山行場所を選び、終始非常に涼しく、花々も多く、とz何銅も歩き易く最高の山行となりました。
次回の山行も天気に恵まれる事を祈っています。
訪問者数:238人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ