また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1222183 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

北岳

日程 2017年08月09日(水) 〜 2017年08月11日(金)
メンバー
天候9日:晴れ
10日:晴れのち曇り、稜線上は終始ガス
11日:早朝まで雨、のち霧
アクセス
利用交通機関
電車バス
甲府駅前のバス乗り場が変わっているので、以前の乗り場を知っている方は注意してください。広河原行きバス停近くにできた公衆トイレはすごく綺麗。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち63%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間24分
休憩
8分
合計
2時間32分
S広河原・吊り橋分岐11:4211:42広河原山荘11:5012:02白根御池分岐14:14白根御池小屋
2日目
山行
4時間49分
休憩
4分
合計
4時間53分
白根御池小屋04:4005:12大樺沢二俣07:54八本歯のコル07:5508:25吊尾根・北岳山荘トラバース道分岐08:2809:11トラバースルート分岐09:33北岳山荘
3日目
山行
6時間26分
休憩
1時間54分
合計
8時間20分
北岳山荘05:4806:21トラバースルート分岐06:2206:45吊尾根分岐06:4807:16北岳07:3908:00両俣分岐08:13北岳肩ノ小屋08:1708:51小太郎尾根分岐08:5509:15草すべり分岐09:1610:31白根御池小屋11:4813:52白根御池分岐13:5314:08広河原山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
どのルートも良く整備されていて、一般的なアルプスの縦走路としては入門者向けと言えるでしょう。
注意した方がいい場所は、八本歯のコル上部のやや長い丸太梯子。ここはときどきスリップによる事故があるようです。個人的に丸太梯子が苦手なこともあり、降りでの利用は避けたい感じです。昇りでの利用は問題ないと思います。
その他は山頂前後の岩場で登山道のやや細い場所がありますが、注意して通れば問題ないでしょう。

山頂まで様々なルートがありますが、それぞれの特徴を。
・大樺沢(広河原〜二股):傾斜が緩くとても歩きやすいです。積極的に使いたいところですが、白根御池小屋を経由せず、草スベリへ繋ぎにくいのが難点。
・広河原〜白根御池:トラバースに入るまでの急登がきついです。降りでここを使う場合は、体力残しておかないと膝が笑います。
・白根御池小屋前後のトラバース道:地味にアップダウンがあります
・草スベリ:長い登りですが、あまり段差もなく一定のペースで歩けるので、比較的歩きやすいと思います。お花を楽しみながら、ゆっくり登るつもりでいけば良さそう。
・右股:肩の小屋から二股に降るならこちらが近道なんですが、段差が大きく歩きにくいですし、膝悪くしそう…。草スベリの方が絶対楽だと思います。
・左股(二股〜八本歯):良いところは雪渓沿いで涼しい、北岳山荘へ近道。悪いところは連続梯子がきつい。
・八本歯から北岳山荘へのトラバース:桟道・梯子ありますが緊張するようなところはありません。お花畑や景色が素晴らしいです。分岐に荷物デポして山頂往復する方も見かけますね。
その他周辺情報竜王バス停の近くに健康ランドがあるとバスガイドさんが宣伝してました。
芦安駐車場にも日帰り温泉施設があり、バス利用の場合後続のバスに乗り継げます。ただし芦安から乗車だと座れない(最悪乗れない)場合もあるので注意が必要です。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 幕営装備一式

写真

ガスがかかってますが、晴れてればこの大樺沢の奥に山頂が望めます。今から登るぞーってテンション上がりますね。
2017年08月09日 11:35撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスがかかってますが、晴れてればこの大樺沢の奥に山頂が望めます。今から登るぞーってテンション上がりますね。
白根御池小屋。
水場は豊富で冷たくて美味しく、トイレは綺麗な水洗。ありがたやー
2017年08月09日 14:56撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白根御池小屋。
水場は豊富で冷たくて美味しく、トイレは綺麗な水洗。ありがたやー
汗かいた後に冷たいソフトクリーム。最高ですな。
2017年08月09日 14:40撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
汗かいた後に冷たいソフトクリーム。最高ですな。
ミヤマハナシノブ
2017年08月10日 05:14撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマハナシノブ
6時半ですでに頂上はガス。ま、そんなもんですよね。
2017年08月10日 06:34撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6時半ですでに頂上はガス。ま、そんなもんですよね。
鳳凰は快晴。あちらからの景色は最高だろうなあ。
2017年08月10日 06:34撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰は快晴。あちらからの景色は最高だろうなあ。
トラバース分岐から八本歯のコル
ここまで3時間半
けっこうスローペースですな
2017年08月10日 08:31撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバース分岐から八本歯のコル
ここまで3時間半
けっこうスローペースですな
山頂方面もちょっとだけガスが晴れた
2017年08月10日 08:32撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂方面もちょっとだけガスが晴れた
今回一瞬だけ見れた富士山
2017年08月10日 08:50撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回一瞬だけ見れた富士山
トラバースのお花畑
2017年08月10日 08:52撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースのお花畑
チシマギキョウ
2017年08月12日 22:57撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チシマギキョウ
ミヤママンネングサ
2017年08月12日 22:56撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤママンネングサ
タカネナデシコ
2017年08月12日 22:58撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネナデシコ
イブキジャコウソウ
2017年08月12日 22:58撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イブキジャコウソウ
ハクサンフウロ
2017年08月10日 09:08撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ
キンロバイ
2017年08月12日 22:59撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キンロバイ
ハクサンイチゲ
2017年08月12日 22:59撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ
小屋前のテン場
晴れてれば景色は最高なんですが、けっこうナナメって平な場所は少ないです。
2017年08月10日 12:19撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋前のテン場
晴れてれば景色は最高なんですが、けっこうナナメって平な場所は少ないです。
小屋裏にもけっこう張れます。
よく整地されていて快適なんですが、展望が無いせいかあまり人気がないですね。
2017年08月12日 23:04撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋裏にもけっこう張れます。
よく整地されていて快適なんですが、展望が無いせいかあまり人気がないですね。
テント場の周辺もけっこう花が咲いてます。
ヨツバシオガマとチングルマの綿毛
夏の終わりを感じます
2017年08月10日 14:21撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場の周辺もけっこう花が咲いてます。
ヨツバシオガマとチングルマの綿毛
夏の終わりを感じます
ハハコグサ
2017年08月12日 23:01撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハハコグサ
キリンソウ
2017年08月12日 23:01撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キリンソウ
まだ残っていたチングルマの花
2017年08月10日 14:30撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ残っていたチングルマの花
ツガザクラ
2017年08月12日 23:02撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツガザクラ
夜半の雨で、早朝は小雨と霧で気分は撤収モード
2017年08月11日 05:50撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜半の雨で、早朝は小雨と霧で気分は撤収モード
北岳山頂
ガスガス
2017年08月11日 07:16撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳山頂
ガスガス
肩の小屋
2017年08月11日 08:18撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋
アップで
2017年08月11日 09:27撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで
ダケブキの大群落
2017年08月11日 09:30撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケブキの大群落
クガイソウ
2017年08月11日 10:12撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クガイソウ
草スベリの下部まで下ると雲の下に抜け、正面に鳳凰と白根御池小屋が見えました
2017年08月11日 10:13撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草スベリの下部まで下ると雲の下に抜け、正面に鳳凰と白根御池小屋が見えました
白根御池小屋のあたりは快晴
2017年08月11日 11:18撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白根御池小屋のあたりは快晴
三連休初日とあって、11時前でテント村ができていた
2017年08月11日 11:38撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三連休初日とあって、11時前でテント村ができていた

感想/記録

当初夏季休暇で白根三山縦走の計画でしたが、安定しないお天気。
前日の台風で南アルプス林道も一時通行止めとなっていましたが、工事関係者のご活躍で9日始発より通行可能となったため、とりあえず間ノ岳まで行ければいいやと、3泊分の食料とテントをザックに詰めて出発しました。

甲府からのバスは台風通過でどっと繰り出した登山客で超満員。
私は早めに並んでいたので座れてラッキーでした。
半分弱の方が夜叉神峠で降車。鳳凰山へ向かったようです。
後になって、私も鳳凰山へ行けば良かったかな、と思うことになるのですが。

初日は移動の都合で白根御池小屋泊まり。
ここは水が豊富で、トイレも綺麗、スタッフの方の応対もフレンドリーでとても良い小屋ですね。

二日目は日の出前の出発で涼しいうちに稜線を目指します。
三日目の天候が怪しいので、この日のうちに間ノ岳を登ってしまおうと、左股から直接北岳山荘を目指します。
が、二股到着時にはすでに北岳山頂はガス模様。
うーん、これは想定より早くガスってしまうかも。
大樺沢は快調に登って行きますが、八本歯への階段連続で足が上がらなくなります。八本歯からトラバース分岐までが辛かった…
年令による体力低下と、トレーニング不足でしょうか。ちょっとショック。帰宅したら少し真面目にトレーニングしようと反省します。
この時点でガスも2900mくらいまで下がってきていて、稜線はもう見えない感じ。
北岳山荘到着時はすっかりガスの中。
見晴らしゼロの中で間ノ岳へ上る気力も無く、とりあえずテント張って天候回復を待ちますが、終日ガスは晴れず、この日はそのままテントでおやつ食べたり本読んだりゴロゴロして過ごしました。

三日目の午前中は持ちそうとの予報でしたが、夜半から風雨強くこれはダメかもと思い始めます。
結局、4時過ぎもまだ小雨と霧で展望ゼロ。全く展望期待できないので間ノ岳も諦め北岳山頂経由で広河原へ下ることに決定。
そうと決めれば急ぐこともないので、のんびり準備して6時前に出発。
霧の中で何も見えませんが、それでも北岳山頂は賑わっておりました。

草スベリの下部まで降りてくると雲の下に出て、晴れてきます。
鳳凰三山は稜線も見えていて、あちらは素晴らしい雲海や富士山が見えてたんじゃないかと思うと、夜叉神峠で降りた人たちが羨ましかったりしますが、まあしょうがないですね。
白根御池小屋まで下ってくるとすっかり晴れて夏空が広がってました。
3泊の予定で大分余った食料を少しでも減らそうと、ここでお昼ご飯食べて下山しました。
この日は3連休初日とあり、微妙な天気予報にも関わらず大勢の方が登ってきていましたが、お天気どうだったのかな。

今回はすっかり計画倒れな山行になっていましましたが、まあこれもひとつの山行かと思います。
展望が全てではないですが、やはり展望ゼロの稜線歩きはちょっと寂しいですね。景色が見えないので、今回は花の写真ばかり撮ってます。
いろいろな花が見れたのでそれは良かったです。
北岳は本当に花の山だと再認識しました。それだけでも見に行く価値はあるかと思います。
縦走は準備整えて再チャレンジですね。
訪問者数:118人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ