また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1227009 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

南アルプス北部縦走(甲斐駒〜仙丈〜間ノ岳〜北岳〜農鳥岳〜笹山)

日程 2017年08月13日(日) 〜 2017年08月15日(火)
メンバー
天候8/13(日):曇り一時雨、8/14(月):曇り時々晴れ、8/15(火):雨
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー
行き:中央本線長坂駅から竹宇駒ケ岳神社までタクシー(25分、3,600円)
帰り:奈良田から身延線下部温泉駅まで早川町乗合バス(1時間、1,000円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間13分
休憩
28分
合計
7時間41分
S竹宇駒ヶ岳神社05:5507:21笹の平分岐09:47七丈小屋09:5011:09甲斐駒ヶ岳11:2412:11駒津峰12:2113:36長衛小屋(旧北沢駒仙小屋)
2日目
山行
10時間4分
休憩
2時間9分
合計
12時間13分
長衛小屋(旧北沢駒仙小屋)04:4505:55薮沢大滝ノ頭06:37小仙丈ヶ岳07:17仙丈ヶ岳07:4008:45苳ノ平08:45伊那荒倉岳09:55横川岳10:0010:31両俣小屋10:5311:17野呂川越13:15三峰岳13:3013:59間ノ岳14:1715:09北岳山荘15:4016:15北岳16:3016:58北岳山荘
3日目
山行
8時間21分
休憩
34分
合計
8時間55分
北岳山荘04:3205:02中白根山05:1005:47間ノ岳05:5206:34農鳥小屋06:4007:43農鳥岳07:4807:48大門沢分岐08:38広河内岳09:33大籠岳10:03白河内岳11:00笹山(黒河内岳)北峰11:15笹山 (黒河内岳)南峰11:2513:27奈良田バス停13:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

甲斐駒ケ岳登山口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ケ岳登山口
ここが刃渡り。ガスが出ていたので高度感もあまりなし
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが刃渡り。ガスが出ていたので高度感もあまりなし
1
駒ケ岳山頂到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ケ岳山頂到着。
駒ケ岳独特の砂道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ケ岳独特の砂道。
新しくなった長衛小屋。生ビールも販売中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新しくなった長衛小屋。生ビールも販売中。
富士山と北岳の並び。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山と北岳の並び。
1
さらに間ノ岳も並んで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに間ノ岳も並んで。
1
雲海がきれいな仙丈ケ岳山頂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海がきれいな仙丈ケ岳山頂。
1
南アルプスの縦走らしい景色。見れたのはここだけ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスの縦走らしい景色。見れたのはここだけ。
2
両俣小屋。ルート変更を余儀なくされる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両俣小屋。ルート変更を余儀なくされる。
間ノ岳。疲労のため、途中の写真は無し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳。疲労のため、途中の写真は無し。
北岳の凛々しい姿。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳の凛々しい姿。
1
北岳山荘すぐ近くの登山道。ライチョウの群れと遭遇。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳山荘すぐ近くの登山道。ライチョウの群れと遭遇。
2
3日目は展望が全くなし。一応撮った農鳥岳山頂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目は展望が全くなし。一応撮った農鳥岳山頂。
2
広河内岳。ここまではルートはしっかり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河内岳。ここまではルートはしっかり。
1
所々には赤テープあり。ハイマツに括り付けてある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々には赤テープあり。ハイマツに括り付けてある。
白河内岳。看板は立派だが、山頂は広くはっきりしない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白河内岳。看板は立派だが、山頂は広くはっきりしない。
笹山南峰。広い山頂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹山南峰。広い山頂。
何とか奈良田まで下山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか奈良田まで下山。

感想/記録

 今回は久しぶりに南アルプスに行きたいという気持ちで計画を作った。特に行ったことのない農鳥岳とそれ以南の白峰南嶺(伝付峠、笊ヶ岳)を目指す目的であったが、他南ア北部の主要な山も巡りたいと欲張ってしまった。

■8/13(日)
竹宇駒ケ岳神社を6時頃に出発。既に駐車場は車が一杯。タクシーの手配に手間取ったため、やや出遅れたか。歩き始めはいきなり辛く汗が噴き出すが、何とか我慢して歩いていく。すれ違う方々も大勢いる。トレイルランの方が多く、凄い速度だ。
刃渡りはしっかりした鎖がついており、天気が今一つのため高度感もなく、問題は無し。それよりも七丈小屋手前の垂直の梯子のほうが怖かった。
七丈小屋を過ぎてからも鎖場や梯子が多いが、これを越していくとやがて森林限界を超え、甲斐駒ケ岳へ到着。久しぶりに来たがとても良い山頂。ただ、今日は一面ガスで眺望は無し。雨も降ってきそうなので早々に下山。甲斐駒ケ岳ならではの砂状の下りを満喫し、駒津峰・双児山を経由して北沢峠へ。
ここは人がとても多い。新しくなった長衛小屋前にテント泊したが、100張以上はあった。到着してから時間を持て余すが、山でのゆったりした時間を過ごす。

■8/14(月)
出発時はやや霧雨だったがすぐに止む。順調に高度を上げて、仙丈ケ岳へ。ここからは北岳をはじめ、360度の展望を楽しめた。
ここから、仙塩尾根へ進むと登山者の数はぐっと減る。太陽が出てきてやや暑い中、どんどん南下していく。順調なペースを保って両俣小屋へ。
本来の予定では、ここから北岳へ直登するルートをとるつもりだったのだが、小屋の人に聞くと、そちらは増水等で現在通行止めだという。困ったことになったが、仕方なく、一度野呂川越へ引き返し、再び仙塩尾根を進む。予定が変わってしまったこともあり、ここで一気に疲れが来て、ペースも落ちる。歩いて止まってを繰り返しながらなんとか三峰岳へ。ここで大休止をとって体力を回復させて間ノ岳へ向かった。
間ノ岳では色々な登山者の方から辿ってきたルートのお話を聞けて自分の気持ちも上がる。その気持ちのまま北岳山荘へ一気に進んだ。
ここでテントを張った後、天気の良い今日のうちに北岳をピストンしておくことにする。特に危険に感じるところはなく北岳山頂まで着けた。山荘へ戻ってきて本日は終了。明日以降の天気予報があまり良くないなので、早めの下山を考えつつ就寝。

■8/15(火)
出発したときは曇りと思ったが、すぐに視界が無くなり、横から雨と風が吹き付ける天気となった。正直言って寒い。展望もないので、ひたすら我慢しながら間ノ岳へ戻り、農鳥小屋、西農鳥岳、農鳥岳と進む。農鳥岳は初めての山だったので、景色にも期待していたが仕方がない。この辺りはペンキがたくさんつけてあるので、視界が悪くても道を間違えることは少ないだろう。
大門沢下降点に着いたところで、ここで下りてしまうかどうか考える。しかし、当初の計画である白峰南嶺にも少しは行きたいと思い、笹山までは目指すことにした。
広河内岳までは通常と同様のペンキがあり、それに従う。その後は、ペンキのマークは徐々に減る。踏み跡とケルン、赤テープを参考にする。特に視界があまり良くない中でケルンは重要な目印になった。また、ハイマツに入る際には赤テープがついている箇所が多く、これもよい目印だった。あとはコンパスで方角を確かめつつ進む。
大竈岳・白河内岳には順調についたが、その後白河内岳からの下りで一時ルートを見失い焦る。一度戻ってもう一度ルートを探すということを何度か行って、正しいルートを辿れた。その後に樹林帯に入れば道は明瞭になる。笹山周辺および笹山南峰は幕営可能に思えた。
笹山南峰に着くと、伝付峠と奈良田への看板がそれぞれある。伝付峠を目指したいところだが、天気は悪く、明日も悪い予報である。自分の装備も全てびしょ濡れとなってしまったため、自分の力としてはここまでと判断し、奈良田に下山することにする。笹山から奈良田へのルートは最近切り開かれたそうだが、とにかく赤テープが多く、常に目に入る感じなので、道を外す心配はない。やや傾斜が急な個所が多く雨の中では滑りやすかった。ここを一気に下って奈良田のバス停まで下りた。

 自分のやりたいルートを完全に達成できたわけでは全くないが、天気や日程の制約の中で、満足できる山行にはできたと思う。
訪問者数:432人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ