また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1227948 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

南アルプス南部縦走(三伏峠〜易老渡)

日程 2017年08月13日(日) 〜 2017年08月16日(水)
メンバー
天候8月13日(日):曇り時々雨
8月14日(月):曇り→晴れ
8月15日(火):曇り→雨
8月16日(水):曇り→雨
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
●行き
クルマ:鳥倉林道第2駐車場(無料/6時頃到着時ラスト1台分のスペースだけ空いてました)
※第2駐車場は第1駐車場より1.2kmほど手前にあります

●帰り
タクシー:易老渡〜鳥倉林道第2駐車場(24000円+迎車代180円+配車代1000円)
前日までに予約する必要があります。
下山時は易老渡発12:00、14:00、16:00の3便
また、林道(市道南信濃142号線)は天気が荒れるとすぐに落石や落木などで
通行不能になるため、その場合は北又渡の先の芝沢ゲートまで歩く必要があります。
 
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間37分
休憩
1時間12分
合計
8時間49分
Sスタート地点06:1606:31鳥倉林道ゲート(駐車場)06:3807:13鳥倉林道登山口07:1408:02豊口山のコル08:0708:38水場08:4009:01塩川・鳥倉ルート合流点09:1009:23三伏峠小屋09:3910:29烏帽子岳10:3111:20前小河内岳11:3612:09小河内岳避難小屋12:14小河内岳12:2814:21板屋岳15:05高山裏避難小屋
2日目
山行
8時間30分
休憩
1時間23分
合計
9時間53分
高山裏避難小屋04:4507:35前岳07:4308:08お花畑(荒川前岳南東斜面)08:1408:47荒川小屋09:1809:51大聖寺平09:5211:11小赤石岳11:2611:39赤石岳・小赤石岳間分岐11:4012:03赤石岳12:0512:08赤石岳避難小屋12:1713:44百間平14:21百間洞山の家14:3114:38宿泊地
3日目
山行
7時間8分
休憩
19分
合計
7時間27分
宿泊地04:4506:12大沢岳06:1706:22中盛丸山・大沢岳間分岐(百間洞山の家方面)06:35中盛丸山06:4207:17小兎岳07:2108:10兎岳08:1210:31聖岳11:13小聖岳11:50薊畑分岐11:5112:09聖平小屋分岐12:12聖平小屋
4日目
山行
8時間51分
休憩
7分
合計
8時間58分
聖平小屋04:4604:49聖平小屋分岐06:21南岳08:08茶臼岳08:1208:49希望峰08:5009:03仁田岳09:0409:16希望峰10:30易老岳12:22面平12:2313:44易老渡13:44ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●鳥倉林道第2駐車場〜三伏峠
高低差およそ1000m弱を登ります。
第2駐車場からゲートまではおよそ1.2km、ゲートから登山口まではおよそ2.5km
の林道歩きとなります。道中1/10〜9/10の標識があり進行具合が分かります。
6/10〜7/10の間に水場があり。4/10を過ぎた辺りから木橋・木の階段が現れ始めます。
豊口分岐(現在通行止め)を過ぎてしばらく歩くと三伏峠に到着です。

●三伏峠〜高山裏避難小屋
三伏峠から塩見岳方面とルートを分けると程なくお花畑があります。
ここを右折して稜線まで登り、南側が崩落したガレの縁に沿って高低差150mほど
登ると烏帽子岳に到着です。
烏帽子岳から進路を南に変え、引き続き西側が崩落した稜線を進みます。
鞍部まで下って登り返すと前小河内岳、さらに前小河内岳から
高低差100mほどのアップダウンをこなすと小河内岳へと至ります。
小河内岳からは鞍部まで高低差200mほど岩場の下りになります。
標高2650m付近からは森林限界を下回り樹林帯歩きとなります。
この樹林帯はマルバダケブキの群生が見られました。
大日影山のピークを巻いて瀬戸沢ノ頭から東に進路を変え、
板屋岳までは高低差100mほどの登りとなります。
ここから高山裏避難小屋までは高低差250mほどの下りになりますが、
ところどころ西側が崩落した箇所があり少し注意が必要です。

【高山裏避難小屋テン場】
20張程度/1人600円
水場は普段は往復30分の所にあるそうですが、
最近の多雨のせいかこの日は片道5分ほどのところからジャブジャブ出ていました。

●高山裏避難小屋〜赤石岳
高山裏避難小屋からは稜線の北側の山腹をトラバースするように
深い樹林帯の中を進んで行きます。
標高2520m付近の小広場に出たところから急登が始まり高低差およそ600mの
カールの大斜面を登って行きます。
標高2750m付近で森林限界を超えて足元はガレ場へと変わります。
荒川大崩落地の縁まで登り切ると東に進路を変え、荒川前岳まで大崩落地の
縁に沿って進みます。登山道がガレの縁に迫って付けられている箇所は
崩落地の方に転滑落しないように注意が必要です。

荒川岳方面とルートを分けてカール内を大きく下ります。
荒川小屋までは高低差400mほどの下り。
途中鹿の防護柵で保護された区間にお花畑が広がっていて、
今回はハクサンフウロが咲き乱れていました。
標高2700m付近まで下ると樹林帯に入りしばらくトラバースすると荒川小屋に到着です。

荒川小屋からは少し登り返し、再び森林限界に出ると山腹をトラバースするように
緩やかな登っていき、荒川岳と小赤石岳との鞍部で広く開けたところに出ます。
ここが大聖寺平となります。
大聖寺平を過ぎると小赤石の肩まで高低差およそ300mの
九十九折の本格的な登りとなります。
小赤石の肩から小赤石岳、そして赤石小屋方面への分岐までは緩やかな稜線歩きが続き、
最後にひと登りして赤石岳に到着です。

二重山稜の稜線をしばらく進んだのち、高低差150mほど大斜面を下り、
標柱から大斜面下のコルまで大斜面をトラバースします。
ここから馬の背と呼ばれる緩やかなルートとなり百間平まで稜線漫歩できます。
窪地を通過すると肩に出て百間洞までガレ場を急降下します。高低差はおよそ300m。
途中で樹林帯に入ると同時にルートを沢筋に変えます。

【百間洞山の家テン場】
20張程度/1人600円
小屋まで少し距離があり、水場&トイレが少し不便ですが、
小沢沿いにあり、こじんまりとしていて好印象でした。

●百間洞山の家〜聖平小屋
大沢岳を巻いて稜線に出るショートカットルートは百間洞山の家の先から、
大沢岳へはテン場からのスタートとなります。高低差はおよそ300m。
のっけから急斜面を登り標高2550m付近で森林限界に出ます。
2814峰を巻いて西側が切れ落ちた稜線に出て岩場を南下すると大沢岳です。
中盛丸山へは鞍部である百間洞下降点まで100mほど下り同じだけ登り返します。
中盛丸山から小兎までは高低差160mほど下って100mほどの登り返し。
小兎から兎岳までは小ピークを1つ越えて鞍部から160mほどの登り返しです。
兎岳から進路を東に変えほどなく兎岳避難小屋を右手に見て聖兎のコルまで
高低差200mほど下り、赤色チャート岩が露出したところから登り返しが始まり、
高低差およそ400m登り切ると聖岳に到着です。
兎岳〜聖岳間は南側(進行方向右手)が聖岳大崩落地となっているため、
場所によってはガレの縁が迫っているところもあるため、ある程度注意が必要です。
聖岳から九十九折りのガレ&ザレ場を高低差350mほど一気に下ると
尾根が細くなり小ピーク1つ越えて小聖岳へと至ります。
小聖岳を過ぎると樹林帯に入り小ピークを1つ越えて薊畑へと至ります。
薊畑で便ヶ島方面とルートを分けて上河内岳へと続く縦走路を600mほど進むと
分岐が現れ、木道を北に150mほど歩くと聖平小屋へに到着です。

【聖平小屋】
自炊棟:1人4500円

●聖平小屋〜茶臼岳
聖平小屋から南岳へは高低差およそ430mの登り。岩頭付近から森林限界を超えます。
南岳から緩やかなルートを900mほど進むと上河内岳の肩へと至ります。
肩からは岩場の稜線を下って行きます。
奇岩竹内門と呼ばれる奇岩地帯を通過した後は背の低い樹林帯の間を通り抜けます。しばらく進むと視界が開け窪地状の亀甲状土のお花畑の中を歩きます。
その後、ひと登りして稜線まで復帰したところが茶臼小屋との茶臼岳の分岐となります。
分岐から高低差100mほど南に進むと茶臼岳山頂へと至ります。

●茶臼岳〜易老岳
茶臼岳から仁田池まで高低差100mほど下り、仁田池からは木道が現れます。
希望峰まで緩やかなアップダウンを繰り返します。
希望峰で仁田岳方面の分岐があります。
ハイマツ帯のルートを500mほど南に進むと仁田岳へのピークへと至ります。
希望峰から易老岳との鞍部まで高低差160mほど下った後は
易老岳まで緩やかな登山道をゆっくりと登り返します。
ただし、この付近泥濘が酷くて特にこの日は本降りのため、
登山道は池と化していました。

●易老岳〜易老渡
易老岳から易老渡まで高低差およそ1500mを一気に降ります。
登山道は30分割(面平が10)されていて標識あり。
易老岳分岐の直下は、痩せ尾根の登り降りがあり、
この箇所のみ両手を使う必要がありました。
標高1500m付近で面平。その後は九十九折の急斜面を下り、
遠山川に架かる赤い橋を渡ると易老渡に到着です。


過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

【8月13日 1日目】
鳥倉第2駐車場よりスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【8月13日 1日目】
鳥倉第2駐車場よりスタート
8
鳥倉林道ゲートで登山届を記入
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥倉林道ゲートで登山届を記入
1
さて、改めて出発
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、改めて出発
4
しばらく林道歩き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく林道歩き
1
鳥倉登山口に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥倉登山口に到着
1
ヤマホタルブクロ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマホタルブクロ(photo komemame)
ここから登山道です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから登山道です
4
樹林帯に光が差し込みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯に光が差し込みます
4
いい雰囲気の樹林帯です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい雰囲気の樹林帯です
3
ヤマオダマキ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマオダマキ(photo komemame)
3
スゴイ様相の木階段は依然として健在
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スゴイ様相の木階段は依然として健在
4
三伏峠小屋まであと200歩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三伏峠小屋まであと200歩
2
まぁ、だいたい200歩ほどで…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まぁ、だいたい200歩ほどで…
三伏峠に到着。ベンチで休憩してから…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三伏峠に到着。ベンチで休憩してから…
3
先に進みます。ここが塩見方面と烏帽子&小河内方面との分岐。今回は右に進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先に進みます。ここが塩見方面と烏帽子&小河内方面との分岐。今回は右に進みます
2
タカネマツムシソウ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネマツムシソウ(photo komemame)
4
タカネマツムシソウが最盛期でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネマツムシソウが最盛期でした
1
一つひとつ微妙に違う(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一つひとつ微妙に違う(photo komemame)
1
ハクサンフウロもいっぱい(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロもいっぱい(photo komemame)
1
タカネグンナイフウロ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネグンナイフウロ(photo komemame)
トリカブト(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブト(photo komemame)
ミヤマキンポウゲ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキンポウゲ(photo komemame)
1
?(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
?(photo komemame)
ガスの中に烏帽子岳が浮かびます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの中に烏帽子岳が浮かびます
トモエシオガマ。これは今回、全行程で見られました(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トモエシオガマ。これは今回、全行程で見られました(photo komemame)
西側(進行方向右手)は大きく崩れています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側(進行方向右手)は大きく崩れています
1
ガレの縁を進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレの縁を進みます
烏帽子岳から歩いてきた稜線を振り返ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳から歩いてきた稜線を振り返ります
前小河内岳に到着(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前小河内岳に到着(photo komemame)
2
特に標識などありません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特に標識などありません
ヨツバシオガマ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨツバシオガマ(photo komemame)
2
ツリガネニンジン(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツリガネニンジン(photo komemame)
2
イブキジャコウソウ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イブキジャコウソウ(photo komemame)
3
ウメバチソウ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウメバチソウ(photo komemame)
小河内岳への登り返し
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小河内岳への登り返し
2
山頂直下には小河内避難小屋との分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下には小河内避難小屋との分岐
小河内岳に到着。何も見えませんな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小河内岳に到着。何も見えませんな
7
お昼ゴハンを食べて出発(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お昼ゴハンを食べて出発(photo komemame)
1
小河内岳からは鞍部まで高低差200mほど岩場の下りとなり、標高2650m付近から樹林帯に入ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小河内岳からは鞍部まで高低差200mほど岩場の下りとなり、標高2650m付近から樹林帯に入ります
1
鞍部からは緩やかなルートが続きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部からは緩やかなルートが続きます
南アらしい樹林帯
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アらしい樹林帯
ダケカンバとマルバダケブキはセットなのかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケカンバとマルバダケブキはセットなのかな
大日影山は東側から巻きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日影山は東側から巻きます
雲の隙間から荒川岳が見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の隙間から荒川岳が見えました
2
板屋岳までの登り返し
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
板屋岳までの登り返し
1
板屋岳に到着。眺望はありません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
板屋岳に到着。眺望はありません
2
マルバダケブキがそこら中に群落を作っています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マルバダケブキがそこら中に群落を作っています
1
その中を進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その中を進みます
1
ところどころ西側が崩落した箇所があります1
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころ西側が崩落した箇所があります1
2
ところどころ西側が崩落した箇所があります2
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころ西側が崩落した箇所があります2
ゴゼンタチバナ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ(photo komemame)
1
西側の崩落地を覗き込みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側の崩落地を覗き込みます
タカネナデシコ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネナデシコ(photo komemame)
2
マルバダケブキのお花畑に突入
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マルバダケブキのお花畑に突入
2
マルバダケブキだらけ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マルバダケブキだらけ
1
小河内岳との鞍部から高山裏避難小屋までは深い樹林帯
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小河内岳との鞍部から高山裏避難小屋までは深い樹林帯
高山裏避難小屋直前で再び荒川岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山裏避難小屋直前で再び荒川岳
3
高山裏避難小屋に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山裏避難小屋に到着
3
水場は小屋から往復30分とのことでしたが、ここのところの多雨のため5分ほど下ったところからジャブジャブ出てました。生米を浸水
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場は小屋から往復30分とのことでしたが、ここのところの多雨のため5分ほど下ったところからジャブジャブ出てました。生米を浸水
6
そして、汗を拭ってさっぱり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、汗を拭ってさっぱり
1
この時間になってようやく青空もチラホラ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時間になってようやく青空もチラホラ
さて夕飯の準備です。まずはメスティンで米炊き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて夕飯の準備です。まずはメスティンで米炊き
2
炊けたご飯を蒸らしている間にハラミを焼きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
炊けたご飯を蒸らしている間にハラミを焼きます
4
ご飯の上にキャベツの千切りとハラミを乗せるとハラミ丼のできあがり!って…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご飯の上にキャベツの千切りとハラミを乗せるとハラミ丼のできあがり!って…
3
おっと卵乗せるの忘れてた!慌てたせいで1個は潰れちゃった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっと卵乗せるの忘れてた!慌てたせいで1個は潰れちゃった
4
美味しくいただきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美味しくいただきました
2
【8月14日 2日目】
暗いうちからスタート。荒川岳方面から高山裏に泊まる人はこの水場を利用すべし
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【8月14日 2日目】
暗いうちからスタート。荒川岳方面から高山裏に泊まる人はこの水場を利用すべし
3
高山裏避難小屋からは稜線の北側の山腹をトラバースするように
深い樹林帯の中を進んで行きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山裏避難小屋からは稜線の北側の山腹をトラバースするように
深い樹林帯の中を進んで行きます
ミソガワソウ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミソガワソウ(photo komemame)
塩見が見えました。左は小河内岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見が見えました。左は小河内岳
塩見アップで(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見アップで(photo komemame)
6
小河内アップで。避難小屋も見えます(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小河内アップで。避難小屋も見えます(photo komemame)
小河内岳〜板屋岳。左奥は小日影山かな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小河内岳〜板屋岳。左奥は小日影山かな
シナノオトギリ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シナノオトギリ(photo komemame)
小広場をすぎると…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小広場をすぎると…
急斜面の荒川前岳まで急斜面の登りが始まります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面の荒川前岳まで急斜面の登りが始まります
振り返ると中ア。高山裏避難小屋も見えています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると中ア。高山裏避難小屋も見えています
2
高山裏避難小屋アップで(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山裏避難小屋アップで(photo komemame)
1
槍&穂高連峰アップで(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍&穂高連峰アップで(photo komemame)
3
森林限界を超えてガレ場に出ました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林限界を超えてガレ場に出ました
延々と続く登り。高山裏避難小屋から高低差600mほど登ります(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
延々と続く登り。高山裏避難小屋から高低差600mほど登ります(photo komemame)
2
荒川前岳から続く荒々しい稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川前岳から続く荒々しい稜線
1
この裏っ側が荒川大崩落地
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この裏っ側が荒川大崩落地
稜線まで登り詰めます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線まで登り詰めます
稜線に出ると、ドーンと赤石岳!南アルプスの盟主たる風格
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出ると、ドーンと赤石岳!南アルプスの盟主たる風格
7
荒川前岳から続く稜線を振り返ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川前岳から続く稜線を振り返ります
5
稜線に沿って進みます(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に沿って進みます(photo komemame)
3
赤石〜百間平〜大沢〜中盛丸山〜小兎〜兎
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石〜百間平〜大沢〜中盛丸山〜小兎〜兎
5
明日歩く予定の大沢〜中盛丸山〜小兎〜兎が見えました。手前の平らなところが百間平
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日歩く予定の大沢〜中盛丸山〜小兎〜兎が見えました。手前の平らなところが百間平
2
左に昨日歩いた烏帽子〜小河内岳。右は塩見。一番奥に仙丈ヶ岳が見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に昨日歩いた烏帽子〜小河内岳。右は塩見。一番奥に仙丈ヶ岳が見えました
3
仙丈ヶ岳と塩見アップで(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳と塩見アップで(photo komemame)
4
前方に中岳が見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方に中岳が見えました
2
塩見を中心に左に仙丈。右に農鳥〜間ノ岳。塩見から左手前に延びる稜線上に蝙蝠
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見を中心に左に仙丈。右に農鳥〜間ノ岳。塩見から左手前に延びる稜線上に蝙蝠
2
奥に悪沢と手前に中岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に悪沢と手前に中岳
3
チシマギキョウ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チシマギキョウ(photo komemame)
2
山頂より。富士山。雲が良いアクセント
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。富士山。雲が良いアクセント
4
富士山アップで(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山アップで(photo komemame)
3
山頂より。悪沢どーん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。悪沢どーん
2
山頂より。間近に中岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。間近に中岳
中岳アップで(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳アップで(photo komemame)
山頂より。塩見と南ア北部全景
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。塩見と南ア北部全景
2
悪沢を眺めながら中岳との鞍部へ向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪沢を眺めながら中岳との鞍部へ向かいます
1
荒川カールを下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川カールを下ります
小赤石岳から北にのびる尾根に感動
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小赤石岳から北にのびる尾根に感動
3
ハクサンフウロが最盛期
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロが最盛期
1
ハクサンフウロのお花畑と上は荒川岳の稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロのお花畑と上は荒川岳の稜線
赤石岳。雲がカッコいい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石岳。雲がカッコいい
3
こちらは赤石と大聖寺平。今からここを歩くと思うとワクワク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは赤石と大聖寺平。今からここを歩くと思うとワクワク
3
何度でも撮ってしまいます(事実、振り返ると今回の山行の中でここがハイライトだった)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度でも撮ってしまいます(事実、振り返ると今回の山行の中でここがハイライトだった)
眼下に赤い屋根の荒川小屋が見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に赤い屋根の荒川小屋が見えます
1
カールを見上げます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カールを見上げます
ミヤマキンポウゲ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキンポウゲ
荒川小屋に到着。にんにくチップがたくさん入った荒川カレーでひと休み
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川小屋に到着。にんにくチップがたくさん入った荒川カレーでひと休み
3
振り返って前岳。山腹には歩いてきたトラバース道が見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って前岳。山腹には歩いてきたトラバース道が見えます
5
何度も振り返ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度も振り返ります
3
うん、最高!(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うん、最高!(photo komemame)
4
この辺りは南アの中でもお気に入りの場所です。前回はガスだったのでなおさら
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは南アの中でもお気に入りの場所です。前回はガスだったのでなおさら
3
全てがデカいんだよなぁ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全てがデカいんだよなぁ
振り返ると、荒川岳の方が徐々に雲に巻かれてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、荒川岳の方が徐々に雲に巻かれてきました
1
大聖寺平から小赤石の肩まで高低差およそ300mの登りとなります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大聖寺平から小赤石の肩まで高低差およそ300mの登りとなります
とにかく黙って登るべし
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とにかく黙って登るべし
チングルマの花が残っていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマの花が残っていました
中&前。眼下には歩いてきたルートが見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中&前。眼下には歩いてきたルートが見えます
1
九十九折の急斜面を登っていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九十九折の急斜面を登っていきます
2
小赤石の肩に到着。小赤石岳を望みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小赤石の肩に到着。小赤石岳を望みます
小赤石岳まで緩やかなルートを辿ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小赤石岳まで緩やかなルートを辿ります
1
チングルマの綿毛
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマの綿毛
1
小赤石岳を前方に捉えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小赤石岳を前方に捉えます
山頂より。赤石岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。赤石岳
2
山頂より。中盛丸山と小兎
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。中盛丸山と小兎
1
山頂まであと少し!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂まであと少し!
赤石岳に到着。残念ながら周囲はガス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石岳に到着。残念ながら周囲はガス
4
もう一つの立派な頂上標
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一つの立派な頂上標
3
避難小屋。今回はスルー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋。今回はスルー
1
百間平方面に進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百間平方面に進みます
1
赤石岳の西側は二重稜線になっています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石岳の西側は二重稜線になっています
ガレ場のルートを進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレ場のルートを進みます
1
おおっ、聖が見えた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おおっ、聖が見えた
1
聖を眺めながら大斜面を下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖を眺めながら大斜面を下ります
振り返って赤石山頂を見上げます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って赤石山頂を見上げます
高低差150mほど下った後、大斜面をトラバースします
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高低差150mほど下った後、大斜面をトラバースします
こっちから見る聖も素晴らしいね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちから見る聖も素晴らしいね
1
兎と小兎。右が百間平
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兎と小兎。右が百間平
1
この辺りもいい雰囲気です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りもいい雰囲気です
1
百間平まで緩やかに登ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百間平まで緩やかに登ります
1
なだらかで広くて…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なだらかで広くて…
解放感あふれる場所
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
解放感あふれる場所
気持ちいい!(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちいい!(photo komemame)
百間平の標識でパチリ。かろうじて背後に赤石が見えました(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百間平の標識でパチリ。かろうじて背後に赤石が見えました(photo komemame)
3
肩まで出ると大沢岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩まで出ると大沢岳
こちらはこんもり中盛丸山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらはこんもり中盛丸山
肩からはガレ場を急降下。高低差はおよそ300m。本日最後の正念場です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩からはガレ場を急降下。高低差はおよそ300m。本日最後の正念場です
1
クルマユリ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クルマユリ(photo komemame)
小屋に到着。水とビールを抱え込んでテン場まで戻ります(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋に到着。水とビールを抱え込んでテン場まで戻ります(photo komemame)
1
テン場から大沢岳(左)を見上げます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場から大沢岳(左)を見上げます
1
ミートボールにトマトジュースを加えて…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミートボールにトマトジュースを加えて…
3
グツグツと煮込み…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グツグツと煮込み…
2
ブイヨンを入れてパスタを茹でて…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブイヨンを入れてパスタを茹でて…
2
ソースとガッチャンコすると…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ソースとガッチャンコすると…
3
ミートボールパスタの出来上がり!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミートボールパスタの出来上がり!
6
【8月15 3日目 】
大沢岳直登ルートを進みます。振り返ると百間洞山の家のテン場と上に百間平
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【8月15 3日目 】
大沢岳直登ルートを進みます。振り返ると百間洞山の家のテン場と上に百間平
1
これから向かう稜線も雲の中。眼下には中盛丸山との鞍部に出るショートカットルートが見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう稜線も雲の中。眼下には中盛丸山との鞍部に出るショートカットルートが見えます
1
鞍部まで上がると大沢岳が姿を現します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部まで上がると大沢岳が姿を現します
1
赤石をバックに(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石をバックに(photo komemame)
1
富士山。頭は雲の中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山。頭は雲の中
痩せた稜線を進むと…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せた稜線を進むと…
山頂より。兎岳方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。兎岳方面
山頂より。赤石岳方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。赤石岳方面
ありゃ〜、雨が降ってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ありゃ〜、雨が降ってきました
鞍部まで下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部まで下ります
小兎岳に到着。この後雨はどんどん激しくなり、写真どころではなくなりました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小兎岳に到着。この後雨はどんどん激しくなり、写真どころではなくなりました
1
ということで兎岳に到着です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ということで兎岳に到着です
4
山頂にはタカネビランジ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂にはタカネビランジ
3
そしてあっという間に聖岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてあっという間に聖岳
4
正面に小聖岳
2017年08月15日 10:35撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に小聖岳
1
ずぶ濡れになって聖平小屋に到着。この日はテントを張る気にはなれず自炊小屋に泊まりました。夜は豚の角煮丼。生米炊いてその上に豚角煮、シシトウとヤングコーン、ゆで卵を添えて(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずぶ濡れになって聖平小屋に到着。この日はテントを張る気にはなれず自炊小屋に泊まりました。夜は豚の角煮丼。生米炊いてその上に豚角煮、シシトウとヤングコーン、ゆで卵を添えて(photo komemame)
5
【8月16日 4日目】
聖平小屋を出発。何とか雨も止みました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【8月16日 4日目】
聖平小屋を出発。何とか雨も止みました
2
樹林帯の中を進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯の中を進みます
1
岩頭で森林限界を超えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩頭で森林限界を超えます
聖平小屋から南岳へは高低差およそ430m
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖平小屋から南岳へは高低差およそ430m
1
ガレを通過すると…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレを通過すると…
1
シナノオトギリだらけ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シナノオトギリだらけ
2
トリカブト(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブト(photo komemame)
1
上河内岳の肩に到着すると同時に本日も降ってまいりました。ということで、登ったことがある上河内はスルー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上河内岳の肩に到着すると同時に本日も降ってまいりました。ということで、登ったことがある上河内はスルー
1
写真にも写るほどの雨
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真にも写るほどの雨
1
振り返るとかろうじて上河内岳が見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返るとかろうじて上河内岳が見えました
1
あぁ、楽しいなぁ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あぁ、楽しいなぁ(photo komemame)
1
背の低い樹林帯の間を通り抜けると…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背の低い樹林帯の間を通り抜けると…
2
窪地状に広がる亀甲状土のお花畑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
窪地状に広がる亀甲状土のお花畑
3
稜線への登り返し
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線への登り返し
稜線に上がるとライチョウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に上がるとライチョウ
1
正面に茶臼岳。この頃から雨はさらに本格的に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に茶臼岳。この頃から雨はさらに本格的に
1
雨の中に佇むライチョウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨の中に佇むライチョウ
2
ライチョウをアップで(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ライチョウをアップで(photo komemame)
1
仁田池付近から登山道は完全に川に。希望峰に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仁田池付近から登山道は完全に川に。希望峰に到着
こうなったらもうやけくそで仁田岳に行くしかないわ。komemameには先に進んでもらいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こうなったらもうやけくそで仁田岳に行くしかないわ。komemameには先に進んでもらいます
仁田岳の山頂が見えてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仁田岳の山頂が見えてきました
仁田岳より。茶臼岳方面かな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仁田岳より。茶臼岳方面かな
希望峰からは晴れていたら素晴らしいだろう南アらしい道が続きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
希望峰からは晴れていたら素晴らしいだろう南アらしい道が続きます
1
これは池ではありません。登山道です。思わず「マジかぁ」と独り言
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは池ではありません。登山道です。思わず「マジかぁ」と独り言
3
深い樹林帯の中を分け入ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深い樹林帯の中を分け入ります
鬱蒼とした雰囲気がたまりません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬱蒼とした雰囲気がたまりません
2
少し明るくなりました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し明るくなりました
カメラが濡れすぎて誤作動&ピントが合わない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カメラが濡れすぎて誤作動&ピントが合わない
2
苔むした古い倒木
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔むした古い倒木
コケ。こちらも濡れすぎて画像がおかしい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コケ。こちらも濡れすぎて画像がおかしい
2
雨に濡れたブナが光を受けて美しい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨に濡れたブナが光を受けて美しい
2
余裕を見て16時のタクシーを予約していましたが、時間が余りすぎるため易老岳からはゆっくりと下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
余裕を見て16時のタクシーを予約していましたが、時間が余りすぎるため易老岳からはゆっくりと下ります
ギンリョウソウ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウ(photo komemame)
2
易老渡まで後少しのところでどう頑張ってもカメラのピントが合わず写真はなし
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
易老渡まで後少しのところでどう頑張ってもカメラのピントが合わず写真はなし
2
易老渡に到着後、着替えてからタクシーを待つ間にチキンラーメンハム乗せを食べます。お疲れ様でした!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
易老渡に到着後、着替えてからタクシーを待つ間にチキンラーメンハム乗せを食べます。お疲れ様でした!
7
撮影機材:

感想/記録

なかなか晴れない夏休み。
ずっと家にいるわけにも行かないので、
雨に降られるのもある程度覚悟で思い切って出発しました。
長期の休暇じゃないとなかなか行けない南ア南部へ。

全行程の半分ほどは雨に降られましたが、
クルマの回収のことを考えると
エスケープルートがたくさんある静岡側には下りられないため、
途中からは腹を括って初志貫徹しました。

食べても食べても日に日に水分をたっぷり蓄え、まったく軽くならないザックや、
大はずれの天気予報(3日目!)には参りましたが、
常套句のように「雨は南アらしくて」とか「これはこれでよかった」などと
後から思えるのが山登りなんだな、と今これを書きながらしみじみと実感。

 
訪問者数:448人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ