また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1254202 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

【北アルプス】後立山の入門コース(?)をテン泊ヘロヘロ縦走 〜遠見尾根〜五竜岳〜唐松岳〜八方尾根

日程 2017年09月09日(土) 〜 2017年09月10日(日)
メンバー
天候晴れときどき曇り
アクセス
利用交通機関
バス、 ケーブルカー等
往路:毎日あるぺん号 五竜八方(エスカルプラザ)下車 5:00過ぎ エスカルプラザがオープンしたのは7:00ちょい前(その前はトイレも使えませんので注意) 
五竜とおみ駅からゴンドラ(7:30始発のハズでしたが、やや早く運行開始しました)でアルプス平 
帰路:八方池山荘からリフト&ゴンドラ 
毎日あるぺん号 白馬八方乗車 15:05分発なので5分前には集合場所の八方の湯に着くようにしていましたが、15:00前には電話がかかってきて「(集合場所に)いないようですが?」と問い合わされる…前もって○○分前に集合するようにとか案内されてませんが(-_-) 新宿西口着は21:40


経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間56分
休憩
1時間17分
合計
8時間13分
S白馬五竜アルプス平07:5308:16地蔵の頭08:1709:37小遠見山09:4010:00中遠見山10:40大遠見山10:4111:43西遠見山11:4412:59白岳13:01遠見尾根分岐13:08五竜山荘14:1215:11五竜岳15:1816:06五竜山荘
2日目
山行
5時間3分
休憩
1時間2分
合計
6時間5分
五竜山荘05:5605:59遠見尾根分岐06:0006:51大黒岳06:5208:12牛首08:1308:19唐松岳頂上山荘08:2808:45唐松岳08:5209:07唐松岳頂上山荘09:2410:00丸山10:0310:15扇雪渓10:2711:11第三ケルン11:2011:29八方ケルン11:3011:34第2ケルン11:3512:00八方池山荘12:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全面的によく整備されています
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

毎日あるぺん号で五竜八方まで。エスカルプラザがオープンするまで2時間、建物の外でボーゼンと待ちます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毎日あるぺん号で五竜八方まで。エスカルプラザがオープンするまで2時間、建物の外でボーゼンと待ちます
1
ボケボケの写真で恐縮ですが…ゴンドラが動き始めるととたんに長蛇の列ができました。皆さんクルマで来たんですかね?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボケボケの写真で恐縮ですが…ゴンドラが動き始めるととたんに長蛇の列ができました。皆さんクルマで来たんですかね?
アルプス平到着。いい天気(^^)/
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アルプス平到着。いい天気(^^)/
リフトに乗らずに地蔵の頭まで歩いて来ました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフトに乗らずに地蔵の頭まで歩いて来ました
ちょうど雲がかかってますが、唐松岳から白馬方面が見えてます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょうど雲がかかってますが、唐松岳から白馬方面が見えてます
1
本日の目的地の五竜岳もお目見え
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の目的地の五竜岳もお目見え
樹林帯の中を進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯の中を進みます
15分ほどで見返り坂を通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15分ほどで見返り坂を通過
これから進む遠見尾根が見えてきました。うーむ結構傾斜がありそうじゃのぉ( ̄。 ̄;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから進む遠見尾根が見えてきました。うーむ結構傾斜がありそうじゃのぉ( ̄。 ̄;)
樹林帯ですが開放感がある道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯ですが開放感がある道
小遠見山は巻くこともできるようですが、もちろん向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小遠見山は巻くこともできるようですが、もちろん向かいます
眺望がいいですね。白馬鑓ヶ岳なんかも見えてますが…雲がどいてくれないかなぁ〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺望がいいですね。白馬鑓ヶ岳なんかも見えてますが…雲がどいてくれないかなぁ〜
1
五竜岳〜唐松岳〜天狗の頭かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜岳〜唐松岳〜天狗の頭かな?
1
こちらは鹿島槍ヶ岳でしょう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは鹿島槍ヶ岳でしょう
1
ここから登山道なんスね。ここまででも結構息も絶え絶えだったんですけど(^_^;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから登山道なんスね。ここまででも結構息も絶え絶えだったんですけど(^_^;)
道はよく整ってます。ちょっと狭いトコもありますけど
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道はよく整ってます。ちょっと狭いトコもありますけど
行く手にピークが…西遠見山ですかのぉ。見るからに急坂じゃのぉ( ゜д゜)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行く手にピークが…西遠見山ですかのぉ。見るからに急坂じゃのぉ( ゜д゜)
1
ヒーヒー言いながら西遠見に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒーヒー言いながら西遠見に到着
登っでも登ってもさらに上りが続きます…な、長いよぉ(>_<)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登っでも登ってもさらに上りが続きます…な、長いよぉ(>_<)
白岳が近くなるとようやく五竜山荘が見えましたが…ここからがさらにナガカッタorz
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白岳が近くなるとようやく五竜山荘が見えましたが…ここからがさらにナガカッタorz
そして鎖場…さほどの難所ではないハズですが、上りの連続ノックに打ちのめされたへたれハイカーにはシンドイ(T_T)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして鎖場…さほどの難所ではないハズですが、上りの連続ノックに打ちのめされたへたれハイカーにはシンドイ(T_T)
まだ着かない白岳のピーク…ココロが折れます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ着かない白岳のピーク…ココロが折れます
オロ? 山荘が見えた。しかし今度はアソコまで下るのね(||゜Д゜)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オロ? 山荘が見えた。しかし今度はアソコまで下るのね(||゜Д゜)
テン場も見えてきました。ヤバッ、もう結構スペースが埋まってる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場も見えてきました。ヤバッ、もう結構スペースが埋まってる
なんとか山荘に到着してテントを設営…混雑のため狭いです( ´△`)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか山荘に到着してテントを設営…混雑のため狭いです( ´△`)
1
上りの連続ノックにヘトヘトになったので、この日はもう終わりにしようかと迷いましたが…やはり五竜には登頂しておきたい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上りの連続ノックにヘトヘトになったので、この日はもう終わりにしようかと迷いましたが…やはり五竜には登頂しておきたい
しかしたちまち後悔…こんなほっそいトラバースがあるは、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかしたちまち後悔…こんなほっそいトラバースがあるは、
壁を登るような鎖場があるは、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
壁を登るような鎖場があるは、
さらには岩をよじ登ったりと、ヘロヘロの身にはコタエマス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらには岩をよじ登ったりと、ヘロヘロの身にはコタエマス
どうにかピークに到着…と思いきや鹿島槍ヶ岳方面との分岐ポイントでした。ピークはまだ先orz
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうにかピークに到着…と思いきや鹿島槍ヶ岳方面との分岐ポイントでした。ピークはまだ先orz
それでもなんとか五竜岳山頂に立ちました! よかったぁ〜これで今日はもう登らないで済む(^^;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それでもなんとか五竜岳山頂に立ちました! よかったぁ〜これで今日はもう登らないで済む(^^;)
2
山荘に戻りますが…え? こんなスゴイとこ登ってきたの?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘に戻りますが…え? こんなスゴイとこ登ってきたの?
1
戻る途中で雲が切れて唐松岳がよく見えるようになりました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻る途中で雲が切れて唐松岳がよく見えるようになりました
唐松頂上荘のアップ。あっちもテントいっぱいね( ゜д゜)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松頂上荘のアップ。あっちもテントいっぱいね( ゜д゜)
1
五竜山荘に戻ってきました。テン場はさらに密度が濃くなってます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜山荘に戻ってきました。テン場はさらに密度が濃くなってます
1
ビール(800円)で乾杯! アタシよく頑張りましたぁ〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビール(800円)で乾杯! アタシよく頑張りましたぁ〜
1
雑な山飯。チーカマと焼酎お湯割りうんまい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雑な山飯。チーカマと焼酎お湯割りうんまい
2
翌朝。モルゲン五竜岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝。モルゲン五竜岳
3
唐松岳に向けて出発
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳に向けて出発
1
唐松岳までの道のり。ううむ。今日はアップダウンのようじゃのぉ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳までの道のり。ううむ。今日はアップダウンのようじゃのぉ
鞍部まで下ってきて五竜岳を振り返ります。どっしりとした山容ですなぁ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部まで下ってきて五竜岳を振り返ります。どっしりとした山容ですなぁ
樹林帯に登って行きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯に登って行きます
ウオッ∑(゜Д゜) 立山連峰のみなさんですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウオッ∑(゜Д゜) 立山連峰のみなさんですね
1
樹林帯を抜けてまた上りです。この日は稜線上は風が強くてなかなかシンドイ感じ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けてまた上りです。この日は稜線上は風が強くてなかなかシンドイ感じ
始まりました岩場が(´・ω・`)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
始まりました岩場が(´・ω・`)
あのピークのあたりが牛首なのかのぉ。まだ先は長いのぉ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あのピークのあたりが牛首なのかのぉ。まだ先は長いのぉ
牛首の鎖場を振り返って撮影。難度はさほど高くないようなことを聞いてましたが…へたれハイカーにはやはりドキドキものです(||゜Д゜)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛首の鎖場を振り返って撮影。難度はさほど高くないようなことを聞いてましたが…へたれハイカーにはやはりドキドキものです(||゜Д゜)
1
最後の鎖場。このトラバースを越えると
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の鎖場。このトラバースを越えると
唐松頂上荘に到着。無事でヨカッタ〜(*^_^*)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松頂上荘に到着。無事でヨカッタ〜(*^_^*)
荷物をデポして唐松岳頂上に。ガスって何も見えませんでした。残念(T_T)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荷物をデポして唐松岳頂上に。ガスって何も見えませんでした。残念(T_T)
さて下山しましよう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて下山しましよう
八方尾根…よく整備されてます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方尾根…よく整備されてます
稜線の東側は晴れてました。もっと雲が切れていると眺めもいいんですけどね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の東側は晴れてました。もっと雲が切れていると眺めもいいんですけどね
1
ヨレヨレと丸山を通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨレヨレと丸山を通過
ヨレヨレと扇雪渓を通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨレヨレと扇雪渓を通過
八方池が見えてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池が見えてきました
八方池到着。おぉ、これは絶景
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池到着。おぉ、これは絶景
3
後立山の面々を眺めます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後立山の面々を眺めます
今年行く計画があった不帰嶮。天狗の大くだりの絶壁っぷりには口あんぐり…テン泊装備ではアタシには無理ですな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年行く計画があった不帰嶮。天狗の大くだりの絶壁っぷりには口あんぐり…テン泊装備ではアタシには無理ですな
八方池からは一気に下ります。木道を進み
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池からは一気に下ります。木道を進み
八方池山荘が見えてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池山荘が見えてきました
ヘロヘロですがなんとかゴール! 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘロヘロですがなんとかゴール! 
1
リフト&ゴンドラで白馬八方まで下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフト&ゴンドラで白馬八方まで下ります
1

感想/記録

今夏、不帰嶮に行こうという計画がもろもろの状況により断念となったのですが、燃え上がってしまった「後立山に行く!」というマインドはいっこう冷えることがなく…ついにソロで北アルプスに、しかもテン泊で行ってしまいました。

選んだのは五竜岳→唐松岳というコース。こちらは後立山連峰の中でも難度が高くないコースみたいなことをチラホラ聞いてはいましたが、それでも牛首のあたりなど峻険な感じのトコもあるようですし…へたれハイカーがソロで、テン泊装備でとなると心配ではありましたが、それでも出かけた次第。

往路は毎日あるぺん号。出発の3日前に申し込んだときには残席1でした(^^;)
土曜朝5時前には白馬五竜に到着。エスカルプラザはオープンしてませんので、建物の前のベンチでボーゼンと待機します。しばらくすると駐車場にクルマを駐めてたハイカーさんたちがポツポツと集まり出しました。みなさんトイレを探して建物に入ろうとするんですが、むろんトビラは開かずに当惑してます。エスカルプラザの営業時間とか調べずにくるんでしょうかねぇ(^^;) 

ともあれエスカルプラザがオープンしたのは7時前。ゴンドラは7時半が始発のハズでしたが、それより前に動き出しました。そのゴンドラに乗ってアルプス平に。
ゴンドラから降りると眼前には後立山連峰が連なってまして…その姿に感動してFBに写真をアップするなどモタモタしましたので、スタートは8時前になってしまいました。

五竜岳までは遠見尾根を進みます。基本とってもよく整備された道で歩きやすいのですが、ひたすらの上りです。急坂ってほどではないですが、とにかく長い。登っても登っても先に尾根が伸びてます(^^;)
西遠見を過ぎると、こんどは傾斜もキツくなりまして…テン泊装備ってのもあるのですが“体力なし”のへたれハイカーは息も絶え絶えです。
五竜山荘が見えてからの白岳の登りはさらにキツく、鎖場なんかもあってまぁシンドイシンドイ。這々の体で五竜山荘に到着しました。

五竜山荘ではテン場は早くも混雑してましたが、なんとかすき間を見つけてテントを設営。
当初の予定では1日目に五竜をクリアすることにしてましたが、かなりヘトヘトでしたので、テントを張ったらもうビール飲んで休みたくなりました(^_^;)
しかし、せっかくここまで来たのだから…と気力を絞って五竜山頂に向かいます。
山荘近くの道はさほどではなかったのですが、すぐに傾斜がキツクなり、さらには岩場になりました。トラバースだの鎖場などが次々と現れて「やっぱり休んでおけばよかった」と後悔しきりorz それでもなんとか五竜岳山頂に到達したのでした。

翌日は6時とややゆっくりスタートで唐松岳に向かいます。
稜線上の道はこれまたよく整備されて歩きやすかったのですが、風が強くで閉口しました。
多少のアップダウンがあるものの順調に進むこと1時間半ほどで、いよいよ牛首に近づいたもようで岩場となりました。
次々現れる鎖場をへっぴり腰で進みますが、事前の調べのとおり足場や手の置き場がしっかりあって、テン泊装備のへたれハイカーでもなんとかクリアできました。ちょうど周囲がガスってしまった高度感が薄れたのもよかったのかも(^_^;)

山荘に荷物をデポって唐松岳山頂まで行きましたが、ガスっていて眺望ゼロ。残念です。

下山は八方尾根を使います。
こちらもよく整備されて歩きやすい道です。傾斜もきつくない感じですから、下りが苦手はへたれハイカーでもガシガシと進めました。
ときおり休憩を挟みつつ1時間半ほどで八方池まで下ってきました。下っている最中もちらちらと白馬方面の峰々は見えていたのですが、ここからはより見晴らしがいいです。
そして不帰嶮もよく見えます…オレ、よくあんなトコ行こうとしていたなーと思うほどのギザギザです。とくに天狗の大下りの絶壁っぷりにはもう…口あんぐりですよ( ゜д゜)

そんなこんなで、その後は八方池山荘まで下り、リフト&ゴンドラで下山した次第。
始めてのソロでの北アルプス。しかもテン泊でしたがなんとかクリアできました。
まぁやはり入門コースだったってことでしょうね。とかいってかなりヘロヘロにはなりましたけどね(^_^;)

遅筆につき詳細レポートはいずれブログにて
http://awaya-daizen.cocolog-nifty.com/zatsubun/

訪問者数:236人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/5/30
投稿数: 123
2017/9/13 12:58
 お疲れ様でした!
今年は不帰予定していましたからね〜 自分も残念です。 ま それは来年行きましょう!
ともあれ天候に恵まれて良かったですね! テン泊で雨じゃないのは初ですよね(笑)
自分は遠見尾根は2回下ってますが、絶対登りたくないと思っている尾根です。それをテン泊仕様で登るとは・・・ さすがです! 
年内にまたご一緒したいですね〜
登録日: 2014/1/8
投稿数: 14
2017/9/14 17:48
 Re: お疲れ様でした!
ありがとうございます。
遠見尾根の上りは長くて長くてシンドカッタですが、広河原から北岳の方よりはまだちょっと楽だったかもしれません。
不帰は…天狗の大下りが遠目にも凄そうで…もっと修行しなくちゃって感じですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ