また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1274802 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

白峰三山 白根三山 広河原から奈良田 日帰り

日程 2017年09月30日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
奈良田第一駐車場利用 一番のバスで広河原へ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間17分
休憩
1時間10分
合計
10時間27分
S広河原インフォメーションセンター06:2606:30広河原山荘06:3507:55大樺沢二俣08:45八本歯のコル08:5509:25吊尾根分岐09:37北岳09:4009:50吊尾根分岐09:5510:10北岳山荘10:1510:37中白根山11:12間ノ岳11:55農鳥小屋12:0512:50西農鳥岳13:20農鳥岳13:4013:55大門沢分岐14:0015:18大門沢小屋15:2516:53ゴール地点(開運隧道ゲート前)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
北岳トラバースルートは閉鎖のままです
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

奈良田以外からの皆さんはすで到着、大混雑の広河原インフォメーションセンターです。
2017年09月30日 06:25撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奈良田以外からの皆さんはすで到着、大混雑の広河原インフォメーションセンターです。
広河原から登るのは久しぶりです。
2017年09月30日 06:26撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河原から登るのは久しぶりです。
二俣下からの大樺沢です。 雪渓のあるところが二俣です。
2017年09月30日 07:34撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二俣下からの大樺沢です。 雪渓のあるところが二俣です。
2
二俣からです。
2017年09月30日 07:39撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二俣からです。
二俣の雪渓です。
2017年09月30日 07:55撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二俣の雪渓です。
パッドレス ハ本歯の梯子が始まる辺りからです。
2017年09月30日 08:30撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パッドレス ハ本歯の梯子が始まる辺りからです。
2
水たまりには氷がありました。
2017年09月30日 08:42撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水たまりには氷がありました。
1
霜柱もありました。
2017年09月30日 08:43撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霜柱もありました。
八本歯したの梯子からの吊り尾根です。
2017年09月30日 08:43撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八本歯したの梯子からの吊り尾根です。
八本歯のコル
2017年09月30日 08:48撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八本歯のコル
1
八本歯からの北岳山荘と間ノ岳です。少し遅かったですが、黄色の中に鮮やかな赤の紅葉が見えました。
2017年09月30日 08:48撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八本歯からの北岳山荘と間ノ岳です。少し遅かったですが、黄色の中に鮮やかな赤の紅葉が見えました。
1
鳳凰三山です。
2017年09月30日 09:36撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰三山です。
吊り尾根です。ボーコンの頭(?)が見えます。
2017年09月30日 09:36撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り尾根です。ボーコンの頭(?)が見えます。
北岳山頂です。相変わらず2800mを越えるとペースはがた落ち、やっと着いたといったところでした。
2017年09月30日 09:38撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳山頂です。相変わらず2800mを越えるとペースはがた落ち、やっと着いたといったところでした。
3
甲斐駒ケ岳です
2017年09月30日 09:37撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ケ岳です
仙丈ケ岳です。
2017年09月30日 09:37撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳です。
間ノ岳への蛇行する登山道がはっきりわかります。登山者の多さがわかります。
2017年09月30日 09:37撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳への蛇行する登山道がはっきりわかります。登山者の多さがわかります。
北岳山荘からの北岳です。水をいただきました。
2017年09月30日 10:13撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳山荘からの北岳です。水をいただきました。
中白根からの北岳です。
2017年09月30日 10:38撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中白根からの北岳です。
1
間ノ岳です。こんなに遠かったっけ・・・?
2017年09月30日 10:38撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳です。こんなに遠かったっけ・・・?
間ノ岳からの北岳です。
2017年09月30日 11:20撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳からの北岳です。
1
塩見岳です。
2017年09月30日 11:20撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳です。
ガスはなく、風も大したことなく、いつも間ノ岳は視界が悪いのですが、今日は文句なしの眺望でした。
2017年09月30日 11:20撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスはなく、風も大したことなく、いつも間ノ岳は視界が悪いのですが、今日は文句なしの眺望でした。
2
農鳥岳、農取小屋です。
2017年09月30日 11:30撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
農鳥岳、農取小屋です。
1
西農鳥岳から農取小屋を振り返ります。今度来るのは来年です。小屋は10月10日で閉めるそうです。その後、1週間は滞在するそうですが、宿泊は遠慮してほしいそうです。
2017年09月30日 12:50撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西農鳥岳から農取小屋を振り返ります。今度来るのは来年です。小屋は10月10日で閉めるそうです。その後、1週間は滞在するそうですが、宿泊は遠慮してほしいそうです。
1
農鳥岳西斜面です。このモレーンはぴか一です。
2017年09月30日 12:51撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
農鳥岳西斜面です。このモレーンはぴか一です。
2
一度冬の景色も見たいものです。
2017年09月30日 13:11撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一度冬の景色も見たいものです。
1
農鳥岳山頂からの間ノ岳と北岳です。
2017年09月30日 13:24撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
農鳥岳山頂からの間ノ岳と北岳です。
農鳥岳山頂からの間ノ岳と北岳です。
2017年09月30日 13:33撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
農鳥岳山頂からの間ノ岳と北岳です。
4
この辺りは南嶺の雰囲気が漂い始めます。
2017年09月30日 13:49撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは南嶺の雰囲気が漂い始めます。
今年も笹山へは行かずじまいになりそうです。
2017年09月30日 13:50撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年も笹山へは行かずじまいになりそうです。
下降点です。今日も青い空に恵まれました。
2017年09月30日 13:55撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下降点です。今日も青い空に恵まれました。
最初の急こう配が終わったところの広場からです。この後は葉が落ち寂しくなるのでしょう。
2017年09月30日 14:13撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の急こう配が終わったところの広場からです。この後は葉が落ち寂しくなるのでしょう。
1
確かにこのだいぶ上から電波良好です。寝ている嫁さんにちょっと山に出かけてくるとだけ言ってあるので、この時間で標高2000mは非常にまずい状況でしたが・・・、ドコモ様に感謝いたします。
2017年09月30日 14:53撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
確かにこのだいぶ上から電波良好です。寝ている嫁さんにちょっと山に出かけてくるとだけ言ってあるので、この時間で標高2000mは非常にまずい状況でしたが・・・、ドコモ様に感謝いたします。
言わずと知れた橋です。皆さんのレコに紹介されていますので、このコースの橋の写真はこれ以上ありません。サービス過剰な登山道に慣れた方が多いのでしょうか。不満が多いようですが、当方は気になりません。
2017年09月30日 15:04撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
言わずと知れた橋です。皆さんのレコに紹介されていますので、このコースの橋の写真はこれ以上ありません。サービス過剰な登山道に慣れた方が多いのでしょうか。不満が多いようですが、当方は気になりません。
300円コーラをのみました。この直前の30分くらいはコーラで頭がいっぱいでした。
2017年09月30日 15:21撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
300円コーラをのみました。この直前の30分くらいはコーラで頭がいっぱいでした。
今日は終始富士山が見えていました。
2017年09月30日 15:21撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は終始富士山が見えていました。
後で名前を調べようと撮りましたが、そのままです。
2017年09月30日 15:31撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後で名前を調べようと撮りましたが、そのままです。
1
今年作り替えたんですよね。
2017年09月30日 16:37撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年作り替えたんですよね。
1
開運隧道ゲートです。やはり、反時計回りの方がバスの時間を気にしないで済みますし、体力的なきつさも少なくていいですね。
2017年09月30日 16:54撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開運隧道ゲートです。やはり、反時計回りの方がバスの時間を気にしないで済みますし、体力的なきつさも少なくていいですね。

感想/記録

 今年は9月が忙しく、やっと出かけることができたのすが、2日は無理ですので農取小屋泊計画は霧散に終わりました。夜中に大門沢を登ろうと気合は入れていたのですが、奈良田に着き、その深い山を見て「今日はやめとこう」と奈良田行きのバスを待つことにしました。久しぶりの反時計回りの白根三山縦走になりました。

 大樺沢の前半では行列が発生、視界が開け紅葉が見えてくるころには落ち着いてきました。当初は帰宅時間を早めるために北岳はパスするつもりでしたが、トラバース道が通行止めのため、吊り尾根分岐まで上がった成り行き上北岳にも足を延ばしました。

 中白根あたりから風が気になり始めましたが、気になる程度。ガスが全くない稜線歩き、あまりないことだと記憶しています。本当は泊まりたかった農取小屋は10月10日が小屋閉めと聞き愕然、子供のころに見た懐かしい感じがよくて足を運ぶのですが、来年までお預けになってしまいました。

 西農鳥と農鳥付近ではいつものことですが風が強まりました。西側のモレーンの美しさは文句なしですが、風が吹き抜けるこの周辺の雰囲気があまり好きではなく、山頂で休憩後は小走りに下降点へ向かいました。

 下降点以降は、まだかなり上にいるこの状況を嫁さんに何と説明すればいいのか、大門沢小屋にはコーラがあるだろうか、そんなことを考えていたらあっという間に下ってしまいました。とは言っても、このコースが好きですので飽きることもありません。もう少し整備が進めば人も入るのかなとも思いますが、北岳方面のように過度に整備されているのもどんなものでしょうか。

 普段体を動かさないので、山に出かけることが運動となっているが現状で、ハ本歯の急登から足が止まり始め、以降ずっとバテバテの状態でした。結局前夜は寝ておらず、その前の日も4時間ほどの睡眠だったことも影響があったのかもしれません。この度も体重を減らさねばと思いましたが、思っただけになるでしょう。いつも荷物の三分の二は結局使わないので、思い切って減らしてみようかとも思案するのですが、万が一のことを考えるとそうはできません。
訪問者数:309人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ