また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1372682 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

赤岳 横岳 硫黄岳縦走 地蔵が雪崩れるも通らずに済む

日程 2018年02月03日(土) [日帰り]
メンバー
天候昼まで晴れ。その後ガスで見えなくなる。風は場所により15m前後。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
赤岳山荘までの道はかなり雪でわだちが大きく普通の車では走行不可。前の車は登れずUターンしてた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間7分
休憩
1時間18分
合計
9時間25分
S赤岳山荘06:2706:33美濃戸山荘06:3407:43中ノ行者小屋跡08:33行者小屋08:3509:03阿弥陀岳分岐09:59文三郎尾根分岐10:0010:26竜頭峰10:2710:35赤岳10:3710:40赤岳頂上山荘10:4110:58赤岳天望荘11:2211:28地蔵の頭11:35二十三夜峰11:53日ノ岳12:0512:12鉾岳12:1412:20石尊峰12:2112:31横岳(三叉峰)12:3212:49横岳(無名峰)12:55横岳(奥ノ院)12:5613:10台座ノ頭13:22硫黄岳山荘13:47硫黄岳14:06赤岩の頭14:0714:30ジョウゴ沢14:3114:35赤岳鉱泉15:0115:25堰堤広場15:48美濃戸山荘15:4915:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
横岳トラバースルートはトレースなくラッセル。
地蔵尾根が朝8:30頃雪崩発生。登山者一人まきこまれるも被害なし。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

本日は赤岳から硫黄岳まで歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日は赤岳から硫黄岳まで歩きます。
1
hayanari号で赤岳山荘まで車で入れて楽ちん。
2018年02月03日 06:07撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
hayanari号で赤岳山荘まで車で入れて楽ちん。
2
スタート後1時間30分ぐらい。南沢ルートの開けたところ。結構雪が深い。
2018年02月03日 08:03撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタート後1時間30分ぐらい。南沢ルートの開けたところ。結構雪が深い。
行者小屋で休憩中地蔵尾根を降りてきた人から雪崩発生の報。被害がなくてよかった。
2018年02月03日 08:30撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋で休憩中地蔵尾根を降りてきた人から雪崩発生の報。被害がなくてよかった。
1
この報によりみんな文三郎へ。
2018年02月03日 09:16撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この報によりみんな文三郎へ。
1
文三郎の急登。地蔵尾根よりは角度は緩い。
2018年02月03日 09:29撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎の急登。地蔵尾根よりは角度は緩い。
1
出だしから曇り、雪だったがこのころから晴れてきて中岳、阿弥陀岳が姿を現す。※これ以降WBがなぜか変わりすべて蛍光灯のWBで撮影し続けたため色合いがおかしくなる。
2018年02月03日 09:36撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出だしから曇り、雪だったがこのころから晴れてきて中岳、阿弥陀岳が姿を現す。※これ以降WBがなぜか変わりすべて蛍光灯のWBで撮影し続けたため色合いがおかしくなる。
4
階段はほぼほぼ雪で隠れている。
2018年02月03日 09:40撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段はほぼほぼ雪で隠れている。
風速15mぐらいの強風が吹きつける。
2018年02月03日 09:49撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風速15mぐらいの強風が吹きつける。
1
中岳、阿弥陀岳。このアングル、いつ見てもかっこいい。
2018年02月03日 09:49撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳、阿弥陀岳。このアングル、いつ見てもかっこいい。
5
角度が変わってきた。
2018年02月03日 10:00撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
角度が変わってきた。
2
中央アルプスがよく見える。
2018年02月03日 10:00撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプスがよく見える。
赤岳に向けてどんどん登る。
2018年02月03日 10:00撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳に向けてどんどん登る。
1
横岳、硫黄岳への稜線美。
2018年02月03日 10:00撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳、硫黄岳への稜線美。
1
横岳up。いくつものピークを越えていく。
2018年02月03日 10:00撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳up。いくつものピークを越えていく。
2
硫黄岳、非常になだらかな稜線。でも登りは決して楽ではないです。
2018年02月03日 10:00撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳、非常になだらかな稜線。でも登りは決して楽ではないです。
1
先週登った天狗岳。
2018年02月03日 10:00撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週登った天狗岳。
滑落事故が少なくない文三郎尾根の滑り台。
2018年02月03日 10:01撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑落事故が少なくない文三郎尾根の滑り台。
2
権現岳へと続くキレット。ギボシ、旭岳も。八ヶ岳では一番好きなアングル。いつか、冬季キレット超えをやってみたい。
2018年02月03日 10:13撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現岳へと続くキレット。ギボシ、旭岳も。八ヶ岳では一番好きなアングル。いつか、冬季キレット超えをやってみたい。
2
北アルプス。真ん中は常念岳かな。
2018年02月03日 10:14撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス。真ん中は常念岳かな。
文三郎尾根、最後の難所の岩場。
2018年02月03日 10:19撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎尾根、最後の難所の岩場。
厳冬期赤岳2899壇伉此最高だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
厳冬期赤岳2899壇伉此最高だ。
10
かぜが結構つよく退避場所もないのでさっさと地蔵方面へ。
2018年02月03日 10:42撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かぜが結構つよく退避場所もないのでさっさと地蔵方面へ。
2
そこそこ急なので慎重に。
2018年02月03日 10:48撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこそこ急なので慎重に。
天望荘に到着。地蔵尾根がつぶれたので客が一人もいない。
2018年02月03日 10:55撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天望荘に到着。地蔵尾根がつぶれたので客が一人もいない。
2
天望荘でホットミルクを頂く。500円。うますぎた。
2018年02月03日 11:08撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天望荘でホットミルクを頂く。500円。うますぎた。
2
ここから地蔵尾根には降りずに横岳方面へ。
2018年02月03日 11:29撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから地蔵尾根には降りずに横岳方面へ。
2
二十三夜峰を通過。
2018年02月03日 11:33撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二十三夜峰を通過。
正面は日ノ岳。
2018年02月03日 11:35撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面は日ノ岳。
振り返るとバーンと赤岳、中岳、阿弥陀岳。うーん、最高だわ、この景色。
2018年02月03日 11:37撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返るとバーンと赤岳、中岳、阿弥陀岳。うーん、最高だわ、この景色。
2
赤岳ピークへの登りやくだり。この写真見るとよくできるものだと思う。
2018年02月03日 11:37撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳ピークへの登りやくだり。この写真見るとよくできるものだと思う。
2
独立してそびえる中岳と阿弥陀岳。けっして北アルプスには負けない八ヶ岳の良さがある。
2018年02月03日 11:37撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独立してそびえる中岳と阿弥陀岳。けっして北アルプスには負けない八ヶ岳の良さがある。
2
ここが日ノ岳トラーバス。ノートレースで弱層あり。右に滑落は結構致命的。
2018年02月03日 11:42撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが日ノ岳トラーバス。ノートレースで弱層あり。右に滑落は結構致命的。
3
新雪が深い。
2018年02月03日 11:47撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新雪が深い。
2
慎重に進む。
2018年02月03日 11:52撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慎重に進む。
2
もうちょっと。
2018年02月03日 11:52撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうちょっと。
1
トラバースを超えると鉾岳岩場をトラバ。岩が多くアイゼンをひっかけないように。
2018年02月03日 12:12撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースを超えると鉾岳岩場をトラバ。岩が多くアイゼンをひっかけないように。
1
少し安定の登山道。
2018年02月03日 12:15撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し安定の登山道。
横岳からの赤岳、阿弥陀岳の圧巻の迫力。
2018年02月03日 12:24撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳からの赤岳、阿弥陀岳の圧巻の迫力。
1
奥の院が見えてきた。
2018年02月03日 12:25撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の院が見えてきた。
富士山がうっすらと。
2018年02月03日 12:25撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山がうっすらと。
1
杣添尾根全景。雪がすごく深そう。トレース一切なし。
2018年02月03日 12:27撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杣添尾根全景。雪がすごく深そう。トレース一切なし。
梯子を上る。
2018年02月03日 12:29撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梯子を上る。
浅間山がきれい。
2018年02月03日 12:36撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山がきれい。
赤岳から横岳とずーっと歩いてきた。
2018年02月03日 12:47撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳から横岳とずーっと歩いてきた。
1
横岳、赤岳、かっこよすぎる。槍ヶ岳とかとは違う迫力を感じる。
2018年02月03日 12:47撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳、赤岳、かっこよすぎる。槍ヶ岳とかとは違う迫力を感じる。
5
横岳登頂!わーい。
2018年02月03日 12:57撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳登頂!わーい。
6
最後のピーク。硫黄岳へ。
2018年02月03日 12:58撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後のピーク。硫黄岳へ。
1
よく歩いてきたなー。
2018年02月03日 12:58撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく歩いてきたなー。
梯子はまだ続く。
2018年02月03日 13:01撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梯子はまだ続く。
2
写真中央のトラバースはかなりの急斜面。
2018年02月03日 13:01撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真中央のトラバースはかなりの急斜面。
これがそのトラバース。
2018年02月03日 13:03撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これがそのトラバース。
4
硫黄岳への稜線が風の通り道で常に強風。写真中央が鞍部でそこから登り。
2018年02月03日 13:13撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳への稜線が風の通り道で常に強風。写真中央が鞍部でそこから登り。
1
とってもなだらかに見えるがこの縦走のあとは非常に疲れる長いのぼり。三人にはついていけずとにかく足をゆっくりと前へ。
2018年02月03日 13:29撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とってもなだらかに見えるがこの縦走のあとは非常に疲れる長いのぼり。三人にはついていけずとにかく足をゆっくりと前へ。
じみにちょーつらい。
2018年02月03日 13:30撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
じみにちょーつらい。
硫黄岳だぜ!ガスで爆裂見えず。
2018年02月03日 13:50撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳だぜ!ガスで爆裂見えず。
3
ここが赤岩の頭。雪崩ポイント。結合が非常に強く今日は雪崩の心配なし。
2018年02月03日 13:59撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが赤岩の頭。雪崩ポイント。結合が非常に強く今日は雪崩の心配なし。
トレースがあって落ちるように下る。
2018年02月03日 14:03撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースがあって落ちるように下る。
曇ってしまった。さようなら、八ヶ岳。また来るよ♪
2018年02月03日 14:03撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曇ってしまった。さようなら、八ヶ岳。また来るよ♪
赤岳鉱泉へワープ。今日はアイスキャンディフェスでお祭り状態。
2018年02月03日 14:43撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉へワープ。今日はアイスキャンディフェスでお祭り状態。
1
15時30分には下山となりみんな大満足。
2018年02月03日 15:27撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15時30分には下山となりみんな大満足。
2
八ヶ岳は楽しい。
2018年02月03日 15:48撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳は楽しい。
もみの湯で汗を流して、
2018年02月03日 16:39撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もみの湯で汗を流して、
1
中村農園で高級親子丼が今日の〆。
2018年02月03日 19:25撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中村農園で高級親子丼が今日の〆。
5

感想/記録
by Murphy

もともとは天望荘に泊まって冬季阿弥陀岳に登るつもりだったけど日曜日の天気が悪く、赤岳、硫黄岳の周回ルートを歩くことに。このルートは昨冬にも回ったが今回は初めての厳冬期周回。しかも、南岸後ということで二人スノーシュー、二人わかんの装備で臨んだ。結局、いずれも使わずに済んだ。
ただ、この日は、地蔵尾根で朝8時30分ごろに雪崩が発生した。そのため、地蔵尾根コースは実質的に登る人はいなくなり、文三郎に集中。また、アイスキャンディフェスもやっていたことから赤岳登頂者は非常に少なく、日帰り周回パーティはさらに少なく、地蔵からの登りもいなかったため、赤岳山頂から地蔵方面への下りや横岳トラバース地点はノートレースであった。
hayanariさんいわく、トラバース地点では弱層を確認できたが、あの地点まで来るともはや撤退はなく四人で慎重にルーファイしながら核心トラバース4箇所ぐらいを通過した。なお、硫黄岳からの下降点、赤岩の頭下は雪の結合はガチガチで雪崩の心配はなかった。
Murphyはこの周回は三回目となり冬は二回目。同じ冬でも山の症状がまったく異なり、八ヶ岳は最高!次回は硫黄岳からの右回りや冬季阿弥陀岳にチャレンジしたいなぁ。
今回の雪崩は登山者が巻き込まれたが幸いにもけがはなかった。おそらくこの方とは行者小屋で会って話をしたはずで本当によかった。この方のレコはこちら。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1372446.html
訪問者数:1283人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ