また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1420824 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

硫黄岳〜横岳〜赤岳・・春霞み無〜し♪

日程 2018年04月05日(木) [日帰り]
メンバー
 sht
天候晴れ
スタート時2℃〜硫黄岳0℃〜赤岳2℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美濃戸の赤岳山荘駐車場を利用(1日千円)

美濃戸口〜美濃戸は、3ヶ所ほどハラをコスりそうな段差あり(雪や凍結はありませんでした)

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間25分
休憩
2時間7分
合計
10時間32分
S赤岳山荘04:3804:44美濃戸山荘05:32堰堤広場06:23赤岳鉱泉06:3506:39大同心沢(大同心ルンゼ)分岐06:4006:44ジョウゴ沢07:57赤岩の頭08:0308:25硫黄岳08:3008:52硫黄岳山荘09:0209:25台座ノ頭09:36横岳(奥ノ院)10:0210:08横岳(無名峰)10:1010:17横岳(三叉峰)10:1910:28石尊峰10:3310:36鉾岳10:4110:45日ノ岳10:4911:00二十三夜峰11:0111:10地蔵の頭11:1311:19赤岳天望荘11:3012:00赤岳頂上山荘12:03赤岳12:2012:23竜頭峰12:2412:25赤岳12:2812:37文三郎尾根分岐13:02阿弥陀岳分岐13:07行者小屋13:1714:09中ノ行者小屋跡14:1115:06美濃戸山荘15:0715:10赤岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登りは北沢からアプローチ・・凍結部が多くてチェーンアイゼンを使いました

赤岳鉱泉〜主稜線〜行者小屋は、日当たりが良い部分での踏み抜きはありましたが、概ね雪は締まっていて比較的歩き易いコンディションでした(赤岩の頭直下〜行者小屋まで12本爪を使用)

最初の難所と予想された横岳奥の院のすぐ手前のナイフリッジトラバース部で、鎖が雪に埋まっていていきなりギョギョ;・・ピッケルで鎖を掘り出せましたが、凍結等で掘り出せないとかなりイヤな感じのトラバースになったと思われます(写真37)

その他の難所(鉾岳のトラバースや日の岳東面の下り等)は、雪質良くてトレースもあり、余り危険は感じませんでした(写真に本日の状況を載せました)

下山の南沢は、上部では股踏み抜き頻発し、下部では凍結などで歩きにくかった印象・・ある意味本日最大の難所だったかも

ポストは赤岳山荘の前にありました
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

美濃戸山荘前の分岐・・登りは北沢からで南沢から下りてきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸山荘前の分岐・・登りは北沢からで南沢から下りてきます
1
凍結した“氷河”になっていてチェーンアイゼンを使用
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍結した“氷河”になっていてチェーンアイゼンを使用
1
赤岳鉱泉に到着・・横岳岩稜縦走が本日のメインです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉に到着・・横岳岩稜縦走が本日のメインです
1
雪はよく締まっています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪はよく締まっています
1
森林限界付近から踏み抜きに苦労しましたが、赤岩の頭の稜線に出ました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林限界付近から踏み抜きに苦労しましたが、赤岩の頭の稜線に出ました
2
峰の松目の両側に〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰の松目の両側に〜
2
穂高〜槍・・春なのに霞み無くクリアな遠望!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高〜槍・・春なのに霞み無くクリアな遠望!
9
槍〜常念〜横通〜大天井
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍〜常念〜横通〜大天井
7
爺ヶ岳〜鹿島槍〜五竜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爺ヶ岳〜鹿島槍〜五竜
10
蓼科山とその左に白馬三山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山とその左に白馬三山
3
その右に中央アルプス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その右に中央アルプス
4
阿弥陀岳と南アルプス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳と南アルプス
7
その奥に高妻山〜焼山〜火打山〜妙高山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その奥に高妻山〜焼山〜火打山〜妙高山
4
稲子岳と浅間連峰
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲子岳と浅間連峰
3
白峰三山と先週登った小蓮華山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白峰三山と先週登った小蓮華山
3
南アの甲斐駒〜仙丈
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アの甲斐駒〜仙丈
3
横岳へと進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳へと進みます
2
このアングルだと横岳のハチャメチャさがよく判ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このアングルだと横岳のハチャメチャさがよく判ります
6
硫黄岳山荘と台座の頭
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳山荘と台座の頭
1
阿弥陀岳を挟んで小同心〜大同心
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳を挟んで小同心〜大同心
3
横岳最高峰の奥の院へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳最高峰の奥の院へ
5
富士山が見えてきたものの雲がかかります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山が見えてきたものの雲がかかります
6
奥の院直下・・ナイフリッジを巻く鎖が雪に埋もれているよう;
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の院直下・・ナイフリッジを巻く鎖が雪に埋もれているよう;
2
何とか鎖を掘り出して通過後に振り返ります・・掘り出せなかったらイヤらしいトラバースになっていたでしょう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか鎖を掘り出して通過後に振り返ります・・掘り出せなかったらイヤらしいトラバースになっていたでしょう
2
雪質は良くてそれ程危険はなく〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪質は良くてそれ程危険はなく〜
1
奥の院に登頂・・積雪期は初
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の院に登頂・・積雪期は初
6
三叉峰の先に富士山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三叉峰の先に富士山
5
この後通過する横岳の岩峰群
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後通過する横岳の岩峰群
1
権現岳の奥に間ノ岳と北岳が重なります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現岳の奥に間ノ岳と北岳が重なります
5
硫黄岳から進んできた稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳から進んできた稜線
1
杣添尾根が伸びる三叉峰へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杣添尾根が伸びる三叉峰へ
1
三叉峰ピークから奥の院を振り返ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三叉峰ピークから奥の院を振り返ります
1
ここは石尊峰のピーク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは石尊峰のピーク
1
この鉾岳は西側(写真右)から巻きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この鉾岳は西側(写真右)から巻きます
1
コンディションによっては難所化しますが、本日は雪質良くてトレースもあり問題なし
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コンディションによっては難所化しますが、本日は雪質良くてトレースもあり問題なし
2
但し、万一落ちたらタダでは済みません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
但し、万一落ちたらタダでは済みません
1
登り返しも鎖が無いとアイスクライミング
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り返しも鎖が無いとアイスクライミング
1
巻いて通過した鉾岳を振り返ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻いて通過した鉾岳を振り返ります
1
赤岳が近づいてきたのを感じます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳が近づいてきたのを感じます
1
日の岳東面の下り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の岳東面の下り
1
高度感はありますが本日は特に危険は感じず
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度感はありますが本日は特に危険は感じず
1
日の岳を振り返ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の岳を振り返ります
1
こんなトラバースも下を覗き込むと〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなトラバースも下を覗き込むと〜
1
コンディションによってはかなりプレッシャー・・本日はラッキーでしたが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コンディションによってはかなりプレッシャー・・本日はラッキーでしたが
1
通過してきた岩峰を振り返ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通過してきた岩峰を振り返ります
1
赤岳天望荘で一服して最後のピーク赤岳へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳天望荘で一服して最後のピーク赤岳へ
1
急登ですが危険個所はありません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登ですが危険個所はありません
1
権現岳が近くて立派
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現岳が近くて立派
2
文三郎道から下山します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎道から下山します
2
凍結していて鎖が無いとかなりの難所でしょう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍結していて鎖が無いとかなりの難所でしょう
1
年末に登った阿弥陀北稜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
年末に登った阿弥陀北稜
1
行者小屋へ下る稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋へ下る稜線
1
赤岳西壁のバリ道もいずれチャレンジしたい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳西壁のバリ道もいずれチャレンジしたい
1
行者小屋に下りてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋に下りてきました
1
南沢から赤岳の見納め
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南沢から赤岳の見納め
1
南沢の踏み抜き地獄や〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南沢の踏み抜き地獄や〜
1
凍結には少々苦労
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍結には少々苦労
1
赤岳山荘の駐車場に帰着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山荘の駐車場に帰着
1

感想/記録
by sht

今年の春は好天続きのため高山の雪解けが早そうで、「雪のあるうちに」ということで、南八ヶ岳の岩稜縦走をしてきました。

雪の少なさが心配されましたが、実際は登山道の雪はまだまだあって、残雪の雪山を楽しめました。

鎖や梯子で守られた一般登山道ではありますが、それ程の危険もなくアルパインチックな雰囲気を味わえ、八ヶ岳は本当にいい山岳エリアだと思います。

何より予報通りのブルースカイとなり、4月のこの時期には珍しくクリアな山岳展望を楽しめて満足の南八ヶ岳山行でした。
訪問者数:1424人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ