また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1595825 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲信越

烏帽子岳【日本二百名山】〜七倉山荘〜

情報量の目安: S
-拍手
日程 2018年09月23日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴のち曇り
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
七倉山荘に広い駐車場(無料24時間)があります。三連休の中日のため満車に近い状態でした。高瀬ダムまではタクシーで15分弱です。片道2000円程度。9月は朝6時〜夕方18時まで。(17時30分までには高瀬ダムに着いている必要があると思います。)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間30分
休憩
1時間38分
合計
10時間8分
S高瀬ダム濁沢登山口06:3406:55ブナ立尾根取付06:5607:36権太落し07:3909:14三角点09:1910:56烏帽子小屋11:0211:22前烏帽子岳11:3111:38烏帽子岳山頂分岐11:5012:03烏帽子岳12:3212:49烏帽子岳山頂分岐13:00前烏帽子岳13:0513:39烏帽子小屋13:4414:29三角点14:3615:29権太落し15:3616:03ブナ立尾根取付16:1116:22高瀬ダム 天場16:2316:36高瀬ダム濁沢登山口16:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
帰りのログが乱れています。
コース状況/
危険箇所等
七倉山荘前に登山ポストがあります。すぐ奥にきれいなトイレがあります。ブナ立尾根取りつきにはポストはありません。
●高瀬ダム〜ブナ立尾根取り付き
ダム堰堤からトンネル(照明あり)を抜けて、不動沢の吊橋を渡ります。すぐに濁沢キャンプ場があり砂地を進むと濁沢の丸太橋があります。渡ると尾根の取り付きです。
●12番 ブナ立尾根取り付き(1330m)〜 4番 三角点(2208m)
11番までは急な斜面が続きますが最初は仮設階段の連続、その後ジグザグ登りますので比較的負荷は少ないです。10番までも急ですがよく整備されているので危険な場所は特にありません。9番までは少し傾斜が緩くなります。8番までは急坂が続きます。7番までは比較的緩やかで標高差も小さいですが、6番までは急で標高差も大きいです。5番までは緩やかで三角点のあるこぶが近くなってきます。4番の三角点までは急坂です。
●4番 三角点(2208m) 〜 0番 烏帽子小屋(2550m)
4番から3番までは比較的ゆるやかで途中にタヌキ岩があります。3番は崩壊地わきで休憩には適しません。紅葉がきれいで展望もあります。ここから稜線までは急坂が続きます。紅葉の樹林を登っていきます。1番は休憩適地で三ツ岳の展望があります。稜線に出て少し下ると小屋が見えてきます。
●烏帽子小屋〜烏帽子岳山頂(2628m)
少し樹林帯を歩くと展望の良い稜線に出ます。ニセ烏帽子があり烏帽子岳は見えません。ニセ烏帽子(2605m)まで登ると初めて烏帽子岳が見えます。ここから50m程下って、烏帽子分岐を左手に進みます。分岐は結構手前にあるので見落とさないように注意が必要です。山頂へは北側から登ります。鎖場が1箇所あり、その後の岩壁のトラバースを慎重に進むと山頂です。
その他周辺情報七倉山荘 日帰り温泉650円 この日は18時まで。改装されたのかきれいです。
烏帽子小屋 飲料補給可能 ペットボトル500円、トイレあり。
過去天気図(気象庁) 2018年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 着替え ザック ザックカバー 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

七倉山荘前のゲートの様子。写真の右手に登山ポストとトイレがあります。午前4時に歩いて出発する予定でしたが、最近、山に行けておらず足ができていないので往復タクシーを利用することにします。実際、この日は歩いて行かなくて正解でした。
2018年09月23日 05:42撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七倉山荘前のゲートの様子。写真の右手に登山ポストとトイレがあります。午前4時に歩いて出発する予定でしたが、最近、山に行けておらず足ができていないので往復タクシーを利用することにします。実際、この日は歩いて行かなくて正解でした。
タクシーは3台停まっていたのですが、最初のタクシーは山荘泊の予約の方と思われる登山者でいっぱいとなってしまったので、戻ってきた2発目に乗車することになりました。高瀬ダムには6時半に到着です。
2018年09月23日 06:28撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タクシーは3台停まっていたのですが、最初のタクシーは山荘泊の予約の方と思われる登山者でいっぱいとなってしまったので、戻ってきた2発目に乗車することになりました。高瀬ダムには6時半に到着です。
堰堤上は風が吹いていて寒いですが、トンネルを抜けると風はなくなりました。
2018年09月23日 06:30撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤上は風が吹いていて寒いですが、トンネルを抜けると風はなくなりました。
トンネルを抜けて不動沢を吊橋で渡ります。
2018年09月23日 06:35撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネルを抜けて不動沢を吊橋で渡ります。
濁沢キャンプ場を通過して砂の堤防?を超えます。
2018年09月23日 06:40撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
濁沢キャンプ場を通過して砂の堤防?を超えます。
濁沢を上流へ進むと正面に立派な滝が見えます。
2018年09月23日 06:42撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
濁沢を上流へ進むと正面に立派な滝が見えます。
丸太橋で濁沢を渡ります。日差しが暑いです。
2018年09月23日 06:47撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸太橋で濁沢を渡ります。日差しが暑いです。
12番、ブナ立尾根の取り付きに到着しました。高瀬ダムからは20分程です。七倉山荘から歩いてくると2時間程でしょうか。
2018年09月23日 06:49撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12番、ブナ立尾根の取り付きに到着しました。高瀬ダムからは20分程です。七倉山荘から歩いてくると2時間程でしょうか。
最初は急な斜面を仮設の階段で登っていきます。
2018年09月23日 06:52撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は急な斜面を仮設の階段で登っていきます。
11番(1455m付近)すでに暑く上着を調整します。
2018年09月23日 07:01撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11番(1455m付近)すでに暑く上着を調整します。
10番(1580m付近)。急坂続きで先が思いやられます。
2018年09月23日 07:22撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10番(1580m付近)。急坂続きで先が思いやられます。
9番(1665m付近)この区間は比較的ゆるやかでした。少し安心です。
2018年09月23日 07:36撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9番(1665m付近)この区間は比較的ゆるやかでした。少し安心です。
次の区間は急坂をジグザグ登ります。
2018年09月23日 07:42撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の区間は急坂をジグザグ登ります。
8番(1740m付近)早くもザックを下して少し休憩です。体力不足を露呈。3分の1を約1時間なので10時過ぎには稜線に出れるはずですが。
2018年09月23日 07:46撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8番(1740m付近)早くもザックを下して少し休憩です。体力不足を露呈。3分の1を約1時間なので10時過ぎには稜線に出れるはずですが。
7番(1810m付近)ゆるやかで助かりますが標高差は70mなのでこの区間は早く感じます。
2018年09月23日 07:58撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7番(1810m付近)ゆるやかで助かりますが標高差は70mなのでこの区間は早く感じます。
次の区間は急登続きでペースダウン。
2018年09月23日 08:16撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の区間は急登続きでペースダウン。
6番(1960m付近)中間点に到着ですが、この区間は標高差150mで30分近くかかってしまいました。小休憩です。去年までとは体が別人のようです。
2018年09月23日 08:25撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6番(1960m付近)中間点に到着ですが、この区間は標高差150mで30分近くかかってしまいました。小休憩です。去年までとは体が別人のようです。
少し先に進むと初めての展望地があります。唐沢岳、奥に餓鬼岳。
2018年09月23日 08:36撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し先に進むと初めての展望地があります。唐沢岳、奥に餓鬼岳。
木の根が多い登山道です。下りは要注意です。
2018年09月23日 08:43撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の根が多い登山道です。下りは要注意です。
5番(2090m付近)この区間は比較的ゆるやかですが再び小休憩。
2018年09月23日 08:47撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5番(2090m付近)この区間は比較的ゆるやかですが再び小休憩。
三角点までは急坂が続きますが、よく整備されています。
2018年09月23日 08:55撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点までは急坂が続きますが、よく整備されています。
4番三角点(2208m)三角点と標識は少し離れた場所にあります。この少し先で再び小休憩。この3分の1に1時間半近くかかってしまいました。11時目標に切り替えます。
2018年09月23日 09:11撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4番三角点(2208m)三角点と標識は少し離れた場所にあります。この少し先で再び小休憩。この3分の1に1時間半近くかかってしまいました。11時目標に切り替えます。
3番までは比較的ゆるやかで色づいた木々も出てきてゆっくり進みます。実際は疲労でゆっくりしか進めない。
2018年09月23日 09:22撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3番までは比較的ゆるやかで色づいた木々も出てきてゆっくり進みます。実際は疲労でゆっくりしか進めない。
タヌキ岩付近の梯子。
2018年09月23日 09:30撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タヌキ岩付近の梯子。
不動岳の展望。
2018年09月23日 09:34撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動岳の展望。
崩壊地の脇を進みます。全体的に色づいてきています。
2018年09月23日 09:40撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩壊地の脇を進みます。全体的に色づいてきています。
崩壊地脇の登山道。紅葉がきれいです。
2018年09月23日 09:42撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩壊地脇の登山道。紅葉がきれいです。
不動岳。激しく崩壊しています。
2018年09月23日 09:43撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動岳。激しく崩壊しています。
3番(2315m付近)崩壊地脇にあります。休憩場所はありません。少し先で行動食休憩。
2018年09月23日 09:47撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3番(2315m付近)崩壊地脇にあります。休憩場所はありません。少し先で行動食休憩。
三ツ岳の紅葉。
2018年09月23日 10:08撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ岳の紅葉。
紅葉がきれいです。ゆっくりしか進めないのでちょうど良い。
2018年09月23日 10:10撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉がきれいです。ゆっくりしか進めないのでちょうど良い。
2番(2400m付近)あと標高差150mで稜線ですが、ここからかなりのスローペースとなります。
2018年09月23日 10:15撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2番(2400m付近)あと標高差150mで稜線ですが、ここからかなりのスローペースとなります。
1番(2480m付近)椅子になる岩があってちょうど良い休憩地です。
2018年09月23日 10:35撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1番(2480m付近)椅子になる岩があってちょうど良い休憩地です。
三ツ岳の紅葉も眺められます。
2018年09月23日 10:35撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ岳の紅葉も眺められます。
青空と紅葉。
2018年09月23日 10:51撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空と紅葉。
ようやく稜線に到着です。
2018年09月23日 10:53撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく稜線に到着です。
少し下ると小屋の屋根が見えてきました。
2018年09月23日 10:56撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下ると小屋の屋根が見えてきました。
烏帽子小屋に到着です。なんとか11時に到着できました。飲み物などが購入できることを確認して、山頂に出発します。
2018年09月23日 10:59撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子小屋に到着です。なんとか11時に到着できました。飲み物などが購入できることを確認して、山頂に出発します。
小屋の前は絵のような風景が広がっています。正面は赤牛岳。三百名山の日帰り最難関の山。
2018年09月23日 10:59撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の前は絵のような風景が広がっています。正面は赤牛岳。三百名山の日帰り最難関の山。
1
分岐を左手に進みます。
2018年09月23日 11:01撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐を左手に進みます。
少し進むと紅葉がきれいな場所がありました。
2018年09月23日 11:03撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し進むと紅葉がきれいな場所がありました。
ニセ烏帽子が見えてきました。
2018年09月23日 11:06撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニセ烏帽子が見えてきました。
赤牛岳と奥に薬師岳。
2018年09月23日 11:19撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤牛岳と奥に薬師岳。
ニセ烏帽子山頂からようやく目的地が見えました。
2018年09月23日 11:22撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニセ烏帽子山頂からようやく目的地が見えました。
鞍部まで下ってくるとより高さが際立ちます。
2018年09月23日 11:30撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部まで下ってくるとより高さが際立ちます。
4
烏帽子分岐。山頂まで480m。
2018年09月23日 11:34撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子分岐。山頂まで480m。
烏帽子のように尖っています。いっきに山頂へ行きたいところですが、足に力が入らないので行動食休憩とします。その少し先でザックをデポして軽身で山頂へ向かいます。
2018年09月23日 11:35撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子のように尖っています。いっきに山頂へ行きたいところですが、足に力が入らないので行動食休憩とします。その少し先でザックをデポして軽身で山頂へ向かいます。
ハイマツ帯の階段。
2018年09月23日 11:56撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツ帯の階段。
岩壁が近づいてきました。
2018年09月23日 12:03撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩壁が近づいてきました。
鎖場を登ると岩壁のトラバースがあります。
2018年09月23日 12:08撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場を登ると岩壁のトラバースがあります。
12時を過ぎてしまいましたが、何とか山頂に着きました。
2018年09月23日 12:12撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12時を過ぎてしまいましたが、何とか山頂に着きました。
立山方面の展望。五色が原や越中沢岳。
2018年09月23日 12:14撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山方面の展望。五色が原や越中沢岳。
南沢岳、針ノ木岳方向の展望。
2018年09月23日 12:23撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南沢岳、針ノ木岳方向の展望。
もう一つの岩の上から山頂部。意外に休憩する場所はあります。あまりゆっくりできないので下山開始。
2018年09月23日 12:27撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一つの岩の上から山頂部。意外に休憩する場所はあります。あまりゆっくりできないので下山開始。
1
岩場を慎重に下ります。
2018年09月23日 12:31撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場を慎重に下ります。
意外に難所の鎖場。
2018年09月23日 12:33撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
意外に難所の鎖場。
花崗岩が点在する箱庭のような風景。燕岳を思い出します。
2018年09月23日 12:37撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花崗岩が点在する箱庭のような風景。燕岳を思い出します。
1
秋の空に烏帽子。
2018年09月23日 12:46撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋の空に烏帽子。
2
分岐にはこれから向かう登山者が。
2018年09月23日 12:48撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐にはこれから向かう登山者が。
ニセ烏帽子に登り返して、烏帽子小屋を眺めます。小屋周辺の紅葉がきれいです。奥は燕岳から大天井岳の稜線です。あちらは大勢の登山者でにぎわっていることでしょう。
2018年09月23日 13:03撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニセ烏帽子に登り返して、烏帽子小屋を眺めます。小屋周辺の紅葉がきれいです。奥は燕岳から大天井岳の稜線です。あちらは大勢の登山者でにぎわっていることでしょう。
2
小屋に戻ってきました。飲み物を購入して下りに備えます。
2018年09月23日 13:16撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋に戻ってきました。飲み物を購入して下りに備えます。
3時間で取り付きまで下りたいところです。いつものペースなら600mを1時間なので2時間程ですが。
2018年09月23日 13:37撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3時間で取り付きまで下りたいところです。いつものペースなら600mを1時間なので2時間程ですが。
曇ってきて日差しがないので助かります。来年登りたい唐沢岳、餓鬼岳が見えます。
2018年09月23日 13:42撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曇ってきて日差しがないので助かります。来年登りたい唐沢岳、餓鬼岳が見えます。
紅葉を楽しみながら下ります。
2018年09月23日 13:56撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉を楽しみながら下ります。
1
色とりどり。
2018年09月23日 14:10撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色とりどり。
1
タヌキ岩(2255m付近)。
2018年09月23日 14:20撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タヌキ岩(2255m付近)。
最初の休憩は三角点。
2018年09月23日 14:26撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の休憩は三角点。
次は、7番で休憩します。いつもなら、軽い頭痛や肩の痛みがありますが今日はありません。が、足は死んでいます。
2018年09月23日 15:10撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は、7番で休憩します。いつもなら、軽い頭痛や肩の痛みがありますが今日はありません。が、足は死んでいます。
次は、10番で最後の急斜面に備えて休憩します。
2018年09月23日 15:39撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は、10番で最後の急斜面に備えて休憩します。
仮設の階段を下ります。
2018年09月23日 16:06撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仮設の階段を下ります。
烏帽子小屋から2時間半で怪我なく無事に下山できました。
2018年09月23日 16:10撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子小屋から2時間半で怪我なく無事に下山できました。
濁沢の丸太橋。
2018年09月23日 16:12撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
濁沢の丸太橋。
砂浜にいるような植物。
2018年09月23日 16:17撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂浜にいるような植物。
高瀬湖の大きさが分かります。
2018年09月23日 16:20撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高瀬湖の大きさが分かります。
揺れる吊橋を渡ります。
2018年09月23日 16:25撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
揺れる吊橋を渡ります。
1
トンネルは照明があります。
2018年09月23日 16:27撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネルは照明があります。
高瀬ダムに到着しました。今日は迷わずタクシーで帰ります。
2018年09月23日 16:34撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高瀬ダムに到着しました。今日は迷わずタクシーで帰ります。
撮影機材:

感想/記録
by Sutoku

今年はなかなか山に行けない状態が続き、このまま秋のアルプスが終わってしまいそうだったのですが、なんとか休みができたので未踏の二百名山の烏帽子岳に登ることにしました。8月にアサヨ峰に行って以来、特にトレーニングをするわけでもなく体力的に行けるかが問題でしたが、やはり本調子からは程遠い状況でした。紅葉は稜線では見頃で来週あたりがピークではと思います。継続して山にいけると良いのですが、足がもとに戻らないうちに次の登山に行きたいと思います。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:410人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ