また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1670232 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

槍ヶ岳

日程 2017年10月02日(月) 〜 2017年10月04日(水)
メンバー
天候ほぼ雨
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間0分
休憩
1時間20分
合計
10時間20分
S河童橋05:4006:25明神館06:3007:15徳澤園07:3008:25横尾 (横尾山荘)08:4509:35一ノ俣10:15槍沢ロッジ10:3511:15ババ平12:25天狗原12:4013:35氷河公園13:4016:00南岳
2日目
山行
7時間55分
休憩
1時間15分
合計
9時間10分
南岳07:1008:00大喰岳08:0508:35槍ヶ岳山荘09:0509:20槍ヶ岳09:2509:40槍ヶ岳山荘09:5009:50坊主岩屋下09:5513:15赤沢岩小屋(ババ平)13:45槍沢ロッヂ13:5513:55一ノ俣15:20横尾 (横尾山荘)15:3016:20徳澤天場
3日目
山行
5時間34分
休憩
1時間14分
合計
6時間48分
徳澤天場05:4506:25明神館06:3007:10河童橋07:2507:30上高地BT07:5008:50新島々09:2009:50松本駅09:5412:33新宿駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雨の性も有り南岳へのコースが歩きずらかったです。
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 一般的なテント泊装備品 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ ライター ポール テント テントマット シェラフ

写真

今年の5月はこの橋を渡っていきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年の5月はこの橋を渡っていきました。
降ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降ってきました。
この池に映る槍ヶ岳が見たくて来たのですが・・・😢
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この池に映る槍ヶ岳が見たくて来たのですが・・・😢
結構急な所もあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構急な所もあります。
槍の肩到着です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍の肩到着です。
槍ヶ岳の山頂は7〜8回目、誰もいないのは初めてでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳の山頂は7〜8回目、誰もいないのは初めてでした。
中国人の方に撮っていただきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中国人の方に撮っていただきました。
やっと雨が止んで来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと雨が止んで来ました。
晴れていればさぞかしきれいだったと思います
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れていればさぞかしきれいだったと思います
雨の性で滝の水が多いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨の性で滝の水が多いです。
色付きはもう一つかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色付きはもう一つかな?
一ノ俣の橋の上から
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ俣の橋の上から
横尾まで帰ってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾まで帰ってきました
色のコントラストが良かったです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色のコントラストが良かったです
今回の山行きでも視界が良い方です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の山行きでも視界が良い方です

感想/記録

横尾に着いた時は、降らなければ良いな〜で休憩していたら、ポツリ・ポツリと
雨は以降結局26時間降り続けました。

天狗池に映る逆さ槍ヶ岳と紅葉が見たくてテント泊で出かけましたが期待外れ、雨風にやられ稜線に出たとたん寒さで不安になるほどでした。南岳小屋に着きテント泊を申し込みに小屋に入ったとたんストーブの暖かさに負け外に出ることが出来ません。敢え無く小屋の素泊まりに変更してしまいました。
結果的には良かったのかな?です。翌朝も雨風が止まず、テントであれば寒い思いをし、翌日の出発も1時間以上遅れていたと思います。

南小屋の当日の宿泊者は10〜12人位、当日同じコースを登ってきました女性以外は外国の方ばかりでした。

翌日、槍ヶ岳へと向かい途中で休憩していると、韓国の方々でお揃いの”北ALPS登攀隊” のウェアーを着た方にドライフルーツの差し入れを頂きました。遠慮して少しつまむと、ジェスチャーでもっと取れもっと取れとにこやかで凄くフレンドリー、その方たちと槍ヶ岳山頂から少し下った所で遭遇、私が指であと少しのサインを送ると同じくサインを笑顔で返してくれました。

槍沢を下って行くと、槍沢ロッジ辺りからほぼ歩くペースが同じ方が少し先を歩いて、その方と徳澤の少し手前から会話しはじめ、同じく徳澤でテント泊との事なので徳澤では隣どうしにテント張り夕食を一緒に摂りながら暗くなるまで会話を楽しませて頂きました。

韓国の方、シャッターを押して頂いた中国の方、徳澤で楽しい会話をしてくれました高身長でダンロップのテントの方、ありがとうございました。
訪問者数:14人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ