また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1723651 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

厳冬期 八ヶ岳 赤岳 横岳 硫黄岳 日帰り

日程 2019年02月06日(水) [日帰り]
メンバー
天候曇り後晴れ 強風〜暴風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
八ヶ岳山荘前の駐車場を使用させてもらいました。
朝早いと八ヶ岳山荘で駐車料金を払えないため、帰る際に支払いさせてもらいました。
ちなみに駐車場は1日500円利用でコーヒー1杯券付きです、お得です。
今回僕は林道歩いて行きましたが、車の性能や装備に左右されますが、赤岳山荘まで車で行くことも出来ます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間17分
休憩
1時間34分
合計
10時間51分
S美濃戸口06:0406:07八ヶ岳山荘06:46やまのこ村06:4706:51美濃戸山荘06:5207:40中ノ行者小屋跡08:24行者小屋08:3808:45阿弥陀岳分岐08:4609:44文三郎尾根分岐10:03竜頭峰10:14赤岳10:2310:29赤岳頂上山荘10:51赤岳天望荘10:5311:05地蔵の頭11:14二十三夜峰11:1611:31日ノ岳11:3711:40鉾岳11:4511:51石尊峰11:5212:02三叉峰(横岳)12:0312:15横岳12:24奥ノ院(横岳)12:3212:45台座ノ頭12:4613:10硫黄岳山荘13:1213:41硫黄岳13:4314:04赤岩の頭14:0714:42ジョウゴ沢14:4314:45大同心沢(大同心ルンゼ)分岐14:58赤岳鉱泉15:3115:56堰堤広場16:17美濃戸山荘16:1816:22やまのこ村16:55美濃戸口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
八ヶ岳山荘から美濃戸山荘までひたすら林道歩きです、かなり凍っているのでチェーンスパイク使用すると快適に歩けます。
南沢から行者小屋までも当日は踏み跡もバッチリあり、沢も凍りついてアイスリンクのような所も多々ありましたが、ここもチェーンスパイクで快適に進めました。
行者小屋でアイゼンへ換装し文三郎尾根で赤岳山頂へ向かいました、ここもルートは明瞭で赤岳直下の鎖場も基本的には夏道を進めました。
ただ、階段、梯子が多いのでピッケル、アイゼンの引っ掻けは要注意です。
赤岳から地蔵尾根分岐までは風に気を付けながら、夏道に雪が乗っているだけなので問題はなく進めると思います。
地蔵尾根から横岳までですが当日はこの辺りから風が強風になり、稜線も狭いところも増えてきますので滑落や転倒要注意でした。またここも梯子が何ヵ所も出てくるのでアイゼン等の引っ掻けも…
横岳から硫黄岳にかけては稜線がどんどんと広くなるので歩きやすいですが、積雪でルートが見えない所も有りました。
当日の天気次第で全く危険度は変わりますが、この日は横岳〜硫黄岳で暴風となり行動できなくなる時間帯も有りました。
硫黄岳へ向かう広い稜線は視界が効けば何の問題も有りませんが、強風以上なら転倒や吹き飛ばされないよう歩く、防風体制で暫く停滞する、Gpsを使用するなど状況適応が必要になりそうです。
硫黄岳からオーレン小屋、赤岳鉱泉への分岐までは広い稜線上を歩くだけですし迷うところも無いので大丈夫かと思います。
分岐から赤岳鉱泉へのルートはトレース次第ですが入り口が見つけ辛いです、樹林帯へ入ってしまえば風もなくなりますし、後はひたすら下るだけです。
シリセードの跡もたくさんありますが木々が結構有りますので危ないので、登山道歩きが良いと思います😄
その他周辺情報登山後は茅野市厚生福祉施設 尖石温泉縄文の湯で入浴しました、茅野市在住なら400円だそうです、その他は600円です。タオルは貸し出しはなく200円で販売、バスタオルは800円なので、マイタオル忘れないようにしたいです。
駐車場を使用させていただいた、八ヶ岳山荘さんでも入浴は500円で出来るそうなので、下山後直ぐならこちらが良さそうです。

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 ザック ザックカバー アイゼン ピッケル 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 携帯 サングラス ヘルメット
備考 持っていけば良かったものはタオルと独立型のバラクラバでした、ベースレイヤー一体型のバラクラバを使用したのですが、呼気や鼻水で濡れてしまうと交換が効かないのは失敗でした😓
タオルは何かと使うので忘れたのはちょっと……

写真

沢は完全に凍結、アイスリンクに❄️
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢は完全に凍結、アイスリンクに❄️
3
活躍したチェーンスパイク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
活躍したチェーンスパイク
6
地蔵尾根から振り返る赤岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵尾根から振り返る赤岳
9
硫黄岳へのケルンが目印、強風でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳へのケルンが目印、強風でした
4
暴風ですが遠くはよく見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暴風ですが遠くはよく見えました
8
歩いてきた硫黄岳の稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた硫黄岳の稜線
3
帰りの赤岳鉱泉では青空を見ることが出来ました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの赤岳鉱泉では青空を見ることが出来ました
14
訪問者数:2969人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ