また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1835465 全員に公開 雪山ハイキング槍・穂高・乗鞍

The Touchstone 槍ヶ岳

日程 2019年05月04日(土) 〜 2019年05月06日(月)
メンバー
天候ずっと快晴
アクセス
利用交通機関
バス
往:金沢ー富山駅:高速バス/\930
  富山駅ー平湯温泉ー上高地:バス/乗り継ぎきっぷ\2,800
復:新穂高温泉ロープウェイー富山駅:バス/\2,060
  富山駅ー金沢:高速バス/\930
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち55%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間10分
休憩
2時間5分
合計
10時間15分
S小梨平(森のリゾート小梨/上高地野営場)05:1105:42明神館05:4906:32徳沢ロッヂ06:3507:28横尾 (横尾山荘)07:5609:27槍沢ロッヂ09:5210:16赤沢岩小屋(ババ平)10:59槍沢大曲り11:30休憩12:0012:19槍沢・天狗原分岐12:3313:50坊主岩屋下13:5613:57播隆窟14:0814:37殺生ヒュッテ14:3815:26槍ヶ岳山荘
2日目
山行
3時間18分
休憩
6分
合計
3時間24分
槍ヶ岳山荘10:1810:23飛騨乗越10:2811:07飛騨沢千丈乗越分岐11:0813:42槍平小屋
3日目
山行
4時間13分
休憩
35分
合計
4時間48分
宿泊地08:5409:29藤木レリーフ09:33滝谷避難小屋11:40白出沢出合12:0012:44穂高平小屋12:5913:29小鍋谷ゲート13:42新穂高温泉駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
春山行脚、そろそろ白山以外にも手(足)を出そうかと。
昨年訪れた徳本峠から蝶・常念へ歩き継ぎ、あわよくば大天井、燕とか企図して上高地へ。
ところが徳本峠、今年は残雪量が酷いとか、熊が出たとかで戒厳令下で断念。
槍行きが頭に浮上したのは晴天の梓川河畔をとぼとぼ歩いていた時のこと、
槍平行きは頂上から飛騨沢を見下ろしていた時のこと。
コース状況/
危険箇所等
槍沢は横尾山荘以降全面雪道
槍平は白出沢出会までゆるゆる残雪、
クラック、ブリッジ渡り、デブリ越え、踏み抜き箇所、多々あり、
今後雪解け進めばますます多難かと

装備

個人装備 アイゼン ピッケル Tシャツ ロングTシャツ(アンダー) ズボン 靴下 アンダーソックス グローブ ダウン ソフトシェル 雨具 ゲイター 帽子 着替え サンダル ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図 コンパス 計画書 ヘッドランプ ランタン 筆記用具 スケッチブック ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 保険証 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ 三脚 テント テントマット シェラフ iPhoneSE バッテリー 充電器

写真

出立前、
天気待ちしていた二日間ほど準備にかかりきり
2019年05月02日 16:33撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出立前、
天気待ちしていた二日間ほど準備にかかりきり
1
3日午後上高地入り、小梨平でテン泊
残雪期の上高地の夜は底冷えしててろくに眠れず
2019年05月03日 17:05撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日午後上高地入り、小梨平でテン泊
残雪期の上高地の夜は底冷えしててろくに眠れず
1
4日05:00出発
人気のない明神館
2019年05月04日 05:43撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4日05:00出発
人気のない明神館
常念岳、
清々しい朝
2019年05月04日 06:26撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念岳、
清々しい朝
この景色、日本じゃない
2019年05月04日 07:22撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この景色、日本じゃない
1
横尾山荘
山より高い鯉のぼり
この先から雪道の始まり
2019年05月04日 07:41撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾山荘
山より高い鯉のぼり
この先から雪道の始まり
1
槍沢ロッジを過ぎたところ
遠く槍が誘う
2019年05月04日 10:00撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍沢ロッジを過ぎたところ
遠く槍が誘う
大曲に向かう
2019年05月04日 10:32撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大曲に向かう
1
はてしない槍沢
2019年05月04日 11:08撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はてしない槍沢
播隆窟の辺り
やっと槍がお目見え
2019年05月04日 13:38撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
播隆窟の辺り
やっと槍がお目見え
1
ここまで来て、拝んで引き返す人も多かった。
ここまで来たのに、と思ったけど、山を慕う気持ちはより強く感じる。

2019年05月04日 14:00撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来て、拝んで引き返す人も多かった。
ここまで来たのに、と思ったけど、山を慕う気持ちはより強く感じる。

2
雪を踏む足音、あえぐ吐息、高鳴る鼓動
2019年05月04日 14:14撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪を踏む足音、あえぐ吐息、高鳴る鼓動
ラストスパート、旗竿が一直線に続く
1スパンきっちり50歩間隔、ビルの階段に換算して2階分、15本見えるからあと30階…などと意味なく見積もる
2019年05月04日 15:14撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラストスパート、旗竿が一直線に続く
1スパンきっちり50歩間隔、ビルの階段に換算して2階分、15本見えるからあと30階…などと意味なく見積もる
満身創痍でSummit !
神々しい立山
2019年05月04日 16:23撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満身創痍でSummit !
神々しい立山
2
雄々しい薬師岳
2019年05月04日 16:23撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄々しい薬師岳
1
双六から弓折岳への連なり
朦朧とした目には眩しすぎる大観!
2019年05月04日 16:23撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六から弓折岳への連なり
朦朧とした目には眩しすぎる大観!
1
凛々しい笠ヶ岳、
地平に愛しの白山
2019年05月04日 16:20撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凛々しい笠ヶ岳、
地平に愛しの白山
2
常念、蝶、東鎌尾根、眼下に殺生ヒュッテ

2019年05月04日 16:33撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念、蝶、東鎌尾根、眼下に殺生ヒュッテ

急いで幕営、風を恐れて風防を念入りに
初めてのスノーショベル遊び
2019年05月04日 18:34撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急いで幕営、風を恐れて風防を念入りに
初めてのスノーショベル遊び
宿泊者皆で一日を見送る
2019年05月04日 18:39撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宿泊者皆で一日を見送る
2
風も穏やかな夜だったけど、極度の疲労と、半端なアルコールと、適度な寒さで、またも眠れず。
2019年05月04日 18:52撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風も穏やかな夜だったけど、極度の疲労と、半端なアルコールと、適度な寒さで、またも眠れず。
1
翌朝、再び登頂
2019年05月05日 04:43撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、再び登頂
1
昨日とはまた違う荘厳さ
2019年05月05日 04:44撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日とはまた違う荘厳さ
白山が白く大きい
先日鍬崎山から見た時より大きく見える
2019年05月05日 04:41撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山が白く大きい
先日鍬崎山から見た時より大きく見える
1
富士もお目見え
2019年05月05日 04:53撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士もお目見え
Brand new day
2019年05月05日 04:50撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Brand new day
2
薬師、水晶、鷲羽、三俣蓮華、樅沢峠
2019年05月05日 04:45撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師、水晶、鷲羽、三俣蓮華、樅沢峠
西鎌尾根、双六、黒部五郎
2019年05月05日 04:46撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西鎌尾根、双六、黒部五郎
1
日の出とともに色が移ろう、朝の一大ページェント
2019年05月05日 04:46撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出とともに色が移ろう、朝の一大ページェント
1
茜射す穂高
2019年05月05日 04:55撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茜射す穂高
1
茜射す山荘
2019年05月05日 05:03撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茜射す山荘
1
いつまでも見惚れる
2019年05月05日 05:27撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつまでも見惚れる
寒風に耐えて入魂
でもまだまだまだまだ描き足りなーい
2019年05月05日 09:17撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒風に耐えて入魂
でもまだまだまだまだ描き足りなーい
3
パトロール日和
2019年05月05日 09:20撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パトロール日和
飛騨乗越からお別れ
2019年05月05日 10:28撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨乗越からお別れ
槍平へ降る
2019年05月05日 10:36撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍平へ降る
千丈沢越しに富山の群雄
2019年05月05日 10:42撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千丈沢越しに富山の群雄
近道と言われてるけどこちらも槍沢に負けず劣らず
2019年05月05日 11:14撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近道と言われてるけどこちらも槍沢に負けず劣らず
1
飛騨乗越を峠越えする鳥の一群、
雪の斜面に沿うように低空飛行を続け、時折雪原に羽を休めつつ、慎重に、あるいは懸命に峠越えを試みている。複雑な山の地形で乱れる風に捕まらないようにしているのか、それとも、鳥にも空気の薄い高山を飛び越えるのは一苦労なのか、そもそも、なぜ峰を越えようとしているのか??
2019年05月05日 11:01撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨乗越を峠越えする鳥の一群、
雪の斜面に沿うように低空飛行を続け、時折雪原に羽を休めつつ、慎重に、あるいは懸命に峠越えを試みている。複雑な山の地形で乱れる風に捕まらないようにしているのか、それとも、鳥にも空気の薄い高山を飛び越えるのは一苦労なのか、そもそも、なぜ峰を越えようとしているのか??
多謝&再見!
2019年05月05日 11:41撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多謝&再見!
1
向かう方角には西穂、乗鞍、奥丸山
2019年05月05日 11:41撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向かう方角には西穂、乗鞍、奥丸山
1
飛騨沢を歩く
穂高は今日もご機嫌
2019年05月05日 13:34撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨沢を歩く
穂高は今日もご機嫌
1
槍平小屋
10年ぶり、と、ここに来て思い出した。
2019年05月05日 13:42撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍平小屋
10年ぶり、と、ここに来て思い出した。
一度ここでゆっくり過ごしたかったのだ
2019年05月05日 15:15撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一度ここでゆっくり過ごしたかったのだ
午後の日差しと静寂につつまれてたっぷり午睡、
久々の快眠、そして夜、また眠れず…
2019年05月05日 15:00撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午後の日差しと静寂につつまれてたっぷり午睡、
久々の快眠、そして夜、また眠れず…
翌朝、テント内からsketch
雲の動きが激しく、切れ間を縫って描き続ける、
帰ることも忘れて
2019年05月06日 08:28撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、テント内からsketch
雲の動きが激しく、切れ間を縫って描き続ける、
帰ることも忘れて
2
遅い出発。
この先の道はあまり心配してなかった、
先行者の足跡を辿ればいいのだから。
2019年05月06日 09:00撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遅い出発。
この先の道はあまり心配してなかった、
先行者の足跡を辿ればいいのだから。
沢ごとにデブリを恐る恐る踏み越えたり
2019年05月06日 09:17撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢ごとにデブリを恐る恐る踏み越えたり
ゆるい雪を踏み抜かないよう
2019年05月06日 09:22撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆるい雪を踏み抜かないよう
1
緊張を強いられる道が続く
2019年05月06日 09:32撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緊張を強いられる道が続く
雪崩に耐えて持ち直すたくましさ
2019年05月06日 09:37撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪崩に耐えて持ち直すたくましさ
でもこれはちょっとあんまり
2019年05月06日 09:55撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でもこれはちょっとあんまり
1
川幅が開け始める
2019年05月06日 10:22撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川幅が開け始める
堰堤が見えて、ここで初めて地図を確かめる。
どうやら道から相当外れている
2019年05月06日 10:55撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤が見えて、ここで初めて地図を確かめる。
どうやら道から相当外れている
1
樹林帯に上がり迷走
2019年05月06日 11:05撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯に上がり迷走
1
この辺、足跡が闇雲にあって、皆迷ってる感じ
しかもこの辺りから雪が途切れ出してちょっと焦る
2019年05月06日 11:10撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺、足跡が闇雲にあって、皆迷ってる感じ
しかもこの辺りから雪が途切れ出してちょっと焦る
白出沢の一つ目の堰堤を渡る。
渡った対岸に林道の土留めの直線が見えて一安心
2019年05月06日 11:40撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白出沢の一つ目の堰堤を渡る。
渡った対岸に林道の土留めの直線が見えて一安心
無事白出沢出合にたどり着く
正規の道は二つ上の堰堤でした
2019年05月06日 11:46撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事白出沢出合にたどり着く
正規の道は二つ上の堰堤でした
旅のお荷物、もとい、相棒
2019年05月06日 11:51撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旅のお荷物、もとい、相棒
1
奥ホ直行路
かつて憧れていたこともあった道、今は微塵も‥
2019年05月06日 12:02撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥ホ直行路
かつて憧れていたこともあった道、今は微塵も‥
林道のショウジョウバカマ
2019年05月06日 12:20撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道のショウジョウバカマ
1
谷間はフキノトウ乱れ咲き
2019年05月06日 12:22撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷間はフキノトウ乱れ咲き
人里に向かうにつれ春に向かう
2019年05月06日 12:27撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人里に向かうにつれ春に向かう
1
エルタテハ
蝶を追ってしまったのは田淵行男を読んだ影響
2019年05月06日 12:41撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エルタテハ
蝶を追ってしまったのは田淵行男を読んだ影響
穂高平の牧場、牛の出迎えは無し
2019年05月06日 12:43撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高平の牧場、牛の出迎えは無し
ルリシジミ
どれだけ近寄っても逃げない
2019年05月06日 12:59撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルリシジミ
どれだけ近寄っても逃げない
わたし、きれいでしょ、って顔
2019年05月06日 13:00撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わたし、きれいでしょ、って顔
2
ニリンソウがあちこちに
2019年05月06日 13:07撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニリンソウがあちこちに
2
エゾエンゴサク
2019年05月06日 13:32撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エゾエンゴサク
1
別れ際、お山は雲隠れ
2019年05月06日 13:14撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別れ際、お山は雲隠れ
無事新穂高温泉Goal !
去年は10年前のスタートに立ち、
今日は10年前と同じゴールに立ってしまったのでした(了)
2019年05月06日 13:42撮影 by GXR , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事新穂高温泉Goal !
去年は10年前のスタートに立ち、
今日は10年前と同じゴールに立ってしまったのでした(了)
1

感想/記録

たったひとつのピークを踏むために何日も費やすのはなかな難しいけど、やってみると、的が絞られている分、余裕のある行程になって、優雅なひとときを過ごせたように思う。
頂に立ち、360°展望して改めて思ったのは、槍はどの町からも見えないけど、どの山からでも見える、ということ。
山はふもとの町から仰がれ親しまれるものだから、槍は一般的には馴染みが薄い存在かもしれない。でも、ひとたび山に足を踏み入れて、初めて目にするその際立った山容は誰の目にも焼き付けられるはず。
「一生に一度は富士山に登りたいというのが庶民の願いであるように、いやしくも登山に興味を持ち始めた人で、まず槍ヶ岳の頂上に立ってみたいと願わない者はないだろう」
―深田久弥『日本百名山』
槍ヶ岳は、山屋の試金石なんだなあ


訪問者数:130人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ