また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1902516 全員に公開 ハイキング丹沢

蛭ヶ岳 ヒルの攻撃にダメージ甚大! 

日程 2019年06月22日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候曇りのち雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央自動車道 相模湖ICから約16辧∪頂駐車スペース

※駐車スペースはゲート手前にあり、5台程度駐車できる。また、手前にもいくつか駐車スペースがある
※駐車スペースにはトイレなし

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間55分
休憩
1時間7分
合計
11時間2分
S黍殻山登山口駐車場05:5306:14八丁坂ルート入口07:47黍殻避難小屋07:4807:53青根分岐08:0308:26八丁坂ノ頭08:2708:48東海自然歩道最高地点08:52姫次08:5509:15原小屋平09:2009:33地蔵平道標09:48地蔵平10:22ポッチノ頭10:52小御岳10:5311:18蛭ヶ岳11:2411:24蛭ヶ岳山荘11:2511:28蛭ヶ岳11:3211:32蛭ヶ岳山荘11:38蛭ヶ岳11:4011:40蛭ヶ岳山荘11:42蛭ヶ岳11:5612:05小御岳12:26ポッチノ頭12:50地蔵平12:5113:04地蔵平道標13:0513:19原小屋平13:44姫次13:5413:59東海自然歩道最高地点14:20八丁坂ノ頭14:2115:42945m峰15:4316:33八丁坂ルート入口16:3816:55黍殻山登山口駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
〇危険個所は特段見受けられないが、雨の時に八丁坂ノ頭のコースを下山で使用する場合は、赤土でかなり滑るので転倒に注意が必要と感じる
〇蛭がかなり活発に活動中
過去天気図(気象庁) 2019年06月の天気図 [pdf]

写真

同僚が今年中に富士山に登りたいということで前哨戦で蛭ヶ岳へ!

雨の予報ならいつもは中止する山歩きも、今回は同僚の強い意向で決行に(汗)

まっ、安全第一で行くからね!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同僚が今年中に富士山に登りたいということで前哨戦で蛭ヶ岳へ!

雨の予報ならいつもは中止する山歩きも、今回は同僚の強い意向で決行に(汗)

まっ、安全第一で行くからね!
2
林道歩きが終わり、急登が始まる

同僚よ、この急登で挫ける様であれば富士山には軽くあしらわれるぜよ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道歩きが終わり、急登が始まる

同僚よ、この急登で挫ける様であれば富士山には軽くあしらわれるぜよ!
2
急登を乗り越え、第一関門を通過〜

よくぞ、頑張った!

丹沢主脈と合流した地点にある休憩所で小休憩しよか〜

小ぶりの雨が降ってきて、この後も雨予報なので、少し早いがレインウェアを着ておこう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を乗り越え、第一関門を通過〜

よくぞ、頑張った!

丹沢主脈と合流した地点にある休憩所で小休憩しよか〜

小ぶりの雨が降ってきて、この後も雨予報なので、少し早いがレインウェアを着ておこう
1
うし、では出発しよか〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うし、では出発しよか〜
1
姫次に到着した頃には本降りになっちゃったね(泣)

姫次で継続するかを判断することにしていたのだが、この雨でも登頂したいとの強い意志があり、体調、体力、気温、濡れなど総合的に見て問題はなかったので、行けるところまでいくことに!

同僚よ、ここからが自分との戦いになるぜよ!

覚悟せい!

それにしても、同僚にここからの富士山を見せたかったなぁ(泣)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姫次に到着した頃には本降りになっちゃったね(泣)

姫次で継続するかを判断することにしていたのだが、この雨でも登頂したいとの強い意志があり、体調、体力、気温、濡れなど総合的に見て問題はなかったので、行けるところまでいくことに!

同僚よ、ここからが自分との戦いになるぜよ!

覚悟せい!

それにしても、同僚にここからの富士山を見せたかったなぁ(泣)
3
姫次から一旦下り、上り返す頃にはさすがに疲労の色が…

急登の木段はきついが苦しい思いに惑わされるな、それは自らが生み出した幻想だ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姫次から一旦下り、上り返す頃にはさすがに疲労の色が…

急登の木段はきついが苦しい思いに惑わされるな、それは自らが生み出した幻想だ!
急登の脇に咲いている花々は、雨の中でも我々を応援してくれている♪

ん、この花は、、、カモメラン?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登の脇に咲いている花々は、雨の中でも我々を応援してくれている♪

ん、この花は、、、カモメラン?
5
困難を乗り越え、無事に登頂〜

ガスで眺望が得られないのは本当に残念だけど、下山のためにしっかり休んでいこ〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
困難を乗り越え、無事に登頂〜

ガスで眺望が得られないのは本当に残念だけど、下山のためにしっかり休んでいこ〜
9
30分程度山頂で休んでいたのだが、気温も下がり、風も出てきたので、体が冷え切らないうちに下山を開始しよ〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30分程度山頂で休んでいたのだが、気温も下がり、風も出てきたので、体が冷え切らないうちに下山を開始しよ〜
1
この木の花は可愛いな♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この木の花は可愛いな♪
6
恥ずかしがらないでお顔を見せてよ♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恥ずかしがらないでお顔を見せてよ♪
2
この山頂まで0.4夘玄院覆、続けざまに4か所ある)マジックに凹みながら通過(汗)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この山頂まで0.4夘玄院覆、続けざまに4か所ある)マジックに凹みながら通過(汗)
1
更紗満天星だ♪

ドウダンの意味を聞かれたが即答できず、後日、咲いている姿が満天の星空のように見えることから満天星と言われていることを伝える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更紗満天星だ♪

ドウダンの意味を聞かれたが即答できず、後日、咲いている姿が満天の星空のように見えることから満天星と言われていることを伝える
3
木段は雨で滑りやすくなっているので慎重にね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木段は雨で滑りやすくなっているので慎重にね
1
姫次で小休憩し、しばし歩くと八丁坂ノ頭分岐に到着〜

下山はこちらのルートで!

が、この後、あの忌まわしいヤツがいようとは…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姫次で小休憩し、しばし歩くと八丁坂ノ頭分岐に到着〜

下山はこちらのルートで!

が、この後、あの忌まわしいヤツがいようとは…
1
これがギンリ…と、なんちゃってガイド風に知ったかぶりをする(汗)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これがギンリ…と、なんちゃってガイド風に知ったかぶりをする(汗)
3
なんか顎に違和感があるなぁと思い、触ってみるとプニプニしたので強引に引っ張ってみるとヤツが!

すぐに同僚もくまなく調べ始めるといるわ、いるわ、十何匹も張り付いている(泣)

塩も携帯していたが、出すのが面倒なのでみんな必死にはがしている

ヤツの写真を撮ろうかと思ったのだが、気持ち悪くて止めた…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんか顎に違和感があるなぁと思い、触ってみるとプニプニしたので強引に引っ張ってみるとヤツが!

すぐに同僚もくまなく調べ始めるといるわ、いるわ、十何匹も張り付いている(泣)

塩も携帯していたが、出すのが面倒なのでみんな必死にはがしている

ヤツの写真を撮ろうかと思ったのだが、気持ち悪くて止めた…
7
ヤマボウシ?の下で必死にヤツをはがしている(汗)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマボウシ?の下で必死にヤツをはがしている(汗)
1
そんなこんなでどうにか林道まで戻ってくる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そんなこんなでどうにか林道まで戻ってくる
1
しばし林道を下り、無事にゲートに到着〜

この後、車に乗る前に再確認したが、またもや数匹発見…

しかも、帰宅後再確認したら、さらに3匹発見…

もういやっ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばし林道を下り、無事にゲートに到着〜

この後、車に乗る前に再確認したが、またもや数匹発見…

しかも、帰宅後再確認したら、さらに3匹発見…

もういやっ!
5

感想/記録

今週は、同僚が今年こそは富士山に行きたいとのことで、体力確認を含めて練習登山を決行する。
前日の天気予報は曇りであったが、大気が不安定であったため、当日現地で最終判断することにする。
当日、その予報は雨に変更になっていたが、雨でも決行したいとの強い要望により、決行することにする。

結果は、、、まとまった雨に降られ、眺望も得られず、加えて蛭の攻撃にもやられ、かなりのダメージを負ったが、同僚が満足してくれたので良しとしよう…

ただ、もう蛭は勘弁…


備忘メモ)
〇ここは本当に丹沢なのか! なのか!!(塩水橋から蛭ヶ岳へ) 2017/2/12
 https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1063779.html
〇丹沢だって負けてないぞっ! 紅葉煌めく蛭ヶ岳(青根登山口よりピストン) 2015/10/10
 https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-738167.html
〇【初めての冬山歩き】蛭ヶ岳(青根からピストン) 2012/1/14
 https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-162221.html
〇日帰り丹沢縦走(檜洞丸⇒蛭ヶ岳⇒丹沢山⇒塔ノ岳⇒鍋割山・+α) 2011/10/30
 https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-145586.html

訪問者数:842人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/8/15
投稿数: 1168
2019/6/26 21:18
 チャレンジャー
yamabeeさん、メンバーの皆さん、こんばんは。
はじめまして。

この時期のあの天気の中、丹沢を歩かれたとは、皆さんチャレンジャーですねー。
自分はこの時期の丹沢は敬遠しちゃいます。
登録日: 2011/9/25
投稿数: 142
2019/6/27 19:12
 参りました…
MonsieurKudoさん、こんばんわ!
コメ、ありがとうございます。

丹沢は蛭の宝庫であることは頭の片隅にありましたが、幸いにもこれまで会う機会がなかったため、正直油断していました。
あのビヨーンと伸びた姿や丸まった姿を思い出すだけで身震いしてしまいます

でも、雨露で煌めく新緑に癒されたので良しとしました

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ガス 急登 林道 紅葉 ピストン 縦走 ノ頭
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ