また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1950202 全員に公開 ハイキング 八ヶ岳・蓼科

今日も雷で退散、硫黄岳のコマクサ鑑賞だけで下山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年08月01日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れのちガス、雨、雷
アクセス
利用交通機関
車・バイク
夏沢鉱泉の下の、桜平「中」駐車場
車載のカーナビは使い物にならず、グーグルマップで調べていったけど、
唐澤鉱泉への道とは別だと思い込んで、入り口を探し回って大迷走。やっとわかってたどり着いた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間10分
休憩
14分
合計
4時間24分
Sスタート地点10:1410:21桜平10:39夏沢鉱泉10:4011:11オーレン小屋11:21赤岩の頭と峰の松目分岐11:34峰の松目コル11:46峰の松目11:4711:56峰の松目コル11:5712:20赤岩の頭12:35硫黄岳12:50硫黄岳山荘12:5713:12硫黄岳13:35ヒュッテ夏沢13:3713:44山びこ荘13:57オーレン小屋13:5814:20夏沢鉱泉14:32桜平14:3314:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
*唐澤鉱泉・夏沢鉱泉分岐からの未舗装林道は狭くてガッタガタで、車ごと滑落しそうでめちゃ怖かった。すれ違いのとき、待避所までバックするのなんて、もうヤダ~。
*車を降りてからは、歩くには安全・安心な道。走れそうなところも多い。未舗装林道のままどこまでも登って行くのかなと思うほどだったけど、気づいたら車が通るには狭いし急だし石ゴロゴロになっていた。林道の延長みたいな道がずっと上まで続いた。
*安全コースで小屋も多いし、小さな子ども連れが何組もいた。人通りも多く、これじゃ熊も出ないだろう。
*峰の松目へ回る道は、普通に山道。整備され標識も多い。
*稜線もよく整備された道。でも雷が危険。
過去天気図(気象庁) 2019年08月の天気図 [pdf]

写真

婆はバーの横を抜けて登山道へ
2019年08月01日 10:22撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
婆はバーの横を抜けて登山道へ
1
清流を見おろしながら林道を登る
2019年08月01日 10:24撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清流を見おろしながら林道を登る
1
夏沢鉱泉。一般車通行止めだけど、ここまでは車も通れる道
2019年08月01日 10:41撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏沢鉱泉。一般車通行止めだけど、ここまでは車も通れる道
1
その先も、幅広く歩きやすいなだらかな道が続いて
2019年08月01日 10:47撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先も、幅広く歩きやすいなだらかな道が続いて
1
オーレン小屋まで来た。小屋から硫黄岳へ向かう道も、よく整備され歩きやすい。
2019年08月01日 11:11撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オーレン小屋まで来た。小屋から硫黄岳へ向かう道も、よく整備され歩きやすい。
1
峰の松目へ行ってみることにした。樹林と苔の北八ツっぽい道
2019年08月01日 11:25撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰の松目へ行ってみることにした。樹林と苔の北八ツっぽい道
このあとちょっと急登があって
2019年08月01日 11:34撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあとちょっと急登があって
峰の松目到着。展望はない。三角点が草の陰にあった
2019年08月01日 11:47撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰の松目到着。展望はない。三角点が草の陰にあった
1
峰の松目コルに戻り、硫黄岳へ
2019年08月01日 11:57撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰の松目コルに戻り、硫黄岳へ
緩やかに登り
2019年08月01日 12:05撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩やかに登り
崩壊地の上からは展望も開けた
2019年08月01日 12:17撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩壊地の上からは展望も開けた
1
ハクサンシャクナゲかな、まだ花が残る
2019年08月01日 12:17撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンシャクナゲかな、まだ花が残る
ゴゼンタチバナ
2019年08月01日 12:20撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ
赤岩の頭。赤岳鉱泉からの道、オーレン小屋から直接登ってくる道が合流
2019年08月01日 12:21撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩の頭。赤岳鉱泉からの道、オーレン小屋から直接登ってくる道が合流
多分、ミヤマアキノキリンソウ
2019年08月01日 12:22撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多分、ミヤマアキノキリンソウ
硫黄岳に向かってもう一登り。さっきまで晴れていたのにガスガスに、、雷鳴も聞こえる
2019年08月01日 12:23撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳に向かってもう一登り。さっきまで晴れていたのにガスガスに、、雷鳴も聞こえる
1
イチゴの葉っぱみたいに3枚に分かれてるように見えたけど、よく見たら丸く1枚。ミヤマダイコンソウ
2019年08月01日 12:31撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イチゴの葉っぱみたいに3枚に分かれてるように見えたけど、よく見たら丸く1枚。ミヤマダイコンソウ
山頂へはあとで。まず、コマクサ鑑賞が先。ときどき雷鳴がとどろく
2019年08月01日 12:36撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂へはあとで。まず、コマクサ鑑賞が先。ときどき雷鳴がとどろく
1
ミヤマコゴメグサ
2019年08月01日 12:37撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマコゴメグサ
花が下向きぎみなので、チシマギキョウ
2019年08月01日 12:47撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花が下向きぎみなので、チシマギキョウ
今日の目的,蓮▲灰泪サ鑑賞!
2019年08月01日 12:48撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の目的,蓮▲灰泪サ鑑賞!
あと1週間早く来るべきだった
2019年08月01日 12:48撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと1週間早く来るべきだった
でも、たくさん見れた
2019年08月01日 12:49撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも、たくさん見れた
雷鳴がとどろくのでコワヒ〜。雨もポツポツ始まった。
2019年08月01日 12:51撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳴がとどろくのでコワヒ〜。雨もポツポツ始まった。
急なドシャ降りになりそうで、硫黄岳山荘に逃げ込んだ。雨は大丈夫。雷鳴は収まるのを待つときりがないので、速く逃げ帰ることにした。
2019年08月01日 12:57撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急なドシャ降りになりそうで、硫黄岳山荘に逃げ込んだ。雨は大丈夫。雷鳴は収まるのを待つときりがないので、速く逃げ帰ることにした。
1
それでもせっかくだから
2019年08月01日 12:58撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それでもせっかくだから
コマクサに未練たらたらで
2019年08月01日 12:59撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コマクサに未練たらたらで
ついでにいろいろ花を見ながら
2019年08月01日 13:01撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついでにいろいろ花を見ながら
この辺からコマクサがあったんだ。往路でここは気づかなかった。
2019年08月01日 13:03撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺からコマクサがあったんだ。往路でここは気づかなかった。
硫黄岳山頂へ。夏沢峠へ下る。
2019年08月01日 13:12撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳山頂へ。夏沢峠へ下る。
1
雨がどんどん本降りになる。雨具上下を引っ張り出して着込むのは手間、きっとすぐ止んで脱ぐことになるし。とりあえず百均ポンチョをかぶった。
2019年08月01日 13:22撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨がどんどん本降りになる。雨具上下を引っ張り出して着込むのは手間、きっとすぐ止んで脱ぐことになるし。とりあえず百均ポンチョをかぶった。
夏沢峠から、硫黄岳の爆裂火口壁。ボケボケなのはガスのせい?コンデジのせい?撮影技術のせい?
2019年08月01日 13:36撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏沢峠から、硫黄岳の爆裂火口壁。ボケボケなのはガスのせい?コンデジのせい?撮影技術のせい?
ヒュッテ夏沢と山びこ荘
雨が一時止んで、天狗へ向かいたかったけどまだ雷が聞こえる
2019年08月01日 13:37撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテ夏沢と山びこ荘
雨が一時止んで、天狗へ向かいたかったけどまだ雷が聞こえる
西天狗は雷に負け不発。オーレン小屋に戻り、
2019年08月01日 13:58撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗は雷に負け不発。オーレン小屋に戻り、
夏沢鉱泉に戻り、車に戻った。
2019年08月01日 14:21撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏沢鉱泉に戻り、車に戻った。

感想/記録

*八ヶ岳は我が家からまあ「近い」山域だけど、整備の良いコースが豊富な西側に回るのは遠い。そして、幹線道路から登山口までがわかりにくいし、未舗装で大変。赤岳に行く美濃戸も苦労した。今回もさんざん迷走して、予定より1時間近く遅い到着に。
*硫黄岳山荘周辺のコマクサ鑑賞と、山頂を踏んでなかった西天狗が今日の目的。どっちを先にしようか迷ったけど、この季節に登るのはコマクサのためなので、そっちを優先。時期が遅れて、花が傷んでいたのは残念。たくさん咲いてたからまあいいや。
*連日、雷で途中退散になってしまった。今日もまた、夏沢峠からさっさと逃げ帰った。
*西側の登山コースは何本もあるから、西天狗には別の季節に行ってみよう。縦走路は何回も通っているので、唐澤鉱泉から周回だけでもいいや。コマクサも来年以降別コースで再訪しよう。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:499人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ