また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2017952 全員に公開 ハイキング 白馬・鹿島槍・五竜

蓮華岳、針ノ木岳〜テン泊でぐるっと周回

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年09月13日(金) ~ 2019年09月14日(土)
メンバー
天候13日:曇りのち晴れ
14日:快晴のち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
無料市営駐車場。13日6時で空きは4〜5台くらい。
ちなみに有料駐車場はガラガラでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間1分
休憩
1時間41分
合計
6時間42分
S無料市営駐車場06:0006:05針ノ木岳登山口(扇沢駅)07:08大沢小屋07:1308:13休憩地08:1709:01最終水場09:1009:46針ノ木小屋10:4911:42蓮華岳12:0212:42針ノ木小屋
2日目
山行
7時間50分
休憩
1時間45分
合計
9時間35分
針ノ木小屋06:0006:42針ノ木岳06:5607:26小スバリ岳07:33スバリ岳07:4309:06赤沢岳09:2110:06鳴沢岳10:2010:50新越山荘10:5511:40岩小屋沢岳12:0013:00種池山荘13:1513:28富士見坂13:53水平岬14:19駅見岬14:32ケルン(柏原新道)14:4415:23柏原新道登山口15:35無料市営駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ガレやザレ、岩場などの急登・急下降が連続するが、登山道は明確で特に危険な場所もない。
その他周辺情報大町温泉郷 薬師の湯で汗を流す。午後5時で、浴室も休憩場も混んでなかった。
過去天気図(気象庁) 2019年09月の天気図 [pdf]

写真

駐車場奥の扇沢駅への近道に入る。
2019年09月13日 06:01撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場奥の扇沢駅への近道に入る。
扇沢駅左の針ノ木岳登山口を入る。
2019年09月13日 06:06撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇沢駅左の針ノ木岳登山口を入る。
いよいよ針ノ木登山道に入る。
2019年09月13日 06:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ針ノ木登山道に入る。
大沢小屋に到着。この時期すでに営業終了です。
2019年09月13日 07:08撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沢小屋に到着。この時期すでに営業終了です。
趣のある丸太橋で渓流を渡り右岸へ。
2019年09月13日 07:44撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
趣のある丸太橋で渓流を渡り右岸へ。
お花畑に咲くモミジカラマツ。
2019年09月13日 07:48撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花畑に咲くモミジカラマツ。
ほとんど消えかけの雪渓の左を高巻く。
2019年09月13日 08:01撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほとんど消えかけの雪渓の左を高巻く。
クサリ場が断続する岩場もある。
2019年09月13日 08:18撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クサリ場が断続する岩場もある。
ノド前後のお花畑に咲くミヤマコゴメグサ。
2019年09月13日 08:28撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノド前後のお花畑に咲くミヤマコゴメグサ。
ウサギギク。
2019年09月13日 08:33撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウサギギク。
群生するミヤマアキノキリンソウ。
2019年09月13日 08:33撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
群生するミヤマアキノキリンソウ。
ウメバチソウ。
2019年09月13日 08:49撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウメバチソウ。
最終水場で2ℓ調達。ザックを担ぎ上げた瞬間、重さによろけそうに。。。2kg増の威力か。。。
2019年09月13日 09:01撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終水場で2ℓ調達。ザックを担ぎ上げた瞬間、重さによろけそうに。。。2kg増の威力か。。。
最後はザレ場を折り返して急登。堪える!!
2019年09月13日 09:38撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後はザレ場を折り返して急登。堪える!!
針ノ木峠に到着。
2019年09月13日 09:46撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木峠に到着。
さっそく針ノ木小屋でテント泊の受付。
2019年09月13日 09:59撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっそく針ノ木小屋でテント泊の受付。
テント場一番乗りで、小石が少なくフラットな場所を選べた。
2019年09月13日 10:43撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場一番乗りで、小石が少なくフラットな場所を選べた。
設営後蓮華岳へ。取り付きは急登。
2019年09月13日 10:49撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
設営後蓮華岳へ。取り付きは急登。
ザレ場を折り返して登る。
2019年09月13日 11:12撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザレ場を折り返して登る。
蓮華岳山頂に到着。
2019年09月13日 11:42撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓮華岳山頂に到着。
常念岳、大天井岳、燕岳、穂高連峰、槍ヶ岳、野口五郎岳、水晶岳、赤牛岳、針ノ木岳、立山連峰、剱岳。
2019年09月13日 11:46撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念岳、大天井岳、燕岳、穂高連峰、槍ヶ岳、野口五郎岳、水晶岳、赤牛岳、針ノ木岳、立山連峰、剱岳。
旭岳、白馬岳、鑓ヶ岳、鹿島槍ヶ岳、五竜岳、爺ヶ岳。
2019年09月13日 11:47撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳、白馬岳、鑓ヶ岳、鹿島槍ヶ岳、五竜岳、爺ヶ岳。
朝焼けに染まる八ヶ岳と富士山。。。
2019年09月14日 05:02撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝焼けに染まる八ヶ岳と富士山。。。
そして、穂高連峰と槍ヶ岳。
2019年09月14日 05:32撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、穂高連峰と槍ヶ岳。
この日も6時に登山開始。針ノ木峠から針ノ木岳を目指す。こっちも取り付きは急登。
2019年09月14日 05:59撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日も6時に登山開始。針ノ木峠から針ノ木岳を目指す。こっちも取り付きは急登。
稜線北側斜面をトラバースし鞍部へ。
2019年09月14日 06:16撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線北側斜面をトラバースし鞍部へ。
針ノ木岳に到着。しばし360度の展望を楽しむ。
2019年09月14日 06:42撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木岳に到着。しばし360度の展望を楽しむ。
雲海に浮かぶ甲武信ヶ岳、国師岳、蓼科山、美ヶ原高原、硫黄岳、横岳、赤岳、阿弥陀岳、権現岳、編笠山、鉢伏山、富士山。
2019年09月14日 06:47撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海に浮かぶ甲武信ヶ岳、国師岳、蓼科山、美ヶ原高原、硫黄岳、横岳、赤岳、阿弥陀岳、権現岳、編笠山、鉢伏山、富士山。
立山。左上に雄山の山頂社務所、中腹には大観峰駅が見える。
2019年09月14日 06:48撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山。左上に雄山の山頂社務所、中腹には大観峰駅が見える。
旭岳、白馬岳、鑓ヶ岳、鹿島槍ヶ岳、五竜岳、爺ヶ岳。
爺ヶ岳の奥に見えるのは新潟焼山、火打山、妙高山。
2019年09月14日 06:49撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳、白馬岳、鑓ヶ岳、鹿島槍ヶ岳、五竜岳、爺ヶ岳。
爺ヶ岳の奥に見えるのは新潟焼山、火打山、妙高山。
ガレ場を折り返して急下降。
2019年09月14日 07:04撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレ場を折り返して急下降。
岩尾根に付いた狭い登山道をたどる。
2019年09月14日 07:16撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩尾根に付いた狭い登山道をたどる。
スバリ岳直下のザレ場をジグザグに急登。
2019年09月14日 07:30撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スバリ岳直下のザレ場をジグザグに急登。
スバリ岳山頂。
2019年09月14日 07:37撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スバリ岳山頂。
後立山連峰手前にこれからの縦走路が延びる。左から赤沢岳、鳴沢岳、岩小谷沢岳。
2019年09月14日 07:39撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後立山連峰手前にこれからの縦走路が延びる。左から赤沢岳、鳴沢岳、岩小谷沢岳。
赤沢岳直下の岩場の左側を急登。
2019年09月14日 08:55撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤沢岳直下の岩場の左側を急登。
赤沢岳山頂。
2019年09月14日 09:06撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤沢岳山頂。
横手山、草津白根山、四阿山、浅間山。
2019年09月14日 09:14撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横手山、草津白根山、四阿山、浅間山。
鳴沢岳へは小さなアップダウンが連続する。
2019年09月14日 09:23撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳴沢岳へは小さなアップダウンが連続する。
鳴沢岳山頂。意外と登山者が多い。
2019年09月14日 10:19撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳴沢岳山頂。意外と登山者が多い。
ハクサンフウロや。。。
2019年09月14日 10:44撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロや。。。
ミヤマキンポウゲ。。。
2019年09月14日 10:44撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキンポウゲ。。。
オヤマリンドウなどを見ながら稜線をたどる。
2019年09月14日 10:47撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オヤマリンドウなどを見ながら稜線をたどる。
新越乗越山荘に降り立つ。
2019年09月14日 10:50撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新越乗越山荘に降り立つ。
この上は新越岳。岩小屋沢岳へは左に巻いて稜線をたどる。
2019年09月14日 11:26撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この上は新越岳。岩小屋沢岳へは左に巻いて稜線をたどる。
岩小屋沢岳山頂で昼食。針ノ木小屋で買ったお弁当。おにぎりはコンビニ風だが、佃煮とたくあんが美味かった。
2019年09月14日 11:39撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩小屋沢岳山頂で昼食。針ノ木小屋で買ったお弁当。おにぎりはコンビニ風だが、佃煮とたくあんが美味かった。
東側が切れ落ちた稜線が続く。
2019年09月14日 12:10撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側が切れ落ちた稜線が続く。
やっと種池山荘が見えた。
2019年09月14日 12:33撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと種池山荘が見えた。
テント場は大賑わい。
2019年09月14日 12:59撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場は大賑わい。
種池山荘も賑わっている。
2019年09月14日 13:00撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
種池山荘も賑わっている。
山荘前の爺ヶ岳と扇沢の分岐を扇沢へ下る。
2019年09月14日 13:16撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘前の爺ヶ岳と扇沢の分岐を扇沢へ下る。
富士見坂。
2019年09月14日 13:28撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見坂。
ケルンで二息入れる。
2019年09月14日 14:32撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケルンで二息入れる。
柏原新道登山口に到着。
2019年09月14日 15:23撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柏原新道登山口に到着。

感想/記録
by ka_zu1

初日は予想外に早く、午後1時前に行動終了。午後からの晴れ間で日差しがきつく、テント内でノンビリもできず、まったくの手持ちぶさた。もっと遅い出発でも良かったかも。。。
最終水場までは夏道の高巻きや岩場の急登も快調に進む。途中のお花畑は最盛期を過ぎているもののカラマツソウやミヤマコゴメグサ、ウサギギク、ミヤマアキノキリンソウ、ウメバチソウなどが見られた。
水補給後はザックの重量増もあり、針ノ木峠直下のザレ場のジグザグの急登はかなり堪えた。
各山頂からは、アルプスらしく素晴らしい展望が広がる。特に針ノ木岳山頂は遮るものがない360度の展望を満喫できた。
また、針ノ木小屋からからの朝焼けの富士山は必見。
稜線上はガレやザレ、岩場などの急登・急下降が連続するが、登山道は明確で特に危険な場所もなく、変化に富んだ稜線歩きを堪能できる。
ただ、針ノ木小屋から柏原新道登山口まではロングコースになるので、足に自信がない場合は新越乗越山荘や種池山荘でもう1泊が必要かも。。。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:261人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ