また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 2025317 全員に公開 山滑走白馬・鹿島槍・五竜

柏原新道から、鹿島槍・五竜・八方尾根へ下山(その2)

日程 2019年09月15日(日) 〜 2019年09月16日(月)
メンバー , その他メンバー1人
天候 15日(快晴)・16日(晴)
アクセス
利用交通機関
電車タクシー
白馬八方尾根から、リフト・ロープウェイで下山。そこから、タクシーで、白馬駅まで移動。中央線特急あずさで、新宿まで。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち63%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間30分
休憩
1時間51分
合計
10時間21分
S冷池山荘06:1906:25冷池山荘テント場07:15布引山07:2508:08鹿島槍ヶ岳08:2708:55鹿島槍ヶ岳北峰08:5809:41八峰キレット09:5610:15八峰キレット小屋10:2912:40北尾根ノ頭12:4615:11五竜岳15:2116:01五竜山荘16:3516:40宿泊地
2日目
山行
3時間48分
休憩
23分
合計
4時間11分
宿泊地05:4706:31大黒岳07:51牛首07:56唐松岳頂上山荘08:1208:34丸山08:3508:42扇雪渓08:4509:23八方池09:2509:31八方ケルン09:35第2ケルン09:53八方池山荘09:5409:58ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
06:17 スタート(0.00km) 06:17 - その他(9.72km) 16:59 - ゴール(17.84km) 09:59
コース状況/
危険箇所等
キレット小屋の手前の一部分が 登山道が崩れている所が数か所 見受けられました。キレット小屋から、五竜までの区間も数か所登山道が 崩れていました。う回路もしっかり明記してあったので危険はありませんでした。
その他周辺情報登山後の温泉は、『 温泉八方の湯 』が 白馬八方ターミナル の近くにあります。但し、観光地だけあって、料金が高めです。800円です。昨年も入浴しましたが、今回は、昨年の倍以上の入浴者がおり、浴槽の湯が泥臭いにおいがしました。かけ流しではないのでは?と感じました。次回、白馬方面に行く機会があれば、違う温泉を探したいと思います。

装備

個人装備 ザック(ザックカバー) 登山用ステッキ(左右) 雨具 傘 スパッツ ティッシュペーパー 薬(バンドエイドほか) 防寒用アルミシート 緊急用ホイッス(笛) 地図 方位計(磁石) GPS腕時計 GPS‐Map(GARMAN) 筆記用具 非常食(栄養ゼリー・羊羹・高カロリー食品・アメ ほか) 弁当 飲料水
備考 9月のこの時期も日差しが強いです。日焼けよけローションと、帽子を忘れ、腕や首を日焼けし、大変でした。

写真

9/14(5:32) 冷池山荘から、立山方向へ月の入り
2019年09月15日 05:32撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9/14(5:32) 冷池山荘から、立山方向へ月の入り
  6;28 鹿島槍へ向けて山小屋を出る。正面の左は布引山、隣は鹿島槍ヶ岳南峰
2019年09月15日 06:28撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
  6;28 鹿島槍へ向けて山小屋を出る。正面の左は布引山、隣は鹿島槍ヶ岳南峰
  6;39 リンドウの花
2019年09月15日 06:39撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
  6;39 リンドウの花
  7;00 真正面の奥に、尖ってそびえたっている、槍ヶ岳
2019年09月15日 07:00撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
  7;00 真正面の奥に、尖ってそびえたっている、槍ヶ岳
  7;17 布引山(2683m) 
2019年09月15日 07:17撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
  7;17 布引山(2683m) 
     鹿島槍ヶ岳への登りの稜線。人が多く、ぞろぞろ歩いています
2019年09月15日 07:17撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
     鹿島槍ヶ岳への登りの稜線。人が多く、ぞろぞろ歩いています
  7;22 正面の真ん中、雲の中に富士山の頂上付近が見えます。その右は南アルプスで、右から 甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳・北岳・間ノ岳
2019年09月15日 07:22撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
  7;22 正面の真ん中、雲の中に富士山の頂上付近が見えます。その右は南アルプスで、右から 甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳・北岳・間ノ岳
  8;10 これから向かう五竜岳方向。八峰キレットを通って行きます
2019年09月15日 08:10撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
  8;10 これから向かう五竜岳方向。八峰キレットを通って行きます
  8;13 鹿島槍ヶ岳の山頂(2888m)
2019年09月15日 08:13撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
  8;13 鹿島槍ヶ岳の山頂(2888m)
  8;14 雲の中に、富士山が
2019年09月15日 08:14撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
  8;14 雲の中に、富士山が
  8;55 鹿島槍ヶ岳北峰(2842m)
2019年09月15日 08:55撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
  8;55 鹿島槍ヶ岳北峰(2842m)
  11;26 キレット小屋から、1時間程 経過。正面の登山道の先は、かなり落ち込んでいる
2019年09月15日 11:26撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
  11;26 キレット小屋から、1時間程 経過。正面の登山道の先は、かなり落ち込んでいる
  12;48 雲の中に、五竜岳の手前のピーク。その先に五竜岳。この地点から傾斜のきつい G5・G4 へと続く。北尾根の頭から、1.6劼150分かけて五竜岳の手前ピークまで登る。高低差で250mです。今回の登山での核心部
2019年09月15日 12:48撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
  12;48 雲の中に、五竜岳の手前のピーク。その先に五竜岳。この地点から傾斜のきつい G5・G4 へと続く。北尾根の頭から、1.6劼150分かけて五竜岳の手前ピークまで登る。高低差で250mです。今回の登山での核心部
  15;06 五竜岳の手前ピーク
2019年09月15日 15:06撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
  15;06 五竜岳の手前ピーク
  15;11 五竜岳(2814m)
2019年09月15日 15:11撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
  15;11 五竜岳(2814m)
  15;17 明日、登る、唐松岳の稜線。正面左から、唐松岳・白馬岳
2019年09月15日 15:17撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
  15;17 明日、登る、唐松岳の稜線。正面左から、唐松岳・白馬岳
  20;49 五竜山荘からの新月
2019年09月15日 20:49撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
  20;49 五竜山荘からの新月

感想/記録
by tani60

15日(日曜日)、鹿島槍、八峰キレット、五竜岳の手前、G5・G4 のクサリ場や梯子の連続箇所。今回の登山での核心部でした。事前の調査で非常に緊張するかと思っていましたが、思ったほどではありませんでした。それよりも普段の運動不足で、傾斜のきつい登山道を歩き続ける事の方が遥かにしんどいものでした。一句年の中央アルプスの縦走(8月の)とは比較にならないほど疲労乾杯でした。16日(月曜日)、最終日、五竜山荘から、唐松岳までの区間、山頂近くの一部で危険な難易度の高い区間がありましたが、事前の調査で考えていたほどでは ありませんでした。初日の種池山荘までと、爺ケ岳の山頂手前が 今回の登山での 疲労のピークでした。
訪問者数:144人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

キレット リンドウ 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ