また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2027514 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 中央アルプス

三伏峠から荒川三山・蝙蝠・塩見周回

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年09月14日(土) 〜 2019年09月16日(月)
メンバー
天候1日目:晴れ、2日目:晴れ、3日目:雨のち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鳥倉ゲート
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間19分
休憩
16分
合計
3時間35分
S鳥倉林道ゲート(駐車場)15:3416:02鳥倉林道登山口16:0316:37豊口山のコル16:3817:03ほとけの清水17:1117:30塩川・鳥倉ルート合流点17:3517:48三伏峠小屋18:35烏帽子岳18:3619:09前小河内岳
2日目
山行
10時間0分
休憩
1時間38分
合計
11時間38分
前小河内岳03:5904:37小河内岳05:25大日影山05:59板屋岳06:25高山裏避難小屋06:5107:07高山裏縦走路水場07:1009:18前岳09:4309:53中岳09:5809:59荒川中岳避難小屋10:1311:11悪沢岳11:1311:29丸山11:3212:00千枚岳12:2013:27万斧沢ノ頭15:37二軒小屋ロッジ
3日目
山行
14時間28分
休憩
1時間16分
合計
15時間44分
二軒小屋ロッジ01:4802:21蝙蝠岳登山口02:2803:22中部電力施設06:44徳右衛門岳08:45四郎作ノ頭09:20蝙蝠岳09:2111:00北俣岳11:27北俣岳分岐11:2812:00塩見岳東峰12:1212:17塩見岳12:1812:51塩見小屋13:2114:28本谷山15:09三伏山15:20三伏峠小屋15:2915:37塩川・鳥倉ルート合流点15:4115:56ほとけの清水16:20豊口山のコル16:49鳥倉林道登山口17:21鳥倉林道ゲート(駐車場)17:3217:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
徳右衛門岳〜蝙蝠岳は倒木が多い
過去天気図(気象庁) 2019年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 日よけ帽子 ザック ザックカバー 食事 行動食 非常食 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図 コンパス 計画書 ヘッドランプ GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ テントマット シェラフ

写真

出張疲れもあり、連休初日は遅めのスタートです。鳥倉登山口は曇でしたが少し登ると青空に〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出張疲れもあり、連休初日は遅めのスタートです。鳥倉登山口は曇でしたが少し登ると青空に〜
1
烏帽子岳で日の入りを迎えました。雲海と夕焼けが素晴らしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳で日の入りを迎えました。雲海と夕焼けが素晴らしい。
4
東から月が昇ります。前日は中秋の名月でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東から月が昇ります。前日は中秋の名月でした。
6
雲海に浮かぶ月と富士山と蝙蝠尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海に浮かぶ月と富士山と蝙蝠尾根
8
夕闇に浮かぶ小河内岳と荒川岳、赤石岳。前小河内岳と小河内岳の間でビバークとなる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕闇に浮かぶ小河内岳と荒川岳、赤石岳。前小河内岳と小河内岳の間でビバークとなる。
7
翌朝。雲海に沈む月。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝。雲海に沈む月。
10
塩見と間ノ岳のシルエットに登山者の列
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見と間ノ岳のシルエットに登山者の列
1
登山道に日が差し始めます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に日が差し始めます。
2
歩いてきた尾根を振り返る。小河内岳(中央)と大日影山(左側)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた尾根を振り返る。小河内岳(中央)と大日影山(左側)。
1
荒川前岳に到着。奥に赤石岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川前岳に到着。奥に赤石岳。
4
赤石岳。手前のカールが美しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石岳。手前のカールが美しい。
6
荒川中岳と悪沢岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川中岳と悪沢岳
4
翌日歩く塩見と蝙蝠尾根、奥に左から仙丈ヶ岳、甲斐駒ケ岳、間ノ岳・農鳥岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日歩く塩見と蝙蝠尾根、奥に左から仙丈ヶ岳、甲斐駒ケ岳、間ノ岳・農鳥岳。
1
荒川中岳避難小屋を少し下ったところから悪沢岳を望む。荒々しい山肌。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川中岳避難小屋を少し下ったところから悪沢岳を望む。荒々しい山肌。
2
千枚岳から荒川三山を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千枚岳から荒川三山を望む。
3
マンノー沢を下り、二軒小屋ロッジに到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マンノー沢を下り、二軒小屋ロッジに到着。
お宿。ふかふかの芝生の上で快適。熟睡できた。ダムの音があるので耳栓を使用した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お宿。ふかふかの芝生の上で快適。熟睡できた。ダムの音があるので耳栓を使用した。
3
3日目、深夜から蝙蝠尾根に取り付く。雨。苔の美しさが際立つ森。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目、深夜から蝙蝠尾根に取り付く。雨。苔の美しさが際立つ森。
1
徳右衛門岳に到着。手前に水場があるが、二軒小屋ロッジの方から枯れていると伺った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳右衛門岳に到着。手前に水場があるが、二軒小屋ロッジの方から枯れていると伺った。
1
蝙蝠岳に到着。途中、倒木多く体力を使い、藪でびしょ濡れになり、写真はなし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝙蝠岳に到着。途中、倒木多く体力を使い、藪でびしょ濡れになり、写真はなし。
1
雷鳥を幾度も見かけた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥を幾度も見かけた。
おこじょ。遊んで!と言わんばかりに、あちこち走り回っては、岩の間から顔を出す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おこじょ。遊んで!と言わんばかりに、あちこち走り回っては、岩の間から顔を出す。
3
仙塩尾根が近づくと少し晴れてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙塩尾根が近づくと少し晴れてきた。
1
せっせとハイマツの実を運んでいた。ホシガラスとハイマツには面白い関係があるらしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっせとハイマツの実を運んでいた。ホシガラスとハイマツには面白い関係があるらしい。
2
蝙蝠尾根と仙塩尾根の分岐に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝙蝠尾根と仙塩尾根の分岐に到着
塩見の頂上が見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見の頂上が見えてきた。
1
二軒を出発して10時間、ようやく塩見に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二軒を出発して10時間、ようやく塩見に到着。
三伏峠に到着。しばし休憩して鳥倉に降った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三伏峠に到着。しばし休憩して鳥倉に降った。
1
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:521人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ