また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2380857 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 白山

ブナオ峠〜大門山〜奈良岳〜大笠山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年06月06日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
五箇山インターで東海北陸道を降りて,桂湖オートキャンプ場に駐車。すでに1台駐車。
ここから,自転車でブナオ峠通行止め地点まで行く。約9kmほとんど下り坂。途中トンネルあり。ライト必要。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間22分
休憩
19分
合計
11時間41分
Sスタート地点05:1907:12ブナオ峠08:51大門山08:5209:23赤摩木古山09:2511:23奈良岳11:2413:33新大笠山避難小屋13:37大笠山13:4613:49新大笠山避難小屋14:13大笠山避難小屋14:1414:53アカモノの頂14:5615:16前笈ヶ岳15:1716:51大畠谷橋16:5216:59桂湖オートキャンプ場17:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ブナオ峠へ向かう林道で途中に法面崩落が1か所ある。
大門山登山口からコースは奈良岳までは夏道登山道がはっきりしている。数か所残雪があるが問題ない。奈良岳から大笠山へ向かう登山道で残雪のため,夏道がわからなくなってしまうところが3か所ほどある。残雪はチェーンスパイクか軽アイゼンがあったらよいが,無くても問題ない程度。持参したが使わなかった。
その他周辺情報道の駅 上平 ささら館,菅沼合掌造り集落,くろば温泉。
過去天気図(気象庁) 2020年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ グローブ 雨具 ゲイター 日よけ帽子 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 ハイドレーション(2.5l) ペットボトル(2本) 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ ヘルメット

写真

ブナオ峠への通行止め地点,チャリでここまで。帰りに車で回収。
2020年06月06日 05:17撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナオ峠への通行止め地点,チャリでここまで。帰りに車で回収。
法面崩落。
2020年06月06日 05:30撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
法面崩落。
林道が続く。所々に落石の痕あり。
2020年06月06日 05:37撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道が続く。所々に落石の痕あり。
この辺のオオベニウツギはも終わり。ほとんどが散っている中で,よく持ちこたえている。あっぱれ!
2020年06月06日 06:13撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺のオオベニウツギはも終わり。ほとんどが散っている中で,よく持ちこたえている。あっぱれ!
今日の景色は期待できないか?山頂付近はガスって見えない。
2020年06月06日 06:29撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の景色は期待できないか?山頂付近はガスって見えない。
この辺りで咲いている花は,ヤブデマリとオオベニウツギだけなのか?この季節は他の花がないのだろうか。
2020年06月06日 07:05撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りで咲いている花は,ヤブデマリとオオベニウツギだけなのか?この季節は他の花がないのだろうか。
漸く大門山登山口に到着。約2時間。この先の刀利ダムまでは随分前から通行止めのため,道が荒れていて,車が通れるようには見えない。
2020年06月06日 07:16撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
漸く大門山登山口に到着。約2時間。この先の刀利ダムまでは随分前から通行止めのため,道が荒れていて,車が通れるようには見えない。
さあ,ここから,大門山〜赤摩木古山(あかまっこやま)〜見越山〜奈良岳〜大笠山だ。
2020年06月06日 07:17撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ,ここから,大門山〜赤摩木古山(あかまっこやま)〜見越山〜奈良岳〜大笠山だ。
結構傾斜がきつい。
2020年06月06日 07:49撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構傾斜がきつい。
何が書いてあるのかわからない。
2020年06月06日 07:56撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何が書いてあるのかわからない。
サツキももう終わりか。平地ではもう終わっているけど,山では辛うじて残っているから,平地と山で長く楽しめていい。
2020年06月06日 08:06撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サツキももう終わりか。平地ではもう終わっているけど,山では辛うじて残っているから,平地と山で長く楽しめていい。
この先に登山道が続く。この倒木のどこを通るのがいいのか悩む?
2020年06月06日 08:20撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先に登山道が続く。この倒木のどこを通るのがいいのか悩む?
大門山分岐地点。まずは大門山へ。
2020年06月06日 08:31撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大門山分岐地点。まずは大門山へ。
カタクリがまだ残っていた。
2020年06月06日 08:37撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カタクリがまだ残っていた。
大門山到着。今日はヘルメットをつけての登山。暑さにヘルメットでのどが渇く。
2020年06月06日 08:50撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大門山到着。今日はヘルメットをつけての登山。暑さにヘルメットでのどが渇く。
目的地が見えない。
2020年06月06日 09:06撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目的地が見えない。
赤摩木古山。読み方は「あかまっこやま」。初めて知った。
2020年06月06日 09:26撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤摩木古山。読み方は「あかまっこやま」。初めて知った。
晴れていれば見えるのかなあ。白山方面全く見えず。隣の山すら見えない。
2020年06月06日 09:28撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れていれば見えるのかなあ。白山方面全く見えず。隣の山すら見えない。
ショウジョウバカマ。細くいっぱいついているのが何とも言えない。
2020年06月06日 09:52撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマ。細くいっぱいついているのが何とも言えない。
見越山。真上から撮影。本当はどう置かれているのが正解なのか?
2020年06月06日 10:42撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見越山。真上から撮影。本当はどう置かれているのが正解なのか?
大笠山の山頂が見えてきた。少し期待できるかも?
2020年06月06日 10:52撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大笠山の山頂が見えてきた。少し期待できるかも?
漸く奈良岳。途中からペースダウン。ここまで登山口から4時間かかる。
2020年06月06日 11:21撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
漸く奈良岳。途中からペースダウン。ここまで登山口から4時間かかる。
雪解け水が登山道に流れていて,歩きにくい。折角の階段が使えない。
2020年06月06日 11:29撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪解け水が登山道に流れていて,歩きにくい。折角の階段が使えない。
これまでも残雪はあったがこれほど多くなかった。登山道が全く分からない。スマホで方向を確認して右へ。しばらく進んでから経路をチェック。違っていることに気づいて戻った。早めにチェックしてよかった。改めて左へ進む。
2020年06月06日 11:37撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これまでも残雪はあったがこれほど多くなかった。登山道が全く分からない。スマホで方向を確認して右へ。しばらく進んでから経路をチェック。違っていることに気づいて戻った。早めにチェックしてよかった。改めて左へ進む。
何とか大笠山に到着。奈良岳からの区間は,エネルギー切れで全然登れなかった。水も残り少なくなり,辿り着けて良かったって感じ。
周囲はガスっていて全く見えない。隣の笈ヶ岳の姿すら見えない。
2020年06月06日 13:50撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか大笠山に到着。奈良岳からの区間は,エネルギー切れで全然登れなかった。水も残り少なくなり,辿り着けて良かったって感じ。
周囲はガスっていて全く見えない。隣の笈ヶ岳の姿すら見えない。
1
疲れた登山では,花に出会うと少し心が和む。ありがたや。
2020年06月06日 14:53撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲れた登山では,花に出会うと少し心が和む。ありがたや。
前笈ヶ岳。一度,残雪期に笈ヶ岳に登ってみたい。
2020年06月06日 15:20撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前笈ヶ岳。一度,残雪期に笈ヶ岳に登ってみたい。
ゴールの桂湖オートキャンプ場。コロナ自粛で,誰もいない。去年の今頃に来たときは,五箇山音楽祭2019で賑わっていた。全く違う場所だ。
2020年06月06日 17:22撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴールの桂湖オートキャンプ場。コロナ自粛で,誰もいない。去年の今頃に来たときは,五箇山音楽祭2019で賑わっていた。全く違う場所だ。

感想/記録

最初は,市ノ瀬・別当出合の駐車禁止が解除されたので,白山登山と前から決めたいた。この解除で白山登山を考えている人がたくさんいるだろうから,混雑すると思って迷っていた。前日,ブナオ峠から大門山・奈良岳・大笠山をまわったbotchi-zuさんのヤマレコを見つけたので「これだ」と思って,今回はそれと同じルートで回ることにした。25km近くあるが,林道を10km弱歩くので,何とかなるだろうと甘く考えて登って酷い目にあった。
ヘルメットをかぶった上でのこの暑さで,喉が渇き水分を大量にとった。そのため,持参した水が不足,水分の取りすぎでお腹がいっぱいになってしまって,昼食を後回しにした。その結果,12時頃にはエネルギー切れを起こして登りで足が出なくなってしまった。最近は登山が多く,マラソンを走る機会が減ってしまったが,フルマラソンを走る前はしっかりと炭水化物をとって,エネルギーの消耗に備える,走っているときは早め早めに補給をとる,といったことを忘れていしまっていた。行動食としてチョコやソーセージなどを摂っていたが,朝はパンで済ませていたのも失敗であった。やっぱり私の体には米粒をしっかり入れておかないといけない。でも,一番の原因は,何といってもトレーニング不足である。この2週間,1度もランニングをしなかった。反省。
登山途中は,もうこのルートは行きたくない,と思いながら登っていたが,終わって疲れが取れると,失敗したままでは終わりたくない,という気持ちになる。去年の大笠山登山でも天気は良くなかったので,晴天で景色が最高になりそうな日を狙って,もう一度チャレンジしてみようと思う。今度は,しっかりトレーニングをして。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1443人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ