また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2510752 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 中央アルプス

空木岳・南駒ヶ岳・仙涯嶺・越百山(伊奈川ダムから周回)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年08月14日(金) ~ 2020年08月15日(土)
メンバー , その他メンバー1人
天候8月14日:晴れ→午後ガス(強風)
8月15日:晴れ(強風)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
伊奈川ダム約1km手前付近…15台程駐車していました。
※2018年の台風による林道崩壊のため登山口の駐車場まで車両通行禁止。
 徒歩通行は可能なので登山口駐車場まで約40分歩きます。

前日泊:道の駅大桑
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間50分
休憩
2時間0分
合計
10時間50分
Sゲート05:2906:05伊奈川ダム上駐車場06:0607:21金沢土場07:3307:51水場07:56うさぎ平07:5708:49北沢 吊り橋09:3410:36仙人の泉10:4411:19空木岳 八合目11:38見晴台12:10木曽義仲の力水12:2012:35木曽殿山荘12:5814:29空木岳14:4215:40赤梛岳15:4716:19摺鉢窪避難小屋
2日目
山行
7時間10分
休憩
1時間23分
合計
8時間33分
摺鉢窪避難小屋06:0907:01南駒ヶ岳07:2508:29仙涯嶺08:4809:52越百山10:0610:41越百小屋10:4611:21上の水場11:2412:22上のコル12:36下のコル(四合目)12:5213:25福栃平(南駒-越百分岐)14:07今朝沢橋分岐(二合目)14:37ゲート14:3914:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
うさぎ平の先の北沢の吊橋は大雨で流されてありません。
今回は晴天続きでしたがヒザ下30cmくらいの渡渉でした。増水時は注意が必要です。
その他周辺情報大桑村 登山道情報
http://www.vill.ookuwa.nagano.jp/kankou/plays/chuuouarupusutozanntozannjouhounooshirase/tozannjouhounooshirase.html

道の駅大桑
前日泊で利用。トイレもとても清潔でした。
併設されているレストラン「きらく」はラストオーダー19:30
道の駅にしては遅くまで営業しています。
過去天気図(気象庁) 2020年08月の天気図 [pdf]

写真

登山口駐車場まで林道崩壊の為入れないので、伊奈川ダム約1km下の地点に車を停めてスタート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口駐車場まで林道崩壊の為入れないので、伊奈川ダム約1km下の地点に車を停めてスタート。
臨時の登山ポストがありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
臨時の登山ポストがありました。
橋の上のゲート。「通行用の枠」をくぐって先へ進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋の上のゲート。「通行用の枠」をくぐって先へ進みます。
豚コレラウイルスの注意
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
豚コレラウイルスの注意
石灰で靴底を消毒します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石灰で靴底を消毒します。
すぐにトンネルを通過。暗いのでヘッデンがあると便利。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐにトンネルを通過。暗いのでヘッデンがあると便利。
ダムの横を通過。水が透き通ってとても綺麗。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダムの横を通過。水が透き通ってとても綺麗。
工事区間を通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
工事区間を通過。
路肩が崩落していたり、落石があちこちに転がっていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
路肩が崩落していたり、落石があちこちに転がっていました。
40分程で登山口駐車場を通過。ここに簡易トイレがありますが使用不可の張り紙あり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
40分程で登山口駐車場を通過。ここに簡易トイレがありますが使用不可の張り紙あり
登山口駐車場を過ぎると空木岳方面と越百山方面の分岐です。今回は左手の空木岳方面へ進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口駐車場を過ぎると空木岳方面と越百山方面の分岐です。今回は左手の空木岳方面へ進みます。
空木岳方面の林道歩き。林道に入ってしばらく蚊が次々とまとわりついてきて、ふくらはぎをだいぶ噛まれました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空木岳方面の林道歩き。林道に入ってしばらく蚊が次々とまとわりついてきて、ふくらはぎをだいぶ噛まれました。
金沢土場手前には避難小屋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金沢土場手前には避難小屋
避難小屋といっても窓ガラスは無いしかなり荒廃しています。ここに泊まるのは無理だと思われます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋といっても窓ガラスは無いしかなり荒廃しています。ここに泊まるのは無理だと思われます。
1
金沢土場から右手の林道へ入ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金沢土場から右手の林道へ入ります。
ダムから○kmの標識…8km以上は歩きました。林道歩き長いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダムから○kmの標識…8km以上は歩きました。林道歩き長いです。
うさぎ平へ到着。ゲートから2時間30分歩きました。ここから登山道に入ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うさぎ平へ到着。ゲートから2時間30分歩きました。ここから登山道に入ります。
うさぎ平に休憩スペース有
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うさぎ平に休憩スペース有
登山道に入るといきなり急登です。大部分は刈払いされていますが…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に入るといきなり急登です。大部分は刈払いされていますが…
一部背丈ほどの藪を潜りつつ進む場面があったり、ルート不明瞭な箇所もあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一部背丈ほどの藪を潜りつつ進む場面があったり、ルート不明瞭な箇所もあります。
そして吊橋が流されたという北沢へ出ました。渡渉点はいくつかありピンクテープがついています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして吊橋が流されたという北沢へ出ました。渡渉点はいくつかありピンクテープがついています。
自分の渡れそうなルートを選んで渡渉、石伝いが怖かったので、流れが緩やかな場所を靴を脱いで渡りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分の渡れそうなルートを選んで渡渉、石伝いが怖かったので、流れが緩やかな場所を靴を脱いで渡りました。
1
渡渉後、ひと仕事やり終えた感で空を見上げる。青空には白い三日月が浮かんでいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉後、ひと仕事やり終えた感で空を見上げる。青空には白い三日月が浮かんでいました。
対岸で足を乾かしながら休憩。軽く朝食を食べる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸で足を乾かしながら休憩。軽く朝食を食べる。
1
河原から登山道へ復帰して出発。テープは付いているけど藪い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河原から登山道へ復帰して出発。テープは付いているけど藪い。
木曽殿まで3.5時間だそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽殿まで3.5時間だそうです。
急な尾根を登ると…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な尾根を登ると…
七合目を過ぎると水場「仙人の泉」があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七合目を過ぎると水場「仙人の泉」があります。
水は出ていましたが、水量は細いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水は出ていましたが、水量は細いです。
1
水場から先へ進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場から先へ進みます。
だんだん道が良くなってきました。足元フカフカです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん道が良くなってきました。足元フカフカです。
見晴台がありましたが正直見晴らしはあんまり…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴台がありましたが正直見晴らしはあんまり…
しかし10分も歩くとこの景色!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし10分も歩くとこの景色!
空木岳!これからあの激登りが待っている!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空木岳!これからあの激登りが待っている!
今日の最終水場「義仲の力水」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の最終水場「義仲の力水」
水量は仙人の泉よりも多い。ここで明日までの水4リットル汲みました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水量は仙人の泉よりも多い。ここで明日までの水4リットル汲みました。
1
水場からの南駒ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場からの南駒ヶ岳
水場付近はお花畑。トリカブトが多かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場付近はお花畑。トリカブトが多かった。
水場から木曽殿までは10分足らず。空木岳や…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場から木曽殿までは10分足らず。空木岳や…
南駒ヶ岳を見上げながら歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南駒ヶ岳を見上げながら歩きます。
出発してから約7時間で木曽殿山荘に到着。稜線に出ると強風が吹き付けてくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発してから約7時間で木曽殿山荘に到着。稜線に出ると強風が吹き付けてくる。
山荘には寄らず外のベンチで休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘には寄らず外のベンチで休憩。
風は強いものの最高の景色!伊那の街越しに見える八ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風は強いものの最高の景色!伊那の街越しに見える八ヶ岳
1
檜尾避難小屋の赤い屋根が見えた!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜尾避難小屋の赤い屋根が見えた!
20分休憩して空木岳の急坂へ取り付きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20分休憩して空木岳の急坂へ取り付きます。
少し登って振り返ってみた東川岳方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し登って振り返ってみた東川岳方面
パノラマその2 稜線の先に宝剣岳・木曽駒も見える!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマその2 稜線の先に宝剣岳・木曽駒も見える!
1
尖っている岩峰が宝剣岳。最奥に木曽駒ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尖っている岩峰が宝剣岳。最奥に木曽駒ヶ岳。
ひとまずニセピークに向かって一歩ずつ登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひとまずニセピークに向かって一歩ずつ登ります。
標高が上がると、稜線の影に隠れていた「三ノ沢岳」が見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高が上がると、稜線の影に隠れていた「三ノ沢岳」が見えてきた。
1
宝剣岳もくっきり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝剣岳もくっきり
ニセピークを越えるとまたニセピーク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニセピークを越えるとまたニセピーク
1
眼下に見える岩、平ヶ岳の玉子岩みたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に見える岩、平ヶ岳の玉子岩みたい。
1
山頂が近づくに連れ岩いわしてきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が近づくに連れ岩いわしてきます。
1
ちょっと長い岩登り…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと長い岩登り…
それらを過ぎると、ようやく空木岳の本ピークが見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それらを過ぎると、ようやく空木岳の本ピークが見えてきた
最後に階段を上がって岩を越えると…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に階段を上がって岩を越えると…
1
ようやく空木岳山頂に到着!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく空木岳山頂に到着!
1
眼下に駒峰ヒュッテ。今年は営業していません。避難スペースのみ開放。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に駒峰ヒュッテ。今年は営業していません。避難スペースのみ開放。
1
さて空木岳で休憩しているうちにガスが湧いてきたので急いで出発!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて空木岳で休憩しているうちにガスが湧いてきたので急いで出発!
今日の目的地は摺鉢窪避難小屋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の目的地は摺鉢窪避難小屋。
ヤバい!雷雨になりませんように〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤバい!雷雨になりませんように〜
道中にはあちこち慰霊碑。実は私達の目的もある意味慰霊登山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道中にはあちこち慰霊碑。実は私達の目的もある意味慰霊登山。
1
赤梛岳が近づいてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤梛岳が近づいてきた。
1
コルにテント張れそうなスペースがありますが、風通しが良すぎて強風時は無理!使用できるのは好条件の時だけですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルにテント張れそうなスペースがありますが、風通しが良すぎて強風時は無理!使用できるのは好条件の時だけですね。
やっつけ感のある赤梛岳山頂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっつけ感のある赤梛岳山頂
南駒ヶ岳の鞍部へ下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南駒ヶ岳の鞍部へ下ります
1
鞍部から左へ折れ、稜線の東側へ下ると…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部から左へ折れ、稜線の東側へ下ると…
今日の宿「摺鉢窪避難小屋」があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の宿「摺鉢窪避難小屋」があります。
3
小屋まで百間ナギの崩壊地が迫ります。すごい所に建てたものです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋まで百間ナギの崩壊地が迫ります。すごい所に建てたものです。
1
小屋まで石ゴロゴロの滑りやすい急坂を下ります。辺りは高山植物お花畑。クルマユリも咲いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋まで石ゴロゴロの滑りやすい急坂を下ります。辺りは高山植物お花畑。クルマユリも咲いていました。
1
なんとか雨に降られずに避難小屋に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか雨に降られずに避難小屋に到着。
小屋の中の様子。この日は3~4組宿泊者がいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の中の様子。この日は3~4組宿泊者がいました。
1
避難小屋のトイレ。時々管理されているのか清潔でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋のトイレ。時々管理されているのか清潔でした。
1
他の宿泊者もいたので、避難小屋での密を避けるためにテント泊。この日は稜線から吹き下ろす強風が一晩続き、風の音であまり良く眠れませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
他の宿泊者もいたので、避難小屋での密を避けるためにテント泊。この日は稜線から吹き下ろす強風が一晩続き、風の音であまり良く眠れませんでした。
1
翌朝目覚めるとガスで真っ白。しかし夜明け前に急に晴れてきてテントの目の前には南アルプスが一望。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝目覚めるとガスで真っ白。しかし夜明け前に急に晴れてきてテントの目の前には南アルプスが一望。
そしてモルゲンロート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてモルゲンロート
摺鉢窪避難小屋から南駒ヶ岳の稜線を見上げる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
摺鉢窪避難小屋から南駒ヶ岳の稜線を見上げる。
1
6:00過ぎに出発。稜線に出ると強風と共に大絶景が出迎えてくれた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:00過ぎに出発。稜線に出ると強風と共に大絶景が出迎えてくれた。
稜線の分岐から南駒ヶ岳へ向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の分岐から南駒ヶ岳へ向かいます。
左手には南アルプス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手には南アルプス
塩見岳の肩から富士山がひょっこり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳の肩から富士山がひょっこり
鋸岳と甲斐駒ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳と甲斐駒ヶ岳
甲斐駒ヶ岳〜仙丈ヶ岳。奥に鳳凰三山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ヶ岳〜仙丈ヶ岳。奥に鳳凰三山
仙塩尾根と塩見岳。奥に富士山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙塩尾根と塩見岳。奥に富士山
悪沢岳と荒川三山。小赤石岳・赤石岳。聖岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪沢岳と荒川三山。小赤石岳・赤石岳。聖岳
南駒ヶ岳に登りながら空木岳方面を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南駒ヶ岳に登りながら空木岳方面を振り返る。
南駒ヶ岳山頂が見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南駒ヶ岳山頂が見えてきた。
南駒ヶ岳に到着!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南駒ヶ岳に到着!
1
山頂に小さな神社。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に小さな神社。
御嶽山と、木曽駒ヶ岳〜空木岳の稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山と、木曽駒ヶ岳〜空木岳の稜線。
文句なしの景色!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文句なしの景色!
1
奥に見える尖った岩峰が宝剣岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に見える尖った岩峰が宝剣岳
こちらはこれから向かう仙涯嶺
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらはこれから向かう仙涯嶺
仙涯嶺からの越百山と南越百山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙涯嶺からの越百山と南越百山
パノラマ。気持ちよさそうな稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマ。気持ちよさそうな稜線。
仙涯嶺にガスが流れ始めた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙涯嶺にガスが流れ始めた
越百山の尾根に越百小屋の赤い屋根が見えた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越百山の尾根に越百小屋の赤い屋根が見えた
1
南駒ヶ岳からの南アルプス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南駒ヶ岳からの南アルプス
南部に見える双耳峰は笊ヶ岳?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南部に見える双耳峰は笊ヶ岳?
たっぷり景色を楽しんで南駒ヶ岳を出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たっぷり景色を楽しんで南駒ヶ岳を出発。
次の2,628ピークを通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の2,628ピークを通過
2,628ピークから南駒ヶ岳を振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2,628ピークから南駒ヶ岳を振り返る
1
さて次は仙涯嶺ですね。岩いわしています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて次は仙涯嶺ですね。岩いわしています。
チングルマの綿毛
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマの綿毛
振り返ると昨日泊まった摺鉢窪。山の崩壊っぷりが凄い!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると昨日泊まった摺鉢窪。山の崩壊っぷりが凄い!
1
この辺りは稜線の東側を巻きます。強風が遮られると途端に暑くなる!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは稜線の東側を巻きます。強風が遮られると途端に暑くなる!
ザレザレの斜面を下って…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザレザレの斜面を下って…
再び稜線へ。いざ仙涯嶺。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び稜線へ。いざ仙涯嶺。
ここから核心部。色々な想いを込めて登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから核心部。色々な想いを込めて登ります。
上から見下ろすと吸い込まれそう!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上から見下ろすと吸い込まれそう!
長い鎖を登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い鎖を登ります。
ドームのようなピークの手前に…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドームのようなピークの手前に…
仙涯嶺のプレートが有りました。ここでしばし休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙涯嶺のプレートが有りました。ここでしばし休憩。
今回の旅の目的地「仙涯嶺」。2019年2月にここで滑落し亡くなられたトレイルランナーの西田由香里さんを偲びます。合掌
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の旅の目的地「仙涯嶺」。2019年2月にここで滑落し亡くなられたトレイルランナーの西田由香里さんを偲びます。合掌
仙涯嶺からの南駒ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙涯嶺からの南駒ヶ岳
鋸岳と甲斐駒ヶ岳。百高山の鋸岳、まだ未踏です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳と甲斐駒ヶ岳。百高山の鋸岳、まだ未踏です。
さて、次は越百山を目指します。越百山って響きがかわいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、次は越百山を目指します。越百山って響きがかわいい。
まずはザレザレの道を下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずはザレザレの道を下ります。
その後は緩やかな尾根道だが、背丈ほどのハイマツ帯もあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後は緩やかな尾根道だが、背丈ほどのハイマツ帯もあります。
ようやくハイマツが低くなってきた。でも今度は脛にバシバシ突き刺さる!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやくハイマツが低くなってきた。でも今度は脛にバシバシ突き刺さる!
途中にビバーク適地
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中にビバーク適地
ビバーク適地から仙涯嶺と南駒ヶ岳を見上げる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビバーク適地から仙涯嶺と南駒ヶ岳を見上げる
1
奥が越百山。山頂まで緩やかな登りです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥が越百山。山頂まで緩やかな登りです。
初めて人とすれ違った!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めて人とすれ違った!
南アルプス方面にガスが出始めた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス方面にガスが出始めた
ぽっこり富士山も見納め
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぽっこり富士山も見納め
越百山まであとひと登り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越百山まであとひと登り
おっとピークはまだ先だった(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっとピークはまだ先だった(笑)
ようやく越百山に到着!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく越百山に到着!
1
さっきの手前のピークの方が高い気がするけど、まぁいっか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっきの手前のピークの方が高い気がするけど、まぁいっか
越百山の東面を少し下った所に…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越百山の東面を少し下った所に…
ビバーク適地。テント2張程張れそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビバーク適地。テント2張程張れそうです。
南越百山へピストンするか迷うが、ここから先は藪も深い。諦めた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南越百山へピストンするか迷うが、ここから先は藪も深い。諦めた。
そして下山する尾根を見下ろす。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして下山する尾根を見下ろす。
真っ赤な越百小屋が目立ちます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ赤な越百小屋が目立ちます。
そして樹林帯を1時間下ると…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして樹林帯を1時間下ると…
今年は水・アルコール・ジュース等の販売はありません。トイレは声をかければ貸してもらえるそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年は水・アルコール・ジュース等の販売はありません。トイレは声をかければ貸してもらえるそうです。
越百小屋から南駒ヶ岳〜越百山を見上げる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越百小屋から南駒ヶ岳〜越百山を見上げる
ロケーション最高ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロケーション最高ですね。
1
トイレの裏手から再び歩き始めます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレの裏手から再び歩き始めます。
倒木を潜った先が崩壊地とか、怖すぎ><
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木を潜った先が崩壊地とか、怖すぎ><
越百小屋の下の水場。水の音は流れていましたが確認はしていません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越百小屋の下の水場。水の音は流れていましたが確認はしていません。
水場への下降点には幕営の跡。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場への下降点には幕営の跡。
標高が低くなると笹薮が目立ち始めます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高が低くなると笹薮が目立ち始めます。
足元はふかふかでいいんですけどね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元はふかふかでいいんですけどね。
上のコルを過ぎるとヤセ馬の背
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上のコルを過ぎるとヤセ馬の背
そして下のコルに到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして下のコルに到着。
登山口まで30分。足が痛くなってきたのでここで少し休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口まで30分。足が痛くなってきたのでここで少し休憩。
下のコルから登山口までの間に水場有り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下のコルから登山口までの間に水場有り
地図には載っていなかったけど、ちゃんとした水場です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図には載っていなかったけど、ちゃんとした水場です。
ようやく福栃橋が見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく福栃橋が見えてきた。
福栃平(北沢尾根分岐)に到着ー!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
福栃平(北沢尾根分岐)に到着ー!
ここには自転車がデポされていました。これから長い林道歩きです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここには自転車がデポされていました。これから長い林道歩きです。
越百小屋のおしゃれな車
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越百小屋のおしゃれな車
1
延々と林道を歩きます。暑い!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
延々と林道を歩きます。暑い!
空木岳ルートとの分岐の橋に戻ってきました。本来の駐車場はすぐそこだけど、今年は林道崩壊のためダム下まで歩かなければならない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空木岳ルートとの分岐の橋に戻ってきました。本来の駐車場はすぐそこだけど、今年は林道崩壊のためダム下まで歩かなければならない。
ようやくダム下の駐車スペースに戻ってきました。お疲れさまでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやくダム下の駐車スペースに戻ってきました。お疲れさまでした。

感想/記録

お盆期間後半も人の少ないエリアを狙って、空木岳から南駒ヶ岳・越百山を周回してきました。
今回の目的は、2019年2月冬の仙涯嶺で滑落死されたトレイルランナーの西田由香里さんの慰霊登山です。西田さんにお会いしたのは2014年のTJARですが、仙丈ヶ岳の地蔵尾根でお話させていただいたときのことをよく覚えています。

さて今回の中央アルプス南部も、前回の白峰南嶺同様ハイマツ&笹漕ぎと渡渉があり、なかなか面白いルートでした。そして展望は最高!文句のない2日間でした。


お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:593人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2017/12/27
投稿数: 150
2020/8/20 20:55
 ステキな稜線(*ノ▽ノ*)
asummitさん、こんばんは🌙
快晴で素晴らしい景色ですね✨私も先日行ったばかりですがほぼガスで真っ白…お陰で高度感は感じずにすみましたが晴れてたら最高だったよね〜と名残惜しく帰ってきたので写真見れて良かったです🤗
そして今回の山行にはそんな理由があったんですね!冬にあんなとこ歩くなんて想像もできませんが、私も季節が違うとはいえ事故の事を思い気を引き締めて歩いていました。
2014年のTJARで、って事はもしやasummitさんも相当な強者だったんでしょうか?
登録日: 2009/5/8
投稿数: 275
2020/8/23 16:08
 Re: ステキな稜線(*ノ▽ノ*)
pirororoさん こんにちは
風はとても強かったですが、天気は良くて最高の景色でしたよ
私の方こそ事前にpirororoさんの山行記録を拝見していたので、おかげさまで仙涯嶺の山頂プレートを見逃さずに済みました  あれ、絶対にその先に見える岩峰まで進んでしまいそうになりますよね
2014年のTJARは私はただの応援です。
↓仙塩尾根から中央アルプスまで逆走してコッソリ応援してましたcoldsweats01
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-495342.html
登録日: 2011/8/14
投稿数: 619
2020/8/23 19:51
 こんばんは
ご無沙汰しております。
摺鉢窪避難小屋ってどこかなと思ったら、あの下に見える小屋だったのですね。
また今回、百高山かなって思ったら、慰霊登山でしたか。
なかなかのロングコースお疲れ様でした。
登録日: 2009/5/8
投稿数: 275
2020/8/29 15:47
 Re: こんばんは
mieyamaさん、こちらこそご無沙汰しております。
たまにしかログインしないもので、返信が遅くなってしまいすみません
今回は慰霊登山でもありましたが、ちゃっかり百高山を狙っています

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ