また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2595247 全員に公開 ハイキング 槍・穂高・乗鞍

表銀座縦走:中房温泉→燕岳→大天井岳→常念岳→蝶ヶ岳→上高地

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年09月21日(月) ~ 2020年09月22日(火)
メンバー
 customX(CL)
, その他メンバー1人
天候基本的にとても良い天気、一日目の夕方から夜は風強くガス多め、二日目の午後は曇り気味でした
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク
穂高駅近くの無料駐車場に車を停め中房温泉までタクシーで移動しました。運賃は8,350円のところキャンペーンで登山者は3,000円引き、5,350円でした。
帰りは上高地から松本行きのシャトルバス(新島々からは電車に乗り換え)で松本駅へ移動、運賃は2,500円。松本駅からJR大糸線で穂高駅に戻りました(運賃330円)。
穂高駅の登山者用駐車場は南安タクシーのHPをご覧ください。
http://www.nan-an.co.jp/modules/tozan/hotakaparking/
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間16分
休憩
1時間35分
合計
10時間51分
S中房温泉登山口04:3005:00第1ベンチ05:0105:23第2ベンチ05:2505:47第3ベンチ05:4906:13富士見ベンチ06:1406:38合戦小屋06:4407:03合戦山07:0907:34ベンチ07:3607:47燕山荘07:5508:04いるか岩08:0508:16めがね岩08:1708:22燕岳08:35北燕岳08:4308:52めがね岩08:59いるか岩09:10燕山荘09:4510:00蛙岩10:20大下りの頭10:2111:24小林喜作レリーフ11:2511:32槍ヶ岳・大天井岳、常念岳分岐11:3411:52大天荘11:5412:05大天井岳12:1112:47大天荘12:5513:49東天井岳13:5115:21常念小屋
2日目
山行
7時間8分
休憩
54分
合計
8時間2分
常念小屋04:3205:24三股への分岐点05:2705:36常念岳06:0007:122592ピーク07:1307:56蝶槍08:05蝶ヶ岳三角点08:0808:16蝶ヶ岳・蝶槍間分岐08:1708:39瞑想の丘08:4208:45蝶ヶ池08:4808:56蝶ヶ岳ヒュッテ09:1009:13蝶ヶ池09:19蝶ヶ岳09:30妖精の池09:3109:43カモシカの池09:46長塀山10:31チューダイ広場10:3211:11徳澤園11:17徳沢公衆トイレ11:48徳本口11:52明神館12:27河童橋12:29無料トイレ12:34上高地バスターミナルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
燕山荘に向かう際にザックをデポしたのですが、その時ログを取っていたスマホを置いてきてしまいました。燕山荘から北燕岳の区間は手動でログを修正しています。
コース状況/
危険箇所等
危険と感じる箇所は特になかったです。中房温泉から燕岳まではとてもきれいに整備された登山道でとても歩きやすかったです。そこから先の縦走路は基本的にアップダウンが少なめですが、大天井岳への登りと常念岳への登りはかなりきついと思います。蝶ヶ岳への登りはその半分くらい。なお、常念岳から蝶ヶ岳への道は樹林帯が多くあまり展望はありません。また、蝶ヶ岳から先も樹林帯になります。徳沢まで降りると上高地まで6.5キロくらい平坦な道を歩きます。
その他周辺情報上高地からのシャトルバスが停まるさわんどや新島々近辺では温泉も食事処もあると思います。自分は松本駅でご飯を食べ、穂高駅から車に乗って20分くらいのところにある「天然ラドン 馬羅尾天狗岩温泉(すずむし荘)」でお風呂に入りました。600円でした。玄関にすずむしがいます。

装備

個人装備 調理用食材 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 調理器具 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ガイド地図(ブック) 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル カメラ ポール テント テントマット シェラフ 椅子 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 コンパス 計画書 ストック

写真

中房温泉。山小屋かと勘違いしていました。立派な旅館。
2020年09月20日 20:09撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中房温泉。山小屋かと勘違いしていました。立派な旅館。
こちら登山口。このすぐ近くにトイレがあり、幕営も可能です。
2020年09月21日 04:30撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちら登山口。このすぐ近くにトイレがあり、幕営も可能です。
第一ベンチ、ここまで30分から45分くらいかと思います。
2020年09月21日 05:01撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一ベンチ、ここまで30分から45分くらいかと思います。
第二ベンチ、こちらも割とすぐ。
2020年09月21日 05:23撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二ベンチ、こちらも割とすぐ。
富士見ベンチまでは少し距離が距離が合った気がします。
2020年09月21日 06:13撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見ベンチまでは少し距離が距離が合った気がします。
合戦小屋です。富士見ベンチから1時間。
2020年09月21日 06:17撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合戦小屋です。富士見ベンチから1時間。
合戦小屋の由来が書かれています。
2020年09月21日 06:21撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合戦小屋の由来が書かれています。
穂先見えます。
2020年09月21日 06:34撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂先見えます。
1
眺めが大変良いです。
2020年09月21日 06:43撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺めが大変良いです。
1
燕山荘がみえます。紅葉が始まっています。
2020年09月21日 06:43撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山荘がみえます。紅葉が始まっています。
3
整備されていてとても歩きやすい登山道です。
2020年09月21日 06:55撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
整備されていてとても歩きやすい登山道です。
2
燕山荘、まもなく。
2020年09月21日 07:13撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山荘、まもなく。
燕山荘に到着しました。
2020年09月21日 07:28撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山荘に到着しました。
1
いるか岩、本当にイルカみたいですね。
2020年09月21日 07:45撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いるか岩、本当にイルカみたいですね。
4
燕山荘から燕岳まで20分くらいでしょうか。とても歩きやすいです。
2020年09月21日 07:55撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山荘から燕岳まで20分くらいでしょうか。とても歩きやすいです。
1
燕岳山頂です。
2020年09月21日 08:03撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岳山頂です。
2
鷲羽岳、水晶岳
2020年09月21日 08:04撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽岳、水晶岳
2
黒部五郎岳、三俣蓮華岳
2020年09月21日 08:04撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳、三俣蓮華岳
1
霧ヶ峰、美ヶ原
2020年09月21日 08:05撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧ヶ峰、美ヶ原
2
鹿島槍、五竜岳
2020年09月21日 08:05撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍、五竜岳
2
中岳、大喰岳、槍ヶ岳
2020年09月21日 08:18撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳、大喰岳、槍ヶ岳
1
一緒に登ったケンイチ君
2020年09月21日 08:19撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一緒に登ったケンイチ君
3
雷鳥(ですよね?)のヒナがいました。大人気でカメラに囲まれていた。
2020年09月21日 08:20撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥(ですよね?)のヒナがいました。大人気でカメラに囲まれていた。
4
北燕岳から見る稜線。これから歩く縦走路です。
2020年09月21日 08:24撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北燕岳から見る稜線。これから歩く縦走路です。
1
北燕岳から見る燕岳。
2020年09月21日 08:25撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北燕岳から見る燕岳。
2
表銀座縦走路とヒュッテ西岳、かな?
2020年09月21日 08:25撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表銀座縦走路とヒュッテ西岳、かな?
2
燕山荘でココア飲んて休憩。うまし。
2020年09月21日 08:58撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山荘でココア飲んて休憩。うまし。
3
西風と東風が交互に吹いていましたが、ガスはこの日、稜線を超えて来ませんでした。
2020年09月21日 09:31撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西風と東風が交互に吹いていましたが、ガスはこの日、稜線を超えて来ませんでした。
2
大天井岳。近くで見るとデカくて迫力がすごい。
2020年09月21日 10:04撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井岳。近くで見るとデカくて迫力がすごい。
1
大天井に向かう登りです。かなりの急登。
2020年09月21日 11:02撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井に向かう登りです。かなりの急登。
喜作レリーフです。
2020年09月21日 11:03撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
喜作レリーフです。
1
従来からの表銀座コース、槍に向かう登山道との分岐です。
2020年09月21日 11:08撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
従来からの表銀座コース、槍に向かう登山道との分岐です。
1
北岳山荘です。
2020年09月21日 11:34撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳山荘です。
大天荘と大天井岳
2020年09月21日 12:44撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天荘と大天井岳
常念岳方面に伸びる稜線です。
2020年09月21日 12:46撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念岳方面に伸びる稜線です。
救助ヘリと思われます。
2020年09月21日 13:35撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
救助ヘリと思われます。
東大天井岳。10分くらいで登れると思います。眺めは良いです。
2020年09月21日 13:40撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東大天井岳。10分くらいで登れると思います。眺めは良いです。
常念小屋が見えました。今日の幕営地です。
2020年09月21日 14:34撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念小屋が見えました。今日の幕営地です。
1
それにしても常念岳でかい。常念小屋の位置から高さ500メートル、高尾山一個分くらいあります。
2020年09月21日 14:34撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それにしても常念岳でかい。常念小屋の位置から高さ500メートル、高尾山一個分くらいあります。
1
常念小屋では宿泊者のみ食事を注文できますが、テント泊の人もカップラーメンとは買えます。今日の晩ごはんです。
2020年09月21日 16:36撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念小屋では宿泊者のみ食事を注文できますが、テント泊の人もカップラーメンとは買えます。今日の晩ごはんです。
1
残念ながらこの日の夕方はガスりました。
2020年09月21日 17:31撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残念ながらこの日の夕方はガスりました。
気温も急激に下がってきたので早めに就寝です。
2020年09月21日 17:31撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温も急激に下がってきたので早めに就寝です。
シングルウォールのケンイチくんのテントは夜露が大変だったらしい。自分のダブルウォールだから平気でした。
2020年09月21日 17:35撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シングルウォールのケンイチくんのテントは夜露が大変だったらしい。自分のダブルウォールだから平気でした。
2
気温が低くバッテリーが落ちそうなので星空撮影できませんでした。一応一枚だけ。火星写っています。
2020年09月22日 01:50撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温が低くバッテリーが落ちそうなので星空撮影できませんでした。一応一枚だけ。火星写っています。
1
ここのテント場の人はみんな活動が早かったです。4時には多くの人が動き出していました。
2020年09月22日 03:57撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここのテント場の人はみんな活動が早かったです。4時には多くの人が動き出していました。
きれいな写真ではないですが、常念岳の真上のオリオン座です。
2020年09月22日 04:24撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいな写真ではないですが、常念岳の真上のオリオン座です。
3
穂高連峰に常念岳の影が映っています。
2020年09月22日 05:21撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高連峰に常念岳の影が映っています。
4
これから向かう蝶ヶ岳ヒュッテと蝶ヶ岳。
2020年09月22日 05:37撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう蝶ヶ岳ヒュッテと蝶ヶ岳。
1
常念岳から蝶ヶ岳はこの様な樹林帯が多いです。展望は少なくなります。
2020年09月22日 06:26撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念岳から蝶ヶ岳はこの様な樹林帯が多いです。展望は少なくなります。
途中に池あります。
2020年09月22日 06:59撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中に池あります。
蝶槍への登りです。今回のコースで急な登りは最後になります。
2020年09月22日 07:06撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶槍への登りです。今回のコースで急な登りは最後になります。
蝶槍から見える槍。
2020年09月22日 07:34撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶槍から見える槍。
3
常念岳を振り返る。巨大な山です。
2020年09月22日 07:35撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念岳を振り返る。巨大な山です。
大キレット、かな?
2020年09月22日 07:35撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大キレット、かな?
奥穂高岳と穂高岳山荘
2020年09月22日 07:35撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高岳と穂高岳山荘
つい一週間前に縦走しましたからね、わかりますよ。右から編笠山、権現岳、阿弥陀岳、赤岳、横岳、硫黄岳、北横岳、蓼科山。
2020年09月22日 07:35撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つい一週間前に縦走しましたからね、わかりますよ。右から編笠山、権現岳、阿弥陀岳、赤岳、横岳、硫黄岳、北横岳、蓼科山。
穂高連峰、巨大な岩壁。
2020年09月22日 07:54撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高連峰、巨大な岩壁。
横尾に向かう分岐です。
2020年09月22日 07:57撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾に向かう分岐です。
蝶ヶ岳ヒュッテです。
2020年09月22日 08:21撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳ヒュッテです。
コーヒー飲んで一休みしたら、蝶ヶ岳のピークを踏んだ後いよいよ稜線を下ることになります。
2020年09月22日 08:30撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コーヒー飲んで一休みしたら、蝶ヶ岳のピークを踏んだ後いよいよ稜線を下ることになります。
1
今回最期のピーク、蝶ヶ岳山頂です。
2020年09月22日 08:58撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回最期のピーク、蝶ヶ岳山頂です。
蝶の舞、のつもり。
2020年09月22日 08:58撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶の舞、のつもり。
3
蝶ヶ岳を降りるとすぐに樹林帯に入ります。ここは毒の沼地かと思ったら「妖精の池」というらしい。
2020年09月22日 09:10撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳を降りるとすぐに樹林帯に入ります。ここは毒の沼地かと思ったら「妖精の池」というらしい。
1
随分と穂高が高い位置になりました。
2020年09月22日 10:39撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
随分と穂高が高い位置になりました。
徳沢に到着しました。
2020年09月22日 10:39撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳沢に到着しました。
とても賑わっていました。中のお店はアクリル板等の感染対策がとられていました。
2020年09月22日 10:42撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とても賑わっていました。中のお店はアクリル板等の感染対策がとられていました。
1
徳沢で有名なソフトクリーム。
2020年09月22日 10:43撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳沢で有名なソフトクリーム。
1
最後は平坦な道を歩いて上高地に向かいます。自分はこのフィナーレが大好きです。
2020年09月22日 11:00撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は平坦な道を歩いて上高地に向かいます。自分はこのフィナーレが大好きです。
河童橋に到着です。
2020年09月22日 12:08撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河童橋に到着です。
上高地で最も有名と思われるビューポイント。
2020年09月22日 12:10撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地で最も有名と思われるビューポイント。
2
上高地バスターミナルに到着しました!
さわんど行きのシャトルバス待ちの列ができていました(最初、気が付かず並んでしまった)。並んでいると切符を係員の方が売りに来てくれるそうです(現金のみ)。新島々方面は予約制なので事前に切符売場で購入します。
無事に下山できて良かったです。お疲れ様でした。
2020年09月22日 12:14撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地バスターミナルに到着しました!
さわんど行きのシャトルバス待ちの列ができていました(最初、気が付かず並んでしまった)。並んでいると切符を係員の方が売りに来てくれるそうです(現金のみ)。新島々方面は予約制なので事前に切符売場で購入します。
無事に下山できて良かったです。お疲れ様でした。
2

感想/記録

従来、表銀座といえば中房温泉から燕岳、大天井岳、東鎌尾根を経て槍ヶ岳に向かるルートを指しますが、最近は蝶ヶ岳方面をあるくルートも表銀座と呼ばれるそうです。今回はそのルートを歩きました。二日間とも良い天気に恵まれて、ずっと穂高連峰や周囲の様々な山を眺めながら歩くことができました。穂高連峰と並走するようなコースなので、歩きながら穂高連峰の見え方が徐々に変わっていってともて面白かったです。また、燕岳に初めて登ったのですが、登山道がきれいで庭園を歩いているようでした。白い砂地の様な道にそびえる燕岳はまさに北アルプスの女王ですね。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:345人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

ゲスト
登録日:
投稿数: 0
2020/9/25 8:54
 初めまして
こんにちは(´ー`)
このルートを2日で行かれるってすごいですね。
今度狙っているルートなので、楽しませていただきました。
ちなみに、40の小鳥さんはイワヒバリさんです。
雷鳥さんが現れない時にはいつも遊んでくれる可愛い小鳥さんです。
登録日: 2015/3/3
投稿数: 3
2020/9/26 13:54
 Re: 初めまして
こんにちは!メッセージありがとうございます!
イワヒバリなんですね、へー。勉強になります。
燕以降は基本的にフラット基調でしたが、大天井と常念の登りがなかなかきつかったように思います。晴れるといいですね。行かれるときはお気をつけて楽しんできてください!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ