また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2610571 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥秩父

雲取山から甲武信ヶ岳までテン泊縦走

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年09月29日(火) ~ 2020年10月01日(木)
メンバー
天候一日目は曇り、二日目は快晴、三日目は曇り。
アクセス
利用交通機関
電車バス
行きは青梅線奥多摩駅よりバスで鴨沢より。
帰りは道の駅みとみより山梨市駅まで山梨市市営バス、そこから中央線本線。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
8時間8分
休憩
1時間25分
合計
9時間33分
飛龍権現神社05:2105:24禿岩05:5106:20大ダル07:53将監小屋08:1208:19将監峠08:2008:30牛王院平08:37山ノ神土08:4509:31唐松尾山09:3410:06独標2044m10:0710:23黒槐の頭10:45水干尾根10:4711:06笠取山11:0811:17笠取山展望地11:1811:30笠取山西11:3111:36小さな分水嶺11:3811:45雁峠11:4612:35燕山12:3613:36古礼山13:4214:13水晶山14:2314:54雁坂小屋
3日目
山行
7時間23分
休憩
1時間6分
合計
8時間29分
雁坂小屋06:2006:36雁坂峠06:3707:23雁坂嶺07:2708:15東破風山08:2008:46破風山08:4709:17破風山避難小屋09:2410:16木賊山まき道分岐10:1710:29甲武信小屋10:3510:50甲武信ヶ岳11:0911:19甲武信小屋11:35木賊山11:3611:40戸渡尾根分岐12:45徳ちゃん新道分岐12:5614:13徳ちゃん新道登山口14:2214:26近丸新道登山口14:2714:43西沢渓谷入口バス停14:49道の駅みとみG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全てよく整備された一般コースで道標もしっかりありますが、唯一、三条タルミから飛龍山区間は笹が蔓延って道がわかりにくく、滑りやすいので注意。ただ、三丈タルミ側は直近に笹を刈り込んであり、たいへん歩きやすくなっていました。
このコースのハイライトは将監峠から西、富士を望みながら歩く明るい笹原の稜線は実に気持ちが良いです。
その他周辺情報みとみ笛吹の湯が近くにあります。JAF割引もあり、とてもリーズナブル。
過去天気図(気象庁) 2020年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 着替え 予備靴ひも ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ガスカートリッジ コンロ 食器 ライター 地図(地形図) ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット ロールペーパー 保険証 携帯 タオル ストック ナイフ ポール テント シェラフ

写真

一日目は曇りでしたが、なんとか雲取山頂でも、ちっちゃく富士山が写ってます。
この後、飛龍山までの道が長く、荒れている所もありました。
2020年09月29日 12:40撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一日目は曇りでしたが、なんとか雲取山頂でも、ちっちゃく富士山が写ってます。
この後、飛龍山までの道が長く、荒れている所もありました。
2
この日は飛龍権現の祠のすぐ下でビバーク。小さなテントを張れる場所があります。ここの楽しみは禿岩からの景観。雲が無くなり夕暮れの富士が見えてました。
2020年09月29日 17:19撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日は飛龍権現の祠のすぐ下でビバーク。小さなテントを張れる場所があります。ここの楽しみは禿岩からの景観。雲が無くなり夕暮れの富士が見えてました。
7
南アルプス白根三山の横に静かに沈んで行く夕日。
2020年09月29日 17:22撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス白根三山の横に静かに沈んで行く夕日。
7
翌朝、今度は日の出が見えます。
2020年09月30日 05:37撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、今度は日の出が見えます。
7
真っ赤に染まる丹沢の山塊。こういう丹沢は初めて見ました。
2020年09月30日 05:37撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ赤に染まる丹沢の山塊。こういう丹沢は初めて見ました。
8
赤富士、素晴らしい。手前は大菩薩。これで元気が出ました。この後縦走路をひたすら西行します。
2020年09月30日 05:50撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤富士、素晴らしい。手前は大菩薩。これで元気が出ました。この後縦走路をひたすら西行します。
9
笠取山に着いた、と思いました。しかし、随分寂しいなあ。そうか、これは東峰で、マイナーな方なんだ。
2020年09月30日 11:00撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠取山に着いた、と思いました。しかし、随分寂しいなあ。そうか、これは東峰で、マイナーな方なんだ。
2
次のピークも笠取山でした。こちらが西峰。
こちらの方が景色も良く、人も沢山いました。
2020年09月30日 11:16撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次のピークも笠取山でした。こちらが西峰。
こちらの方が景色も良く、人も沢山いました。
5
雁峠から見た笠取山。素晴らしい形です。この辺の縦走路はまことに快適です。
2020年09月30日 11:45撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雁峠から見た笠取山。素晴らしい形です。この辺の縦走路はまことに快適です。
2
立ち枯れの木と笹原。何でこうなったのでしょうか?
2020年09月30日 13:33撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立ち枯れの木と笹原。何でこうなったのでしょうか?
3
古礼山、素晴らしい所でした。頂上からの景観です。この後さらに水晶山というのを越えて行きます。キツっ。
2020年09月30日 13:35撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古礼山、素晴らしい所でした。頂上からの景観です。この後さらに水晶山というのを越えて行きます。キツっ。
4
雁坂小屋、無人でしたので、この箱の中に利用料を入れます。テントは1000円、小屋での泊まりは2000円でした。1000円の差ならよほど小屋に泊まろうと思いましたが、千円札が一枚しかなかったのでテントしか選択肢はありませんでした。
2020年09月30日 14:58撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雁坂小屋、無人でしたので、この箱の中に利用料を入れます。テントは1000円、小屋での泊まりは2000円でした。1000円の差ならよほど小屋に泊まろうと思いましたが、千円札が一枚しかなかったのでテントしか選択肢はありませんでした。
5
快適なテント場。ピクニックテーブルもあり、一人では勿体無い。
2020年09月30日 17:00撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適なテント場。ピクニックテーブルもあり、一人では勿体無い。
6
翌日、甲武信ヶ岳を目指して出発。天気は曇り。残念ながら富士山はほとんど見えず。
2020年10月01日 06:37撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日、甲武信ヶ岳を目指して出発。天気は曇り。残念ながら富士山はほとんど見えず。
2
大好きな破風の避難小屋。このロケーションは最高です。皆さんの努力でゴミが無くなり綺麗になっていました。
2020年10月01日 09:15撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大好きな破風の避難小屋。このロケーションは最高です。皆さんの努力でゴミが無くなり綺麗になっていました。
7
甲武信ヶ岳に着きましたが、最後まで晴れませんでした。この後西沢渓谷側におりました。
2020年10月01日 10:52撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲武信ヶ岳に着きましたが、最後まで晴れませんでした。この後西沢渓谷側におりました。
2

感想/記録

前から行きたかった奥秩父の縦走、今まで未踏部分の飛龍から雁坂間を歩いた日が快晴に恵まれて満足。素晴らしい縦走路だと思います。時間があればさらに金峰山まで足を延ばし、大縦走に挑戦してみたいものです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:589人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ