また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2648759 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 北陸

折立から〔雲ノ平〜鷲羽岳〜三俣蓮華岳〜黒部五郎岳・・一周時計回り〕

情報量の目安: A
-拍手
日程 2017年08月04日(金) ~ 2017年08月06日(日)
メンバー
 takeshi9(記録)
, その他メンバー9人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
広い折立駐車場は満車状態
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
13時間3分
休憩
5時間22分
合計
18時間25分
Sスタート地点04:3905:33太郎坂05:3406:08青淵三角点06:1906:33積雪深計測ポール07:49五光岩ベンチ08:09太郎兵衛平08:47太郎平小屋09:0709:43第一徒渉点09:5710:02第二徒渉点10:0310:20第三徒渉点11:02カベッケが原11:0311:10薬師沢小屋11:5414:33アラスカ庭園14:3415:14奥日本庭園15:32雲ノ平山荘19:2123:04宿泊地
2日目
山行
12時間19分
休憩
2時間20分
合計
14時間39分
宿泊地00:5606:31雲ノ平テント場06:3807:23祖父岳分岐07:4008:07祖父岳08:1208:48岩苔乗越09:0009:12ワリモ北分岐09:26ワリモ岳09:4410:21鷲羽岳10:4511:45三俣山荘12:2913:19三俣峠13:2513:37三俣蓮華岳13:3814:20三俣蓮華岳巻道分岐14:2615:35黒部五郎小舎
3日目
山行
10時間36分
休憩
1時間22分
合計
11時間58分
黒部五郎小舎04:1606:42黒部五郎の肩06:52黒部五郎岳07:0007:06黒部五郎の肩07:2208:39中俣乗越09:43赤木岳09:4410:34北ノ俣岳10:4310:50神岡新道分岐10:5112:11太郎山12:17太郎平小屋12:5313:14太郎兵衛平13:33五光岩ベンチ13:3514:28積雪深計測ポール14:38青淵三角点15:16太郎坂16:00十三重之塔 慰霊碑16:0116:03折立16:1116:14ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報雲ノ平山荘、水は500㎖50円。水場のテント場まで片道20分かかるので注意。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

雨上がり、折立出発
2017年08月04日 04:35撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨上がり、折立出発
右寄り鉢伏山・熊尾山・東笠山
2017年08月04日 07:07撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右寄り鉢伏山・熊尾山・東笠山
太郎兵衛平2,330m
2017年08月04日 08:51撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎兵衛平2,330m
水晶岳と鷲羽岳
2017年08月04日 15:12撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶岳と鷲羽岳
雲ノ平山荘へ救助ヘリ
2017年08月04日 15:35撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲ノ平山荘へ救助ヘリ
キャンプ場で水を確保
2017年08月05日 06:21撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ場で水を確保
祖父岳への雪渓
2017年08月05日 07:05撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祖父岳への雪渓
鷲羽岳と遠くに槍ヶ岳{山頂〜}
2017年08月05日 08:07撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽岳と遠くに槍ヶ岳{山頂〜}
三俣蓮華岳かと・・・?
2017年08月05日 09:01撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳かと・・・?
鷲羽池・硫黄尾根・槍ヶ岳
2017年08月05日 10:24撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽池・硫黄尾根・槍ヶ岳
鷲羽岳を振り返る
2017年08月05日 12:46撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽岳を振り返る
三俣蓮華岳山頂より
2017年08月05日 13:42撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳山頂より
翌日、お弁当を購入し出発
2017年08月06日 04:48撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日、お弁当を購入し出発
黒部五郎岳手前の沢
2017年08月06日 05:38撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳手前の沢
小屋方面を振り返る
2017年08月06日 05:57撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋方面を振り返る
ライチョウに遭遇
2017年08月06日 12:07撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ライチョウに遭遇
お昼に太郎平小屋に到着
2017年08月06日 12:17撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お昼に太郎平小屋に到着

感想/記録

参加者は男女10名、折立の広い駐車場は満車状態、小雨の降る中テント3張りを設営し終えた頃には雨も止んで、各自食材を広げてプチ晩賽会を行い、早々に就寝としました。翌朝お天気は回復し上々、長い登山道を黙々と登り太郎兵衛平に8:51到着、薬師沢小屋に11:11分に着いて昼食としました、ここからは吊り橋を渡って標高差460mを超える急登の登山道です。雲ノ平らしき所に登りきったのは15:00サンイチゲが中心でコイワカガミ、ミヤマダイコンソウ、イワオトギリ(写真)等のお花畑、とても美しく心に残る場所でした。物資輸送ヘリが去った後、富山県警のヘリが山荘脇に着陸、緊急救助ですね。2名を抱きかかえるようにして飛び立って行きました。初めて見る光景でした。
山荘で使用する水は基本的に雨水を煮沸したもので、洗面所の水も節約のため糸の様な量しか出ないようになっていてトイレ後の手洗いも満足にできません。水は500mmリットル50円、お湯は100円です。キャンプ場の湧水は美味しいとの事でしたが片道20分を要するとの事で買い求めました。夕食時に山荘の計らいで山荘の歴史につてご主人から説明を受けた後、DVDを使って当時苦労された様子を伺い、そのご苦労に感銘致しました。
翌朝はとっても良いお天気で水晶岳山頂より朝日が昇る。右に祖父岳、ずーと目を右に移していくと三俣蓮華岳の右奥に見事な姿の笠ヶ岳(写真)、更に右、山荘南西に黒部五郎岳とこれから縦走の山々が美しい。山荘6:05出発、登山道脇にはコイワカガミ、朝露に濡れたクロユリ等花々が咲き誇っている。6:20頃キャンプ場の水場に到着、必要量を確保冷たくて美味しい水でした。
祖父岳に8:05、槍ヶ岳を初め穂高の山々が目の前に見える。水晶岳を左に見ながら岩苔乗越に到着し、鷲羽岳10:22に登頂、真下に鷲羽池、赤い崩壊面が幾筋もの硫黄尾根の向うに槍ヶ岳、左奥に常念岳、見事な眺めにうっとり・・眺望を味わった後山荘目指して下山、11:41三俣山荘に到着、三俣蓮華岳登山途中、振り返ると鷲羽岳の雄大な姿が見事でした。13:37三俣蓮華岳山頂、15:35黒部五郎小屋に到着しました。最終の小屋泊、水も豊富で無料と満足の小屋でした。
最終日は朝食弁当持参で4:20頃出発、黒部五郎カールでの花畑とせせらぎにはとても心を癒されました。6:41黒部五郎岳直下に到着、ザックを下し、空身で黒部五郎岳に駆け上がり6:52山頂に到着、少しガスっている所もありましたが、私たちが通ってきたルートと薬師岳その遠く奥に大日岳、左にはこれから通っていく長いルートが見える。大展望この後、赤木岳に9:29に到着、しかしGPSデータで確認したところ赤木岳は300m程先だった。10:33北ノ俣岳山頂、下山途中ライチョウの親子に出会う12:17太郎平小屋に到着、12:53小屋を後にし、長い長い登山道を下り16:04折立の登山口に戻ってきました。割石温泉で汗を流し、夕食を採って帰路としました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:173人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ