また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4691924 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

雲取山(日原川流域周回)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年09月16日(金) ~ 2022年09月17日(土)
メンバー
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)
GPS
17:05
距離
55.0 km
登り
4,244 m
下り
4,245 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
19分
休憩
0分
合計
19分
S奥多摩駅23:4123:50氷川国際釣場23:5023:59宿泊地
2日目
山行
14時間12分
休憩
2時間13分
合計
16時間25分
00:10安寺沢00:1301:05本仁田山−花折戸尾根分岐01:0501:07本仁田山01:1301:20鉄砲指01:2001:25コブタカ山01:2501:34大ダワ01:3401:50鋸尾根3峰(1165mピーク)01:5002:03鋸尾根1峰(1240mピーク)02:0402:08舟井戸02:1102:28川苔山02:3002:43曲ヶ谷北峰02:4302:48ヨウヘイギノ頭02:4802:51横ケ谷平02:5203:03踊平03:0303:25日向沢ノ峰03:2503:26日向沢ノ峰・北の肩03:2603:39桂谷ノ峰03:3904:02蕎麦粒山04:0304:11仙元峠04:1104:26棒杭ノ頭04:2604:43一杯水04:4304:47一杯水避難小屋04:4705:10天目山05:1405:25ハンギョウノ頭05:2505:33ハナド岩05:3705:44大栗山05:4406:01七跳尾根分岐06:0206:17坊主山06:1706:28酉谷山避難小屋07:0207:05酉谷峠07:0507:16行福のタオ07:1607:40滝谷の峰07:4107:46滝谷の峰ヘリポート07:4607:58水松山07:5908:09右谷ノクビレ(重松ヒラキ)08:0908:21長沢山08:2208:41桂谷ノ頭(石楠花ノ頭)08:4109:01コヤセドノ頭(犬落ノ頭)09:0109:21芋ノ木ドッケ09:2109:58大ダワ09:5810:23雲取山荘10:5611:18雲取山11:3911:41雲取山避難小屋11:4511:54小雲取山11:5412:04ヨモギノ頭12:0412:19ブナ坂12:1912:33七ツ石山12:3612:56千本ツツジ12:5613:18高丸山13:1813:48巳ノ戸ノ大クビレ13:4813:53鷹ノ巣山避難小屋14:0214:20鷹ノ巣山14:33水根山14:3314:43石尾根城山14:4314:47カラ沢ノ頭14:4714:54将門馬場14:5515:09六ツ石山分岐15:1015:24三ノ木戸林道分岐15:2415:35十二天山15:3515:49越路ノ杜15:4915:53絹笠山15:5316:02石尾根縦走路・六ツ石山登山口16:0816:11農指山16:1116:45奥多摩駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
夜間はたまにロストしました
石尾根高丸山部分は巻道通行止でした
その他周辺情報奥多摩駅コインロッカーあり
雲取山荘カップラーメンあり
過去天気図(気象庁) 2022年09月の天気図 [pdf]

写真

コインロッカーに着替えを預けてスタート。日が変わる前だったので2日分のロッカー代となってしまいました。
2022年09月16日 23:40撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コインロッカーに着替えを預けてスタート。日が変わる前だったので2日分のロッカー代となってしまいました。
数十年ぶりの本仁田山は相変わらずの急登でした。
2022年09月17日 01:08撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数十年ぶりの本仁田山は相変わらずの急登でした。
本仁田山と川苔山の間が1番わかりにくかったです。休憩するつもりで寄り道した川苔山でしたが寒くてすぐに引き返しました。
2022年09月17日 02:28撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本仁田山と川苔山の間が1番わかりにくかったです。休憩するつもりで寄り道した川苔山でしたが寒くてすぐに引き返しました。
日向沢ノ峰で前回の青梅からのコースに合流。
2022年09月17日 03:22撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向沢ノ峰で前回の青梅からのコースに合流。
蕎麦粒山からは東京の夜景がきれいに見えました。
2022年09月17日 03:55撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕎麦粒山からは東京の夜景がきれいに見えました。
ブレブレの夜景写真。
2022年09月17日 04:01撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブレブレの夜景写真。
残念ながら一杯水は枯れていましたが、まだ余裕はあり天目山へ。ちょうど明るくなってきて富士山をはじめとした眺望が広がっていました。
2022年09月17日 05:06撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残念ながら一杯水は枯れていましたが、まだ余裕はあり天目山へ。ちょうど明るくなってきて富士山をはじめとした眺望が広がっていました。
1
まだまだ雲取山は遠いです。
2022年09月17日 05:07撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ雲取山は遠いです。
奥に武甲山を眺めての天目山。
2022年09月17日 05:07撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に武甲山を眺めての天目山。
2
ようやく広がった眺望にテンションがあがります。
2022年09月17日 05:08撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく広がった眺望にテンションがあがります。
東の空は朝焼けが見事でした。
2022年09月17日 05:10撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東の空は朝焼けが見事でした。
1
酉谷山へ向かい途中で日の出となりました。
2022年09月17日 05:28撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
酉谷山へ向かい途中で日の出となりました。
雲取山からの石尾根の向こうに富士山が頭をのぞかせています。
2022年09月17日 05:33撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山からの石尾根の向こうに富士山が頭をのぞかせています。
1
きれいな酉谷山避難小屋の中でゆっくり休憩しました。
2022年09月17日 07:02撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいな酉谷山避難小屋の中でゆっくり休憩しました。
2
泊まってみたい小屋でした。
2022年09月17日 07:03撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
泊まってみたい小屋でした。
水はたっぷり出ていました。
2022年09月17日 07:04撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水はたっぷり出ていました。
ヘリポートでお待たせ中。
2022年09月17日 07:43撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘリポートでお待たせ中。
長沢山ではじめての登山者に出会いました。
2022年09月17日 08:21撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長沢山ではじめての登山者に出会いました。
1
きつい急登をこなして小屋瀬戸ノ頭に。ようやく傾斜が緩みました。
2022年09月17日 08:57撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きつい急登をこなして小屋瀬戸ノ頭に。ようやく傾斜が緩みました。
近くなった雲取山。
2022年09月17日 09:05撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近くなった雲取山。
まったく山頂ではないところにあるこの看板を探して寄り道。
2022年09月17日 09:35撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まったく山頂ではないところにあるこの看板を探して寄り道。
雲取ヒュッテからは芋の木ドッケが立派に見えます。
2022年09月17日 10:15撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取ヒュッテからは芋の木ドッケが立派に見えます。
雲取山荘でカップラーメンと持参のおにぎりでガッツリと補給。
2022年09月17日 10:33撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山荘でカップラーメンと持参のおにぎりでガッツリと補給。
他に一組しかいない静かな雲取山荘前。
2022年09月17日 10:34撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
他に一組しかいない静かな雲取山荘前。
1
雲に巻かれた雲取山頂に到着。こちらも静かで他に一人の登山者しかいませんでした。
2022年09月17日 11:18撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲に巻かれた雲取山頂に到着。こちらも静かで他に一人の登山者しかいませんでした。
2
降ってブナ坂。
2022年09月17日 12:19撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降ってブナ坂。
七ツ石山へ登り返します。
2022年09月17日 12:30撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ石山へ登り返します。
こちらも立派な石標がありました。
2022年09月17日 12:31撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらも立派な石標がありました。
2
高石山の部分のみ巻道が閉鎖されていました。
2022年09月17日 13:04撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高石山の部分のみ巻道が閉鎖されていました。
こんなに急登だったのかと思いながら高石山へ。
2022年09月17日 13:18撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなに急登だったのかと思いながら高石山へ。
ラスボスの言葉に反応した仲間に引っ張られて鷹ノ巣山へも登頂。
2022年09月17日 14:21撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラスボスの言葉に反応した仲間に引っ張られて鷹ノ巣山へも登頂。
1
長い長い下りを頑張ってようやく車道までおりました。
2022年09月17日 16:05撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い長い下りを頑張ってようやく車道までおりました。
最後はのんびり歩いて奥多摩駅到着。
2022年09月17日 16:45撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後はのんびり歩いて奥多摩駅到着。
1
撮影機材:

感想/記録
by sukena

ラン仲間が行きたいと言っていた雲取山にようやく登ってきました。雨予報に悩んでいましたが降り始めが遅くなりそうだったので仕事終わりに奥多摩駅集合で終電一本前スタート。
いきなりの本仁田山急登で削られ川苔山へは途中ロスト。このパートがきつかったです。前回青梅からのルートに合流して蕎麦粒山へ。止まると風が冷たく先へ進みます。一杯水は枯れていましたので酉谷山へ。天目山で明るくなり目指す雲取山や富士山なと眺望が広がりました。太陽が昇りようやく酉谷山避難小屋へ到着。給水とともにきれいな小屋の中で休憩。酉谷山は巻いて通過して長沢背稜を進みます。長沢山で本日はじめての登山者に出会いましたが、芋の木ドッケまででは、2人しか会いませんでした。急登をこなしてようやく芋の木ドッケに到着。芋の木ドッケ看板を探しに三峰神社方面にから巻道を通って雲取山へ向かいました。大ダワから登り返してようやく雲取山荘到着。カップラーメンを購入してオニギリと合わせてようやくひと心地。体力回復して出発。
ひと登りで雲取山頂に到着。ようやく来れた東京最高所にラン仲間がうれしそうで頑張ったかいがありました。山頂でゆっくりして奥多摩駅へ向かって下山開始しました。七ッ石山を超えて巻道が通行止の高石山に喘いで鷹ノ巣山避難小屋へ。鷹ノ巣山がラスボスと言ったら登ると言い出した仲間たちに引っ張られて山頂へ。長い長い下りを頑張ってなんとか下山。駅へ行く前にデイリーストアで乾杯してから奥多摩駅ゴール。無事に周回できました。
ゆっくりしようかと思っていたらちょうどホリデー快速が出発とのことで飛び乗っての帰宅となりました。途中かなりお待たせしてしまいましたが滅多にない3人での登山が楽しかったです。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:306人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ