また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 509073 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

中房温泉より大天井〜常念〜蝶ヶ岳まで 1泊2日の強行軍

日程 2014年09月13日(土) 〜 2014年09月14日(日)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中房Pは前日着が望ましい、今回1時ですべて満車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
11時間16分
休憩
10分
合計
11時間26分
常念小屋04:2006:25常念岳06:2710:38蝶槍11:24蝶ヶ岳・蝶槍間分岐(横尾方面)11:2612:13蝶ヶ岳ヒュッテ12:1414:18まめうち平14:1915:07ゴジラの木15:1015:40三股登山口15:4115:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所ないですが長いです、天気が良くないとまず無理でしょう。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

3:50中房温泉登山口
4人くらい人がいる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3:50中房温泉登山口
4人くらい人がいる
登山計画書を書きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山計画書を書きます
私が先発です
でも先行者いるだろう
すぐに抜かれるだろう
と思っていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私が先発です
でも先行者いるだろう
すぐに抜かれるだろう
と思っていました。
真っ暗な中第一ベンチ着
後方からは誰も来ませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ暗な中第一ベンチ着
後方からは誰も来ませんでした。
とにかく木の根がたまらんです
この付近が全体で一番嫌でした
風も無く静まり返っている・・

誰か来てくれ~
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とにかく木の根がたまらんです
この付近が全体で一番嫌でした
風も無く静まり返っている・・

誰か来てくれ~
明るくなってきました
一安心
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るくなってきました
一安心
第二ベンチ着
少し明るくなったので
休憩しました。
昨年同じ時間に登ったときは
10人以上に抜かれたのだが
今年は0人
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二ベンチ着
少し明るくなったので
休憩しました。
昨年同じ時間に登ったときは
10人以上に抜かれたのだが
今年は0人
ケーブルの下をくぐります
ここで枝の折れる音が・・
ちょっとびびる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケーブルの下をくぐります
ここで枝の折れる音が・・
ちょっとびびる。
稜線が見え始める
ここで黒い服来た登山者に
抜かれる、いきなりだったので
一瞬人か熊か判別できず
「ひゃあー」と言ってしまった。
「驚かせてすみません」と
謝られてしまいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線が見え始める
ここで黒い服来た登山者に
抜かれる、いきなりだったので
一瞬人か熊か判別できず
「ひゃあー」と言ってしまった。
「驚かせてすみません」と
謝られてしまいました。
続々抜かれて第三ベンチ
休まず行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続々抜かれて第三ベンチ
休まず行きます。
富士見ベンチ
天気がいいのに
富士山見えませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見ベンチ
天気がいいのに
富士山見えませんでした。
7:25合戦小屋に到着!
降りてくる人もいて
結構な人出です
朝早くからスイカ売ってます
皆さん結構食べています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:25合戦小屋に到着!
降りてくる人もいて
結構な人出です
朝早くからスイカ売ってます
皆さん結構食べています
結構人がいて
こんな所しか撮れない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構人がいて
こんな所しか撮れない。
槍が顔を出す
感動!!
全体を通してこの槍が
最も良かったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍が顔を出す
感動!!
全体を通してこの槍が
最も良かったです。
1
三角点から見た燕山荘
なんていい天気なんだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点から見た燕山荘
なんていい天気なんだ
安曇野方面からガスが
出てきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安曇野方面からガスが
出てきました。
燕山荘に到着
山頂は2度踏んでいるので
今回はパス、
10分休んで先へ進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山荘に到着
山頂は2度踏んでいるので
今回はパス、
10分休んで先へ進みます。
1
今朝大天井出た登山者が
続々やってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今朝大天井出た登山者が
続々やってきました。
コマクサも終わり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コマクサも終わり
今回ホシガラスが
やたらといました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回ホシガラスが
やたらといました。
大天井へ続く稜線
結構長いですよ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井へ続く稜線
結構長いですよ
蛙岩が近ずいて来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛙岩が近ずいて来ました。
1
この左側を巻きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この左側を巻きます
あっという間に蛙岩の裏へ
また長い稜線歩き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間に蛙岩の裏へ
また長い稜線歩き
大天井に取り付くまでが
長い長い
大下りを下ってから大天井に
取り付くまで1時間半もかかりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井に取り付くまでが
長い長い
大下りを下ってから大天井に
取り付くまで1時間半もかかりました。
やっと大天井にとりつく
しかしこれからがきつい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと大天井にとりつく
しかしこれからがきつい!
ひらすらガレ場の急登
暑いしバテバテ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひらすらガレ場の急登
暑いしバテバテ。
大天荘見えました。
やったー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天荘見えました。
やったー
すぐ上が山頂なのですが
結構なガレキの先です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ上が山頂なのですが
結構なガレキの先です
たまたま山頂は貸切に!
さくっと写真撮って戻ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たまたま山頂は貸切に!
さくっと写真撮って戻ります。
1
燕方面はガスに覆われました。
今回全体的にこんな感じでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕方面はガスに覆われました。
今回全体的にこんな感じでした。
常念に向け出発!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念に向け出発!
大天井と大天荘
結構高低差ありますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井と大天荘
結構高低差ありますね。
巨大な常念岳は目立ちます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨大な常念岳は目立ちます
えんえん稜線を巻いていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
えんえん稜線を巻いていきます。
これが東天井なのかな?
標識がないのでわかりませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが東天井なのかな?
標識がないのでわかりませんでした。
横通岳から見下ろす常念小屋
見えてから長かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横通岳から見下ろす常念小屋
見えてから長かった。
凄いテントの数
張り切れずに場外にはみ出しているのですが
続々増えているみたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凄いテントの数
張り切れずに場外にはみ出しているのですが
続々増えているみたい。
1
明日昇る常念
1日目はここまで
ここからは大変すぎて写真どころではありませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日昇る常念
1日目はここまで
ここからは大変すぎて写真どころではありませんでした。
4:20に大混雑の山小屋出ます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4:20に大混雑の山小屋出ます
霜が降りてます、寒い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霜が降りてます、寒い。
残念なことに日の出は見れませんでした。
私が稜線から離れていたためです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残念なことに日の出は見れませんでした。
私が稜線から離れていたためです
1
穂高に巨大な常念の影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高に巨大な常念の影
間に合いませんでしたが
まだいい感じ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間に合いませんでしたが
まだいい感じ
1
年賀状に使おうかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
年賀状に使おうかな
6
山頂は行列
しかしここを越えないと
蝶へいけません
少し焦る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は行列
しかしここを越えないと
蝶へいけません
少し焦る。
回りの写真撮ってみます
いい感じですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
回りの写真撮ってみます
いい感じですね
1
渋滞抜けて蝶へ
長い稜線歩き
見た目以上にアップダウンと距離があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋滞抜けて蝶へ
長い稜線歩き
見た目以上にアップダウンと距離があります。
1
やっと常念下りました
ここを登るのは勘弁だなと思いました
なからの急斜面です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと常念下りました
ここを登るのは勘弁だなと思いました
なからの急斜面です。
昨日前方にあった槍は後方に、
ずいぶん歩いたもんです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日前方にあった槍は後方に、
ずいぶん歩いたもんです。
1
穂高も凄い人出なんでしょうね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高も凄い人出なんでしょうね
蝶槍への上りが結構あります
標高差200mとか
牛歩で上りました。
約1時間かかりました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶槍への上りが結構あります
標高差200mとか
牛歩で上りました。
約1時間かかりました
穂高のすばらしい眺め
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高のすばらしい眺め
登りきりました
ここで昼飯
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りきりました
ここで昼飯
今回唯一食べたまともな食事
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回唯一食べたまともな食事
蝶ヶ岳に向かい稜線を行く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳に向かい稜線を行く
山頂写真を撮って
即下ります
時間が気になって
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂写真を撮って
即下ります
時間が気になって
1
かなり雲が降りてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり雲が降りてきました。
三股にタクシー予約しました。
16:30までに下らなくては。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三股にタクシー予約しました。
16:30までに下らなくては。
さようなら蝶ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さようなら蝶ヶ岳
テント場から下り始めます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場から下り始めます。
長い下りの始まり
とにかくひたすら下るだけ。
上りもつらいでしょうね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い下りの始まり
とにかくひたすら下るだけ。
上りもつらいでしょうね
1
この道は景色もありません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道は景色もありません
まめうち平
地図で1時間40分のところ
2時間かかりました
焦る焦る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まめうち平
地図で1時間40分のところ
2時間かかりました
焦る焦る。
とにかく下れ下れ〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とにかく下れ下れ〜
あと1Kの看板でゴジラと遭遇
似てる!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと1Kの看板でゴジラと遭遇
似てる!
ここで水汲みました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで水汲みました
橋をわたります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋をわたります。
ついた!
と思ったらタクシーはあと800m
下ってくださいと書いてあります
結構ショック!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついた!
と思ったらタクシーはあと800m
下ってくださいと書いてあります
結構ショック!
よろよろしながら林道歩き
4時にタクシーに乗れました。

終わった〜

と思ったら今回の核心部は
家までの夜のドライブでした
眠くて事故おこすかと思いました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よろよろしながら林道歩き
4時にタクシーに乗れました。

終わった〜

と思ったら今回の核心部は
家までの夜のドライブでした
眠くて事故おこすかと思いました

感想/記録

天気が良いという予報で急遽決めました。
しかし皆同じ考えのようで大混雑でした。

私は非常に足が遅いので時間は参考にしないでください。

13日1時に中房温泉に着いたのですが第3Pに止めたのですがもう満車状態でした。
路駐も出始めてたような。

3時に起きて登山口まで600m歩きです、
これがいいウォーミングアップになりました。

昨年同じ時期に同じような時間でスタートしたのですが
後ろからどんどん人が来て抜かれましたが
今年は第二ベンチ過ぎるまで単独でした。

明るくなってくると稜線がはっきり見え素晴らしい一日になる予感がして
ワクワクしました。
合戦小屋からは下る人もいました。
すれ違いは蝶ヶ岳を下るまでずっと続きました。
とにかく人が凄かったです。

燕〜大天井は近くに見えてもとにかく長い!
大下りからとりつきまで1.5時間もかかるとは思いませんでした。
天気もよく半袖でも暑い位でした。
ここで常念から来た方に「この時間なら行けるよ」
といわれ励みになりました。
大天荘で休んでる間にテント場がどんどん埋まっていきました。
お昼でこれか〜と思いました。

大天井〜常念はガスで左半分は見えませんでした。
稜線上を歩くのですが山を回りこむと次ぎの山が見え、
また回り込むと次ぎの山が見えの繰り返しでちょっとうんざりでした。

常念小屋に4時に着いたのですが定員220のところ510泊まるとのことで
大混乱状態でした。
夕飯9時といわれ素泊まりに、ソーセージ1本で我慢しました。
結局寝袋わたされ廊下で寝ました、が静かでよかったのかなとも思いました。
中は1畳3人とも聞きました。

14日は4時20分常念に向けスタートしましたがすでに大勢の人が出てきました。
寒くて霜が降りていました。
道もちょっと人が多いのですがそれでも道がよく分からずマイペースは無理な感じ。
日の出のとき稜線の反対側にいたため見れませんでした。
山頂は記念撮影の行列でした、蝶ヶ岳へ向かう道が山頂を越えているので
並ばざるを得ませんでした。
常念の下りは長く急でハードでした、ここは登りたくないと思うほどでした。
蝶槍までアップダウン結構あります、嫌になるほどです。
常念から見るとそぐそこに見えるのですが・・・

蝶槍で昼飯にしました、これが唯一のまともな食事で
あとは全部行動食のようなものでした。

蝶ヶ岳ヒュッテでタクシー予約しようと思ったら
「ドコモは繋がるので、ご自分でお願いします。」
と言われ下り4.5時間みて予約しました。

まめうち平まで2時間かかったため間に合うのかあせりました。
足が動かなくなってきたので焦る焦る。
落ち着け、落ち着けと言い聞かせながら4時に下山しました。
すぐに車を出していただき助かりました。
三股〜中房は¥10800でした。

このコース1泊2日はきつかったです。
時間優先で休憩も食べたり飲んだりしたら即出立でした。
天気に助けられました。
このあと家までのドライブはつらいものがありました。
ちょっと体にハンデのある自分には無茶だったのかなと思いました。


訪問者数:534人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/2/17
投稿数: 967
2014/9/17 21:55
 健脚ですね。
こんばんは、初めまして。
ロングコースを1泊2日とは健脚ですね。
それにしても凄い人出でしたね(´・ω・`)
登録日: 2012/8/26
投稿数: 21
2014/9/18 21:17
 メールありがとうございます
初めまして。
本当に凄い人出でした。
景色もよかったのですが、この人出でもういいやって感じです。
天気に助けられて何とか歩けました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ