また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 509076 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

子連れ(8歳)で南八ヶ岳縦走(硫黄岳〜横岳〜赤岳〜阿弥陀岳)

日程 2014年09月13日(土) 〜 2014年09月14日(日)
メンバー 子連れ登山, その他メンバー2人
天候1日目:晴れのちガス
2日目:晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
三連休で混むことが分かっていたので、山のこ荘で前泊(テント泊)。
案の定、土曜日は5時から駐車待ちの車が数珠つなぎでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
1日目:山のこ村6:05-8:00赤岳鉱泉8:15-9:30赤岩の頭9:40-10:10硫黄岳山頂10:15-10:35硫黄岳山荘11:25-12:20横岳山頂12:25-13:50赤岳展望荘
2日目:赤岳展望荘6:10-6:45赤岳山頂7:10-8:05中岳分岐8:10-8:25中岳山頂-8:50阿弥陀岳コル8:55-9:20阿弥陀岳山頂9:30-10:10阿弥陀岳コル10:20-11:00行者小屋11:35-13:10美濃戸山荘13:25-13:30山のこ村
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 岩場が多いコースだったので 息子用のヘルメットを持参。阿弥陀岳は落石のリスクも高いと思うので ヘルメットはあった方がいいです!

写真

初日は北沢ルートから硫黄岳〜横岳〜赤沢展望荘まで。
さあ、がんばるぞー!!
2014年09月13日 06:02撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初日は北沢ルートから硫黄岳〜横岳〜赤沢展望荘まで。
さあ、がんばるぞー!!
6
陽の光を浴びた木々たちに囲まれて歩くのは気分いいです。
2014年09月13日 07:28撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽の光を浴びた木々たちに囲まれて歩くのは気分いいです。
1
赤岳鉱泉に近づくに連れ、沢の色が赤色に!
2014年09月13日 07:42撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉に近づくに連れ、沢の色が赤色に!
1
いざ硫黄岳へ向けて出発!
ここからが初日本番。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いざ硫黄岳へ向けて出発!
ここからが初日本番。
赤沢鉱泉から硫黄岳まので上りは、急登が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤沢鉱泉から硫黄岳まので上りは、急登が続きます。
3
とにかく、延々と急登が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とにかく、延々と急登が続きます。
2
赤岳鉱泉から1時間弱で視界が開け、硫黄岳〜横岳のキレイな稜線が!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉から1時間弱で視界が開け、硫黄岳〜横岳のキレイな稜線が!
3
横岳〜赤岳シルエットもばっちりでした!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳〜赤岳シルエットもばっちりでした!
2
赤岩の頭。
ここ、景観が最高に良い場所です。大好きな場所!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩の頭。
ここ、景観が最高に良い場所です。大好きな場所!
9
赤岩の頭から硫黄岳へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩の頭から硫黄岳へ。
1
1つ目のてっぺん。
硫黄岳山頂に到着!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1つ目のてっぺん。
硫黄岳山頂に到着!
4
硫黄岳から横岳に続く稜線。
遠目では真っ直ぐに見えるけど、ガレガレの結構歩きにくい感じデス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳から横岳に続く稜線。
遠目では真っ直ぐに見えるけど、ガレガレの結構歩きにくい感じデス。
2
硫黄岳へ。
息子、あまり経験のないトラバース。ちょい慎重気味。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳へ。
息子、あまり経験のないトラバース。ちょい慎重気味。
7
トラバース直後。
結構痩せた場所デス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバース直後。
結構痩せた場所デス。
6
このハシゴ、高さはさほど無いのですが・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このハシゴ、高さはさほど無いのですが・・・
3
上りきった後が平坦で、何ていうか・・・
変に三点支持しようとすると、体制がこんなんなります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上りきった後が平坦で、何ていうか・・・
変に三点支持しようとすると、体制がこんなんなります。
2つ目のてっぺん。
横岳山頂に到着!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2つ目のてっぺん。
横岳山頂に到着!
10
横岳〜赤岳は急な下りが多いです。
鎖場も何か所かあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳〜赤岳は急な下りが多いです。
鎖場も何か所かあります。
この鎖場が長かった!
やっぱり、岩場は上りより下りの方が難しいデス・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この鎖場が長かった!
やっぱり、岩場は上りより下りの方が難しいデス・・・
2
赤岳もてっぺんはガスの中に・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳もてっぺんはガスの中に・・・
1日目の宿泊場所、赤岳展望荘に到着〜〜!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1日目の宿泊場所、赤岳展望荘に到着〜〜!!
1
展望荘では、生ビール飲めちゃいます!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望荘では、生ビール飲めちゃいます!!
4
2日目早朝。
ド・ピーカンの兆し!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目早朝。
ド・ピーカンの兆し!!
5
葡萄色に染まる空に、富士山のシルエット。
やっぱり富士山は登る山じゃなく、見る山だ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葡萄色に染まる空に、富士山のシルエット。
やっぱり富士山は登る山じゃなく、見る山だ!
17
朝日を浴びて、真っ赤に染まる赤岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日を浴びて、真っ赤に染まる赤岳。
15
2日目もがんばるぞ〜!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目もがんばるぞ〜!!
4
赤岳直下は結構な急登。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳直下は結構な急登。
2
人が多く、登り下りと入り乱れ状態。
渋滞も発生デス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人が多く、登り下りと入り乱れ状態。
渋滞も発生デス。
2
この後登る阿弥陀岳を視察。
赤岳降りてから、あれを上り返すのか・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後登る阿弥陀岳を視察。
赤岳降りてから、あれを上り返すのか・・・
5
前日歩いた、硫黄岳〜横岳方面。
稜線がきれいです!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日歩いた、硫黄岳〜横岳方面。
稜線がきれいです!!
7
3つ目のてっぺん
赤岳山頂に到着〜〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3つ目のてっぺん
赤岳山頂に到着〜〜
5
赤岳山頂より!
気分爽快です!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山頂より!
気分爽快です!!
2
赤岳山頂から阿弥陀岳へ。
のっけから、かなり急な下りになります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山頂から阿弥陀岳へ。
のっけから、かなり急な下りになります。
赤岳山頂〜中岳分岐までの下り。
かなりの傾斜な上、登りと下りが入り乱れ、渋滞も頻繁に発生。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山頂〜中岳分岐までの下り。
かなりの傾斜な上、登りと下りが入り乱れ、渋滞も頻繁に発生。
1
鎖場の下りが、まだ上手でない息子。
すぐに腰を落として尻すべりしようとしちゃいます・・・
後ろに並んでいた方々、時間かけてすいませんでした。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場の下りが、まだ上手でない息子。
すぐに腰を落として尻すべりしようとしちゃいます・・・
後ろに並んでいた方々、時間かけてすいませんでした。。
1
中岳上りの途中。
権現岳がキレイです!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳上りの途中。
権現岳がキレイです!
中岳てっぺんに到着〜〜
ここから再度下ってから、最後の阿弥陀岳へ向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳てっぺんに到着〜〜
ここから再度下ってから、最後の阿弥陀岳へ向かいます。
1
うっは〜!
コレ上り返すのかー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うっは〜!
コレ上り返すのかー
2
中岳と阿弥陀岳のコル。
ここでザックをデポ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳と阿弥陀岳のコル。
ここでザックをデポ。
1
阿弥陀岳、まずはハシゴ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳、まずはハシゴ。
1
ハシゴが終わったら、岩場の連続。
気を抜くと石落としそうだし、上からも石落ちてくるし・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハシゴが終わったら、岩場の連続。
気を抜くと石落としそうだし、上からも石落ちてくるし・・・
3
阿弥陀岳は、とにかく浮いている小石が多いです。
落とさないように、神経使いっぱなし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳は、とにかく浮いている小石が多いです。
落とさないように、神経使いっぱなし。
1
4つ目のてっぺん
阿弥陀岳山頂に到着〜〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4つ目のてっぺん
阿弥陀岳山頂に到着〜〜
3
やっぱり、こういう山は上りより下りが怖い。
特に阿弥陀岳は、石を落としそうで怖い!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり、こういう山は上りより下りが怖い。
特に阿弥陀岳は、石を落としそうで怖い!
3
慎重に、慎重に下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慎重に、慎重に下ります。
2
最後のハシゴを降りたら、阿弥陀岳もおしまい!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後のハシゴを降りたら、阿弥陀岳もおしまい!!
1
阿弥陀岳からは行者小屋へ。
しょっぱな、何とも奇怪なロープ2本で下る場所が。
慣れてないので、どうにもやりにくい・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳からは行者小屋へ。
しょっぱな、何とも奇怪なロープ2本で下る場所が。
慣れてないので、どうにもやりにくい・・・
行者小屋へ到着〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋へ到着〜
赤岳から阿弥陀岳を経由する場合、行者小屋まで山小屋ないです。食事ももちろんですが、トイレも無いので赤岳山頂荘では必ず行っておきましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳から阿弥陀岳を経由する場合、行者小屋まで山小屋ないです。食事ももちろんですが、トイレも無いので赤岳山頂荘では必ず行っておきましょう。
5
行者小屋から南沢ルートで美濃戸まで。
かなりのハイスピードで勝手に進んで行ってしまう息子。
体力は問題なさそう。やはり課題は鎖場と岩場の下りだ・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋から南沢ルートで美濃戸まで。
かなりのハイスピードで勝手に進んで行ってしまう息子。
体力は問題なさそう。やはり課題は鎖場と岩場の下りだ・・・
八ヶ岳と言えば苔!
トトロがでてきそうな木々と苔の中を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳と言えば苔!
トトロがでてきそうな木々と苔の中を進みます。
1
南沢は北沢と違って、また面白いルートです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南沢は北沢と違って、また面白いルートです。
美濃戸山荘を超え、山のこ村へ無事帰還。
充実の八ヶ岳縦走でした!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸山荘を超え、山のこ村へ無事帰還。
充実の八ヶ岳縦走でした!
6

感想/記録

八ヶ岳4山の縦走に、1泊2日で行ってきました。
三連休ということで、かなりの混雑っぷり。
赤岳山頂〜中岳のふもとまでと、阿弥陀岳の往復はしばしば渋滞が発生してました。

息子はかなり足はタフになってきたので、1日目の赤岳鉱泉から赤岩の頭までの急登は、休憩なしのノンストップ。かなり早く登ることができました。

ただ、やっぱり岩場と鎖場の下りは小さい子には難所。
8歳の息子は身長が130cmちょいで、赤岳から中岳のふもとまでの下りは、身長的に足が届くか届かないかの場所が何か所かありました。

一番神経使ったのは、阿弥陀岳の下り。
浮いてる小石が多いです。気を抜くと落とします。
外人さんがすごい勢いでガシガシ登って行きましたが、結構な大きさの石を、かなり落としてました。
子連れの場合は、ヘルメット持っていった方がいいです。

4つ登ると、やっぱり充実感があります!
天候にも恵まれ、楽しい登山となりました!!

↓ブログを書いてみたので、是非見てみてください!
http://asobooow.com/blog-entry-443.html
訪問者数:1879人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ