また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 509881 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

白馬連峰縦走 不帰ノ嶮 (栂池→八方)

日程 2014年09月12日(金) 〜 2014年09月14日(日)
メンバー
 you
天候9/12(金)曇り時々晴れ間
9/13(土)晴れのちガス時々晴れ間のち雨(みぞれ?)
9/14(日)晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク、 ケーブルカー等
【アクセス】3:20自宅ー8:50八方第5駐車場(213km)
【駐車場】八方第5駐車場、広い、50台は停められるかな。無料、トイレあり。
八方バスターミナルまで歩いて3分。(ちなみに第2駐車場はバスターミナルの目の前。)
【八方→栂池】9/12 9:30八方バスターミナル→9:50栂池高原。@520円
【栂池ゴンドラ・ロープウェイ】@1,920円+330円(15kg以上荷物料)=2,250円
【八方リフト・ゴンドラ】@1,550円+440円(15kg以上荷物料)=1,990円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

【9/12(金)】
栂池自然園駅(11:00)・・・(12:15)天狗原(12:30)・・・白馬乗鞍岳(13:40)・・・白馬大池山荘(14:10)

【9/13(土)】
白馬大池山荘(07:20)・・・(09:20)小蓮華山(09:25)・・・(10:10)三国境(10:15)・・・(11:05)白馬岳(11:10)・・・(11:25)白馬山荘(11:50)・・・村営頂上宿舎(12:05)・・・(13:25)杓子岳(13:30)・・・鑓ヶ岳(14:30)・・・鑓温泉分岐(14:50)・・・天狗平(15:15)

【9/14(日)】
天狗平(06:00)・・・(06:20)天狗の頭・・・(06:55)天狗の大下り(07:05)・・・不帰キレット(07:40)・・・(08:15)不帰一峰(08:20)・・・(09:10)不帰二北峰(09:15)・・・不帰二南峰(09:40)・・・(10:40)唐松岳(10:50)・・・(11:10)唐松岳頂上山荘(11:20)・・・(12:00)丸山(12:05)・・・(13:00)第三ケルン(13:05)・・・八方池山(13:20)・・・八方池山荘(14:05)
コース状況/
危険箇所等
【テン場】
・白馬大池山荘:700円/人。水@無料(池の水を消毒、そのまま飲用した)。トイレ、ペーパー有り。
・天狗山荘:1,000円/人。水@無料(雪田の融水、そのまま飲用した)。トイレ、ペーパー有り。
【ルート】
・天狗の大下り〜唐松岳は破線ルート。
・不帰二北峰は時間的にちょうど登り下りが交錯し、交互通行で待ち時間発生。
その他周辺情報【温泉】ぽかぽかランド美麻@600円。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ヘッドランプ 予備電池 ガイド地図 コンパス ライター ナイフ 保険証 飲料(1.5L(0.5L消費)/日) ティッシュ バンドエイド タオル 携帯電話 雨具 防寒着 スパッツ 手袋 ストック ビニール袋 替え衣類 シュラフ ザックカバー クマよけ鈴 食器 水筒 時計 日焼け止め 非常食 テント テントマット ランタン・マントル コンロ ガスカートリッジ コッヘル(鍋) ローソク ラジオ カメラ ポリタンク
備考 【服装】登り:(上着)ドライアンダー+半袖シャツ+アームカバー。(下)CWX+短パン。
下り:(上着)登り+レインウェア。(下)同登り。
夜:(上着)登り+フリース+ダウン。(下)登り+長ズボン。
テント内:シュラフ#3+保冷バック(足)+エマージェンシーシート。
フライシート凍る。テント内に干した濡れ物乾かず。
※シュラフカバー、ニット帽、ニット手袋の必要性を感じた。

写真

栂池自然園から入山。
さっきまで晴れてたけど、曇り空に。
2014年09月12日 11:00撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栂池自然園から入山。
さっきまで晴れてたけど、曇り空に。
北アルプスの道は,足に優しいね。
2014年09月12日 11:17撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスの道は,足に優しいね。
天狗原とハクノリの稜線。
2014年09月12日 12:15撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗原とハクノリの稜線。
1
天狗原の祠と今回山行終点の唐松岳方面。
2014年09月12日 12:25撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗原の祠と今回山行終点の唐松岳方面。
1
天狗原湿原は草紅葉が始まってました。
2014年09月12日 12:30撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗原湿原は草紅葉が始まってました。
2
5年ぶり。
2009年04月18日 11:59撮影 by W62CA, KDDI-CA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5年ぶり。
ナナカマドも色付き。
2014年09月12日 12:32撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドも色付き。
1
ハクノリ手前のゴロゴロ岩と雪田。
2014年09月12日 13:17撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクノリ手前のゴロゴロ岩と雪田。
白馬乗鞍岳。
奥に小蓮華、白馬。
2014年09月12日 13:38撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬乗鞍岳。
奥に小蓮華、白馬。
大池と赤屋根の山荘。
2014年09月12日 13:47撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大池と赤屋根の山荘。
大池と小蓮華山。
2014年09月12日 14:07撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大池と小蓮華山。
1
本日の締めくくりはコレ@800円/500ml。
2014年09月12日 14:56撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の締めくくりはコレ@800円/500ml。
1
テン場の様子。幕営料@700円。
2014年09月12日 15:04撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場の様子。幕営料@700円。
日を受けて光る、チングルマの綿毛。
2014年09月12日 15:55撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日を受けて光る、チングルマの綿毛。
これから歩く、稜線。
2014年09月13日 07:34撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから歩く、稜線。
7月に歩いた、栂池自然園の全景。
2014年09月13日 08:13撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7月に歩いた、栂池自然園の全景。
気分のイイ稜線歩き。
2014年09月13日 08:20撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気分のイイ稜線歩き。
1
小蓮華山。
2014年09月13日 09:18撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小蓮華山。
1
三国境から雪倉・朝日への稜線。
ココも歩きたいね。
2014年09月13日 10:17撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国境から雪倉・朝日への稜線。
ココも歩きたいね。
1
強力伝、新田次郎。
2014年09月13日 11:04撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強力伝、新田次郎。
道端にひょっこり登場!
だいぶ人にスレてる感じが・・・。
2014年09月13日 11:20撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道端にひょっこり登場!
だいぶ人にスレてる感じが・・・。
1
白馬岳頂上宿舎。テン場は大盛況。
天狗のテン場は空いてるかな?心配だ。
2014年09月13日 12:03撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳頂上宿舎。テン場は大盛況。
天狗のテン場は空いてるかな?心配だ。
時々ガスが晴れて杓子がボンヤリと。
2014年09月13日 12:25撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々ガスが晴れて杓子がボンヤリと。
大雪渓、まだまだ行列で登ってくる。
2014年09月13日 12:27撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雪渓、まだまだ行列で登ってくる。
杓子岳。
山頂手前のガレ場はきつかったね。
2014年09月13日 13:24撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杓子岳。
山頂手前のガレ場はきつかったね。
白馬鑓ヶ岳。
ガスガスで展望なし。スルー。
2014年09月13日 14:29撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬鑓ヶ岳。
ガスガスで展望なし。スルー。
鑓から天狗山荘までが意外に遠い。
2014年09月13日 14:40撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鑓から天狗山荘までが意外に遠い。
天狗山荘とテン場。
スペースありそうだけど、近づくとそうでもなかった。
2014年09月13日 15:12撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗山荘とテン場。
スペースありそうだけど、近づくとそうでもなかった。
4時起床。
テントを撤収中に御来光。
フライシートが凍ってパリパリで、荷が重くなった。
2014年09月14日 05:28撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4時起床。
テントを撤収中に御来光。
フライシートが凍ってパリパリで、荷が重くなった。
2
寒いわけだ、池に氷が張っていた。
2014年09月14日 05:55撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒いわけだ、池に氷が張っていた。
1
良く晴れてます。
鑓がよく見える。
2014年09月14日 05:59撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良く晴れてます。
鑓がよく見える。
神々しい雲海の世界。
2014年09月14日 06:08撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神々しい雲海の世界。
1
雲海の向こう、八ヶ岳の隣に富士山。
2014年09月14日 06:08撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海の向こう、八ヶ岳の隣に富士山。
1
天狗の頭の奥に劔岳。
早い時間は展望が利きます。
2014年09月14日 06:21撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の頭の奥に劔岳。
早い時間は展望が利きます。
1
本日のルート、鹿島槍、槍・穂高まで見渡せる。
2014年09月14日 06:21撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日のルート、鹿島槍、槍・穂高まで見渡せる。
剱、立山連峰。
2014年09月14日 06:23撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱、立山連峰。
1
不帰ノ嶮、メインディッシュの始まり。
2014年09月14日 08:13撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰ノ嶮、メインディッシュの始まり。
ヘルメットおじさん降臨。
さあ、行きますか!
2014年09月14日 08:16撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘルメットおじさん降臨。
さあ、行きますか!
先頭の方が、対向者のスレ違いを的確にテキパキとこなして、スムーズに不帰ノ嶮を通過できました。
ありがとうございました。
2014年09月14日 08:31撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先頭の方が、対向者のスレ違いを的確にテキパキとこなして、スムーズに不帰ノ嶮を通過できました。
ありがとうございました。
たぶん、不帰一峰。
振り返り。
2014年09月14日 08:43撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たぶん、不帰一峰。
振り返り。
不帰二南峰と唐松岳、ゴールが見えてきた。
2014年09月14日 09:16撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰二南峰と唐松岳、ゴールが見えてきた。
不帰二南峰、ここは広いね。
2014年09月14日 09:42撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰二南峰、ここは広いね。
唐松岳。
賑やかだったね。
2014年09月14日 10:39撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳。
賑やかだったね。
唐松岳頂上山荘とテン場。
山荘前は鈴なりの人人人。
2014年09月14日 11:05撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳頂上山荘とテン場。
山荘前は鈴なりの人人人。
こちらも色付いてきたね。
2014年09月14日 11:50撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらも色付いてきたね。
丸山ケルンも大混雑。
2014年09月14日 12:06撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山ケルンも大混雑。
季節は違うけど、晴れてればこんな感じに歩いてきた三山が見えたはず。
2008年03月08日 15:59撮影 by Canon PowerShot A530, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
季節は違うけど、晴れてればこんな感じに歩いてきた三山が見えたはず。
1
八方池、水面に映る山並みをいつか見たい。
2014年09月14日 13:22撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池、水面に映る山並みをいつか見たい。
今回の山行で歩いてきた道のり。
2014年09月14日 13:25撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の山行で歩いてきた道のり。
おつかれさまでした。
2014年09月14日 15:31撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おつかれさまでした。

感想/記録
by you

今夏シーズンは週末のたびに天気が悪く、初テン泊。

9/12(金)
ゴンドラ・ロープウェイでちょっとラクして、栂池自然園からスタート。
北アルプスの登山道はよく整備されていて、足に優しく歩きやすいね。
天狗原の湿原は草紅葉が始まっていてイイ感じ。
ゴロゴロとした岩の道を登りきると、とても広い白馬乗鞍岳山頂。
大きなケルンの横に山頂標識、遠くに白馬岳が見える。
ほどなく白馬大池に、池の畔には花がまだまだ咲いていた。
白馬大池山荘のテン場は、下地が土でフラット、快適そのもの。

9/13(土)
今日は稜線を辿って三山縦走。
朝は晴れていたが、小蓮華山に着く頃にはガスが湧き長野側は展望利かない。一方、新潟・富山側はスッキリと日本海まで見渡せる。
三国境から延びる雪倉・朝日への稜線も魅力的。
白馬岳では「強力伝」に触れる。
白馬山荘のレストラン スカイプラザ白馬はクラシックが流れる落ち着いた処。ゆっくりしたいけど、今日の行程のまだ半分なので昼飯食べて、先を急ぐ。
白馬頂上宿舎のテン場を覗くと12時で満たん。
ここから先は人が減って静かになった。
杓子岳の山頂手前のガレ場は今回で唯一嫌な道だった。
杓子も鑓もガスで展望なく、スルー。
天狗山荘の手前からみぞれのような冷たい雨に降られ、雨の中テント設営。濡れ物は干しても朝まで乾くことはなかった。
夜は冷え込み、エマージェンシーシートをシュラフの上に掛けて寒さを凌いだ。

9/14(日)
4時起床、星がキレイだ、よく晴れている。
今日はメインイベント、飯をしっかり食べ、テント撤収。
久々の山の上のご来光が、心に染み入る。
フライシートがパリパリに凍り、少し重くなったザックを背負い、出発。
雲海の彼方には八ヶ岳と富士山、神々しい世界。
天狗の頭からは剱・立山・槍・穂高と見渡せる。とてもイイ天気だ!
不帰ノ嶮は登り下りの交差のピークが核心部の2北峰とちょうど重なった。
先頭の方が的確にテキパキとやり取りしてくれたおかげでスムーズに交差できた。感謝。
2峰、3峰と登り返しに息も絶え絶えに歩を進めると、人で賑やかな唐松岳に到着。この時間になるとガスが湧き展望はなし。
あとは八方池山荘のリフトまで下るのみ、がんばれえ。
膝が限界に達したところでゴール。
リフト・ゴンドラが本当にありがたかった。

総じて、天気に恵まれた事と、自分の脚力にマッチした行程により、満足できる山行だったといえる。
訪問者数:592人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ