また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 510215 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走北陸

「高天原」と「雲ノ平」で2泊 ☆オマケで赤牛岳(9/12-14)

日程 2014年09月12日(金) 〜 2014年09月14日(日)
メンバー
天候3日間とも晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新穂高温泉 深山荘横無料駐車場がいっぱいのため有料第二駐車場に駐車。
左俣林道入口も路駐多い。9/14下山時、深山荘からトンネル内もバス停まで路駐続く。(このためトランシーバーを持った交通整理の人が出て渋滞)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間56分
休憩
22分
合計
10時間18分
Sスタート地点05:1306:22小池新道入口06:59秩父沢出合07:10チボ岩07:1107:49シシウドヶ原07:5008:26鏡平山荘09:11弓折乗越09:1209:22花見平09:32くろゆりベンチ09:53双六小屋10:0610:21双六岳巻道分岐10:2211:08双六岳11:1111:30中道分岐12:09三俣蓮華岳12:1012:15三俣峠12:55三俣山荘13:14黒部川水源地標14:08岩苔乗越14:12岩苔小谷水場14:1314:57水晶池分岐15:27高天原分岐15:31高天原山荘
2日目
山行
9時間10分
休憩
14分
合計
9時間24分
高天原山荘06:1806:41竜晶池06:4907:00高天原温泉07:0109:10温泉沢ノ頭09:1111:13赤牛岳12:41温泉沢ノ頭12:4213:27水晶岳13:2813:53水晶小屋14:14ワリモ北分岐14:1514:19岩苔乗越14:2014:52祖父岳15:06祖父岳分岐15:27スイス庭園15:42雲ノ平山荘
3日目
山行
8時間21分
休憩
2分
合計
8時間23分
雲ノ平山荘06:3406:51スイス庭園07:17祖父岳分岐07:1807:42祖父岳08:03岩苔乗越08:0408:13ワリモ北分岐08:27ワリモ岳08:53鷲羽岳11:26双六小屋12:13弓折乗越12:40鏡平山荘14:00小池新道入口14:12わさび平小屋14:20笠新道登山口14:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
【1日目コースタイム】
新穂高第二駐車場 5:13
鏡池    8:20〜8:25(5)
双六小屋  9:53〜10:06(13)
双六岳   10:55〜11:21(26)
三俣蓮華岳 12:05〜12:09(4)
三俣山荘  12:37〜12:55(18)
岩苔乗越  14:09
高天原山荘 15:31
  登山時間 10:18(1:06)

【2日目コースタイム】
高天原山荘 6:18
夢ノ平   6:42〜6:47(5)
高天原温泉 7:06
温泉沢ノ頭 9:06〜9:10(4)
赤牛岳   10:39〜11:13(34)
温泉沢ノ頭 12:40
水晶岳   13:27〜13:34(7)
岩苔乗越  14:00
祖父岳   14:52
雲ノ平山荘 15:42
  登山時間  9:24(1:40)

【3日目コースタイム】
雲ノ平山荘 6:34
祖父岳   7:41〜7:43(2)
ワリモ岳  8:27
鷲羽岳   8:53〜9:00(7)
三俣山荘  9:34
双六小屋  11:08〜11:25(17)
鏡池    12:39
新穂高第二駐車場 14:57
  登山時間  8:23(26)


GPSログは、3日目の鷲羽岳〜新穂高間は電源オフによる
データ欠損のため、時刻を合わせたダミーデータ。
コース状況/
危険箇所等
高天原から温泉沢ノ頭への温泉沢→樹林帯→尾根と進んだ、ザレた尾根はグリップ難しく滑落の危険あり。
その他周辺情報ひらゆの森に入浴。(500円+ロッカー代100円)
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

◆途中の小池新道から見えた焼岳と乗鞍岳
2014年09月12日 07:51撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆途中の小池新道から見えた焼岳と乗鞍岳
1
◆鏡池に写る逆さ槍ヶ岳
2014年09月12日 08:20撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆鏡池に写る逆さ槍ヶ岳
7
◆鏡池に写る逆さ奥穂、ジャン
2014年09月12日 08:25撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆鏡池に写る逆さ奥穂、ジャン
3
◆鏡平山荘
2014年09月12日 08:28撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆鏡平山荘
◆弓折乗越からの槍ヶ岳
2014年09月12日 09:11撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆弓折乗越からの槍ヶ岳
1
槍穂高連峰
2014年09月12日 09:20撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍穂高連峰
1
◆双六小屋への登山道、バックに鷲羽岳
2014年09月12日 09:45撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆双六小屋への登山道、バックに鷲羽岳
5
◆双六小屋、バックに鷲羽岳
2014年09月12日 09:50撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆双六小屋、バックに鷲羽岳
1
◆双六小屋を見下ろす先に樅沢岳
2014年09月12日 10:12撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆双六小屋を見下ろす先に樅沢岳
1
◆双六岳と巻き道の分岐
2014年09月12日 10:21撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆双六岳と巻き道の分岐
◆双六岳への途中で雷鳥がお迎え
2014年09月12日 10:39撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆双六岳への途中で雷鳥がお迎え
1
◆双六岳
2014年09月12日 10:57撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆双六岳
2
◆三俣蓮華岳
2014年09月12日 12:08撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆三俣蓮華岳
1
◆三俣峠から見上げる三俣蓮華岳
2014年09月12日 12:15撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆三俣峠から見上げる三俣蓮華岳
◆鷲羽岳、麓に三俣山荘
2014年09月12日 12:26撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆鷲羽岳、麓に三俣山荘
9
◆麓の三俣山荘から見上げる鷲羽岳
2014年09月12日 12:56撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆麓の三俣山荘から見上げる鷲羽岳
◆黒部源流の石標
2014年09月12日 13:12撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆黒部源流の石標
◆ここの岩苔乗越から下ります、バックに薬師岳
2014年09月12日 14:09撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆ここの岩苔乗越から下ります、バックに薬師岳
◆登山道を外れること約10分にある水晶池にて逆さ水晶岳
2014年09月12日 15:01撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆登山道を外れること約10分にある水晶池にて逆さ水晶岳
6
◆高天原の池塘
2014年09月12日 15:30撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆高天原の池塘
1
◆高天原山荘に到着
2014年09月12日 15:31撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆高天原山荘に到着
2
◆高天原温泉(囲いがある男女別露天風呂と、外にあと2つ露天風呂)
2014年09月12日 16:04撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆高天原温泉(囲いがある男女別露天風呂と、外にあと2つ露天風呂)
2
◆高天原温泉(男子の露天風呂にて)
2014年09月12日 16:14撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆高天原温泉(男子の露天風呂にて)
7
◆高天原山荘の夕食、ランプの灯りで食べました
2014年09月12日 17:34撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆高天原山荘の夕食、ランプの灯りで食べました
2
◆高天原山荘の朝食
2014年09月13日 05:31撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆高天原山荘の朝食
1
◆高天原山荘にて記念写真
2014年09月13日 06:10撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆高天原山荘にて記念写真
1
◆高天原から見える水晶岳
2014年09月13日 06:26撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆高天原から見える水晶岳
2
◆夢ノ平にある龍晶池は神秘的
2014年09月13日 06:42撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆夢ノ平にある龍晶池は神秘的
3
◆夢ノ平と龍晶池分岐
2014年09月13日 06:42撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆夢ノ平と龍晶池分岐
◆夢ノ平
2014年09月13日 06:46撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆夢ノ平
◆夢ノ平の池塘
2014年09月13日 06:47撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆夢ノ平の池塘
1
◆温泉沢の高天原温泉、手前は外の露天風呂の一つ
2014年09月13日 07:02撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆温泉沢の高天原温泉、手前は外の露天風呂の一つ
2
◆温泉沢を稜線まで登ります
2014年09月13日 07:35撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆温泉沢を稜線まで登ります
◆温泉沢からロープを登り樹林帯の急登に入ります
2014年09月13日 07:41撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆温泉沢からロープを登り樹林帯の急登に入ります
1
◆樹林帯を抜けて尾根を登ります(ザレていて危険)
2014年09月13日 08:19撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆樹林帯を抜けて尾根を登ります(ザレていて危険)
1
◆温泉沢ノ頭から見える黒部五郎岳
2014年09月13日 09:02撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆温泉沢ノ頭から見える黒部五郎岳
2
◆温泉沢ノ頭
2014年09月13日 09:10撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆温泉沢ノ頭
◆温泉沢ノ頭から赤牛岳への稜線
2014年09月13日 09:10撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆温泉沢ノ頭から赤牛岳への稜線
2
◆温泉沢ノ頭から水晶岳への稜線、その先には槍ヶ岳
2014年09月13日 09:59撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆温泉沢ノ頭から水晶岳への稜線、その先には槍ヶ岳
◆赤牛岳山頂から水晶岳方面
2014年09月13日 10:41撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆赤牛岳山頂から水晶岳方面
◆赤牛岳にて記念写真
2014年09月13日 10:42撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆赤牛岳にて記念写真
1
◆赤牛岳から見える薬師岳、登山道右側は読売新道へ
2014年09月13日 10:44撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆赤牛岳から見える薬師岳、登山道右側は読売新道へ
2
◆赤牛岳を下った縦走路にて
2014年09月13日 11:25撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆赤牛岳を下った縦走路にて
2
◆水晶岳にて
2014年09月13日 13:29撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆水晶岳にて
3
◆水晶小屋
2014年09月13日 13:54撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆水晶小屋
2
◆雲ノ平の雲ノ平山荘
2014年09月13日 15:30撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆雲ノ平の雲ノ平山荘
1
◆雲ノ平から見える水晶岳
2014年09月13日 15:31撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆雲ノ平から見える水晶岳
2
◆雲ノ平山荘でくつろぐ登山者たち、向かいは三俣蓮華岳

2014年09月13日 16:05撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆雲ノ平山荘でくつろぐ登山者たち、向かいは三俣蓮華岳

◆雲ノ平山荘の食堂

2014年09月13日 16:05撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆雲ノ平山荘の食堂

◆雲ノ平山荘の寝室、この日は布団一人一枚ありました
2014年09月13日 17:15撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆雲ノ平山荘の寝室、この日は布団一人一枚ありました
4
◆雲ノ平山荘の夕食
2014年09月13日 17:55撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆雲ノ平山荘の夕食
2
◆雲ノ平朝の黒部五郎岳に陽が差します
2014年09月14日 05:30撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆雲ノ平朝の黒部五郎岳に陽が差します
1
◆雲ノ平朝の木道、バックは水晶岳
2014年09月14日 05:42撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆雲ノ平朝の木道、バックは水晶岳
1
◆雲ノ平山荘の朝食
2014年09月14日 05:59撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆雲ノ平山荘の朝食
◆陽が昇った黒部五郎岳
2014年09月14日 06:33撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆陽が昇った黒部五郎岳
◆雲ノ平から見える笠ヶ岳は尖っています

2014年09月14日 06:33撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆雲ノ平から見える笠ヶ岳は尖っています

4
◆雲ノ平から見える三俣蓮華岳
2014年09月14日 06:33撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆雲ノ平から見える三俣蓮華岳
1
◆朝の雲ノ平と雲ノ平山荘
2014年09月14日 06:48撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆朝の雲ノ平と雲ノ平山荘
◆昨日登った赤牛岳
2014年09月14日 07:22撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆昨日登った赤牛岳
1
◆祖父岳への途中にて見える薬師岳
2014年09月14日 07:38撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆祖父岳への途中にて見える薬師岳
1
◆祖父岳への途中にて見える槍〜笠、正面は三俣蓮華岳
2014年09月14日 07:41撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆祖父岳への途中にて見える槍〜笠、正面は三俣蓮華岳
1
◆祖父岳山頂
2014年09月14日 07:41撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆祖父岳山頂
◆祖父岳山頂、バックは水晶岳
2014年09月14日 07:42撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆祖父岳山頂、バックは水晶岳
2
◆ワリモ岳への途中にて見える裏銀座の稜線
2014年09月14日 08:26撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆ワリモ岳への途中にて見える裏銀座の稜線
1
◆鷲羽岳にて、バックは槍ヶ岳
2014年09月14日 08:54撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆鷲羽岳にて、バックは槍ヶ岳
2
◆鷲羽岳から見える三俣蓮華岳と黒部五郎岳
2014年09月14日 08:54撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆鷲羽岳から見える三俣蓮華岳と黒部五郎岳
◆鷲羽池と槍ヶ岳
2014年09月14日 09:02撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆鷲羽池と槍ヶ岳
3
◆双六小屋の具沢山のカレーライス
2014年09月14日 11:15撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆双六小屋の具沢山のカレーライス
◆鏡平と山荘
2014年09月14日 12:16撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆鏡平と山荘
1

感想/記録

今シーズンで最高の好天ウィークとなった9/12(金)〜9/14(土)にて、
念願の北アルプス奥地のオアシスである、雲上の展望台「雲ノ平」と、秘境の温泉が
ある「高天原」へ、それぞれ1泊にて行ってきた。

今回の計画は、絶対に天気がいい時と決めていた。3日間とも好天に恵まれたが、
何れも午後は雲が山頂を覆った。しかし朝のうちは、素晴らしい3日間でした。


コース1日目は、新穂高から入山し、双六岳・三俣蓮華岳を経て、岩苔乗越から
途中で水晶池に寄り道しながら、宿泊地である高天原山荘へ向かった。
山荘に着いてすぐに、秘湯・高天原温泉に向かい、夕飯まで約30分温泉に浸かる
ことができた(^^)。囲いがある男女別露天風呂と、外にあと2つ露天風呂があった。

2日目は、更に奥にある夢ノ平まで足を伸ばし、神秘的な龍晶池見てから、温泉沢を
登って稜線にある温泉沢ノ頭まで高度を上げ、赤牛岳をピストンした。
このあと水晶岳を通って、祖父岳から雲ノ平へ向かい、雲ノ平山荘に宿泊した。

3日目は、朝の雲ノ平は山々がよく見えて、初めてきれいな黒部五郎岳の勇姿を見た。
雲ノ平に別れを告げ、ワリモ岳経由で鷲羽岳を登ってから、新穂高まで下山しました。


今回印象に残ったことは、ランプで夜を過ごす秘境「高天原」とその温泉。そして、
雲ノ平から見える周囲の名峰たち・・・。

赤牛岳はおまけだったが、疲れた〜^^;
しかし念願の雲ノ平に到着すると、疲れも吹っ飛んでしまった。


雲ノ平は、池塘があり木道が敷かれ、尾瀬ヶ原によく似ているが、大きな岩が散乱
しているところが異なる。
穂高から見る笠ヶ岳のように、雲ノ平から見える周囲の名峰たちの山容も、その裾野
を大きく広げて見える。黒部五郎、薬師、そして水晶までも。
水晶のイメージが変りました。更にもう一つ、黒部から見る笠ヶ岳は、槍ヶ岳と
見間違えるほど、きれいに尖がって見えて凛々しい姿だ。

これらの山々の姿が見れる喜びは、雲上の展望台に相応しいと思った。
また訪れたい・・・(^^)
訪問者数:735人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/7/3
投稿数: 1465
2014/9/16 8:07
 おはようございます
北アルプスを満喫されたようですね 赤牛岳がまだ残って
いますがどのコースで行くかまだ決めかねていますので
参考にさせて頂きます 来年以降になりそうです
登録日: 2011/8/14
投稿数: 585
2014/9/16 20:41
 Re: おはようございます
yshoji2347さんへ
念願の北アルプスの奥地まで行ってきました。
ここも別世界ですね。訪れた者だけが味わえる場所のようです。
百高山達成の人が、赤牛岳が一番たいへんだったと言っていましたので
近くだから登りましたが、縦走路が長かったぁ〜 疲れましたよ^^;
ありがとうございました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ