また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 511631 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

天気が良さそうなので悪沢・赤石・聖の縦走に 蜂に刺されるアクシデント

日程 2014年09月12日(金) 〜 2014年09月15日(月)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
畑薙第一ダム夏季臨時駐車場
椹島まで東海フォレストのバス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間50分
休憩
15分
合計
7時間5分
S椹島ロッジ10:0810:15滝見橋12:35小石下14:50蕨段14:5115:07見晴岩15:1816:26駒鳥池16:2917:13千枚小屋
2日目
山行
8時間8分
休憩
2時間27分
合計
10時間35分
千枚小屋05:2006:06千枚岳06:1307:08丸山07:2107:59悪沢岳08:1509:35荒川中岳避難小屋09:4809:54荒川岳(中岳)10:26お花畑(荒川前岳南東斜面)10:3611:15荒川小屋12:1813:02大聖寺平13:0314:51小赤石岳15:0215:17赤石岳・小赤石岳間分岐15:2115:46赤石岳15:5515:55赤石岳避難小屋
3日目
山行
10時間34分
休憩
2時間18分
合計
12時間52分
赤石岳避難小屋05:2006:53百間平07:0007:50百間洞山の家08:2609:28中盛丸山・大沢岳間分岐(百間洞山の家方面)09:4209:57中盛丸山10:1311:10小兎岳11:2612:18兎岳12:4215:11聖岳15:2516:39小聖岳16:4117:43薊畑分岐17:5118:07聖平小屋分岐18:0818:12聖平小屋
4日目
山行
4時間25分
休憩
55分
合計
5時間20分
宿泊地06:3007:34滝見台07:4408:33乗越08:5109:24造林小屋跡09:3110:12聖沢吊橋10:3211:50聖沢登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所はありませんでした
その他周辺情報赤石温泉白樺荘 510円
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

畑薙第一ダム夏季臨時駐車場
夜中に到着後仮眠
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
畑薙第一ダム夏季臨時駐車場
夜中に到着後仮眠
8時発の東海フォレストのバスを待ちます
1時間前の状況
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8時発の東海フォレストのバスを待ちます
1時間前の状況
ぎりぎり最初のバスに乗れました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぎりぎり最初のバスに乗れました
畑薙大吊橋
茶臼の登山口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
畑薙大吊橋
茶臼の登山口
1
聖沢登山口
下山予定地です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖沢登山口
下山予定地です
バスに揺られ
椹島にやっと到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスに揺られ
椹島にやっと到着
羅臼で会ったmさん
またお会いしました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羅臼で会ったmさん
またお会いしました
1
登り始めてすぐ事故
左腕を蜂にさされてしまいました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めてすぐ事故
左腕を蜂にさされてしまいました
1
ロッジに戻り手当てしてもらいました
しばらく様子を見てから登山再開
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロッジに戻り手当てしてもらいました
しばらく様子を見てから登山再開
1
蜂に続いて蛇のお出迎え
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蜂に続いて蛇のお出迎え
一部林道を横切り
まだ小屋まで4h30m
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一部林道を横切り
まだ小屋まで4h30m
千枚小屋にやっと到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千枚小屋にやっと到着
1
2日目です
小屋から
富士山が大きく見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目です
小屋から
富士山が大きく見えました
1
日焼け対策をします
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日焼け対策をします
千枚岳西側鞍部を
慎重に下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千枚岳西側鞍部を
慎重に下ります
塩見岳
その奥に白峰三山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳
その奥に白峰三山
悪沢岳がもうすぐ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪沢岳がもうすぐ
荒川東岳(悪沢岳)
3141m
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川東岳(悪沢岳)
3141m
1
中央アルプス方向
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプス方向
振返って悪沢岳
存在感がありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振返って悪沢岳
存在感がありました
1
荒川中岳避難小屋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川中岳避難小屋
急な斜面をトラバースして
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な斜面をトラバースして
荒川小屋
水場まで3分でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川小屋
水場まで3分でした
1
大聖寺平から
小赤石岳の登り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大聖寺平から
小赤石岳の登り
久しぶりにブロッケン
ラッキー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりにブロッケン
ラッキー
1
一瞬 雲が切れ
赤石が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一瞬 雲が切れ
赤石が
3000mからの
黎明の富士
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3000mからの
黎明の富士
3日目
赤石岳避難小屋から
スタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目
赤石岳避難小屋から
スタート
本日の目標
聖岳へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の目標
聖岳へ
1
良い感じです
馬ノ背
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い感じです
馬ノ背
1
昨日の予定地にやっと到着
百間洞山の家
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日の予定地にやっと到着
百間洞山の家
1
天気は良好だが
足が重く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気は良好だが
足が重く
大沢岳はコースから外れてます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沢岳はコースから外れてます
中盛丸山
2807m
後ろは赤石岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中盛丸山
2807m
後ろは赤石岳
小兎岳から兎岳を
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小兎岳から兎岳を
兎岳非難小屋は写し忘れ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兎岳非難小屋は写し忘れ
聖岳の頂上が遠い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖岳の頂上が遠い
遅い時間で山頂は一人
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遅い時間で山頂は一人
2
これから下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから下ります
振返っても山頂は望めず
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振返っても山頂は望めず
樹林帯に出ました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯に出ました
聖平小屋の夕食
大盛りのトン汁がうまかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖平小屋の夕食
大盛りのトン汁がうまかった
2
明日も天気は良さそう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日も天気は良さそう
4日目下山日
聖平小屋スタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4日目下山日
聖平小屋スタート
滝見台から
2本の滝
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝見台から
2本の滝
南側からの聖岳が
ようやく見れました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側からの聖岳が
ようやく見れました
聖岳登山口
長い縦走でした
バスが来るまでカップ麺を
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖岳登山口
長い縦走でした
バスが来るまでカップ麺を
下りのバス(井川観光協会)を予約
満席です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りのバス(井川観光協会)を予約
満席です
畑薙第一ダム夏季臨時駐車場
車も少なくなりました
この後白樺荘で汗を流し帰路に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
畑薙第一ダム夏季臨時駐車場
車も少なくなりました
この後白樺荘で汗を流し帰路に

感想/記録
by moge

連休で人出が多そうだけど、7月の北海道遠征で痛めたひざも治ってきたので、
南アルプスの残った百名山の内3つをまとめて挑戦しました。
木曜の夕方自宅を出発。新東名を新静岡ICで下り、山道をナビどおり走り深夜にようやく畑薙第一ダム夏季臨時駐車場に着き仮眠。
朝1番の8時のバスにぎりぎり乗ることができ、1時間ほどで椹島に到着。
歩き始めてすぐ、羅臼で会ったmさんとすれちがいました。
その後10分ほどの所で左肩を蜂に刺されてしまい、椹島ロッジに戻って手当てをしてもらいました。女性も刺されて、その方は救急車を呼んだそうです。
ポイズンリムーバを持っていなかったので失敗。
気分がそれほど悪くないので登山再開しました。
千枚小屋まで標高差1490mの長い登りです。途中見晴岩で休憩。出だしの事故のためか足があがりません。17時過ぎに小屋に到着。野菜たっぷりのおいしい食事にありつけました。
2日目 日の出前に小屋を出発。30分ほどの千枚岳まででかなりの息切れ。肺が小さくなったせいか。丸山までは足も進みにくい。どうにか悪沢岳。百名山一座済み。百間洞までは無理か。足が思うように動かないが、どうにか荒川小屋に到着、ここには千枚小屋でお会いした人たちが百間洞目指し出発するところでした。水の補給と1時間のリフレッシュし目的地を赤石岳避難小屋に変更。小赤石岳北側の肩までの急登を過ぎてしばらくいくとブロッケン出現、とてもラッキー。赤石岳山頂では展望なし。百名山二座済み。赤石岳避難小屋は満員、でも管理人さんの夜空の教室、人工衛星が4個も。素敵な管理人の女性のノスタルジックなハーモニカの調べにうっとりとしたひと時で、疲れを忘れました。
3日目 今日もすばらしい朝焼けの富士山を拝み、長丁場に向け出発しました。モルゲンロートの中、影赤石も観られました。百間洞山の家までCT2h30mのところ+40m多くかかっては昨日は到底無理でした。両ひざにサポーターをつけました。中盛丸山で日本海から太平洋に向けて縦走する鉄人がいました。
小兎岳、兎岳をやっとこなし、仮の宿の兎岳避難小屋を過ぎ、15時過ぎに聖岳山頂に着きました。ここでも遅いため山頂を貸切状態。目的の百名山三座済み。展望が無いのですぐに下山。小屋まで2h50mも長かった。18時過ぎの到着だったが、とってもおいしいフルーツポンチのサービスや夕食もいただけました。
スマホの充電もさせていただきました。スタッフの対応二重丸。
4日目 登山口から12時40発の椹島行きの東海フォレストのバスを予定してましたが、観光協会の下りのバスの予約が出来たので、足をいたわりながらゆっくり下山しました。バスは満員。下山後白樺の湯で4日間の汗を流し帰路に着きました。
初めての小屋泊三連泊で蜂に刺されるアクシデントもありましたが、天候に恵まれた思い出に残る山行となりました。
訪問者数:786人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/7/21
投稿数: 1833
2014/9/18 13:02
 お久しぶりです
偶然にお会いでき、ビックリでした
しかし、蜂に刺されてしまったのですね…
椹島へ下山した時、スズメバチ?に刺されたと言って来た人がいたのですが、たぶんその救急車の女性かな?(下山のバスで救急車すれ違いました)
蜂に刺されて、縦走するとは…(^_^;)
2度目はアナフィラキー起こしやすいので、かなり注意で〜
またどこかでお会いできるといいですね〜
登録日: 2009/5/5
投稿数: 17
2014/9/18 16:24
 Re: お久しぶりです
無事に帰ってきました
北海道で少し無理しすぎたため、膝を痛め、2ヶ月ぶりの山行でした。
makibitoさんにお会いでき、元気をもらいました。
蜂に刺されたけれども、コースタイムより大幅にオーバーしながらもどうにか
3000m峰を登頂することができました。残りの百名山は無理せず行こうと思います。
この前の後方羊蹄山で下山時に1時間ほどスズメバチに追いかけられてなんともなかったので、少したかをくくっていたのです。
次はアナフィラキーショックのこともありますので、特に注意したいと思います。
makibitoさんのヤマレコも楽しみに見せてもらってます。
又どこかでお会いできるのを楽しみにしてます。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ