また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 512018 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

読売新道から赤牛岳・水晶岳〜新穂高温泉へ

日程 2014年09月13日(土) 〜 2014年09月15日(月)
メンバー
天候9/13晴れ
9/14晴れ
9/15曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
扇沢無料第二Pに駐車。9/13の1:00時点で第二Pは半分程度。
新穂高温泉下山後、→平湯→松本→信濃大町→扇沢とバス・電車を乗り継ぎクルマを回収。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間50分
休憩
1時間10分
合計
6時間0分
S黒部ダム08:0009:02御山谷09:1011:23平乃小屋12:0012:05平ノ渡場(黒部川対岸連絡船)12:2014:00宿泊地
2日目
山行
10時間38分
休憩
2時間47分
合計
13時間25分
宿泊地04:1504:15奥黒部ヒュッテ(東沢出合)05:071/8少し下05:1706:152/806:2006:563/807:1608:004/808:1008:305/808:4009:106/809:4010:167/810:2611:08赤牛岳11:3213:28温泉沢ノ頭13:3714:44水晶岳14:5615:30水晶小屋15:3916:10岩苔乗越16:58黒部川水源地標17:0617:40三俣山荘
3日目
山行
5時間20分
休憩
1時間4分
合計
6時間24分
三俣山荘05:2606:04双六岳巻道分岐06:1407:35双六小屋07:4208:46弓折乗越08:5009:05鏡平山荘09:2310:13秩父沢出合10:2311:00わさび平小屋11:0511:50中崎山荘 奥飛騨の湯11:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

扇沢無料第二駐車場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇沢無料第二駐車場
目指す赤牛が目の前に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す赤牛が目の前に
6
室堂に行くのかな。揃っていいね、楽しそう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂に行くのかな。揃っていいね、楽しそう
2
観光放水している
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観光放水している
1
トンネルを抜けて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネルを抜けて
水面に陽が差して
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水面に陽が差して
1
ロッジくろよんが見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロッジくろよんが見えてきた
ここでヘルメットと言われても???
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでヘルメットと言われても???
1
御山谷。釣り師が何名か、岩魚だそうだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御山谷。釣り師が何名か、岩魚だそうだ
針ノ木かスバリか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木かスバリか
黒部湖と山は映える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部湖と山は映える
1
アップダウンを歩いてもこの景色は癒されるのだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップダウンを歩いてもこの景色は癒されるのだ
3
スバリと針ノ木の間だが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スバリと針ノ木の間だが
1
久振りに赤牛岳が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久振りに赤牛岳が
中の谷に降りるのは数十段の急はしご
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中の谷に降りるのは数十段の急はしご
こんなとこ降りてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなとこ降りてきた
1
平の渡しを上の登山道から
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平の渡しを上の登山道から
平ノ小屋。ここで12:00までまったり休憩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平ノ小屋。ここで12:00までまったり休憩
船尾に8人乗船うち釣り師3人。乗船名簿を一応書いた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
船尾に8人乗船うち釣り師3人。乗船名簿を一応書いた
一人乗せて帰っていく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一人乗せて帰っていく
2
早速アスレチック始まる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早速アスレチック始まる
2
見た目は頼りないがしっかりしていて安心
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見た目は頼りないがしっかりしていて安心
またまた。黒部湖の水面はダムと標高変わらないので、登ったらその分だけ下るのだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまた。黒部湖の水面はダムと標高変わらないので、登ったらその分だけ下るのだ
ダイモンジソウが至るところにある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダイモンジソウが至るところにある
黒部湖から黒部川に変わった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部湖から黒部川に変わった
1
立山見えるスポットだが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山見えるスポットだが
沢から離れて遊歩道のように
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢から離れて遊歩道のように
アキノキリンソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アキノキリンソウ
林道みたいになってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道みたいになってきた
奥黒部ヒュッテに到着。ひっそりしている。テント張る前に早速ビール
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥黒部ヒュッテに到着。ひっそりしている。テント張る前に早速ビール
1
マイテント。砂地で心地いい場所で50張ほど張れるがきっと満杯にはならないのだろう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイテント。砂地で心地いい場所で50張ほど張れるがきっと満杯にはならないのだろう
4
日の出前に出発した。1/8です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出前に出発した。1/8です
2/8。CT3時間のところを2時間で着いた。二日酔いでへろへろなのにおかしいな。5時に出た女性は1時間強で着いたようだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2/8。CT3時間のところを2時間で着いた。二日酔いでへろへろなのにおかしいな。5時に出た女性は1時間強で着いたようだ。
朝日が針ノ木と蓮華間に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日が針ノ木と蓮華間に
これが食えれば食いでがあるな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが食えれば食いでがあるな
1
あそこは8分の何だろ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそこは8分の何だろ
スバリ、針ノ木、蓮華
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スバリ、針ノ木、蓮華
4
歩いてきた軌跡が見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた軌跡が見える
2
薬師、全貌はまだだ。北アの真ん中に出てきたぞ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師、全貌はまだだ。北アの真ん中に出てきたぞ
4
6/8。スマホ電波入ったので大休止。飯食って、アミノ酸取って、望遠レンズに変えて、メールして。家族から「生きてるか」とのメール入っていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6/8。スマホ電波入ったので大休止。飯食って、アミノ酸取って、望遠レンズに変えて、メールして。家族から「生きてるか」とのメール入っていた。
3
名山だ。体調よければ最高なんだが・・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名山だ。体調よければ最高なんだが・・・・
7
五色ヶ原とスゴ乗越の間
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五色ヶ原とスゴ乗越の間
立山方面。五色が原が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山方面。五色が原が。
あれが五色ヶ原か。雲の平に匹敵するなあ。行ってみたい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれが五色ヶ原か。雲の平に匹敵するなあ。行ってみたい
5
赤牛が近づかない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤牛が近づかない
1
自然の削り出し岩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然の削り出し岩
槍の穂先だけ見えた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍の穂先だけ見えた
赤牛から水晶の稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤牛から水晶の稜線
槍、もちょっと見えた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍、もちょっと見えた
穂高まで見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高まで見えてきた
1
赤牛の最後は崩壊地
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤牛の最後は崩壊地
3
自撮り。赤牛と雲と
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自撮り。赤牛と雲と
4
黒部湖。来し方が全部
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部湖。来し方が全部
3
熊の糞か。古そうだが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊の糞か。古そうだが
1
これもアキノキリンソウかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これもアキノキリンソウかな
水晶もカッコいいなあ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶もカッコいいなあ
2
赤牛着いたあ。長かった。5時間で着く計画だったが7時間かかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤牛着いたあ。長かった。5時間で着く計画だったが7時間かかった
1
読売新道下るソロ4名と居合わせたので撮っていただいた。端に槍を入れてもらった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
読売新道下るソロ4名と居合わせたので撮っていただいた。端に槍を入れてもらった
2
温泉沢の頭の先に水晶
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温泉沢の頭の先に水晶
高天ヶ原。ここに行く誘惑に駆られるな。下りたら温泉かぁ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高天ヶ原。ここに行く誘惑に駆られるな。下りたら温泉かぁ
2
水晶見上げる。水晶は2977Mと何気に高いのだった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶見上げる。水晶は2977Mと何気に高いのだった
水晶着いた。誰もいないので自撮り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶着いた。誰もいないので自撮り
2
祖父岳。じいだけと読む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祖父岳。じいだけと読む
2
水晶小屋から赤牛方向
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶小屋から赤牛方向
1
雲の平のテン場と木道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の平のテン場と木道
ワリモ北分岐。鷲羽登ってから下るか、黒部源流下ってから登るか悩むが、源流へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワリモ北分岐。鷲羽登ってから下るか、黒部源流下ってから登るか悩むが、源流へ
岩苔乗越まできた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩苔乗越まできた
三俣山荘見えたが、まだ下ってから登りがあるのだ。トラバースしたい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣山荘見えたが、まだ下ってから登りがあるのだ。トラバースしたい
雲の平と三俣の分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の平と三俣の分岐
黒部源流碑と私の影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部源流碑と私の影
五時過ぎたのに明るい。ワリモ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五時過ぎたのに明るい。ワリモ岳
1
9/15朝、大天井と朝焼け
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9/15朝、大天井と朝焼け
5
三俣蓮華方向に登って。ここから見る鷲羽は羽を広げた鷲のよう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華方向に登って。ここから見る鷲羽は羽を広げた鷲のよう
3
巻き道に入ったが、槍を前に進む感じ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き道に入ったが、槍を前に進む感じ
アキノキリンソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アキノキリンソウ
双六。中道と合流
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六。中道と合流
刃こぼれした鋸のようだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刃こぼれした鋸のようだ
双六小屋。ここまで来ると人が多い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六小屋。ここまで来ると人が多い
テントもまだ多い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントもまだ多い
1
ガスかかってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスかかってきた
ふり返って双六小屋と鷲羽と右に水晶。この景色は登ってくると感激するのだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふり返って双六小屋と鷲羽と右に水晶。この景色は登ってくると感激するのだ
1
何度も撮ってしまう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度も撮ってしまう
3
焼岳、乗鞍、御嶽
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼岳、乗鞍、御嶽
鏡平山荘。いい場所にある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡平山荘。いい場所にある
1
おじさんに頼んだらアップで撮ってくれた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おじさんに頼んだらアップで撮ってくれた
6
鏡平小屋に着いた。ひと多い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡平小屋に着いた。ひと多い
秩父沢で最後の休憩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秩父沢で最後の休憩
1

感想/記録

この夏は栂海新道と読売新道を行く予定であったが、天候不良で叶わず、ようやく来た快晴の連休で読売とし、栂海は10月に回すことにした。どうせなら登りテント泊で行ってみようと好奇心で無謀に計画した。

9/13(土)平の渡し12:00に合わせて扇沢7:30のトロリーバスで黒部ダムへ。かんぱ橋を過ぎると観光客はいなくなり登山者と釣り師の世界。水平道ではあるがアップダウンあり、また入江が多く忠実に回り込んでいく。時おり観光船の波だろうか、打ち寄せる波音で海と錯覚してしまう。平ノ小屋でゆっくり昼食をとり、12:00の渡しを待つ。渡しは8人、少なくとも釣り師が3人いる。対岸に渡ったら早速アスレチックの始まりだ。木橋、梯子が頻繁に現われる。遠目ではインディジョーンズみたいだが、作りはしっかりしていて安全だ。意外と短時間でアスレチックは終了し黒部川から離れると東沢を渡ってまもなく奥黒部ヒュッテに着いた。平ノ小屋で会った女性と相前後して歩いた。健脚っぽい。
受付とビール、テント設営後、小屋前のベンチで明日登る件の女性と針ノ木を越えてきた男性と今日下ってきた男性と4人で酒飲みながら談笑する。互いに物好きだねと言いながら。普通の登山者が行かないようなところばかり行っている人たちだ。

9/14(日)長丁場なので4時過ぎにヘッ電で出た。森林の中で暗いのでゆっくり歩く。昨日の酒が残ってる、気持ち悪い。何てこった。今日どこまで行けるんだろ。それでも2/8までCT3時間を2時間で着く。件の女性に追い抜かれた、彼女は1時間で着いたようだ。すごい。その後会うことはなかった。その後8分の表示毎に休憩しつつ、亀足で登る。体調悪いとザックが重い。既にテン泊を後悔しつつ、今日どこまで行くか迷いながら登る。5/8で森林限界を超え見晴らしがよくなる。テンションは上がるのだが元気が出ない。昨日の針の木の彼も颯爽と抜いていった。6/8で大休止し、釜飯やらゼリーやらアミノ酸やら手当たり次第口に入れる。7/8から赤牛直下のザレた岩場、7時間かけてようやく到着、予定より2時間遅れだ。1:40も休んでるから当然か。

赤牛は360度全部山、北アの中心だ。時間が許すならここにしばらく滞在してみたいものだ。読売を下る方が4人到着し証拠写真を撮ってもらった。うちヤマレコユーザーが2人いた。幸い酒は抜けたようだ。ここからさあどこまで行くか、決めかねながら取りあえず水晶小屋まで行こう。最悪小屋の窮屈は我慢しようと。しばらくゆるやかな稜線歩きであったが、温泉沢の頭が近づくと岩稜となりスピード出せない。というかもうここまで消耗していて力が出ない。水晶の急坂をひいひいと上り到着、誰もいない。回りもガスってきた。早々に下りにかかる。水晶小屋に15:30着。外の宿泊者に聞くと布団1枚に2人とのこと。んーん。泊りたくない。予定の竹村新道には野口五郎小屋が近いのだが、無理して行っても小屋泊り。下る方が多い三俣山荘がこれからの負荷は低いと判断して下りにかかる。ところが岩苔乗越から黒部源流方向に下り、三俣山荘と同じ高度に来てもまだまだどんどん下る。気持ちが萎えてくる。源流の碑から登り。17:00過ぎても陽がさしていたが、だんだんと暗くなってきた。17:40に三俣着。13時間半の長時間行動となってしまった。意外とテン場は空いている。しかも小屋に近い平坦地が一カ所空いていた。流石にこの日は昨日の半分程度の酒に抑えたのでした。(いばるな)

9/15(月)予定の竹村新道は11時間ほどかかるので行く元気が出ず、予定を変更して新穂高に降りることにした。地図持っていないが確か7時間程度だったはず。双六に水平道を辿り、その後は小池新道を下った。双六以降登山者の数が半端なく多い。途中一人も抜かされずに(休憩中は別として)ぐんぐんと下った。
新穂高から扇沢にクルマ回収に向かわなければならなかったが、新穂高バス停で同じ目的の若い男性と知り合い、その方の調べた時間割り通りに順調に辿りつけた。同行ありがとうございました。
訪問者数:716人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/5/9
投稿数: 2019
2014/9/18 16:29
 赤牛でお会いしましたね!
naga4687さん こんにちは!

赤牛のピークで『私もヤマレコやってます。 ButaModernって名前で・・』って話すと『見たことあります。ハードな内容が多いですね』と遣り取りさせて頂きました
レコを拝見させて頂きましたが、黒部ダムを起点にするのもドラマの始まりとしては中々良さそうですね
綺麗な写真が多くて大いに参考になりました
また会った際は宜しくお願いしますね!
登録日: 2012/2/14
投稿数: 289
2014/9/19 8:03
 Re: 赤牛でお会いしましたね!
ButaModernさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
この夏への鬱憤からか気合いを入れすぎて読売新道をテント泊で登る計画としましたが、私の力量からすると相当きつかったですね。ツェルトにすれば良かったかもしれません。出発前夜ツェルトからテントに変えたのでした。
仰る通り、読売を登りに使うのは、潜って潜って突然北アの真ん中に顔を出すというイメージで不思議で素敵な感覚でした。

ButaModernさんのコース凄いですね。黒部湖からまた登るなんて私には思いもつきません。健脚だとフリーなコースデザインができていいですね。私も鍛えなきゃと思います。
またどこかでお会いするのを楽しみにしています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ