また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 512348 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

白馬三山〜不帰キレット〜唐松岳

日程 2014年09月13日(土) 〜 2014年09月14日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候13日AM晴れ、13日PM曇り→雨、14日AM晴れ、14PM曇り→晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
 ̄路 13日24時に猿倉駐車場着
→24時の時点で8割程度埋まってました。
復路 14日八方ゴンドラ下車後タクシーで猿倉に向かい車回収。
→15:30に猿倉に行った時も駐車率6割程度
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間25分
休憩
35分
合計
9時間0分
S猿倉05:3006:20白馬尻山荘06:2510:30白馬山荘10:45白馬岳山頂11:00白馬山荘11:1512:45杓子岳山頂12:5013:40白馬鑓ヶ岳山頂13:5014:10鑓温泉分岐14:30天狗山荘
2日目
山行
7時間25分
休憩
1時間45分
合計
9時間10分
天狗山荘06:0006:40天狗ノ頭06:5007:40不帰キレット07:5008:30不帰一峰08:3509:30不帰二峰北峰09:4510:20不帰二峰南峰10:3011:15唐松岳山頂11:3011:45唐松山荘12:1514:00アルペンクワッドリフト乗場14:1015:10八方ゴンドラ山麓駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 ̄鄙辧素鯒漏抻劃
→秋道を通るので雪渓歩きは1時間弱。
→雪渓は踏跡明瞭で歩き易いですが軽アイゼンは有った方が良いです。
白馬岳から杓子岳〜白馬鑓〜天狗山荘
→特に危険箇所はありませんがザレ場の登り下りが続くので疲れます。。
E袈藥柿顱蘇垉▲レット
→天狗の大下りは急斜面のザレ場で滑ります。
ど垉1峰〜唐松岳
→急斜面の直登、鎖場が続きます。落石にも十分注意!
ヅ眈廠戞船螢侫半莨
→整備された登山道ですが混雑時にはすれ違い注意。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 ハイドレーション 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ ヘルメット

写真

早朝の猿倉荘。
2014年09月13日 05:34撮影 by SHL25, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝の猿倉荘。
天気良い!山に来てこんなに良い天気は何か月振りか。。
2014年09月13日 06:02撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気良い!山に来てこんなに良い天気は何か月振りか。。
朝日に染まる白馬尻小屋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日に染まる白馬尻小屋。
大雪渓!!
2014年09月13日 07:16撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雪渓!!
さすが連休初日。登ってくるね〜。
2014年09月13日 07:51撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さすが連休初日。登ってくるね〜。
雪渓歩きが1時間位だったのがちょいと残念。
2014年09月13日 07:51撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓歩きが1時間位だったのがちょいと残念。
白馬岳山頂についた頃には残念ながら雲の中。
2014年09月13日 10:57撮影 by SHL25, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳山頂についた頃には残念ながら雲の中。
先は長いので白馬岳に長居はせず一路天狗方面へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先は長いので白馬岳に長居はせず一路天狗方面へ。
THE 縦走路 !
2014年09月13日 11:53撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
THE 縦走路 !
杓子岳の登りは足場が悪く疲れた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杓子岳の登りは足場が悪く疲れた。
やっとこさ杓子岳に登ったけど、高度を下げて改めて鑓ヶ岳の登り。
2014年09月13日 12:56撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとこさ杓子岳に登ったけど、高度を下げて改めて鑓ヶ岳の登り。
鑓ヶ岳山頂!このころはかなりお疲れ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鑓ヶ岳山頂!このころはかなりお疲れ。
ガスが晴れると白馬村が良く見える。
中央を流れるのは松川かな?
2014年09月13日 14:45撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが晴れると白馬村が良く見える。
中央を流れるのは松川かな?
振り返って鑓ヶ岳。
2014年09月13日 14:45撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って鑓ヶ岳。
本日のお宿「天狗山荘」
連休初日なので混んでますが布団は1人1枚。
食事も美味しく寛げました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日のお宿「天狗山荘」
連休初日なので混んでますが布団は1人1枚。
食事も美味しく寛げました。
2日目 天狗山荘からの日の出。
2014年09月14日 05:40撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目 天狗山荘からの日の出。
朝日に染まる鑓ヶ岳!
2014年09月14日 05:40撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日に染まる鑓ヶ岳!
後立山連峰から見た立山連峰。
真ん中は剱岳?山の向こうには日本海も見えました。
2014年09月14日 06:33撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後立山連峰から見た立山連峰。
真ん中は剱岳?山の向こうには日本海も見えました。
遠くに見えるのは槍ヶ岳?
2014年09月14日 07:14撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに見えるのは槍ヶ岳?
長野側は雲海。
2014年09月14日 06:33撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長野側は雲海。
ここから一気に下ります。
「天狗の大下り」
2014年09月14日 06:53撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから一気に下ります。
「天狗の大下り」
最初からいきなりスリリング。
2014年09月14日 07:21撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初からいきなりスリリング。
下ってきた「天狗の大下り」
滑りやすく神経使いましたが大登りになるよりマシかも。
2014年09月14日 08:02撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ってきた「天狗の大下り」
滑りやすく神経使いましたが大登りになるよりマシかも。
不帰1峰
どこを登りゃ良いんでしょう?
2014年09月14日 08:02撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰1峰
どこを登りゃ良いんでしょう?
1峰から一気に下って不帰2峰
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1峰から一気に下って不帰2峰
不帰キレット核心部は2峰北峰登り。
すれ違える場所が少なく登り下りともに渋滞発生。
たまに落石も。
2014年09月14日 09:00撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰キレット核心部は2峰北峰登り。
すれ違える場所が少なく登り下りともに渋滞発生。
たまに落石も。
十分注意します。
2014年09月14日 09:03撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十分注意します。
崖を上りきっても容赦なし。
天気良いから谷底まで見えて恐怖心倍増。
2014年09月14日 09:42撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崖を上りきっても容赦なし。
天気良いから谷底まで見えて恐怖心倍増。
1
北峰をクリアして南峰を見ながらしばし休憩。
2014年09月14日 09:48撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰をクリアして南峰を見ながらしばし休憩。
休憩中にザックに飛び乗ったり周りを走り回ってたオコジョ。
2014年09月14日 09:52撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩中にザックに飛び乗ったり周りを走り回ってたオコジョ。
北峰と南峰を繋ぐ痩せ尾根。
2014年09月14日 10:02撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰と南峰を繋ぐ痩せ尾根。
なんとか2峰をクリヤ。
2014年09月14日 10:05撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか2峰をクリヤ。
あとは3峰と唐松岳。
少し雲が出てきたので先を急ぎます。
2014年09月14日 10:07撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとは3峰と唐松岳。
少し雲が出てきたので先を急ぎます。
3峰頂上と思ったら唐松岳山頂?
3峰はどこへ行った??
スキー場のリフトで登ってきた観光客もいて山頂は大賑わい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3峰頂上と思ったら唐松岳山頂?
3峰はどこへ行った??
スキー場のリフトで登ってきた観光客もいて山頂は大賑わい。
唐松岳は上りも下りも大渋滞。
2014年09月14日 13:02撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳は上りも下りも大渋滞。
最後は白馬村を見おろしながらリフトで下山。
雪渓・絶景・絶壁を堪能した2日間お疲れっした。
2014年09月14日 13:56撮影 by SHL25, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は白馬村を見おろしながらリフトで下山。
雪渓・絶景・絶壁を堪能した2日間お疲れっした。

感想/記録



悪天候で流れ続けた白馬三山+唐松岳縦走
ようやく天候に恵まれ実行することが出来ました。
当然の事ながらそう思っているのは自分だけではないようで
山の上とは思えないような混雑に驚きましたが、絶景あり絶壁あり、
夏の縦走登山を満喫できました。

掲載した写真はPCにダウンロードした時に撮影時間がリセットされてしまったので、
掲載の順序、コメントで書いた場所が誤ってる可能性あります。
気づいたら優しくご指摘ください。

【猿倉】
12日24:00に着いた時点で駐車場は8割埋まってました。
駐車スペースが傾いていたので最初は寝付けなかったけど、
結果的には4:00起床予定が5:00まで寝坊するほど熟睡。
5:30に猿倉荘を発つときは登山者で大混雑でした。

【猿倉〜白馬岳】
楽しみにしていた大雪渓歩き!は、1時間弱の短いもんでした。
白馬岳頂上宿舎に着いた頃から急にガス立ち込め視界不良に
白馬山荘にザックを置いて白馬岳往復しましたが残念ながら山頂からの眺望は拝めず。。

【白馬岳〜杓子岳〜鑓ヶ岳〜天狗山荘】
天候はガスと晴れの繰り返し。
晴れた時は遠くまで此れから自分が行く縦走路が見えてテンションが上がる反面、
「遠いいな〜」「あそこ登るの?」とテンションも急上昇、急降下の繰り返し。
苦手なガレた登山道の登り下りの連続はかなり疲れました。
宿泊地の天狗山荘が見えた時は「これで歩かなくていいんだ〜」と思うほど疲労困憊。

【天狗山荘】
親切な若いスタッフで切り盛りされていて館内は清潔、食事美味な落ち着く山小屋でした。
連休初日だけあって混んでましたが、6人部屋に4人づつで寝る場所もゆったり。
朝は長野側の雲海から太陽が昇り天狗山荘の目の前に構える鑓ヶ岳が赤く染る「凄い日の出」が見れました。

【天狗山荘〜不帰キレット】
長野側には雲海が広がり富山側には立山連峰と日本海、なんせ景色が良くて写真撮ってばかりで先に進めない。
天狗ノ頭から不帰キレット最低部までの「天狗の大下り」は滑りやすい急斜面で結構脚にきますが、
唐松岳方面から来て「天狗の大登り」になるよりはマシかもしれません。

【不帰1峰〜2峰〜唐松岳】
痩せた尾根歩き、岩場の直登、鎖を使ったヨコバイが容赦なく連続!
前後の登山者との距離をとって、しっかり三点確保すれば難しくないコースと思いますが、
下を見ると谷底まで見えて凄い高度感!高所恐怖症じゃなくても十分怖い。
核心部の2峰北峰取り付きから見上げると、ちょうど白馬岳方面からと、唐松岳訪問からがすれ違う時間帯で上り下りとも渋滞発生。
すれ違い可能な場所が限られているので上に下に声掛け合ってクリアしました。
ココも唐松岳方面から来る方が急斜面の下りが増えるだけに難易度が高そうです。

【唐松岳〜八方ゴンドラ山麓駅】
唐松岳山頂は八方スキー場リフトで上がってきた観光客がたくさんいて大賑わい。
唐松山荘からリフト乗場までの登山道は登り下りの登山者で大混雑、コースタイム2時間のところ3時間かかりましたが無事に下山完了。
が、しかし、乗りたかった猿倉行きバスには間に合わず途方に暮れる。

【猿倉にて車回収】
バスに間に合わず途方に暮れていたところ、ゴンドラから天狗山荘で一緒だった方が降りてきたので声掛けたら、
同じく猿倉に向かうとのことだったのでタクシーで猿倉にいくことに決定!タクシーで20分で猿倉に到着。
車回収後は「倉下の湯」で汗を流し、その日は白馬の知り合いペンションに宿泊。
夕食でビール飲んだら朝まで気絶 Zzzz….
訪問者数:243人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ