また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 512501 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

緊張の大キレットを歩く・北穂高岳

日程 2014年09月13日(土) 〜 2014年09月15日(月)
メンバー
 shira(SL)
 bucch(CL)
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

9/13 新穂高6:30−槍平小屋10:10ー南岳小屋14:30
9/14 南岳小屋7:00−北穂高岳11:10−涸沢岳13:40−穂高岳山荘14:00
9/15 穂高岳山荘6:40−白出沢出合9:55−新穂高11:00
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

ニガイチゴ
2014年09月13日 12:10撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニガイチゴ
1
アキノキリンソウ
2014年09月13日 12:31撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アキノキリンソウ
1
ダイモンジソウ
2014年09月13日 13:30撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダイモンジソウ
1
トウヤクリンドウ
2014年09月13日 14:08撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トウヤクリンドウ
1
チングルマ
2014年09月13日 14:25撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマ
1
長谷川ピーク
2014年09月14日 08:22撮影 by PHOTOfunSTUDIO 4.0, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長谷川ピーク
6
滝谷上流部をヘリがホバリングしていた 遭難者の捜索か?
2014年09月14日 09:55撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝谷上流部をヘリがホバリングしていた 遭難者の捜索か?
1
穂高岳山荘 はしごの手前で大渋滞30分待ち
2014年09月14日 15:35撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高岳山荘 はしごの手前で大渋滞30分待ち
1
奥穂高岳から元気なおじさん下山中
2014年09月14日 16:12撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高岳から元気なおじさん下山中
1
穂高岳山荘の日の出
2014年09月15日 05:23撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高岳山荘の日の出
3
穂高岳山荘
2014年09月15日 06:32撮影 by PHOTOfunSTUDIO 4.0, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高岳山荘
1
イワヒバリ
2014年09月15日 06:36撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワヒバリ
2
トリカブト
2014年09月15日 08:50撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブト
ナデシコ
2014年09月15日 09:21撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナデシコ
1
サラシナショウマ
2014年09月15日 09:26撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サラシナショウマ
下山し、穂高連峰を振り返る
指さす先は、ジャンダルム!
2014年09月15日 10:59撮影 by PHOTOfunSTUDIO 4.0, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山し、穂高連峰を振り返る
指さす先は、ジャンダルム!
2

感想/記録
by bucch

登山口に深夜2時半に到着。車内で仮眠。
13日快晴。登山者であふれる駐車場を出発し、澄んだ青空に映える山々を望みながら快適に歩く。槍平小屋で昼食。この後の南岳新道がしんどかった。樹林帯の急こう配の道が続き、いつしか会話は途切れ、「よいしょ」というかけ声と荒い息だけが聞こえる。熟れた木いちごのつまみ食いと、秋の花、高度感のある景色に励まされて歩き続け、尾根道、岩の道を経て南岳小屋に到着。小屋に荷物を置いて、南岳山頂、そして中岳と天狗原の分岐までピストン。7月に霧の中を登った中岳と槍ヶ岳がくっきりと近くに見えて、友人に再会したような親しみを感じた。
14日快晴。朝一番の混雑を避け、少し遅めに出発。さっそくクサリやハシゴのある急坂が続く。三点支持に気を付けながら降りて登って、展望に驚いて…気が付いたら長谷川ピーク。緊張と興奮のせいか時間が過ぎるのが早い。長谷川ピークのすぐ後のナイフリッジの稜線歩きが、今回のコース中で一番緊張した。ヘリコプターが眼下の滝谷の辺りでホバリングしていたのは、滑落した遭難者を探していたのか。北穂高小屋で昼食、北穂高岳山頂で記念写真。ここからは楽勝!と気を抜いたのは間違いで、涸沢岳までの道もハシゴとクサリが連続する急坂。この日は最後まで緊張するコースだった。穂高岳山荘に到着し、まだまだ元気なCLは奥穂高岳に一人チャレンジ。他の3人は一足早く祝杯をあげた。穂高岳山荘は登山客であふれ、テントもテン場にはおさまらず小屋周囲のそこかしこに詰めて張られていく。前日の宿泊者数は約600人だったとか。3000メートルの山の上に、こんなにもたくさんの人がいることが何だか不思議な感じ。自分もその一人なのだけれど
15日曇り。長いガレ場の下りの後は岩切道と、バランスをとるのに気を使う道が続くが、沢の水量は少なく、重太郎橋も問題なく通過した。穂高平小屋で穂高連峰を望みながら、最後の休憩と昼食。下山後は平湯温泉で入浴し帰神。
昨年の夏山修了山行で登った奥穂高岳から見た大キレット。いつか行けるといいなと憧れていたが、思いのほか早く夢がかなった。特に今回は天気に恵まれて最高でした。
<コース状況>南岳〜北穂高〜涸沢岳は、浮石、落石、ハシゴ、クサリ等があり、歩行に注意が必要。連休中で登山者が多く、対向者とのすれ違い等のための待ちが数か所であり、コース時間に影響した。
(記録:K)
訪問者数:550人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ