また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 517771 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 剱・立山

立山三山と劔岳

情報量の目安: A
-拍手
日程 2014年09月18日(木) ~ 2014年09月21日(日)
メンバー
天候全日程で晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
行き
京王バス 新宿ー白馬線 信濃大町下車
アルピコ交通 信濃大町ー扇沢
関電トンネルトロリーバス 扇沢ー黒部ダム
黒部ケーブルカー 黒部湖ー黒部平
立山ロープウェイ 黒部平ー大観峰
立山トンネルトロリーバス 大観峰ー室堂
帰り
行きの逆順

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
43分
休憩
17分
合計
1時間0分
Sみくりが池14:0714:15みくりが池温泉14:1714:33雷鳥荘14:4014:48雷鳥沢ヒュッテ14:4914:59雷鳥沢キャンプ場15:0615:07雷鳥沢ヒュッテ
2日目
山行
4時間34分
休憩
1時間50分
合計
6時間24分
雷鳥沢ヒュッテ07:4307:50雷鳥荘08:07みくりが池温泉08:0808:19立山室堂山荘08:2008:59一の越山荘09:1509:59雄山10:2010:37立山10:38大汝休憩所10:4710:58富士ノ折立11:1211:45真砂岳11:5612:36別山南峰12:4513:06剱御前小舎13:3414:07剱沢キャンプ場
3日目
山行
5時間56分
休憩
3時間41分
合計
9時間37分
剱沢キャンプ場05:4605:51剱澤小屋05:5206:12剣山荘06:1306:35一服剱06:3907:19前剱07:2707:59平蔵の頭08:1108:14カニの縦バイ08:4108:47カニのハサミ08:5108:54剱岳09:3109:34カニのハサミ09:3609:40カニの縦バイ10:0310:05平蔵の頭10:2010:42前剱11:15一服剱11:2211:36剣山荘11:4612:21剱澤小屋12:29剱沢キャンプ場13:1914:01剱御前小舎14:1215:05浄土橋15:0815:13雷鳥沢キャンプ場15:1915:23雷鳥沢ヒュッテ
4日目
山行
37分
休憩
6分
合計
43分
雷鳥沢ヒュッテ08:5609:03雷鳥荘09:0709:23みくりが池温泉09:2409:33みくりが池09:3409:39室堂G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報◯ 室堂の雷鳥沢ヒュッテで、外来温泉あり 600円
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

信濃大町駅前には、名言があります。百瀬慎太郎氏の言葉。
2014年09月18日 10:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
信濃大町駅前には、名言があります。百瀬慎太郎氏の言葉。
黒部ダム。観光放水だそうだが、流量がはんぱない。
2014年09月18日 12:21撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部ダム。観光放水だそうだが、流量がはんぱない。
黒部ダムカレー。ご飯がダム。グリーンカレーが黒部湖の湖面。じゃあヒレカツはなんだ?
2014年09月18日 12:45撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部ダムカレー。ご飯がダム。グリーンカレーが黒部湖の湖面。じゃあヒレカツはなんだ?
室堂につくとデーンと立山連峰が現れる。
2014年09月18日 13:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂につくとデーンと立山連峰が現れる。
雷鳥沢キャンプ場の夕焼け。
2014年09月18日 17:45撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥沢キャンプ場の夕焼け。
翌朝は霜が降りていた。どうりで寒いわけだ。
2014年09月19日 05:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝は霜が降りていた。どうりで寒いわけだ。
なんて現象か名前は知らないけど、相当な寒さであることを示してますね。
2014年09月19日 07:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんて現象か名前は知らないけど、相当な寒さであることを示してますね。
一の越山荘で発見した名言「汝の荷物より、隣人を座らせるべし」
いつかどこかで使おう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一の越山荘で発見した名言「汝の荷物より、隣人を座らせるべし」
いつかどこかで使おう。
一の越山荘から雄山への登り。登る気にさせてくれる斜面でした。
2014年09月19日 09:13撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一の越山荘から雄山への登り。登る気にさせてくれる斜面でした。
室堂を見下ろす。凹凸や山肌がつくる形は見ていて飽きません。
2014年09月19日 09:39撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂を見下ろす。凹凸や山肌がつくる形は見ていて飽きません。
雄山のテッペン。
2014年09月19日 09:59撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄山のテッペン。
社務所ではコーラが売っていた。これ飲んで元気になった。
2014年09月19日 10:01撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
社務所ではコーラが売っていた。これ飲んで元気になった。
中央の一番奥が目的の剣岳。立山三山と別山を超えて劔沢まで行きます。
2014年09月19日 10:36撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央の一番奥が目的の剣岳。立山三山と別山を超えて劔沢まで行きます。
大汝山のテッペン。
2014年09月19日 10:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大汝山のテッペン。
大汝山の休憩所でデジャヴを味わった。映画「春を背負って」のロケ地とは知りませんでした。
2014年09月19日 10:45撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大汝山の休憩所でデジャヴを味わった。映画「春を背負って」のロケ地とは知りませんでした。
真砂岳と別山の向こうに剣岳。
2014年09月19日 10:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真砂岳と別山の向こうに剣岳。
富士の折立。ルート上でないので、みなさんザックをデポして登ります。
2014年09月19日 10:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士の折立。ルート上でないので、みなさんザックをデポして登ります。
真砂岳はお気に入りになりました。きれい。
2014年09月19日 11:02撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真砂岳はお気に入りになりました。きれい。
1
別山のテッペン。
2014年09月19日 12:37撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別山のテッペン。
劔沢と剣岳。
2014年09月19日 12:39撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
劔沢と剣岳。
劔沢キャンプ場から見る。
2014年09月19日 15:03撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
劔沢キャンプ場から見る。
劔沢小屋から見る。カッコイイ。
2014年09月19日 15:23撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
劔沢小屋から見る。カッコイイ。
劔沢小屋で買いました。500円のチョコレート。山の上だから高いとも思わないですが、下界ならまず買わない値段です。
2014年09月19日 15:26撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
劔沢小屋で買いました。500円のチョコレート。山の上だから高いとも思わないですが、下界ならまず買わない値段です。
夕陽の効果で神秘的。
2014年09月19日 18:00撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕陽の効果で神秘的。
朝、剣山荘を通るとき、ツアーの人たちに遭遇した。ハーネスをつけてた。ガイドがロープ張るのかな?
2014年09月20日 06:12撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝、剣山荘を通るとき、ツアーの人たちに遭遇した。ハーネスをつけてた。ガイドがロープ張るのかな?
前劔のテッペン。このお二人とは深く会話はしませんでしたが、登り降りでほぼ一緒になりました。
登りでルートを間違えて私のせいで、この二人も違ったルートを通らせてしまった。すいません。
2014年09月20日 07:23撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前劔のテッペン。このお二人とは深く会話はしませんでしたが、登り降りでほぼ一緒になりました。
登りでルートを間違えて私のせいで、この二人も違ったルートを通らせてしまった。すいません。
前劔から別山の方角。
2014年09月20日 07:23撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前劔から別山の方角。
前劔から富山方面。能登半島まで見えました。
2014年09月20日 07:23撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前劔から富山方面。能登半島まで見えました。
前劔から剣岳。
2014年09月20日 07:24撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前劔から剣岳。
前劔の門の手前の鉄ブリッジとクサリのトラバース。
男性はヘッピリ腰になる人がおおい。女性は意外に難なく通るよね。
2014年09月20日 07:27撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前劔の門の手前の鉄ブリッジとクサリのトラバース。
男性はヘッピリ腰になる人がおおい。女性は意外に難なく通るよね。
平蔵の頭。でっけぇスラブ。
2014年09月20日 08:13撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平蔵の頭。でっけぇスラブ。
カニの縦バイを攻略中の人を下から見物した。人がマバラだったら登りきるまで取り付くのは遠慮しよう。
2014年09月20日 08:13撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カニの縦バイを攻略中の人を下から見物した。人がマバラだったら登りきるまで取り付くのは遠慮しよう。
カニの縦バイを超えたら、二足歩行でテッペンまで登れます。
2014年09月20日 08:54撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カニの縦バイを超えたら、二足歩行でテッペンまで登れます。
劔岳テッペンから見た別山と劔沢方面。
2014年09月20日 08:55撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
劔岳テッペンから見た別山と劔沢方面。
「源次郎尾根:この先キケン!」の警告板の前は、オトシモノで賑わってました。
レンズが外れたメガネを発見!持ち主が裸眼でも下山できたのでしょうか?
2014年09月20日 09:11撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「源次郎尾根:この先キケン!」の警告板の前は、オトシモノで賑わってました。
レンズが外れたメガネを発見!持ち主が裸眼でも下山できたのでしょうか?
たたずむせいねん。
2014年09月20日 09:30撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たたずむせいねん。
さっきの「たたずむせいねん」。
2014年09月20日 09:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっきの「たたずむせいねん」。
平蔵の頭。
2014年09月20日 10:08撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平蔵の頭。
見上げれば劔岳
2014年09月20日 10:13撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げれば劔岳
読み方は”けんざんそう”なのですね。”つるぎさんそう”と思っていた。
2014年09月20日 11:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
読み方は”けんざんそう”なのですね。”つるぎさんそう”と思っていた。
コカコーラゼロが売っていた!カロリーを気にしてはいませんが、甘くないのでゼロの方が好きです!
2014年09月20日 11:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コカコーラゼロが売っていた!カロリーを気にしてはいませんが、甘くないのでゼロの方が好きです!
1300円。”54枚分の写真が楽しめる”と山荘スタッフに言われて買ってみた。54回(以上)もニヤニヤする人がいるんだろな。
2014年09月20日 11:41撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1300円。”54枚分の写真が楽しめる”と山荘スタッフに言われて買ってみた。54回(以上)もニヤニヤする人がいるんだろな。
劔沢キャンプ地に無事に帰還。13時まわった時間帯でかなりの人が集まっていた。この日は連休の初日だった。300張が埋まるわけだ。
2014年09月20日 13:23撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
劔沢キャンプ地に無事に帰還。13時まわった時間帯でかなりの人が集まっていた。この日は連休の初日だった。300張が埋まるわけだ。
雷鳥沢キャンプ地に戻る途中で浄土沢をマジマジと見た。水きれい。でも飲めない(らしい)。
2014年09月20日 15:09撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥沢キャンプ地に戻る途中で浄土沢をマジマジと見た。水きれい。でも飲めない(らしい)。
前々日に雷鳥沢キャンプ地に泊まりましたが、テントの数が5倍以上でしたね。
2014年09月20日 17:17撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前々日に雷鳥沢キャンプ地に泊まりましたが、テントの数が5倍以上でしたね。
陽が傾きキャンプ地が日陰になると、地面と地上の気温差がうまれるのでしょう。雲が高さ5m程度まで覆ってきます。
2014年09月20日 17:36撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽が傾きキャンプ地が日陰になると、地面と地上の気温差がうまれるのでしょう。雲が高さ5m程度まで覆ってきます。
最終日。みくりが池には、ぼんやりと”逆さ立山三山”。
2014年09月21日 09:27撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終日。みくりが池には、ぼんやりと”逆さ立山三山”。
1
ロープウェイの客車がちょうどよく登ってきたところだったので。
2014年09月21日 09:54撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイの客車がちょうどよく登ってきたところだったので。
かえりの黒部ダムには、虹がかかってました。
2014年09月21日 10:44撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かえりの黒部ダムには、虹がかかってました。
撮影機材:

感想/記録

立山と劔岳をまわってきました。
東京から出発すると、始発にのっても室堂に14時。なので必然に1日目は雷鳥沢でテン泊。
2日目に雷鳥沢から劔沢に直行すると3時間で着いてしまう!ので、回り道と言うか折角なので、立山の3つを回ることになりました。
3日目に劔岳を攻略して、時間が余れば雷鳥沢に戻って温泉に浸かりたいと思っていたところ、思惑通りになりました。
4日目。一の越経由で立山ロープウェイの黒部平まで行こうかと思ったところ、テントに着いた霜を太陽に溶かしてもらおうとしていたら、時間が足らなくなりました。なんで公共交通機関に頼りました。

 劔岳の感想を。カニの縦バイ、横バイはたしかに怖かった。そして楽しかった。山と高原地図の実線ルートは、だれでもとは言わないが大抵の人は問題ないというのが分かった。今後は破線ルート、もしくはアルパインで登りたいなぁと思います。

 何組かが一般登山ルートでないところを、ハーネス・ロープ使って登っているのを見かけました。ものすごくたのしそうである!やりたいのである!山岳会への入会を検討しよう!
 

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:494人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ