また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 751406 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 飯豊山

門内岳(胎内尾根)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2015年10月23日(金) ~ 2015年10月25日(日)
メンバー
天候10月23日 晴れのち曇り 風なし 最高気温 20℃ 
10月24日 曇り 風しだいに強まる 気温 門内岳で10℃くらい 
10月25日 稜線でガス一時あられ 強い西の風 最低気温 −4℃ 
日の出 6:00 日の入り 16:56
アクセス
利用交通機関
車・バイク
奥胎内ヒュッテ手前の駐車場に駐車。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
56:30
距離
43.6 km
登り
3,686 m
下り
3,690 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間28分
休憩
31分
合計
8時間59分
S奥胎内ヒュッテ05:5108:40池平峰08:4610:52郷倉峰11:1312:39滝沢峰12:4314:50宿泊地
2日目
山行
9時間5分
休憩
1時間26分
合計
10時間31分
宿泊地05:3706:51一の峰07:0508:10二ツ峰08:2511:02門内岳11:1212:02北股岳12:0412:18梅花皮小屋12:3113:08梅花皮岳13:1013:27烏帽子岳13:4114:24御手洗ノ池14:3115:48御西岳避難小屋15:5415:58御西避難小屋水場16:0116:08御西岳避難小屋
3日目
山行
7時間23分
休憩
1時間13分
合計
8時間36分
御西岳避難小屋05:4106:39御手洗ノ池07:40烏帽子岳07:58梅花皮岳08:12梅花皮小屋08:3008:52北股岳09:28門内岳09:3109:32門内小屋09:5410:13扇ノ地神10:34地神山10:43地神北峰11:12頼母木小屋11:3311:47大石山11:4811:55大石山の分岐11:58西ノ峰12:14イチジ峰12:1912:35ヒドノ峰12:3612:49英三ノ峰13:18姫子ノ峰13:1913:42足の松尾根コース登山口14:14奥胎内ヒュッテ14:1514:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
胎内尾根

奥胎内ヒュッテの先でトレッキングコースに入り、道なりにまっすぐ頼母木川に下ると吊り橋がある。渡った先の登山道が廃止されたため橋が通行禁止になっているが、橋自体は渡れる。前回鉾立峰に登った時、奥胎内ヒュッテでも聞いて渡れることを確認しておいた。

吊り橋の先はしっかりした道が続いている。山と高原地図にある「見晴し台」には、文字の判読できなくなった標識が残っている。そこは三叉路になっているので注意。眼下には胎内川の工事現場が見える。それを頼母木川の奥胎内橋と勘違いして、右に下りてしまった。赤テープがあらわれるのを胎内尾根のコースを示すものと思い込んだために、間違いに気づくのがさらに遅れた。

池平峰の次の小ピークに雨量観測所があり、そこまでは道が続いている。その先はヤブの中に踏み跡があり赤テープもつけられていたが、尾根が平坦なのですぐに踏み跡を見失った。ヤブの薄いところを選ぼうとせずに、なるべくまっすぐ進んだ方がよかったかもしれない。そのあたりで右に下ったところに水場があるらしいが、水場を確認するどころではなかった。郷倉峰の登りでは踏み跡に合流できた。郷倉峰で眺望が開けた。

郷倉峰の下りの難所には、直径20mmもあろうかという太いロープがまだ設置されていた。古いロープは信用できないので、枝をつかんで下った。そのロープは途中でちぎれていた。

郷倉峰の先にはカモシカ岩の岩稜がある。左から回り込むようにしてカモシカ岩に近づく途中、左に下る踏み跡があった。踏み跡はカモシカ岩の尾根左下のヤブ斜面をトラバースしながら徐々に岩稜の上に到達していた。

狭い尾根上に踏み跡がないときは、斜面を巻く踏み跡があるのにちがいない。それくらい、しばらく見失っていた踏み跡に後から合流するということがよくあった。胎内尾根は、はっきりした踏み跡ができるほどではないが、かなりよく歩かれているという感じがした。最近人が歩いた痕跡、まだ新しい落とし物をいくつも見つけた。飴の包み紙などは拾ったが、タオルやモスキートネットなどはそのままにしてきた。

滝沢峰の登りがはじまると踏み跡を見失った。薄いヤブのすぐ近くに踏み跡があったようだがわかりにくかった。ヤブこぎだけならたいしたことがないが、登りはきつかった。

滝沢峰の先は踏み跡がたどれた。小桜の池の湿地にヤブがなかったので、池の先の一番高いところにツェルトを張った。

一の峰を目指し、はじめ踏み跡を見失ってササのヤブをこいだ。登りがはじまると踏み跡に合流することができた。一の峰は下りは急斜面のヤブこぎだった。

二ツ峰の手前では左側が大きく崩落しているところがある。それほどの危険は感じなかった。ヤブをよけて通れるので楽だった。

二ツ峰から藤七の池の湿原に下るところは、鎖の残る急斜面だ。鎖も信用せずに枝をつかんで下った。湿原からはササ原の中に踏み跡がある。刈り払いしてつくられたものなので道といってよい。門内岳手前の小ピークまでこの道をたどってピッチをかせぐことができた。

門内岳の最後の登りはチシマザサのヤブをこいだ。なかなか思ったほどに進めないので苦しかった。とはいえ、焦りさえしなければそれほどたいへんなヤブこぎではない。背丈以上のササで見通しはきかないが、登るべき方向ははっきりしている。この頃にはかなり風が出ていたが、ササヤブの中にいると風があたらなかった。

御西小屋−頼母木小屋の稜線

門内岳から御西小屋に向かった。小屋に着いて水場を往復するころ、雨がぽつぽつあたりはじめた。小屋の中で本降りの音になった。夜、風の音しかしないので窓をのぞくと、ガラスに雪がついていた。

朝、小屋の前の地面はうっすらと雪におおわれていた。雪も雨も降っていなかったが、風が強く、ガスで視界がきかなかった。天気はこれからもっと悪くならないともかぎらない。大日岳に登ってみたくて御西小屋まで来たのだが、大日岳を断念することにした。そうと決まれば安全な下山圏内までさっさと移動しよう。

気温はマイナス2℃ほどだった。ハイドレーションのホースが凍りついたので、水はポリ袋に移した。上半身には半袖のアンダー、長袖の冬用アンダー、薄手と厚手のユニクロのフリース2枚を着込んだ。頭にはワークマンのフリース目出帽をかぶった。その上からモンベルのレインジャケットを着ていると、風が完全に遮断されて、寒くないどころか汗ばむほどだった。足には沢用のネオプレーンソックスの上にウールのソックスを重ねた。足も全然冷たくなかった。手には、甲がメッシュの夏用グローブの内側にナイロンのインナーグローブをつけた。歩いているうちにだんだん暖かくなった。ただし、これでもし雨や雪でびしょ濡れになったらまずいことになっていた。テムレスのゴム手袋も持ってきたが、グローブの上に重ねられるサイズではなかった。

積雪は多いところでも2〜3cmしかなく、足が滑るような場面もなかった。ガスは薄くなってきた。ところによって稜線の西風が強かったが、これくらいなら大日岳に登れたのではないか、もったいないことをしたと思いはじめていた。しかし、それから風がもっと強くなった。とにかく風が強い。稜線部での多少の降雪を想定していたので、ストックは持ってきていた。ストックをついていても時々よろける。恥ずかしながら一度は尻もちをついた。地神山手前から頼母木山にかけて、風の強さに立って歩けず、片膝をついてこらえる場面があった。足を開き、身を低くして進まなければならなかった。冬山の風を知らない私にとっては十分な経験だった。

頼母木小屋で休憩していると、朳差小屋から来た登山者があらわれた。今回出会ったのはその人だけだった。お互いに驚くとともに、飯豊山を甘く見ていたという感想でも一致した。
ファイル 天気図2015年10月22日21時.png (更新時刻:2015/10/27 09:10)
天気図2015年10月24日18時.png (更新時刻:2015/10/27 09:09)
天気図2015年10月25日12時.png (更新時刻:2015/10/27 09:09)
過去天気図(気象庁) 2015年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 腕時計 GPS カメラ ヘッドランプ 地理院地図/山と高原地図/コンパス 水(3.5L) 食糧/行動食/非常食 レインウェア/スパッツ グローブ ツェルト 銀マット/ウレタンマット シュラフ/シュラフカバー 防寒着 アルコールバーナー/コッヘル アルコール(500ml) クマよけ鈴/スプレー ナイフ ホイッスル 救急用品 ストック

写真

「現在、この先の歩道は通行が出来ない状況」という立入禁止の札がかかっていた。橋自体は渡れる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「現在、この先の歩道は通行が出来ない状況」という立入禁止の札がかかっていた。橋自体は渡れる。
5
文字が判読できなくなった見晴台の標識。ここの三叉路で間違って右の道に下りてしまい、引き返した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文字が判読できなくなった見晴台の標識。ここの三叉路で間違って右の道に下りてしまい、引き返した。
2
池平峰の三等三角点。登山コースの標識も残っていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池平峰の三等三角点。登山コースの標識も残っていた。
4
新発田市の雨量観測所。ここまでは道がある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新発田市の雨量観測所。ここまでは道がある。
4
郷倉峰をめざす。雨量観測所の先の平坦部で一時踏み跡を見失ったが、やがてまた合流した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
郷倉峰をめざす。雨量観測所の先の平坦部で一時踏み跡を見失ったが、やがてまた合流した。
1
郷倉峰で眺望が開けた。滝沢峰から一の峰へと続く尾根。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
郷倉峰で眺望が開けた。滝沢峰から一の峰へと続く尾根。
6
郷倉峰からの険しい下りに太いロープが残っていたが、枝をつかんで下りた。ロープは下半分がちぎれていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
郷倉峰からの険しい下りに太いロープが残っていたが、枝をつかんで下りた。ロープは下半分がちぎれていた。
5
カモシカ岩。岩稜左のヤブ斜面にそって踏み跡があった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カモシカ岩。岩稜左のヤブ斜面にそって踏み跡があった。
7
カモシカ岩から滝沢峰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カモシカ岩から滝沢峰。
3
滝沢峰から一の峰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝沢峰から一の峰。
2
これが小桜の池だろうか。後ろに滝沢峰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが小桜の池だろうか。後ろに滝沢峰。
5
池の付近の高いところで幕営。まだ時間は早いが疲れた。後ろに一の峰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池の付近の高いところで幕営。まだ時間は早いが疲れた。後ろに一の峰。
9
二ツ峰から藤七の池を見下ろす。門内岳はガスに隠れている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ツ峰から藤七の池を見下ろす。門内岳はガスに隠れている。
5
二ツ峰から一の峰を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ツ峰から一の峰を振り返る。
6
この先、藤七の池の湿原への下りが険しい。古い鎖が残っていたが、枝をつかみながら下りた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先、藤七の池の湿原への下りが険しい。古い鎖が残っていたが、枝をつかみながら下りた。
4
藤七の池の手前の池。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤七の池の手前の池。
5
湿原から二ツ峰を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原から二ツ峰を振り返る。
3
門内岳手前の小ピークに上る道の形が見える。そこに道がついていなかったら、門内岳までに2泊を要したかもしれない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
門内岳手前の小ピークに上る道の形が見える。そこに道がついていなかったら、門内岳までに2泊を要したかもしれない。
7
二ツ峰と一の峰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ツ峰と一の峰。
3
門内岳が見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
門内岳が見えた。
5
二ツ峰と一の峰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ツ峰と一の峰。
4
加治川支流北股川の雪渓。右に二ツ峰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
加治川支流北股川の雪渓。右に二ツ峰。
2
チシマザサのヤブをこいで門内岳に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チシマザサのヤブをこいで門内岳に到着。
2
御西小屋を目指してひたすら稜線を歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御西小屋を目指してひたすら稜線を歩く。
3
立ち枯れた植物。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立ち枯れた植物。
1
御西小屋の水場。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御西小屋の水場。
2
雪の降った天狗の庭。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の降った天狗の庭。
3
雪をまとった植物。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪をまとった植物。
4
門内岳の祠には雪囲いがしてあった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
門内岳の祠には雪囲いがしてあった。
2
ナナカマドのある池。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドのある池。
2
雪をまとったマツ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪をまとったマツ。
3
頼母木山でも強風にさらされた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頼母木山でも強風にさらされた。
3
足の松尾根を下ればまだ秋の景色。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足の松尾根を下ればまだ秋の景色。
5
滝沢峰のあたり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝沢峰のあたり。
3
11月8日くらいまで紅葉シーズン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11月8日くらいまで紅葉シーズン。
4

感想/記録

かつて登山道のあった胎内尾根は今でもすばらしいコースだ。起伏に富んだ胎内尾根を稜線から眺めれば、誰しも歩いてみたいと思うのではないだろうか。頼母木小屋で管理人の亀山さんからアドバイスをいただき、胎内尾根を歩くことがかなった。検索してみると、廃道になって久しいこのコースには多くの山行記録が書かれている。実際に歩いた後で目ぼしい記録に目を通すと、いずれもよく書かれている。速い人は無雪期でも門内岳まで1日で到達しているが、2泊の心づもりをしておけば安心だ。

稜線に出てからの冬の天候への急速な変化については、昨年の今頃の越後駒ヶ岳で同じような経験をした。それにしても今回のような強風は、想像をはるかに超えたものだった。本格的な冬になったらどんな風が吹くことやら。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:2706人

コメント

ゲスト
凄いですね。
shiremonoさん。ご無事で何よりでした。
稜線での強風には,さすがのshiremonoさんも苦労されたのですね。レコの写真からその厳しさが伝わってきました。
私も,今年,飯豊山に登りましたが,そのとき心を引きつけられたのが,二ツ峰,一の峰が印象的な胎内尾根でした。門内小屋の管理人さんに「この尾根は廃道になっているようですが,今でも登る方もいるんですか。」と尋ねたところ,「登っているのは残雪期ぐらいかな。足の松尾根に新しく登山道ができたので廃れてしまったけど,いい道だったよ。」と言われました。
その言葉が気になって,帰った後,ネットで調べて見ると,shiremonoさんの言われるように,結構,登っている方もいるようでした。
しかし,到底、自分一人で登れるようなコースではないことが分かり,すぐに諦めたのですが,憧れとしてはずっと残っていました。
そんな中で,今回,shiremonoさんのレコを見つけ,心が躍った訳です。ワクワクしながら拝見させていただきました。
それにしても,単独で,しかも,この季節に登ったというのは,本当に凄いと思います。
2015/10/27 21:00
Re: 凄いですね。
FUKUSIMAさん

御神楽の花の名前を教えていただいたことがありましたね。
ヤマレコのおかげで、山行記録を書くところまでが登山という感があります。
そしてほかの人が同じコースを登った記録を見ると、記憶がよみがえり、いろいろ教えられます。
FUKUSIMAさんの御神楽や飯豊そして裏巻機の記録も、楽しく拝見しました。
そのうちに胎内尾根の記録も読ませていただけそうですね。

FUKUSIMAさんも高校時代に登山部だったということを知り、親近感をいだきました。
2015/10/28 7:08
はじめまして
myoukouhiuti(妙高燧)といいます。
あの吊り橋、渡ったんですね。私は、怖くて徒渉しました。
守衛のおじさんは、渡っている人はいる、と言ってましたがすごいです。
10年位前に登った時は、しっかりしていたのですが、今はちょっと私には無理でした。一の峰まで一泊で水の心配が無い6月下旬でした。今回は池平峰から浦島の廊下を下りました。ダムが出来ると無くなるかもしれないということですので。

見晴台で私も右へ下ってしまったんです。良い道だったので引き込まれてしまいました(+_+)
ああ、やっぱりとちょっとほっとしました。

もう飯豊と言わず、高山は冬ですね。
2015/11/2 6:49
Re: はじめまして
はじめまして

myoukouhiutiさんの日記は時々拝見しておりました。
妙高火打とばかり思っていましたが、妙高燧だったのですね。

myoukouhiutiさんの記録を読みました。
「池ノ平峰から胎内川へ下降浦島ゴルジュを下る」(2015年09月21日〜22日)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-723375.html

Satwo3さんのレコやインターネット上にある記録をいくつか併せて読み、「浦島の廊下」がどういうところなのかおぼろげに理解しました。mieeさんのいう「本流下部の名所」というのもきっとこれですね。「(ダムが)完成すると土砂が下流に流されなくなるため、数年後には埋まってしまうかもしれない」(Satwo3)とのこと。

「浦島の廊下」に単独で入るのは私には難しそうです。おそらく行く機会のないまま失われてしまう渓流のことを教えてくださり、ありがとうございました。

見晴台の三叉路は、やはりそそっかしいから間違えるのだと思います。myoukouhiutiさんはそれ以外にも山行中に大事な物を落としたりしていますよね。そういう点で自分に似た人がいるなあと、失礼ながらなごませてもらいました(+_+)
2015/11/3 11:36
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ