ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 934476 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

白峰三山逆走(日帰り)奈良田〜農鳥岳〜間ノ岳〜北岳〜白根御池小屋〜広河原

日程 2016年08月07日(日) [日帰り]
メンバー
天候大門沢下降点の前後のみガス、他は晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
仕事を終えて急いで帰宅、食事とシャワーを済ませて出発したものの、GPS腕時計を忘れたことに気づき永福で高速を下り、上りに乗り直して帰宅、出発し直しました。
約60分のロスで、ただでさえ睡眠時間の少ない自分の山行に追い打ちをかけることになってしまいました。
おかげで睡眠時間は結局3時間。

でも到着した奈良田第2駐車場の夜空を見上げると満天の星空。
もっと見ていたかったのですが、早々に狭い車内で横になりました。

帰ろうにも日曜日中央道の上り、やはり渋滞してます。仕方なくどこかで仮眠でもとって時間をつぶそうかと18:15に奈良田第2駐車場を出発。すると途中の笛吹川でちようど花火大会が始まり、しばらく花火を眺めながらドライブできました。

その後、20:30頃に渋滞解消まで釈迦堂PAで仮眠しようとシートを倒して横になりましたが、山行の興奮がおさまらないのか全く眠れずに21:30。風が出てきて涼しくてよかったのですが仮眠できないのなら時間の無駄になるばかりで残念でした。
結局それでも渋滞は変わらず。どうせ眠れないならいつまでもここにいるわけにはいかないので出発し、渋滞に4キロハマって前回の,竜△蠅汎韻犬上野原で降りて一般道を走行し高尾山インターで乗り直して帰りました。
しかしそのあとの運転が眠くて辛かったです。この日、スズメバチ橋を抜いて一番こわかった。

帰宅できたのは0:00
特にこの日は東名道も御殿場あたりから大渋滞していたようですので、夏のレジャー渋滞と重なってしまったのだと思いますが、これだとやはり(特に)日曜日の中央道は敬遠してしまいますね。


経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間30分
休憩
16分
合計
10時間46分
S奈良田第2駐車場05:0905:23奈良田ゲート07:10大門沢小屋07:1509:35大門沢下降点10:10農取岳10:37西農取岳11:00農取小屋12:03間ノ岳12:40中白根山12:56北岳山荘13:0413:43吊尾根分岐14:00北岳14:17北岳肩の小屋14:2014:33小太郎尾根分岐14:37草すべり分岐15:04白根御池小屋15:55広河原山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 サングラス 眼鏡 コンタクトレンズ 目薬 ホイッスル ドライレイヤー タンクトップ ショーツ 太ももタイツ カーフタイツ TABIOドライソックス iphone5 ロックサック 財布 小銭ケース ゴミビニール FELLRAISER ゲイター レインsmock レインパンツ smock テラノバグローブ ドライサック ルナサンダル ザック20リットル キャップ タオル 日焼け止めクリーム 自家製ハッカスプレー ハンドライト ヘッドライト ライター タイラップ テーピング バンドエイド 4列包帯 エクストラクター ミニきなこヨモギ餅×3 栗羊羹×1 塩羊羹×1 アーモンド6粒 ドライイチジク×1 ハイドレーション(1.8リットル) 水ペットボトル330ml×2 冷凍Toreta500ml×1 塩熱サプリ×7 アミノバイタルなどのサプリ×3

写真

本日もよろしくお願いいたします。
今回の白峰三山も先月と同じく広河原からの縦走コースと比較して登りが基調である奈良田からの逆走コースです。標高は約850m。前回よりも遅めの5:09にSTARTします。広河原16:40発の帰りのバスに間に合いますように。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日もよろしくお願いいたします。
今回の白峰三山も先月と同じく広河原からの縦走コースと比較して登りが基調である奈良田からの逆走コースです。標高は約850m。前回よりも遅めの5:09にSTARTします。広河原16:40発の帰りのバスに間に合いますように。。。
今日は晴れてます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は晴れてます。
しばらくアスファルトを歩いて5:22 奈良田ゲート、今日は遅めのスタートなので係りの方がいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくアスファルトを歩いて5:22 奈良田ゲート、今日は遅めのスタートなので係りの方がいます。
登山届けポストイン。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山届けポストイン。
晴れてます ^_^
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れてます ^_^
東屋を通過。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東屋を通過。
登山道入口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道入口。
そこから見えるあの吊橋をわたります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこから見えるあの吊橋をわたります。
これから渡る橋のなかで一番立派。このあとだんだんショボくなってきます。いや、趣き深くなってきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから渡る橋のなかで一番立派。このあとだんだんショボくなってきます。いや、趣き深くなってきます。
なのでまだ名前もあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なのでまだ名前もあります。
渡ると急登。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡ると急登。
それもすぐおしまい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それもすぐおしまい。
川沿いの護岸工事の横を進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川沿いの護岸工事の横を進みます。
そろそろ緊張してきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そろそろ緊張してきました。
ナゼかってあの青い橋が見えてきたからです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナゼかってあの青い橋が見えてきたからです。
コレです。この橋です。前回のレコにも書きましたが、ここで何人かスズメバチに刺されているのです。効くか効かぬか自家製ハッカスプレー!?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コレです。この橋です。前回のレコにも書きましたが、ここで何人かスズメバチに刺されているのです。効くか効かぬか自家製ハッカスプレー!?
とりあえず、飛んではなさそう。でも自分は目が悪いのでホントにいないのか!? 音も聴こえないから大丈夫かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえず、飛んではなさそう。でも自分は目が悪いのでホントにいないのか!? 音も聴こえないから大丈夫かな?
ヤダな〜、でも行くしかないしね。真面目にイチカバチカの気持ちで渡りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤダな〜、でも行くしかないしね。真面目にイチカバチカの気持ちで渡りました。
ヤッタ! 追いかけてもこない、よかった〜〜 ( ;´Д`)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤッタ! 追いかけてもこない、よかった〜〜 ( ;´Д`)
2つ目の吊橋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2つ目の吊橋。
グラグラするやつ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
グラグラするやつ。
ココからしばらくこんな感じを上る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ココからしばらくこんな感じを上る。
で、ルートロスト注意ポイント。
直進方向にもピンクリボンがかかってますが、そっちではなく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、ルートロスト注意ポイント。
直進方向にもピンクリボンがかかってますが、そっちではなく
こっち、右です。石のペイントの方向へどうぞ。(ですがこの後、少し進んで振り返りましたら、どうやら合流しているようにも見えました。だとしたら真っ直ぐ進んだ方がショートカットかもしれません。自分には当分の間、確認できないでしょう。)
この後のしばらくの区間までは大名行列かと思うくらい、沢山の下山者の方々とすれ違いました。ちょうど先月にクマがでたというあたりなので、お互いに熊よけになりましたね。
下りてこられたご婦人に『本日1人めのすれ違いです、がんばって‼』と励ましの声をいただきました。ありがとうございます〜(^_−)−☆
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっち、右です。石のペイントの方向へどうぞ。(ですがこの後、少し進んで振り返りましたら、どうやら合流しているようにも見えました。だとしたら真っ直ぐ進んだ方がショートカットかもしれません。自分には当分の間、確認できないでしょう。)
この後のしばらくの区間までは大名行列かと思うくらい、沢山の下山者の方々とすれ違いました。ちょうど先月にクマがでたというあたりなので、お互いに熊よけになりましたね。
下りてこられたご婦人に『本日1人めのすれ違いです、がんばって‼』と励ましの声をいただきました。ありがとうございます〜(^_−)−☆
こんなのも楽しく渡ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなのも楽しく渡ります。
そして例のトレイルの川? 川のトレイル?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして例のトレイルの川? 川のトレイル?
今日も水量しっかりあります(⌒-⌒; )
これもまたしばらく続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も水量しっかりあります(⌒-⌒; )
これもまたしばらく続きます。
丈夫そうな『丸太ハシゴ橋』。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丈夫そうな『丸太ハシゴ橋』。
この辺りは景観が素敵です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りは景観が素敵です。
趣きあって好きな橋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
趣きあって好きな橋。
1
大門沢小屋に到着。標高は約1700mです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大門沢小屋に到着。標高は約1700mです。
お水ごちそうさまでした。ありがとうございます。出発です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お水ごちそうさまでした。ありがとうございます。出発です。
1
ムラサキのキノコの親子。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ムラサキのキノコの親子。
このあともこんな橋や
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあともこんな橋や
こんなのもあって楽しいです。
しかしこのあと、よそ見で枝に額を強打!こんなときこそ冷凍してきたペットボトルでアイシングします。ところが、ただの打撲では済まず少し流血してました。しばし頭がクラクラしながら上ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなのもあって楽しいです。
しかしこのあと、よそ見で枝に額を強打!こんなときこそ冷凍してきたペットボトルでアイシングします。ところが、ただの打撲では済まず少し流血してました。しばし頭がクラクラしながら上ります。
そしてこんな感じの岩の登山道や樹林帯の急登を上っていきます。用心しながら上ったのですが、今日も右の内転筋を攣ってしまいました。でも前回よりはマシ。それより暑くてバテバテです。途中で再び自家製ハッカスプレーを全身に吹きかけます。アブとかブヨとかまとわりつくように飛びまわってるから。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてこんな感じの岩の登山道や樹林帯の急登を上っていきます。用心しながら上ったのですが、今日も右の内転筋を攣ってしまいました。でも前回よりはマシ。それより暑くてバテバテです。途中で再び自家製ハッカスプレーを全身に吹きかけます。アブとかブヨとかまとわりつくように飛びまわってるから。
えっちらおっちら、なんとかハイマツ帯まで来ました。
今日、自分がハイマツの匂いが苦手なことに初めて気づきました。嗅ぐと気持ち悪くなる。体調かな。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
えっちらおっちら、なんとかハイマツ帯まで来ました。
今日、自分がハイマツの匂いが苦手なことに初めて気づきました。嗅ぐと気持ち悪くなる。体調かな。。
ガスってますね。すれ違いの方に尋ねると、上は大丈夫だったそうです。ガスってるけど、涼しくて嬉しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスってますね。すれ違いの方に尋ねると、上は大丈夫だったそうです。ガスってるけど、涼しくて嬉しい。
やっとこさ、大門沢下降点。標高は約2800m
ここまでに両大腿部、下腿部を攣った前回よりも遅い・・・
用心して焦らず上ったこともありますが、一番はやっぱり暑さにヤラレました。この季節の2800m以下の風の抜けない樹林帯は厳しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとこさ、大門沢下降点。標高は約2800m
ここまでに両大腿部、下腿部を攣った前回よりも遅い・・・
用心して焦らず上ったこともありますが、一番はやっぱり暑さにヤラレました。この季節の2800m以下の風の抜けない樹林帯は厳しい。
少しガスってますが、前回はなんにも見えなかったので期待しちゃいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しガスってますが、前回はなんにも見えなかったので期待しちゃいます。
ガスってますが、いい気分 ( ^_^)/~~~
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスってますが、いい気分 ( ^_^)/~~~
こんな感じだったんだーー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じだったんだーー。
2
いざ農鳥岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いざ農鳥岳。
おっ、右手に富士山がっ! 見えてきた!?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっ、右手に富士山がっ! 見えてきた!?
いや、このあとすぐに隠れてしまいました (T . T)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いや、このあとすぐに隠れてしまいました (T . T)
でも遠くの山々が綺麗です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも遠くの山々が綺麗です。
農鳥岳の山頂は無人。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
農鳥岳の山頂は無人。
2
その隙をついて富士山。この日の富士山はこれが最後でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その隙をついて富士山。この日の富士山はこれが最後でした。
1
晴れてきて稜線バッチリ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れてきて稜線バッチリ。
2
スゲー、でもさすがにずっと頂点を辿るようにトレイルがあるわけではないのですね。結構迂回してるのがわかります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スゲー、でもさすがにずっと頂点を辿るようにトレイルがあるわけではないのですね。結構迂回してるのがわかります。
2
仙丈ヶ岳? ちがいますか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳? ちがいますか?
岩岩したトレイル。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩岩したトレイル。
1
見上げてみる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げてみる。
1
稜線ギザギザ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線ギザギザ。
間ノ岳と北岳見えた!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳と北岳見えた!
右手にもなんか見えてる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手にもなんか見えてる。
なんか見えてる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんか見えてる。
なんか見えてる。そう、オベリスク!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんか見えてる。そう、オベリスク!
左がオベリスク、その右が観音岳と薬師岳ですかね?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左がオベリスク、その右が観音岳と薬師岳ですかね?
  北岳トンガってます
   ( *`ω´)
その前に間ノ岳がドッシリと待ち構えてます。
それにしても農鳥小屋までだいぶ下りますねぇ。バテテきたのでもったいなく思います。情けねー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
  北岳トンガってます
   ( *`ω´)
その前に間ノ岳がドッシリと待ち構えてます。
それにしても農鳥小屋までだいぶ下りますねぇ。バテテきたのでもったいなく思います。情けねー。
2
下りますかね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りますかね。
その前に西農鳥岳がありました。間ノ岳、ちっさく農鳥小屋、北岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その前に西農鳥岳がありました。間ノ岳、ちっさく農鳥小屋、北岳。
ギリギリオベリスク。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギリギリオベリスク。
もいっかい。しっかし間ノ岳ボリューミー•••だいじょうぶかなぁ。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もいっかい。しっかし間ノ岳ボリューミー•••だいじょうぶかなぁ。。
1
こっちですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちですね。
そっちはこんな感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そっちはこんな感じ。
そのちょっと右
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのちょっと右
1
さらにギリギリ左端に北岳と正面にまたオベリスク。いいかげんにして早く下りないと (~_~;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらにギリギリ左端に北岳と正面にまたオベリスク。いいかげんにして早く下りないと (~_~;)
けれども鳳凰三山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
けれども鳳凰三山。
はい、下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はい、下ります。
1
前回はガスガスでなんにも見えずに下りたのでいきなり農鳥小屋に到着しましたが、今日はこんなによく見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回はガスガスでなんにも見えずに下りたのでいきなり農鳥小屋に到着しましたが、今日はこんなによく見える。
1
実はちっちゃくオベリスク。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
実はちっちゃくオベリスク。
農鳥小屋まで下りてきました。ここからの間ノ岳はこんなにカッコイイのか!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
農鳥小屋まで下りてきました。ここからの間ノ岳はこんなにカッコイイのか!!
2
すげぇ ( ゜O゜ );
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すげぇ ( ゜O゜ );
1
今日はガスなしではっきりと読める。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はガスなしではっきりと読める。
振り返って農鳥方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って農鳥方面。
1
  このあと、農鳥小屋からは見えないニセピークがいくつかあって疲れた、 疲れた (´Д` )
そんなとき、奈良田第2駐車場で朝に見かけたトレランの3人パーティーの方々が下りてきた。広河原までバスで行き北岳から周りの正規縦走ルートを取られたようです。それぞれが赤、青、黄色のウェアの3人が ガレたトレイルを下りてくる姿はカッコよかったです。 立ち止まって見とれてましたよ (^_^)v
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
  このあと、農鳥小屋からは見えないニセピークがいくつかあって疲れた、 疲れた (´Д` )
そんなとき、奈良田第2駐車場で朝に見かけたトレランの3人パーティーの方々が下りてきた。広河原までバスで行き北岳から周りの正規縦走ルートを取られたようです。それぞれが赤、青、黄色のウェアの3人が ガレたトレイルを下りてくる姿はカッコよかったです。 立ち止まって見とれてましたよ (^_^)v
間ノ岳ぇぇ〜。
もうヘトヘト
(; ̄д ̄)ハァ↓↓
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳ぇぇ〜。
もうヘトヘト
(; ̄д ̄)ハァ↓↓
1
しかし北岳ズドーン!!
次はコレ。しかーし!
その前にまた下るんかい (*_*)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし北岳ズドーン!!
次はコレ。しかーし!
その前にまた下るんかい (*_*)
1
仙丈ヶ岳も近くなってきましたよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳も近くなってきましたよ。
西側にオフセットされた稜線トレイル。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側にオフセットされた稜線トレイル。
1
右向いてまたまたオベリスク登場〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右向いてまたまたオベリスク登場〜。
たまには足元のかわいいお花。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまには足元のかわいいお花。
やっぱり北岳と小さなオベリスク。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱり北岳と小さなオベリスク。
1
これもそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これもそう。
ヒーヒー言いながら上っていると、アレ? なんかいる。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒーヒー言いながら上っていると、アレ? なんかいる。。
出てきたのはライチョウの
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出てきたのはライチョウの
ベイビーでした。 こっち向いてっ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ベイビーでした。 こっち向いてっ。
ちっちゃくてかわいい。さっきのオベリスクみたい f^_^;
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちっちゃくてかわいい。さっきのオベリスクみたい f^_^;
1
いっぱい群がってる。まるでアイドル撮影会のよう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いっぱい群がってる。まるでアイドル撮影会のよう。
漢字違うのだけど間違いなく中白根山。ここまでもなかなかキツイ。少し頭痛もしてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
漢字違うのだけど間違いなく中白根山。ここまでもなかなかキツイ。少し頭痛もしてきました。
北岳の手前に北岳山荘が見えてる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳の手前に北岳山荘が見えてる。
1
最終バスの時刻が気になるので、ここは急ぎます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最終バスの時刻が気になるので、ここは急ぎます。
その横奥のイカツイのは鋸岳かしら?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その横奥のイカツイのは鋸岳かしら?
北岳山荘まで下りてきましたよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳山荘まで下りてきましたよ。
う〜ん、良い眺めです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
う〜ん、良い眺めです。
1
トイレをお借りして給水いたしました。ありがとうございました。
このあと北岳山頂までは最終バスの時刻がどんどん気になり、写真どころじゃありませんでした。尤もクタクタで時折ぶり返す右の内転筋の攣りと格闘しながらでしたので仕方なし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレをお借りして給水いたしました。ありがとうございました。
このあと北岳山頂までは最終バスの時刻がどんどん気になり、写真どころじゃありませんでした。尤もクタクタで時折ぶり返す右の内転筋の攣りと格闘しながらでしたので仕方なし。
んで間も無く山頂といったところでしばしの渋滞。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
んで間も無く山頂といったところでしばしの渋滞。
少しずつ進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しずつ進みます。
ちょっと空いた、もうちょい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと空いた、もうちょい。
着〜。大門沢小屋から大門沢下降点までに予想より遅れてしまったので、ここの到着目標を14:00としてたのですがなんとかピッタリ。
ですが経験の浅い自分にはまだ安心できませんし、山頂は人だらけでお邪魔でしたので直ぐに下山します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
着〜。大門沢小屋から大門沢下降点までに予想より遅れてしまったので、ここの到着目標を14:00としてたのですがなんとかピッタリ。
ですが経験の浅い自分にはまだ安心できませんし、山頂は人だらけでお邪魔でしたので直ぐに下山します。
1
仙丈ヶ岳のこんなに近くまで来ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳のこんなに近くまで来ました。
オベリスクも
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オベリスクも
ほらこんなに近くなった
    (^o^)/
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほらこんなに近くなった
    (^o^)/
甲斐駒ヶ岳ヤッホーーー
♪───O(≧∇≦)O────♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒ヶ岳ヤッホーーー
♪───O(≧∇≦)O────♪
肩の小屋が見える。それにしても綺麗な稜線•••の先に•••甲斐駒ヶ岳バンザーイ
*\(^o^)/**/
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋が見える。それにしても綺麗な稜線•••の先に•••甲斐駒ヶ岳バンザーイ
*\(^o^)/**/
肩の小屋のテント場からのオベリスク。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋のテント場からのオベリスク。
肩の小屋のテント場からのオベリスク。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋のテント場からのオベリスク。
肩の小屋のテント場からのオベリスク。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋のテント場からのオベリスク。
およそ7kmの稜線歩きもいよいよおしまいですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
およそ7kmの稜線歩きもいよいよおしまいですね。
仙丈ヶ岳よ、さよーならー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳よ、さよーならー。
さらば甲斐駒ヶ岳ぇ〜
( ´ ▽ ` )ノ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらば甲斐駒ヶ岳ぇ〜
( ´ ▽ ` )ノ
そしてオベリスク〜!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてオベリスク〜!
やっぱりカイコマ〜っ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱりカイコマ〜っ!
おまけのオベリスク〜 (^ ^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけのオベリスク〜 (^ ^)
オベリスク ア〜ップ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オベリスク ア〜ップ。
名残惜しくていっぱい遊んでしまった。
さあ、下りますよ。今日の階段は濡れてないはず!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残惜しくていっぱい遊んでしまった。
さあ、下りますよ。今日の階段は濡れてないはず!
草すべりコースをチョイス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草すべりコースをチョイス。
白根御池小屋のテント場が見えて来ました。ここまでつづら折れの急坂を下ります。ここからは下山者がどんどん増えてきました。追い越しさせていただいた方々、お手数をおかけしてすみませんでした。ありがとうございました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白根御池小屋のテント場が見えて来ました。ここまでつづら折れの急坂を下ります。ここからは下山者がどんどん増えてきました。追い越しさせていただいた方々、お手数をおかけしてすみませんでした。ありがとうございました。
少しだけ近づいたような。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しだけ近づいたような。
また少し近づいたかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また少し近づいたかな。
結構真面目に下りてるんですが、ずっとこんなです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構真面目に下りてるんですが、ずっとこんなです。
白根御池小屋に到達〜。今日も和やかでいい感じの小屋です。ソフトクリームを食べたかったのですが、山行経験が浅い自分には次のポイントまでの所要時間が読めないので我慢しました
( ; _ ; )/~~~
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白根御池小屋に到達〜。今日も和やかでいい感じの小屋です。ソフトクリームを食べたかったのですが、山行経験が浅い自分には次のポイントまでの所要時間が読めないので我慢しました
( ; _ ; )/~~~
予想通り濡れてない、乾いてました。
前回もコメントしましたが、この新設されて間も無いようなハシゴですが、雨に濡れるとツルッツルになります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予想通り濡れてない、乾いてました。
前回もコメントしましたが、この新設されて間も無いようなハシゴですが、雨に濡れるとツルッツルになります。
ハシゴによってはこのように支柱に対して踏桟(とうざん)が意図的に? 止むを得ず? 斜めに固定されていることも滑る要因です。
下りでは超注意です。
今日はぜんぜん問題なし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハシゴによってはこのように支柱に対して踏桟(とうざん)が意図的に? 止むを得ず? 斜めに固定されていることも滑る要因です。
下りでは超注意です。
今日はぜんぜん問題なし。
ゴォーール ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(*^□^)┘
広河原山荘です。バスの時刻にも間に合って、やっとホッとできました。
こちらのお水がおいしくてゴクゴクいただきました。ごちそうさまでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴォーール ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(*^□^)┘
広河原山荘です。バスの時刻にも間に合って、やっとホッとできました。
こちらのお水がおいしくてゴクゴクいただきました。ごちそうさまでした。
吊橋を渡り広河原インフォメーションへ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊橋を渡り広河原インフォメーションへ。
それにしてもいい天気です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それにしてもいい天気です。
木漏れ日が心地よいです  (◍•ᴗ•◍)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木漏れ日が心地よいです  (◍•ᴗ•◍)
ブラシは備え付けでした!!!
ナゾが解明した瞬間 〜〜〜 (`〜´)y-~~~
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブラシは備え付けでした!!!
ナゾが解明した瞬間 〜〜〜 (`〜´)y-~~~
おまけ画像1
帰りの車窓から見えた笛吹川沿いの神明の花火大会。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけ画像1
帰りの車窓から見えた笛吹川沿いの神明の花火大会。
おまけ画像2
「花火の町として知られる「市川三郷町」で毎年8月7日(花火の日)に開催され、2016年で第28回を迎える県下最大規模の花火大会」だそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけ画像2
「花火の町として知られる「市川三郷町」で毎年8月7日(花火の日)に開催され、2016年で第28回を迎える県下最大規模の花火大会」だそうです。
おまけ画像3
しばし車を停めて眺めました。
綺麗でした。粋なプレゼントでした。ありがとうございました ヽ(。◕‿◕。)ノ”
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけ画像3
しばし車を停めて眺めました。
綺麗でした。粋なプレゼントでした。ありがとうございました ヽ(。◕‿◕。)ノ”
1

感想/記録

先月の人生初の白峰三山は晴れの天気予報ということで、期待して上りましたが散々な天候に見舞われ眺望ゼロだったので再びチャレンジです。

今回はなかなかの好天でかなりの人の多さに驚きました。やはり人気のある山域の日曜日は凄いですね。大門沢小屋までに何人の下山者とすれ違ったか数えきれません。これですと前日の土曜日は よほど賑わったことだと思います。
それに引き換え、自分と同じく奈良田▶大門沢下降点に向かって歩く方は奈良田ゲートでお会いしたお一人のみでした。すみません、完全に流れに逆らってますね f^_^;
道をお譲りいただいたときの感謝の心と言葉を忘れてはいけません。

稜線に出てからは間ノ岳あたりまではすれ違う登山者も少なく静かでしたが、これを過ぎると北岳方面からひっきりなしに歩いてこられます。
その後、中白根山▶北岳の区間では半々くらいの割合となり、それが北岳直前では自分と同じ北岳方向が混雑。そして北岳▶小太郎尾根分岐までは北岳に向かう登山者とのすれ違いがとても多くなりました。この状況を見ても北岳山頂が大混雑していた理由がわかります。

晴れの3000mの稜線トレイルは憧れでしたのでその意味では満足でしたが、今回も前回と同じく広河原16:40発の最終バスの時刻が気になって存分に景色を楽しみながらというわけにはいかず、今の自分のパフォーマンスでは せっかくの『極上トレイル』も景色を楽しむ余裕がなくて残念です。
尤も広河原からの通常の縦走コースを選べばバスの時刻を気にすることから解放されるのですが。。。
先駆者の方のレコから勉強させていただきましたが、上記の縦走コースと比較して奈良田からスタートする場合には登りが基調となるようです。よって【登り基調 + 最終バスの時刻リミットあり】というメリット? デメリット? のあるこの逆走コースをチョイスしたのでこのストレスは仕方ありませんでした。

睡眠時間と早出のスタートの両立ができれば少しは助けになるのですが、なかなか困難です。

景色が望めたのはよかったのですが、夏は(特にこの日の下界は36℃)3000mの稜線でも暑く感じることもありました。2800m以下の風の抜けない樹林帯では暑くて参ってしまいました。その意味では自分の場合には今回の晴れよりも、前回のようにスタートから大門沢下降点までは曇り + 稜線では雨 + ガス + 風の寒さの中での山行の方がパフォーマンスは上のようです。ただし、ガスは視界が悪いので危ないですし、止まると一気に身体が冷えて危険だったので、その天候をわざわざ選んで行くことはあり得ません。
思えば去年の11/4の「日向はポカポカ、日陰は立ち止まれば寒い、無風」だった鳳凰山が暑くもなく寒くもなくドンピシャでした。
暑さに弱いのは経験不足と諸々の修正が足りないこともあるのでしょうけれど。

景色はまずまずでしたので稜線では写真をいっぱい撮りました。気づくと大好きなオベリスクの写真がたくさんありました f^_^;

バスを降りて奈良田第2駐車場に到着して帰り支度をしていると、農鳥小屋〜間ノ岳の途中でお会いしたトレラン3人パーティが到着されました。「大門沢下降点からの下りが一番キツかった」そうです。コースが違うのに1日に3回もお会いするなんて初めての経験です。ご縁をありがとうございます。またどこかで!
その後、北岳山荘で一泊なさったという男性が到着。やはり同じくここが大変苦労なさって、とくに大門沢下降点から大門沢小屋までについては「地図のコースタイムはまちがえてるのではないか」とまでおっしゃっていました。
自分もクタクタになりました。みなさんおつかれさまでした。

GPS腕時計の計測上では休憩時間が16分となっていますが、実際には写真を撮ったり出会った登山者の方々と楽しくお話ししたりで立ち止まってますので、およそ30〜40分くらいでしょうか(混雑での立ち止まりは含まず)。

前回から1ヶ月以内の同ルートの山行なので、ルート状況にさほど変化がない箇所は写真を撮っていません。少しでも詳しくお知りになりたい方は、お手数ですが前回のレコと併せてご覧くださいませ。写真もコメントも上手ではないのでどれだけお役に立てるかわかりませんが、よろしくお願いいたします。。

それにしても、今回は大門沢小屋〜間ノ岳あたりまで以外は混んでいました。とくに奈良田〜大門沢小屋、中白根山〜北岳〜小太郎尾根分岐、白根御池小屋〜広河原山荘までの区間はかなりの人数の方々とのすれ違いやパスをさせていただきましたが、皆さんの『お互いさま』のマナーの素晴らしいことに感心いたしました。都会の通勤ラッシュもこうだと良いですね。山道を通勤すれば良いのかな。。。それは無理ですよねぇ (^_^;)

今回も日頃レコを拝見し参考にさせていただいている方々、いつも気持ちよく送り出してくれる妻、仕事で協力していただいているスタッフの皆さん、関係者の方々、皆さん本当にありがとうございました。

追記 : 7月の前回=,虜櫃發修Δ任靴燭、帰りの14:40発の最終バスは途中のバス停で釣り人を数名ずつ乗せても座席に空きがありました。この点では朝の奈良田〜広河原の満員バスと違って快適なのでしょうね。ただしエアコンがキンキンに効いてます。決して寒がりではない私もブルブルでした。
訪問者数:718人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ