また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 968259 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 剱・立山

北アルプス_大明神山・毛勝三山・剱岳

情報量の目安: C
-拍手
日程 2016年09月22日(木) 〜 2016年09月25日(日)
メンバー
天候22日:雨
23日:断続的に雨
24日:晴れ時々曇り
25日:曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車タクシー
■往路
東京〜黒部宇奈月温泉:新幹線
黒部宇奈月温泉〜魚津:地鉄
魚津駅〜片貝第四発電所:タクシー(5000円強)

■復路
馬場島〜アルプスの湯:タクシー(8000円強)
上町〜富山:地鉄
富山〜新宿:夜行バス
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
11時間38分
休憩
0分
合計
11時間38分
S東又谷・南又谷分岐05:4616:23大明神山17:24宿泊地
2日目
山行
11時間24分
休憩
10分
合計
11時間34分
宿泊地05:2810:00ボーサマのコル10:15毛勝山10:33ボーサマのコル10:3410:42毛勝山南峰12:08釜谷山13:22猫又山13:2315:04ブナクラ峠15:1217:02赤谷山
3日目
山行
10時間6分
休憩
47分
合計
10時間53分
赤谷山05:2606:20白萩山06:2307:17赤ハゲ07:1908:16白ハゲ09:31大窓09:3611:27池平山11:2913:44小窓(乗越)14:1916:02小窓ノ王16:19三ノ窓
4日目
山行
6時間24分
休憩
15分
合計
6時間39分
三ノ窓05:3005:51池ノ谷ガリー06:03チンネ06:13池ノ谷乗越06:1506:52長次郎ノ頭06:5307:09長次郎のコル07:1407:32剱岳07:40カニのハサミ07:4709:20早月小屋11:40松尾平12:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■大明神(第一)尾根
上部は猛烈な藪。
取付きは片貝第四発電所の導水路の階段を使うと楽なのだが、立入禁止の札が下がっているため、無数にある作業道の一つを使った。
標高1000m位まで断続的に作業道があるが、作業道を離れると一転してミックス藪の大歓迎を受ける。藪はネマガリダケが中心だが、標高が上がると灌木が混ざるため上部ほど体力消費が大きい。

■毛勝三山〜池平山
大窓〜池平山南峰までは2箇所程悪い所がある。
いずれもお助けロープ/アブミがあるが、ロープはかなりボロいので体重を預けられる代物ではない。池平山南峰ではロープが垂れていた岩や草付が濡れていたので、東側のルンゼを登った。毛勝山以南は刈払いや踏み跡があるので藪漕ぎは辛くない。

■池平山〜剱岳本峰
踏み跡、残置ロープ多数。

■水場
・大明神尾根の作業道上の沢
・大明神山〜毛勝山南峰の間の沢
・小窓雪渓を10分程下った右岸の小さな滝
※大明神山〜白萩山の間は池が点在 (サンショウウオが泳いでいる不気味な水だが非常時なら煮沸して使えると思う)

■幕営地
1日目:大明神山と毛勝山南峰の間の1984辺りのコル (池が点在する草原)
2日目:赤谷山の山頂付近 (砂地で水はけが良く快適)
3日目:三ノ窓 (後立山を望む快適地)
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

感想/記録

雨の中の激藪漕ぎであったため全身ずぶ濡れで、休まず藪を漕いでいても肌寒かった。
心安らぐマイホームであるはずのテントも激しい結露でシュラフやマットがしっとり濡れて不快そのもの。予報通り3日目から晴れ間が覗くようになったため、小窓や三の窓で装備を乾かすことができ人心地ついた。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1285人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ