ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 789601 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走石鎚山

【四国冬季遠征1/2 石鎚山系】石鎚山-瓶ヶ森-伊予富士-笹ヶ峰-東赤石山

日程 2015年12月26日(土) 〜 2015年12月31日(木)
メンバー Gipfel(CL), minami61
天候12/27 cloud/sun
12/28 cloud
12/29 snowsun
12/30 sun
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:新幹線のぞみ  東京    20:10-23:32 岡山
   マリンライナー 岡山    23:43-00:26 坂出
   予讃線     坂出    00:28-00:42 多度津
   予讃線     多度津   05:13-05:47 観音寺
   予讃線     観音寺   06:04-07:11 伊予西条
   せとうちバス  伊予西条駅 07:43-08:37 ロープウェイ前 1,000円
   http://www.ishizuchi.com/company
   石鎚登山ロープウェイ http://www.ishizuchi.com/rw

復路:別子山地域バス 筏津 7:00-8:05 新居浜駅 400円
   http://www.city.niihama.lg.jp/soshiki/besshi/3871.html
   以後、3日間レンタカーで移動

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間50分
休憩
0分
合計
6時間50分
S山頂成就駅09:1009:40成就社11:30夜明峠12:15二の鎖下12:50石鎚山・弥山13:15石鎚山13:30石鎚山・弥山14:00二の鎖下14:30東稜分岐16:00土小屋16:00宿泊地
2日目
山行
9時間24分
休憩
0分
合計
9時間24分
土小屋06:4007:40よさこい峠08:20伊吹山10:00瓶ヶ森登山口10:50男山(瓶ヶ森)11:05瓶ヶ森12:34西黒森14:35自念子ノ頭15:26東黒森15:46鞍部分岐16:04宿泊地
3日目
山行
9時間6分
休憩
0分
合計
9時間6分
宿泊地06:0006:45伊予富士08:03桑瀬峠09:20寒風山11:12笹ヶ峰12:02ちち山分岐12:21ちち山12:38ちち山分れ14:02獅子舞の鼻15:06土山越15:06宿泊地
4日目
山行
11時間0分
休憩
0分
合計
11時間0分
宿泊地06:0007:09綱繰山07:50西山08:13銅山越09:40西赤石山10:36物住頭11:24石室越12:46八巻山13:21東赤石山14:09赤石山荘17:00筏津登山口
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

ロープウェイ前でバスから下車
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイ前でバスから下車
ロープウェイに乗り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイに乗り
翌日に登る予定の瓶ヶ森が見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日に登る予定の瓶ヶ森が見える
3
石鎚山の山頂部が見えてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石鎚山の山頂部が見えてきた
2
鎖に必死につかまって登った。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖に必死につかまって登った。
1
試しの鎖の上にあるお社
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
試しの鎖の上にあるお社
1
試しの鎖を終えて、下りの鎖場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
試しの鎖を終えて、下りの鎖場
1
土小屋へのトラバース道が見えてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土小屋へのトラバース道が見えてきた
ニノ鎖小屋が見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニノ鎖小屋が見える
1
アイゼンが引っかかって厄介だった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイゼンが引っかかって厄介だった
天狗岳の岩場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳の岩場
5
弥山の山頂社
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥山の山頂社
1
成就に戻らずに、土小屋へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
成就に戻らずに、土小屋へ
トラバース道の水場はガリガリ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース道の水場はガリガリ
雪がなくなってきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪がなくなってきた
1
急斜面に付けられた橋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面に付けられた橋
舗装路に出た
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装路に出た
今日の目的地
土小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の目的地
土小屋
1
翌日の登山口を確認し、一日目は終了
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日の登山口を確認し、一日目は終了
岩黒山トラバース道の水場は、しっかりと出ていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩黒山トラバース道の水場は、しっかりと出ていた。
フラッシュを焚くと、湯気がいっぱい映った
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フラッシュを焚くと、湯気がいっぱい映った
2
2ヶ所目の水場
ものすごい水量
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2ヶ所目の水場
ものすごい水量
朝焼けに染まる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝焼けに染まる
トイレは使用可
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレは使用可
開けていて歩きやすい道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開けていて歩きやすい道
足元は砂利ではなく、岩盤のようになっていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元は砂利ではなく、岩盤のようになっていた。
よさこい峠は"予佐越"と書くんですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よさこい峠は"予佐越"と書くんですね
1
徐々に雪模様に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徐々に雪模様に
もちろん、男山経由で!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もちろん、男山経由で!
1
歩くと霧氷がボロボロ崩れてくる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩くと霧氷がボロボロ崩れてくる
3
瓶ヶ森 女山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瓶ヶ森 女山
吉野川源流
ピントがボケてしまった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吉野川源流
ピントがボケてしまった
1
西黒森は縦走路からやや外れていた。
標識は控えめ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西黒森は縦走路からやや外れていた。
標識は控えめ
西黒森の山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西黒森の山頂
1
自念子ノ頭への登り
大きな笹原がある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自念子ノ頭への登り
大きな笹原がある。
1
伊予富士と東黒森
その奥には笹ヶ峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊予富士と東黒森
その奥には笹ヶ峰
3
縦走路から外れ、幕営地の水場へ下る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路から外れ、幕営地の水場へ下る
伊予富士の三角点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊予富士の三角点
2
標識が落ちていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識が落ちていた
なおも続く、笹原
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なおも続く、笹原
ハシゴが出てきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハシゴが出てきた
寒風山
名前の通りの寒さ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寒風山
名前の通りの寒さ
2
ブロッケン現象!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブロッケン現象!
4
険しくなってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
険しくなってきた。
1
伊予西条の町並み
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊予西条の町並み
1
雪山らしくなってきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪山らしくなってきた
5
ちち山の分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちち山の分岐
ちち山の山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちち山の山頂
4
ササが繁茂したトラバース道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ササが繁茂したトラバース道
ようやく東赤石山が見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく東赤石山が見えてきた。
1
新居浜の町並み?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新居浜の町並み?
1
馬道の別れ
なんぞ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬道の別れ
なんぞ?
歩きやすい道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きやすい道
西山へ向かう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西山へ向かう
巻き道もあり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻き道もあり
西山の三角点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西山の三角点
銅山越へ向かう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銅山越へ向かう
新居浜の市街地
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新居浜の市街地
1
銅山峰からの眺め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銅山峰からの眺め
3
木道を作る予定?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道を作る予定?
東山
このあたりは名の付いたピークが多い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東山
このあたりは名の付いたピークが多い
笹ヶ峰の奥に伊予富士
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹ヶ峰の奥に伊予富士
4
岩に模様がついていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩に模様がついていた
1
前赤石に登れるらしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前赤石に登れるらしい
赤石山荘の屋根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石山荘の屋根
赤石山荘下降点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石山荘下降点
東赤石山
瀬戸内海を見下ろす
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東赤石山
瀬戸内海を見下ろす
3
少し先の三角点からの眺め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し先の三角点からの眺め
2
下降点に戻ってきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下降点に戻ってきた
トラバース道の分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース道の分岐
赤石山荘に立ち寄る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石山荘に立ち寄る
1
水場は出ていなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場は出ていなかった。
傾斜地に着けられた登山道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾斜地に着けられた登山道
トラバース道で一度別れた道と合流
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース道で一度別れた道と合流
八間滝
落差は60mあるらしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八間滝
落差は60mあるらしい
2
瀬場との分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瀬場との分岐

感想/記録
by Gipfel

白山より西側の山に登ったことはなく、四国には上陸したこともありませんでしたが、
縦走できるコースがあることを知り、歩いてみることにしました。


【0日目】

東京駅からの新幹線は帰省ラッシュに巻き込まれることを覚悟の上でしたが、
ホームへ行ってみると、待ち客はほとんどおらず、余裕で座ることができました。

岡山からは高松行きの快速列車マリンライナーに乗りました。
瀬戸大橋を渡り、坂出から各駅停車の多度津行きに乗り換えました。
多度津から先は電車がないので、ここで一晩過ごすことになりました。


【1日目】

始発電車に乗り観音寺で乗り継いだ上で、路線バス発着駅の伊予西条に着きました。
西ノ川行きの路線バスには5名ほど乗客がいました。
ロープウェイ前でおり、ロープウェイで一気に高度を稼いだのちに、ようやく登山開始しました。

積雪を想定していましたが、まったく雪が見当たらず、拍子抜けしました。
成就社まで歩きやすい道をスタスタと進んでいきました。

なだらかな下り坂を下っていき、一旦鞍部まで下りきり、登り返し始めると、
階段が出てきて登り応えのあるルートになりました。

試しの鎖はせっかく来たのでチャレンジしてみました。
ところどころ凍結していましたが、ノーアイゼンで登ることができました。
下りの鎖は南斜面なので凍結しておらず、ここもノーアイゼンでくだれました。

夜明峠まで来たところで、最初の休憩をとりました。
目の前には石鎚山の北斜面の岸壁がそびえていました。

ニノ鎖小屋でアイゼンとピッケル以外の荷物は小屋に置いてから出発しました。
試しの鎖で満足し、てっきりニノ鎖や三の鎖の方が難易度が高いと勘違いしてしまい、チャレンジしませんでした。

金網の橋や階段を登っていきながら高度を稼いでいきました。
登山者は多く、10名ほど出会いました。
弥山から西日本最高峰の天狗岳も見えていました。
せっかくなので、天狗岳へも立ち寄ることにしました。

痩せた岩尾根を進んでいきました。
天狗岳の山頂でお互いに山頂標を持って写真を撮りました。

弥山まで戻り、神社の避難小屋内で軽い休憩を取りました。
その後、ニノ鎖小屋まで戻り、今度は土小屋方面へ進みました。

山頂で出会った人曰く、土小屋方面のトラバース道は雪が多く冬場に歩く人は少ないとのことでした。
トラバース道にある水場は凍結気味で、水量はほとんどありませんでした。

道は雪が少ないこともあり歩きやすい道でした。
東稜基点を過ぎると、トラバース道が終わり、稜線上の道なりました。
積雪が減っていき、非常に歩きやすく、途中には幕営適地が幾つかありました。

1日目の目的地になる土小屋につきました。
人影は全く無く、水場はどこかわかりませんでしたが、手元には十分な量があったので、ここで幕営することにしました。


【2日目】

石鎚山山頂部がよく見える場所で一晩を過ごしました。

岩黒山には登らずに、瓶ヶ森を目指すことにしました。
トラバース道の途中にある水場マークの場所では2箇所ほど、大量の水が湧いていました。

名野川越からは舗装路と登山道を交互に歩くような感じでした。
よさこい峠には綺麗なトイレがあり、ここで一休みしました。

再び山道になり、気持ちのよい笹原道を進んでいき、三角点のある伊吹山を過ぎると
下り坂になり、舗装路を2回ほど横断した後にシラサ峠でした。
避難小屋は確認しませんでした。

右下に林道を見ながら、稜線上に付けられた登山道を進んでいきました。
子持権現山が間近に迫ってきました。右手から巻いてきましたが、
巻いたところに御社があり、山頂に行けるようでした。

また、舗装路になり、駐車場から瓶ヶ森に登り始めした。
ジグザグと登って行くと白石小屋との分岐がありました。
もちろん男山にも登ることにしました。

積雪が目立つようになり、徐々に天気が悪ってきて雪も軽く降ってきました。
行者小屋は閉鎖されていました。
男山では休憩せずに、そのまま女山を目指しました。
山頂付近はなだらかでササで覆われていました。
風を遮れるものがなかったので、写真を撮っただけでさっさと下山することにしました。

吉野川源流付近の鞍部で一休みして、また登り返すことにしました。
なかなかの急登でした。
西黒森は縦走路から外れていましたが、通り抜けられるかと思い、
ザックを背負ったまま山頂を目指しました。
かなりの急登で灌木につかまりながらよじ登りました。

感想追記中

12/31からは剣山方面へ移動しました。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-791131.html

訪問者数:667人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/4/1
投稿数: 3
2016/1/4 15:50
 Good job
東京からようこそ!今年は異常な暖冬で、11月27〜28日に20cm降雪以後、ほとんど降雪無し。通常でしたら1500m地点で20〜30cm以上はあるのですが。余談ですが予佐越峠は、伊予の予と土佐の佐で、昔の峠越えの主要道です。寒風山手前の桑瀬峠も30年位前までは道がありましたが、UFOラインが開通してわからなくなりました。また、お出で下さい。今度は剣山かな。
登録日: 2011/11/10
投稿数: 166
2016/1/4 20:21
 Re: Good job
gakuoyajiさん、はじめまして!
コメントありがとうございます。

山中で会う人は、皆今年は雪が少ないと言っていました。
30cmの積雪があればもっと雪山らしくてよかったな〜と思いました。

ちなみに、30日に東赤石山に登頂し、下山口で一泊しましたが、
その後、31日に三嶺、1日に剣山へ登頂しました。(山行記録は後日作成予定です。)

山中で出会った四国の方は、親切で登山ルートや地名に詳しい方ばかりで、
とても良い印象でした!
また、異なる季節に訪れてみたいと思いました。
登録日: 2014/4/1
投稿数: 3
2016/1/6 11:27
 Re[2]: Good job
お返事ありがとうございます。南国で、夏は虫が多く大変です。春(5月)・秋(10月)が花と紅葉で美しい時期です。冬は石鎚1700mで2月に2m位の積雪になります。また、是非、お越し下さい。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ