ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 799630 全員に公開 ハイキング伊豆・愛鷹

天城山 −冬− 万二郎岳・伊豆大川ルート

日程 2016年01月15日(金) [日帰り]
メンバー Lagopus1406
天候晴れのち時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間25分
休憩
1時間5分
合計
6時間30分
S伊豆大川駅06:5007:50石神の滝07:5509:50万二郎岳10:5013:20片瀬白田駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
伊豆大川から天城山へ登るこのコースは、古くは多くの人が利用したと聞いているが、近年はまったくと言っていいほど登山者はいない。ただし、海から天城山に登る場合は最短の時間で登れるルートでもある。
主尾根への取り付きは、主尾根末端少し北側に北東方向に延びる小さな尾根があり、遊歩道最上部からこの小尾根を利用すると比較的楽に到達することが出来る。
主尾根上の踏み跡は一部に残る程度でほとんど参考にならないが、南側に大きな谷がある特徴的な地形を歩くので迷うことはないだろう。
急登と緩斜面が交互に現れ、リズム良く登れる。ただし、標高950m以上はアセビ等の低木がウルサイ。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ライト GPS 筆記用具 日焼け止め 保険証 時計 カメラ

写真

伊豆大川駅を出発し、霊友橋を通過。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊豆大川駅を出発し、霊友橋を通過。
1
霊友橋の上の参拝橋を渡って左折、大川自然椿園への道を行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霊友橋の上の参拝橋を渡って左折、大川自然椿園への道を行きます。
1
すっかり廃れている大川自然椿園。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すっかり廃れている大川自然椿園。
趣のある木橋を渡って向田川遊歩道を進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
趣のある木橋を渡って向田川遊歩道を進みます。
1
石神の滝を見るため一旦右へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石神の滝を見るため一旦右へ。
豪快な岩壁をもった石神の滝。ところがここ3週間ほど雨が降っていなかったため水量はゼロ…とほほ…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
豪快な岩壁をもった石神の滝。ところがここ3週間ほど雨が降っていなかったため水量はゼロ…とほほ…。
2
向田川遊歩道最上部から斜面をよじ登って小尾根に取り付くとすぐにこのような立派な主尾根に到達。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向田川遊歩道最上部から斜面をよじ登って小尾根に取り付くとすぐにこのような立派な主尾根に到達。
下草のないキレイな尾根を快適に登って行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下草のないキレイな尾根を快適に登って行く。
標高800m付近からの急登。ただ、明瞭な巻き道が付けられていて特に問題ナシ。また、このあたりから木々の合間から伊豆大川の集落や伊豆大島が見えるようになってくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高800m付近からの急登。ただ、明瞭な巻き道が付けられていて特に問題ナシ。また、このあたりから木々の合間から伊豆大川の集落や伊豆大島が見えるようになってくる。
その急登の最後の部分。木々越しに遠笠山が大きく見えるようになってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その急登の最後の部分。木々越しに遠笠山が大きく見えるようになってきた。
1
ヒメシャラが踊っているように出迎えてくれた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒメシャラが踊っているように出迎えてくれた。
1
標高950mを超えると次第に尾根が広くなり、アセビ等の低木が進路を邪魔するようになってくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高950mを超えると次第に尾根が広くなり、アセビ等の低木が進路を邪魔するようになってくる。
標高1150m付近の急登の様子。このルートの道標として青テープがほぼ全域にわたって点在する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1150m付近の急登の様子。このルートの道標として青テープがほぼ全域にわたって点在する。
標高1180m前後の台地状の地形はやはり低木帯に覆われていて見通しはきかない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1180m前後の台地状の地形はやはり低木帯に覆われていて見通しはきかない。
ようやく万二郎岳が見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく万二郎岳が見えてきた。
3
万二郎岳山頂東端のガレ場に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万二郎岳山頂東端のガレ場に到着。
2
ところが雲行きが怪しくなり、東側からガスが沸き上がってきてしまった…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところが雲行きが怪しくなり、東側からガスが沸き上がってきてしまった…。
万二郎岳山頂到着。伊豆大川駅からおよそ3時間でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万二郎岳山頂到着。伊豆大川駅からおよそ3時間でした。
2
万二郎岳「鬼の石積」からの大展望もガスがかかって×…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万二郎岳「鬼の石積」からの大展望もガスがかかって×…。
2
最後に鬼の石積直下の岩石群を訪問して帰ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に鬼の石積直下の岩石群を訪問して帰ります。
2

感想/記録

万二郎岳山頂に到着する少し前から、予想よりも早く伊豆収束線に伴う雲が沸き上がってきてしまい、期待していた展望は×、残念×…。
訪問者数:393人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 急登 巻き道 アセビ ガレ 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ