ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 929923 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

仙丈ケ岳・間ノ岳・北岳〜あなたが『この尾根キツイね』って言ったから7月30日は仙塩尾根記念日

日程 2016年07月29日(金) 〜 2016年07月31日(日)
メンバー minoshi, その他メンバー1人
天候基本的に晴
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
行き:乗合タクシー(1200円)で芦安駐車場から広河原(50分)、そこからバスで北沢峠(25分)
帰り:乗合タクシー広河原から芦安駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間50分
休憩
0分
合計
1時間50分
S北沢峠13:1013:20大平山荘15:00馬の背ヒュッテ
2日目
山行
10時間40分
休憩
50分
合計
11時間30分
馬の背ヒュッテ04:1004:40仙丈小屋05:0005:30仙丈ヶ岳06:00大仙丈ヶ岳08:00伊那荒倉岳08:402499m独標09:30横川岳09:50野呂川越10:1013:10三峰岳14:10間ノ岳14:2015:10中白根山15:40北岳山荘
3日目
山行
5時間20分
休憩
50分
合計
6時間10分
北岳山荘04:2005:30北岳06:0006:40北岳肩ノ小屋07:00草すべり分岐08:00白根御池小屋08:2010:30広河原・吊り橋分岐G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
仙塩尾根はあまり整備されていません。水場は無いです。ハイ松が多い被さり道が良く分からない所が多数あります。樹林帯は倒木などで塞がれている道もありますのでご注意を。
その他周辺情報第6駐車場近くの金山沢温泉で入浴、850円です。
露天風呂あり、シャワー6個、静かでいい湯です。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

レッツらゴー
北沢峠から藪沢ルートで馬ノ背ヒュッテを目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レッツらゴー
北沢峠から藪沢ルートで馬ノ背ヒュッテを目指します。
南アらしいしっとりとした樹林帯を行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アらしいしっとりとした樹林帯を行きます。
藪沢に出ます。
ここからひたすら沢沿いを登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藪沢に出ます。
ここからひたすら沢沿いを登ります。
タカネグンナイフウロ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネグンナイフウロ
沢山咲いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢山咲いています。
センジュガンピ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
センジュガンピ?
タカネナデシコ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネナデシコ
クルマユリ?オニユリ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クルマユリ?オニユリ?
ハクサンフウロのお花畑
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロのお花畑
馬の背ヒュッテに二時間ちょっとで到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背ヒュッテに二時間ちょっとで到着
翌日4時に出発、ヘッデン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日4時に出発、ヘッデン
夜明けと甲斐駒
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜明けと甲斐駒
藪沢カール、仙丈ケ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藪沢カール、仙丈ケ岳
仙丈小屋と仙丈ケ岳
2016年07月30日 04:49撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈小屋と仙丈ケ岳
チシマギキョウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チシマギキョウ
仙丈ケ岳山頂、まず一つ。
2016年07月30日 05:33撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳山頂、まず一つ。
2
大仙丈ケ岳へ向かいます。
長い長い仙塩尾根の始まりです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大仙丈ケ岳へ向かいます。
長い長い仙塩尾根の始まりです。
これは
天然のフラワーアレンジメントや〜(彦摩呂風で)
トウヤクリンドウ、チシマギキョウ他いろいろ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは
天然のフラワーアレンジメントや〜(彦摩呂風で)
トウヤクリンドウ、チシマギキョウ他いろいろ。
7
仙丈ケ岳より低いのになんで大が付くのだろう?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳より低いのになんで大が付くのだろう?
ドS仙塩尾根の始まりです。
ドMにはたまらん尾根です。
これから左奥の間ノ岳まで行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドS仙塩尾根の始まりです。
ドMにはたまらん尾根です。
これから左奥の間ノ岳まで行きます。
1
あの向うまでほんとに着くんかいな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの向うまでほんとに着くんかいな。
途中の伊那荒倉岳、樹林帯の中の山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の伊那荒倉岳、樹林帯の中の山頂
どこまで来ているかよくわからない・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこまで来ているかよくわからない・・・
ひたすら樹林帯です。
自分がどの辺りを歩いているか分かりづらい・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら樹林帯です。
自分がどの辺りを歩いているか分かりづらい・・
この尾根・・・キツイ・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この尾根・・・キツイ・・・
まだまだ続きます。
ケモノ道みたいなところが多いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ続きます。
ケモノ道みたいなところが多いです。
野呂川越、両俣小屋にエスケープしたい・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野呂川越、両俣小屋にエスケープしたい・・・
やっと横川岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと横川岳
樹林帯を抜けました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けました。
間ノ岳を目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳を目指します。
よく見る恰好をマネしてみた。
間ノ岳山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく見る恰好をマネしてみた。
間ノ岳山頂
2
三角点、タッチは無し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点、タッチは無し
広い山頂です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い山頂です。
いたいたライチョウです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いたいたライチョウです。
3
雛が6羽いました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雛が6羽いました
2
ミヤマキンバイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキンバイ
イワベンケイ、ほとんど終わっていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワベンケイ、ほとんど終わっていました
唯一残っていた、ハクサンイチゲ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唯一残っていた、ハクサンイチゲ
中白根山、相方も疲れてます・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中白根山、相方も疲れてます・・・
やっと見えてきた本日の宿、北岳山荘
あと少しです・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと見えてきた本日の宿、北岳山荘
あと少しです・・・
北岳山荘に到着。行動時間12時間はさすがにきつかった。
しかも激混み、受付けがパニック状態ですがスタッフさんがテキパキとこなしています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳山荘に到着。行動時間12時間はさすがにきつかった。
しかも激混み、受付けがパニック状態ですがスタッフさんがテキパキとこなしています。
翌日4時スタート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日4時スタート
おー富士山登場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おー富士山登場
チョー天気良し
富士山丸裸、いやン・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チョー天気良し
富士山丸裸、いやン・・
2
テン場も賑わっていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場も賑わっていました
夜明けぜよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜明けぜよ。
ちょっとカッコつけてみた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとカッコつけてみた
間ノ岳が赤く染まります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳が赤く染まります。
ミヤマオダマキ。これしか見つからなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマオダマキ。これしか見つからなかった。
←筋肉痛の二人
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
←筋肉痛の二人
3
バットレス×マウントフジ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バットレス×マウントフジ
1
バットレス第四尾根、取付いていますね今年の秋にはやってみたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バットレス第四尾根、取付いていますね今年の秋にはやってみたい。
1
肩の小屋まで来ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋まで来ました。
御池とテン場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池とテン場
1
白根御池小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白根御池小屋
小屋とバットレス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋とバットレス
1
何とか無事下山、ありがとう北岳さん。
アディオスアミーゴ〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何とか無事下山、ありがとう北岳さん。
アディオスアミーゴ〜
1
撮影機材:

感想/記録

1day
広河原から北沢峠へ、藪沢をひたすら遡上し馬の背ヒュッテまでで終了。
本当は仙丈小屋まであしを伸ばしたかったのですが、予約が取れず断念。
でも馬の背ヒュッテのスタッフさんは元気が良くて楽しかったです。
その日は布団1枚に2人と金曜日なのに激混み。
食事は人数が多いのでソーセージ入りカレー、お代わり自由で頼むときは少なめは小仙丈〜!大盛りでジャガイモ入りは大仙丈〜ジャガイモ入り!!と叫ばないと駄目です。
消灯は8時半、酒のんで明日にそなえる。

2day
3時に起床、星空満天で素晴らしかった。
朝食は弁当にしてもらいました。
4時から登山開始、仙丈小屋で朝食(焼き魚弁当)
さあ、ここから長丁場です。仙丈ケ岳からつづく仙塩尾根、大仙丈ケ岳からとにかく下ります。
あまり整備されていないハイマツの生い茂る道を獣のように進み、高度を下げて樹林帯に突入、あまり目印もなく自分がどの辺りまで来ているのかが、全く分からずだいぶ不安になりました。
途中は小ピークを何度も登り下りしながらなんとか野呂川越に到着、ここからガッツリ登りが始まります。
何度もくじけそうになりながら倒木だらけの樹林帯を抜け、三峰山にたどり着く、ここまでくれば間ノ岳までは1時間、北岳山荘までもうすぐです。
振返ると今まで歩いてきた道がバッチリ見えて、ちょっと感動。
結局、北岳山荘についたのは16時ちょっと前、行動時間12時間・・・
北岳山荘は大パニック状態、当然布団1枚に3人です。
もう、廊下も荷物やら人やらで歩けない状態でとにかくすごい、こりゃ寝れないなと思いつつビールで乾杯。
夕食はまたまたカレー・・・美味かった。
お互いにくさい体で相方と就寝。

3day
3時起床、朝食は弁当(焼売、ソーセージ他弁当)
北岳手前でご来光、富士山バッチリ快晴です。
北岳山頂で弁当を食べ休憩、さほど寒くはなく10度くらいでした。
バットレス第四尾根を偵察。今年中にはやりたい。
もうここからはガンガン下山です。
白根御池小屋で休憩後、広河原に下山。
なんとかガラスの膝が耐えてくれてよかった。
今までの山行の中でも今回の山行は特別なものとなりました。
ありがとう南アルプス。
感謝です。





訪問者数:319人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ