ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 964486 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

表銀座縦走(中房温泉→燕岳→槍ヶ岳→新穂高温泉)

日程 2016年09月15日(木) 〜 2016年09月18日(日)
メンバー tmatsuka
天候15日 上下に雲はあるが視界良好
16日 高曇りだが視界良好
17日 午前は高曇りだが視界良好・午後は雲が下がってきた
18日 雨
アクセス
利用交通機関
バス
毎日アルペン号を利用
行き 竹橋22:45→中房温泉05:40頃
帰り 新穂高温泉14:45→新宿21:30頃(高速渋滞で遅め)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間35分
休憩
1時間27分
合計
7時間2分
S中房温泉05:5205:52中房温泉登山口06:18第1ベンチ06:2006:35第2ベンチ06:4007:01第3ベンチ07:1107:28富士見ベンチ07:3407:53合戦小屋07:5608:06合戦山(合戦沢ノ頭)08:1108:43燕山荘08:5408:57いるか岩09:07めがね岩09:10燕岳09:2509:28めがね岩09:37いるか岩09:41燕山荘10:06蛙岩10:40大下りの頭11:43小林喜作レリーフ11:5311:59槍ヶ岳・大天井岳、常念岳分岐12:0112:21大天荘12:2712:36大天井岳12:4812:54大天荘
2日目
山行
5時間38分
休憩
1時間7分
合計
6時間45分
大天荘06:0706:33大天井ヒュッテ06:3506:53ビックリ平07:43赤岩岳07:4508:13ヒュッテ西岳08:19西岳08:2208:27ヒュッテ西岳09:09水俣乗越09:1610:29ヒュッテ大槍10:4711:25槍ヶ岳山荘11:2711:36槍ヶ岳12:0312:12槍ヶ岳山荘12:1812:52ヒュッテ大槍
3日目
山行
3時間25分
休憩
41分
合計
4時間6分
ヒュッテ大槍06:4807:25槍ヶ岳山荘07:2707:33槍ヶ岳08:0008:06槍ヶ岳山荘08:1008:18飛騨乗越08:1908:34大喰岳08:4108:51飛騨乗越09:40飛騨沢千丈乗越分岐10:53槍平小屋10:54宿泊地
4日目
山行
2時間57分
休憩
9分
合計
3時間6分
宿泊地06:0706:48藤木レリーフ06:5206:54滝谷避難小屋06:5708:06白出小屋08:35穂高平小屋08:3709:01小鍋谷ゲート09:13新穂高温泉駅09:13ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
16日の槍ヶ岳登頂後に一旦ヒュッテ大槍まで戻っているので、ログは本来のこのコースの距離より長くなっています。
コース状況/
危険箇所等
槍平小屋から新穂高温泉のコースにある渡渉は、大雨時に渡れなくなることがあるので、注意!!
参考:
http://www.yaridairagoya.sakura.ne.jp/takidanilivecamera.html
https://twitter.com/yaridairagoya

写真

6時前、中房温泉をスタート。
曇っていますが、雲は高く、視程はよさそうです。
2016年09月15日 05:52撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6時前、中房温泉をスタート。
曇っていますが、雲は高く、視程はよさそうです。
合戦小屋で一休み。
写真は合戦小屋の荷揚げ用リフト。(ここまで歩いて2時間ほどかかっていますが、リフトは20分程で上がってくるそうです。)
2016年09月15日 07:55撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦小屋で一休み。
写真は合戦小屋の荷揚げ用リフト。(ここまで歩いて2時間ほどかかっていますが、リフトは20分程で上がってくるそうです。)
燕山荘に到着。
ここに宿泊を予約していましたが、天気もよく時間も早いので(燕山荘と同系列の)大天荘にここで変更して頂きました。
2016年09月15日 08:53撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘に到着。
ここに宿泊を予約していましたが、天気もよく時間も早いので(燕山荘と同系列の)大天荘にここで変更して頂きました。
燕岳山頂に到着。
2016年09月15日 09:15撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕岳山頂に到着。
毎度の三角点をパシャリ。
2016年09月15日 09:15撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毎度の三角点をパシャリ。
燕岳山頂から槍ヶ岳が見事に見えています。(まだまだ遠い・・・)
2016年09月15日 09:15撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕岳山頂から槍ヶ岳が見事に見えています。(まだまだ遠い・・・)
面白い岩シリーズその1:眼鏡岩
2016年09月15日 09:27撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
面白い岩シリーズその1:眼鏡岩
面白い岩シリーズその2:イルカ岩
2016年09月15日 09:36撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
面白い岩シリーズその2:イルカ岩
面白い岩シリーズその3:蛙岩
2016年09月15日 10:04撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
面白い岩シリーズその3:蛙岩
大天井岳への稜線歩き。
稜線の東側からはガスが上がってきていますが、それ以外は視界は良好です。
2016年09月15日 10:41撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井岳への稜線歩き。
稜線の東側からはガスが上がってきていますが、それ以外は視界は良好です。
大天井岳山頂に到着。
槍ヶ岳方向に雲が湧いてきています。
2016年09月15日 12:41撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井岳山頂に到着。
槍ヶ岳方向に雲が湧いてきています。
大天井岳の三角点をパシャリ。
2016年09月15日 12:36撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井岳の三角点をパシャリ。
第一日目の宿、大天荘に到着。
宿を燕山荘から大天荘に変更しましたが、それでも昼過ぎに到着。(早く着くとビール代がかさむ・・・)
2016年09月15日 12:55撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一日目の宿、大天荘に到着。
宿を燕山荘から大天荘に変更しましたが、それでも昼過ぎに到着。(早く着くとビール代がかさむ・・・)
二日目。
上下の雲で御来光は拝めませんでしたが、今日も視界は良好。
2016年09月16日 05:25撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二日目。
上下の雲で御来光は拝めませんでしたが、今日も視界は良好。
1
今日も槍ヶ岳を見ながらの稜線歩き。
2016年09月16日 06:08撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も槍ヶ岳を見ながらの稜線歩き。
元は二泊目の予約を入れていたヒュッテ西岳に到着。
一泊目を大天荘に変更した時、ここをキャンセル&ヒュッテ大槍(やはり燕山荘の系列)を予約済。
2016年09月16日 06:32撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
元は二泊目の予約を入れていたヒュッテ西岳に到着。
一泊目を大天荘に変更した時、ここをキャンセル&ヒュッテ大槍(やはり燕山荘の系列)を予約済。
途中しばらくご一緒させていただいた、前橋からこれらたお二人。
お二人は(翌日の天気が不明なので)この日の内に槍ヶ岳まで行ってヒュッテ大槍まで戻ってくるとのこと。
このプランを私も真似させていただきました。(が、ヒュッテ大槍でお会いできなかったのでどうされたのか???)
2016年09月16日 07:17撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中しばらくご一緒させていただいた、前橋からこれらたお二人。
お二人は(翌日の天気が不明なので)この日の内に槍ヶ岳まで行ってヒュッテ大槍まで戻ってくるとのこと。
このプランを私も真似させていただきました。(が、ヒュッテ大槍でお会いできなかったのでどうされたのか???)
西岳に寄り道。
2016年09月16日 08:21撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西岳に寄り道。
水俣乗越に手前にはこんな階段があり・・・
2016年09月16日 08:38撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水俣乗越に手前にはこんな階段があり・・・
水俣乗越の先には下った分の登り返しのこんな急登があります。
2016年09月16日 09:32撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水俣乗越の先には下った分の登り返しのこんな急登があります。
カブリ岩。(そのまんまのネーミング・・・)
2016年09月16日 10:14撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カブリ岩。(そのまんまのネーミング・・・)
槍ヶ岳方向にヘリが向かっています。(事故等でなければ良いのですが・・・)
2016年09月16日 11:08撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳方向にヘリが向かっています。(事故等でなければ良いのですが・・・)
ヒュッテ大槍でザックをデポして槍ヶ岳にアタック。(その前にエネルギー補給)
2016年09月16日 11:26撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒュッテ大槍でザックをデポして槍ヶ岳にアタック。(その前にエネルギー補給)
平日なので、渋滞は全くありません。
コースはペンキで示されているので、(これを見落とさなければ)迷い無し。
(でも、間違って下りコースから登られる方に複数会いました)
2016年09月16日 11:32撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平日なので、渋滞は全くありません。
コースはペンキで示されているので、(これを見落とさなければ)迷い無し。
(でも、間違って下りコースから登られる方に複数会いました)
最後の鉄梯子を登ると・・・
2016年09月16日 11:44撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の鉄梯子を登ると・・・
槍ヶ岳山頂に到着。
2016年09月16日 11:47撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳山頂に到着。
3
槍ヶ岳の三角点をパシャリ。
2016年09月16日 11:50撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳の三角点をパシャリ。
山頂からの絶景その1(北西方向)。
今月初めに歩く予定だった裏銀座の水晶岳・鷲羽岳もクッキリ見えています。
2016年09月16日 11:50撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの絶景その1(北西方向)。
今月初めに歩く予定だった裏銀座の水晶岳・鷲羽岳もクッキリ見えています。
2
山頂からの絶景その2(北方向)。
2016年09月16日 11:53撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの絶景その2(北方向)。
(当初の予定では三泊目の)槍ヶ岳山荘に寄って祝いのビール。
(この後ヒュッテ大槍まで戻らなければならないので350ml缶で)
2016年09月16日 12:15撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(当初の予定では三泊目の)槍ヶ岳山荘に寄って祝いのビール。
(この後ヒュッテ大槍まで戻らなければならないので350ml缶で)
二泊目の宿、ヒュッテ大槍へ。
2016年09月16日 12:22撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二泊目の宿、ヒュッテ大槍へ。
三日目、ヒュッテ大槍からの御来光。
今日も天気は良さそうです。
2016年09月17日 05:28撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三日目、ヒュッテ大槍からの御来光。
今日も天気は良さそうです。
ヒュッテ大槍から(前日に槍ヶ岳からは見えなかった)富士山が見えているので、今日もう一度槍ヶ岳に寄ることに。
2016年09月17日 05:28撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒュッテ大槍から(前日に槍ヶ岳からは見えなかった)富士山が見えているので、今日もう一度槍ヶ岳に寄ることに。
1
ヒュッテ大槍から槍ヶ岳を見ると、山頂で御来光を見ているハイカーが多数いらっしゃるようです。
2016年09月17日 05:29撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒュッテ大槍から槍ヶ岳を見ると、山頂で御来光を見ているハイカーが多数いらっしゃるようです。
スタートしようとしてトラブル発生。靴紐の被覆が切れた・・・
北海道遠征前に予備紐をザックに入れていたのでセーフ!!
2016年09月17日 06:35撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタートしようとしてトラブル発生。靴紐の被覆が切れた・・・
北海道遠征前に予備紐をザックに入れていたのでセーフ!!
1
本日も人は少ないようです。
2016年09月17日 07:27撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日も人は少ないようです。
槍ヶ岳から見る富士山。
御来光時よりは雲が低くなった(天気は下り坂)ようで、テッペンまでは見えませんでした。
2016年09月17日 07:47撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳から見る富士山。
御来光時よりは雲が低くなった(天気は下り坂)ようで、テッペンまでは見えませんでした。
1
このまま下っても三泊目の槍平小屋に早く着きすぎるので、大喰岳に寄り道。
2016年09月17日 08:40撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このまま下っても三泊目の槍平小屋に早く着きすぎるので、大喰岳に寄り道。
飛騨乗越から笠が岳。(10月にバスツアーで歩く予定)
2016年09月17日 08:52撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨乗越から笠が岳。(10月にバスツアーで歩く予定)
1
最終四日目、槍平小屋を出発。
予報どおり、夜半前から雨が降っています。
2016年09月18日 06:08撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最終四日目、槍平小屋を出発。
予報どおり、夜半前から雨が降っています。
槍平小屋で沢のライブカメラを確認し、"まだ"大丈夫とのこと・・・
2016年09月18日 06:08撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍平小屋で沢のライブカメラを確認し、"まだ"大丈夫とのこと・・・
増水時には渡れなくなる最初の場所、南沢。
ほとんど水無し。
2016年09月18日 06:23撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
増水時には渡れなくなる最初の場所、南沢。
ほとんど水無し。
増水時には渡れなくなる二番目の場所(監視のためのライブカメラがある)、滝谷架橋部。
まだ問題なく渡れますが、水がかなり濁っています。
2016年09月18日 06:54撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
増水時には渡れなくなる二番目の場所(監視のためのライブカメラがある)、滝谷架橋部。
まだ問題なく渡れますが、水がかなり濁っています。
増水時には渡れなくなる三番目の場所、チビ谷。
真ん中の石が水を被っているので、安全を採って、右の石に手を掛けて三点支持で渡りました。
2016年09月18日 07:16撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
増水時には渡れなくなる三番目の場所、チビ谷。
真ん中の石が水を被っているので、安全を採って、右の石に手を掛けて三点支持で渡りました。
地理院地図では「避難小屋」となっていますが、宿泊可能な山小屋のようです。
2016年09月18日 08:36撮影 by VH-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地理院地図では「避難小屋」となっていますが、宿泊可能な山小屋のようです。

感想/記録

毎日アルペン号を利用して表銀座縦走へ。

<臨機応変?行き当たりばったり?>
元々は毎度利用の旅行会社TTRの9月16日から三泊四日表銀座縦走バスツアーに申し込みをしていたのが最小催行人数が集まらずに中止。以前から利用を検討していた毎日アルペン号を見ると9月15日中房温泉着・9月18日新穂高温泉発の便に空きがあったので、これを利用して一日前倒しの同一コースで計画。
元のTTRのツアーでは一泊目=燕山荘・二泊目=ヒュッテ西岳・三泊目=槍ヶ岳山荘だったので、出発前にこれらを予約していたのですが、
* 燕山荘には(燕岳に行っても)10時ごろにはついてしまう
* 後半になるほど天気が悪そう
* 最終日に槍ヶ岳山荘からの下山ではバス出発前にのんびり温泉&食事が難しい
ということで、歩きながら、一泊目=大天荘・二泊目=ヒュッテ大槍・三泊目=槍平小屋に変更してのハイキングになりました。

<ミス&危機一髪>
槍平小屋から新穂高温泉のコースにある渡渉は、大雨時に渡れなくなることがあります。
スマホでの天気予報で、最終日18日に渡渉できなくなる危険を想定はできていたのですが・・・
◎ ミスその1
三泊目17日の宿を沢より下に変更することを考え、ヒュッテ大槍と槍平小屋で沢より下に山小屋が無いか聞いたのですが、ホテル穂高以外には無いとの返答。
でも実際には写真47の穂高平小屋があります。(国土地理院の地図では避難小屋になっているので気づけなかった)
第一のミスは小屋の若い人(多分アルバイト)にしか聞かなかったこと。小屋の主に聞いてれば穂高平小屋を教えてもらえたかも。
◎ ミスその2
槍平小屋到着時に泊まらずに下山することを勧められたのですが、下山しても帰りのこの日バスは無い&ホテル穂高は宿泊料が高いと考え、槍平小屋に泊まることに。
後で考えると明らかに判断ミスです。安全を考えて、この日に下山・ホテル穂高に宿泊すべきでした。
◎ 危機一髪
案の定17日深夜から雨が降り始めましたが、18日の朝の槍平小屋での情報で"まだ大丈夫"とのことで、急いで下山。9時過ぎに無事に新穂高温泉にたどり着くことが出来ました。
下山後にこの日の槍平小屋のブログ
http://blog.goo.ne.jp/yaridairagoya/d/20160918
を見ると、11時前には渡渉不能になったようです。
さらに翌日のブログを
http://blog.goo.ne.jp/yaridairagoya/d/20160919
を見ると、滝谷の橋が大雨で流出してしまって、さらに渡渉が困難になっているではありませんか・・・
まさに危機一髪でした。

<ちょっと後悔>
17日、時間に余裕があったので大喰岳には寄ったのですが、その後元の道へ戻って槍平小屋へ向かいました。
事前にこのコースを調べておけば加えて中岳・南岳の二つの3000m峰を周ってそのまま槍平小屋へ行けたのに・・・

<要検討>
今回初めて毎日アルペン号を利用しました。
マイカーと違って寝ていれば登山口に着く&バスツアーと違って日程/コースを比較的自由に組める、という点ではとても満足でした。
が、一つ欠点が・・
マイカー・バスツアーでは山で必要のない荷物(登山前・下山後の服や靴など)を車に置いたまま歩けますが、毎日アルペン号ではこれをザックに入れて歩く必要があります。
小屋泊3泊4日では私のザック(40l)では限界を超えていて、今回は着替えを削って対応しましたが、もうワンサイズ大きなザックが欲しくなりました。

<結果オーライ>
上記のようなミスや後悔もありましたが、17日までの3日間は好天に恵まれ、第一目的の槍ヶ岳に2回も登れ、素晴らしい眺望も見れて大満足な山歩きでした。
訪問者数:306人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/6/5
投稿数: 7
2016/9/22 23:53
 17日の槍平小屋へ向かわれるところでお会いしました!
こんにちは。
17日にtmatsukaさんが槍平小屋へ向かわれるところで声をかけた2人組のものです。
18日に自分たちが槍ヶ岳山荘から新穂高登山口に向かう途中、tmatsukaさんは朝早く出発されているから無事渡渉できているんだろうなぁと話していました。
自分たちはチビ谷で2時間足止めくらいましたが、なんとか渡渉できました。
お互い無事に下山できてよかったですね。
登録日: 2012/9/2
投稿数: 22
2016/9/23 3:32
 Re: 17日の槍平小屋へ向かわれるところでお会いしました!
yupikiさん、コメントありがとうございます。
お互い、無事下山出来てよかったですね。
yupikiのレコも拝見させていただきましたが、槍山頂には行かれなかったようで。
来年天気の良い日に再チャレンジとのこと、良い山行を願っています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ