ヤマレコトップヤマレコ使い方ガイド

Android版

バッテリー消費の対策

バッテリー消費の対策

ヤマレコのアプリはGPSログを取るために通常のアプリよりもバッテリーを消費しやすくなります。

GPSログを取る場合は、予備として10000mAh以上の容量のあるモバイルバッテリーを持参いただくことをおすすめします。
価格も安く2000円程度から、200g前後の重さで様々なモバイルバッテリーがあります。

 

節電の方法としては下記のような対策があります。

  1. 登山中は機内モードにする。
  2. GPSログを取らずに地図のみを見て登山する。

1.登山中は機内モードにする。

登山中は谷間などを通ることもあり、圏外のエリアを通ることがよくあります。
スマホはネットに繋ぐために常時電波を探しに行くのですが、この「圏外で電波を探す」という動作がバッテリーを大きく消費してしまいます。

スマホの「機内モード」をONにしていただくことで、このような動作を防ぐことができます。
画面上から通知画面を引き出したときに表示される飛行機のマークをタップするか、「設定」アプリの「ネットワークとインターネット」内にある「機内モード」をONにしてください。


図:通知画面(例)

 


図:設定アプリ内の画面(例)

家族に現在地を通知できる「いまココ」のアプリを利用している場合、ネットに繋がらなくなると現在地を伝えることができなくなりますのでご注意ください。
山頂や尾根など通信環境がいい場所では機内モードをOFFに戻すなどの方法で対応してください。

2.GPSログを取らずに地図のみを見て登山する。

現在地確認をするだけであれば、GPSログを取らずに登山をするという方法もあります。
ヤマレコアプリで登山を開始したあと、「一時停止」のボタンを押すことでGPSログを停止することができます。
GPSログを一時停止しても、地図を表示すれば現在地を確認できます。


図:一時停止ボタン

なお、この方法では「常時現在地を確認する」という動作をしない弊害として、正確に現在地を特定するまでに時間がかかる場合がありますのでご注意ください。

以上、バッテリーの消費を抑える方法でした。
ヤマレコアプリの機能を最大限利用する場合は、モバイルバッテリーを持参してください。GPS専用機を持つことを考えれば十分軽量だと思います。
また最近のスマホであれば日帰り登山なら十分バッテリーは持ちますが、バッテリーの持ちをみながら必要に応じて機内モードを活用いただくのが良いと思います。