ヤマレコトップヤマレコ使い方ガイド

Android版

地図のダウンロード

地図のダウンロード

地図のダウンロードは以下の方法から行います。

  1. 山行計画から
  2. 山行記録などの登録されているルートから
  3. ヤマレコサイトや外部アプリから
  4. GPXファイルから
  5. 地図から

 

1.山行計画からダウンロード

計画を作り、予定ルートを準備しておくことでヤマレコの機能を最大限利用できるようになります。
こちらの方法が一番おすすめです。

 

計画の作りかたは、山行計画のページおよびらくルートのページを御覧ください。

 

マイページの登山計画を選ぶと作成した計画書の一覧が表示されます。

各項目をタップすると、作成した計画書の内容を確認いただけます。

計画一覧画面の「地図取得」ボタンや、計画書の詳細画面の「この地図とルートをダウンロード」ボタンより地図をダウンロードすることができます。

2.山行記録など登録されているルートから

他の方や過去の自分の山行記録からルートの範囲の地図をダウンロードすることもできます。

 

ヤマレコの山行記録や計画の地図の下に「この地図とルートをダウンロード」のボタンがあります。
これを押すとこの地図とルートを読み込んだダウンロード画面に切り替わります。

 

この地図&ルートをダウンロードを押してダウンロードをします。

IDからダウンロードする

また地図タブ画面からルート読込を押し、ヤマレコの山行記録を選ぶと、記録IDを入力するフォームが表示されます。


記録IDを記入してください。


記録IDは各山行記録のタイトル周辺に記載されています。
山行計画の場合も同じようにIDからダウンロードできます。

 

3.ヤマレコサイトや外部アプリからダウンロード

ヤマレコのWebサイトをスマホで開くと、地図の下に「GPSログ(GPX)」というボタンがあります。
このボタンを押して「ヤマレコで開く」を選ぶことでも地図をダウンロードできます。

また、GPXファイルをメールや他のアプリから開く場合も同様に、「ヤマレコで開く」を選ぶとGPSログと地図をダウンロードできます。

4.GPXファイルから

スマートフォンのなかにGPXファイルを保存してある場合は、そのファイルを読み込むこともできます。

画面下の「地図取得」→「ルート読み込み」ボタンをタップし、「GPXファイルを開く」を選んでください。
ファイルマネージャーアプリが起動されますので、保存してあるGPXファイルを選んでいただくと、そのルートを読み込みます。

読み込んだルートが表示されますので、「この地図&ルートをダウンロード」ボタンより地図をダウンロードいただけます。

5.地図からダウンロード

地図を選んでダウンロードするには、「地図取得」タブのページを開いてください。

四角で区切られた地図が表示されます。
左上の「地図変更」ボタンから地図の種類を変更することもできます。

四角の1つをクリックすると、その地図エリアが表示されます。

この地図エリア全体をダウンロードする場合は「この地図をダウンロード」ボタンを押してください。
この方法を使うと、登山道(みんなの足跡)を含む地図をダウンロードできます。
ただし複数ある登山道のうちどのルートを歩くかわからないので、予定ルートは含まれません。
歩くルートが決まっている場合は、「1.山行計画から」の方法をお試しください。

一部の山にはその山を登るための代表的な登山ルートを登録してあります。
この地図エリアに含まれる登山ルートを見る場合は「ルート」ボタンを押してください。
登山ルートが登録されていない地図の場合は切り替わりません。

ルートボタンを押すたびに、その地図範囲に登録されているルートが切り替わります。
登録されているルート、逆側から登るルートの2つが交互に表示されます。
地図右上の三角形のボタンを押すと、どのようなルートかプレビューすることができます。
「この地図をダウンロード」ボタンを押すと、地図とルートのデータをセットでダウンロードします。

ルート一覧から選ぶ場合

地図を追加で「ルート読込」を選ぶとスタッフおすすめルートを読み込むことができます。

ヤマレコに登録されているルートには「入門/初級/中級/上級/熟達」の5つの難易度表記があります

各々の定義は下記をご覧ください。

【登山入門】★

初めて登山をする方、若しくは長年のブランクがある方向けの山。
概ね歩行時間も短く、急な登行も少ないルートとなります。
入門者同志でも問題無く歩ける場合が多いです。

【登山初級】★★

登山入門より歩行時間や標高差が増えますが、危険度は低く安心して歩ける山となります。
場合によっては山小屋での1泊が必要になる場合も。
これから登山を行っていく際のスタート地点。

【登山中級】★★★

登山初級より更に歩行時間や標高差が増え、総合的な山の知識や技術を要する山となります。
やや危険を伴う箇所もあり、日数も1~2泊を要する場合があります。
自然の状況により、臨機応変な対応が求められるのもこの辺りから。

【登山上級】★★★★

国内の登山ルートの中でも、体力的、技術的に高いものが必要となる山。
全般的に危険個所が多く存在し、歩行時間や標高差も大きなものとなります。
あらゆる場面に対処できる、総合的な力を身に付けた方が対象となります。

【登山熟達】★★★★★

全行程に於いて危険個所が多く、場合によってはロープ等の確保が必要な山。
その多くはルートファインディング技術も必要とされるため、正確且つ確実な技術が要求されます。
自分自身で全ての事由に対処できる方でなければ立ち入るべきではありません。