ヤマレコトップヤマレコ使い方ガイド

ウォッチ版

設定

オススメの設定

地図の表示をより気軽に見れるように、Apple Watchの設定アプリ、もしくはiPhoneのWatchアプリで下記の設定を行うことをおすすめします。
「一般」→「画面をスリープ解除」→「最後に使用したAPPを表示」を「最後の使用から1時間以内」または「常に」に設定
「一般」→「画面をスリープ解除」→「タップ時」を「70秒間スリープ解除」に設定

設定画面

起動時の画面で「設定」ボタンを押すと設定画面に移動します。
ここではアプリ動作の各種設定を行うことができます。

画像:設定画面1

【登山中のワークアウト】
登山中にApple Watchの「ワークアウト」モードに切り替えるかどうかを選びます。
ONにすると逸脱警告のタイミングが正確になりますが、消費電力が大幅に増えます。
通常はOFFにしておき、必要なタイミングでONに切り替えてください。
※Series4でバッテリー100%から最大6時間程度になります。
【利用する地図】
起動時の画面で「地図表示」ボタンを押した時に表示する地図の種別を選びます。
・地理院地図(国内のみ)
・OpenTopoMap(海外対応)
の2種類から選ぶことができます。
特に理由がなければ地理院地図の利用をおすすめします。
なお、iPhone/iPadから地図情報を転送してダウンロードする場合は、この設定ではなくiPhone側で選んだ地図が使われます。
【軽量モード】
軽量モードのON/OFFを切り替えられます。軽量モードの詳細は軽量モードの説明箇所をご覧ください。
画像:設定画面2
【地名表示】
ONにすると地図上に山頂や登山口などのアイコンと地名が表示されるようになります。
【縮尺の細かさ】
りゅうず(ダイヤル)を回したときに地図をどの程度の粒度で縮尺を変えられるかという設定です。
粒度が細かいほどより段階的に拡大表示できるようになりますが、処理が重くなる可能性があります。
【メモリ利用量】
地図表示に使うメモリの量を設定できます。使うメモリの量を増やすと処理が速くなりますが、メモリが枯渇してアプリが落ちる可能性があります。
画像:設定画面3
【地図全削除】
保存した地図画像をまとめて削除できます。
後述の表示キャッシュ・ダウンロードキャッシュの両方が削除されます。
【容量確認】
Apple Watch内で地図の保存に使っている容量を確認できます。
ダウンロードした地図の量が多い場合やApple Watchの処理が遅い場合など、表示が更新されるまでしばらく待つ必要がある場合があります。
・表示キャッシュ:一度地図を表示して自動的に保存された地図画像
・ダウンロードキャッシュ:iPhone側から転送したあとにダウンロードをした地図画像